20200706-00000004-friday-000-1-view




1: 2020/07/08(水) 20:07:12.60
「これぞ〝持たざる者〟の強みですね、不安はまったくないです。もともとほぼ無収入でしたから、生活は何も変わらない(笑)。行動は自粛しても思考に自粛はない。逆に、調整法などをあれこれと考えることができて充実していました」

昨季、41歳1ヵ月と9日でJリーグ最年長デビューを果たした『YS横浜』(J3)の安彦考真(あびこたかまさ)(42)は、コロナ禍でも前向きだ。今季の年俸はわずかに120円だが、「自粛期間に食生活を見直した効果が表れている」と笑顔を見せた。

「2週間、お粥だけで過ごして、身体の毒素を抜きました。体重は約5㎏落ちましたが、意外と走れますよ。さらにその後、動物性たんぱく質をやめました。いわゆるヴィーガン。おかげで5歳のときから苦しんできた花粉症がパタッと治り、内転筋にあったアザも消えました」

高校卒業後、憧れのカズ(三浦知良)を追うようにブラジルに渡った安彦は、プロデビュー寸前のところで、ケガを負い帰国。その後は、Jリーグの清水エスパルスとサガン鳥栖の入団テストを受けるも契約には至らず、大宮アルディージャの通訳や日本代表選手のマネジメント、通信制高校の講師として働いてきた。

ところが39歳となった’17年に「プロを目指す」と一念発起。クラウドファンディングで練習費用を募り、’18年3月、J2の水戸ホーリーホックと「年俸120円」という超破格のプロ契約を結んだ。

「通信制高校の講師をしていたころ、生徒によく『10回の素振りよりも1回のバッターボックスだ』と指導していました。何事もチャレンジすることが大事なんだと。あるとき、クラウドファンディングの話をしました。これからは時代が変わるよって。そしたら、生徒の一人がさっそくチャレンジした。『1500円の本を買うためにクラウドファンディングしたけど300円しか集まらなかった』と、

その子は肩を落としていたのですが、僕には電流が走った。『打席に立たないと始まらない』と言っていたくせに、僕はクラウドファンディングをしたこともなければ、やり方もわからなかった。でも、彼は打席に立った――。若いころ、プロテストに落ちたのは、ビビッて全然ダメだったから。なのに僕は『チームと合わなかった』などと保身のために虚勢を張った。それがずっと引っかかっていた。

ここで人生の後悔を取り返しに行かないと、僕は自分にずっとウソをついたままになる。そう気づいて、一度すべてを捨てることにした。すべての仕事を辞めました」

年収900万円を捨てて、安彦はバッターボックスに立った。だが、不惑を目前にした男の決断に対する周囲の反応は冷ややかだった。SNSで決意表明するとフォロワーたちは続々と離れていった。

「当たり前ですよね。当時の僕は、神奈川県の社会人リーグで週1でボールを蹴っているくらいだったので。親ですら『アンタが高校生のときにブラジルに行くって言いだしたときより驚いた』と(笑)」

安彦の背中を押したのは、いまは亡き冒険家の栗城史多(くりきのぶかず)(享年35)だった。安彦と親交のあった栗城は「ニートのアルピニスト」などと揶揄(やゆ)され、無謀とされた世界最高峰エベレストの〝単独無酸素登頂〟に何度もトライした男だ。

「最初は大笑いされましたよ。『サッカー界の冒険家がここにいた!』って。でも、唯一の味方が栗城くんでした。彼も無謀だと散々叩かれたからこそ、僕の挑戦を応援してくれたんだと思います」

練習生を経て、なんとかJリーガーにはなったものの、プロは甘くない。結局、水戸では1試合も出場できず、YS横浜に移籍した昨季も8試合の途中出場にとどまった。だが、安彦は自らの存在価値に自信を見せる。

「僕は40代だけど経験豊富なベテランではなく、ルーキーみたいなもの。毎日の練習から100%、いや120%で臨まないとついていけない。結果、ケガもしたりして、そりゃキツいですよ。でもね、たとえばダッシュひとつとっても、主力がヘバッている横で、僕が懸命に走っていたら、『この前まで〝ただのオッサン〟だった人に負けられない』って若手の目の色が変わる。手が抜けなくなる。そこに僕がいる意味はあるのかなって……」

Jリーガーになっていちばんの喜びは「両親が喜んでくれたこと」だ。

「ベタですけど、『ホッとした』と泣いてくれたときは嬉しかったですね。入団が決まって、チームのみんなに挨拶するときは僕もこみ上げるものがあった。『アンチがいるから頑張れる。アンチがいるから、誰がコアなファンなのかがわかる』なんて思っていたけど、いろいろ張り詰めていたんですね」

(続きはソースで)

取材・文:栗原正夫 FRIDAYデジタル 7/6(月) 11:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/93a2986c11831ca46fda6bf24d6d2660718e197b


スポンサード リンク

2: 2020/07/08(水) 20:08:28.56
120円貰ってもプロ扱いなの?

4: 2020/07/08(水) 20:12:33.28
>>2
プロ契約したらプロなのだろう

3: 2020/07/08(水) 20:09:42.66
労基署働け

5: 2020/07/08(水) 20:12:50.20
通信制高校の講師で年収900万?
年俸120円?

10: 2020/07/08(水) 20:18:41.79
>>5
私立ならそんなもんでしょ

14: 2020/07/08(水) 20:21:50.28
>>5
高校の教師で900万はどんな有名私立でもありえない。副業あったんじゃない?

23: 2020/07/08(水) 20:28:31.64
>>14
高校教師って副業認められないと思う
都内とか神奈川の私立高校なら40歳で1000万くらいはいくよ

6: 2020/07/08(水) 20:13:48.73
バッターボックス?やき…

7: 2020/07/08(水) 20:16:04.41
令和納豆に比べて夢のあるクラウドファンディングだな
知ってたら1万円くらいなら出してた

8: 2020/07/08(水) 20:17:53.78
120万か、可哀想にと思ったら120円かよ

9: 2020/07/08(水) 20:18:35.64
年齢を言い訳にして挑戦しない人はただ逃げてるだけなんだよな
何歳になっても遅い事なんかない
俺もこの人と同じ歳だけど夢を追いかけてるよ

47: 2020/07/08(水) 21:07:58.86
>>9
でも年齢が全く関係ないって事は無いでしょ。いくつになっても挑戦できるって言葉は、ケースバイケースで当てはまる人もいるけど、100%、万人に当てはまる言葉では残念ながらないでしょ……


いくつになってもチャレンジできる世の中であっては欲しいけどさ……

11: 2020/07/08(水) 20:20:06.83
ヘッドライン壊すなよ

12: 2020/07/08(水) 20:20:40.53
最低年俸ってなかったっけ?

13: 2020/07/08(水) 20:21:29.44
鹿児島にも試合で来るかな

15: 2020/07/08(水) 20:22:09.82
ここで人生の後悔を取り返しに行かないと


かっこいい かっこよすぎる

16: 2020/07/08(水) 20:22:34.35
ロジェ・ミラは42歳でW杯でゴール決めてる
何が起こるか分からんで

17: 2020/07/08(水) 20:22:34.66
年俸120円はアマ契約だな。
まあJ3クラブにいられるだけで幸せなのだから、別にいいのだろう。

18: 2020/07/08(水) 20:24:44.77
故栗城氏と通じる段階でヤバいし結局は迷惑

19: 2020/07/08(水) 20:25:17.90
>生徒によく『10回の素振りよりも1回のバッターボックスだ』と指導していました。何事もチャレンジすることが大事なんだと。

すみません( ノД`)シクシク… 素振りばっかで相手してもらえずまた素振りの毎日です( ノД`)シクシク…

嫁さん・・・だれか来ないかなあ・・・(切実)

20: 2020/07/08(水) 20:26:07.75
これってひと月10円ずつ振り込まれるんかな?

21: 2020/07/08(水) 20:26:37.55
120円?

22: 2020/07/08(水) 20:27:12.54
コロナの話が追加されただけで前に全く同じ内容がニュースになってたよな

24: 2020/07/08(水) 20:28:48.35
好きなことやって給料で文句言ってるお笑い芸人の方みえますか

25: 2020/07/08(水) 20:29:02.90
サンキュー自販機で20円余るな!

27: 2020/07/08(水) 20:31:02.71
>>25
缶コーヒー120円じゃね

26: 2020/07/08(水) 20:31:00.25
切手代?

28: 2020/07/08(水) 20:31:54.32
もうこの人はお金目的じゃないよ
人生の後悔を取り返しに行く旅に出たんだよ

かっこいいかっこよすぎる
俺にも真似させろ!

29: 2020/07/08(水) 20:32:32.77
プロだと最低賃金は適用されないの?

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594206432/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ