20200627-00897650-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




SC相模原・稲本潤一インタビュー@後編

 イングランドの名門アーセナルを皮切りに、ウェールズ、トルコ、ドイツ、フランスと欧州のクラブで9年間プレーした稲本潤一は、2010年に帰国。その後、川崎フロンターレで5年、北海道コンサドーレ札幌で4年プレーし、2019年からJ3のSC相模原に籍を置いている。

「SC相模原・稲本潤一インタビュー@前編」はこちら>>>「SC相模原・稲本潤一インタビュー@中編」はこちら>>>

 日本を離れてヨーロッパで戦ってきた先駆者として、稲本は現在の海外組をどう思っているのか。

「いいことだとは思います。それこそ高校卒業して、そのままヨーロッパに行く選手もいますからね。僕が行った頃と比べれば、受け皿が広がっているし、移籍のチャンスが増えたことは間違いなくいいことだと感じています」

 ただし......と、稲本は言葉をつないだ。

「それで日本代表が強くなったかと聞かれれば、別の問題かなと。僕の頃は代表選手がヨーロッパに行ける時代でしたけど、今は逆で、ヨーロッパに行ったから代表に入れてみよう、というケースが増えている気がしますね。

Jリーグでそんなに出られなかった選手が、海外に行った途端に五輪代表に入ったりする。そうなると、Jリーグの価値が軽視されているんじゃないかと。そういう流れでJリーグがどれだけレベルを上げていけるかが重要だし、Jリーグから日本代表がもっと出てきてほしいという気持ちはあります」

 受け皿が広くなったことで、海外移籍のハードルは低下した。もちろん、その流れは選手にとってはいいことかもしれないが、Jリーグにとっては諸手を挙げて歓迎できる状況ではない。

「たぶん、オランダやベルギーだったらすぐに行けるでしょうね。僕の時代も、実力的には行ける選手はもっといたはず。ただ、見てもらえていなかっただけで。今は見られやすい環境になったし、情報も伝わりやすくなった。選手にとっては、いい時代になったと思います。

 ただ、JのクラブやJリーグは、選手の価値をどう思っているのか。タダ同然で出ていかれるじゃないですか。やっぱり、抜かれる側もしっかりお金を受け取れる体制作りだったり、駆け引きを身につけていかないと、Jリーグのレベルは下がっていくでしょうね」

 一方で、稲本は海外に移籍した選手にも檄を飛ばす。

「ヨーロッパに行っている選手は、もっとがんばらないといけない。行くだけで、試合に出られない選手も結構いるじゃないですか。やっぱり、行くだけじゃなくて、行ってからのほうが大事。中途半端な気持ちでは、ステップアップは難しいと思います」

 では、海外で成功するために必要なものは何か......。稲本は熟考したうえで、こう言った。

「やっぱり、気持ちじゃないですかね。成功する、もっと上を目指すという気持ちの強さが大事になってくると思います。環境が全然違うし、メンタリティも文化も違う。とくにヨーロッパでは、個人がよりフォーカスされる。サッカーはチームスポーツだけど、そのなかでいかに自分を出していけるか。

 そこに対する強い気持ちを持ち続けないと、潰されると思います。正直、ベルギーやオランダからもうひとつ上のリーグに行くのは、かなり大変。行きやすくはなっているけど、そこからステップアップできなければ、行く意味はあまりないかもしれませんね」

 オランダやベルギーと、ドイツでは、大きな隔たりがある。さらにドイツと、イングランドやスペインとでも、埋めがたい差があると稲本は言う。

「やっぱり、イングラントとスペインで成功している選手は少ない。とくにセンターラインで成功しているのは、(中田)ヒデさんくらいじゃないかな。あと(吉田)麻也もがんばっているけど、なかなかそこでチームの主力になれる選手がいないので、出てきてほしいなという願望はありますね」

 そんななかで稲本が注目しているのは、久保建英だという。ポジション的にはサイドではあるものの、マジョルカで存在感を高めるこの19歳には、大きな可能性を感じている。

「あの年齢であれだけできるのは、すばらしいこと。ただ、現状は『10代にしてはすごい』という評価だと思うので、伸びしろがどれだけあるかでしょうね。環境も大事になってくるので、来季はどこでプレーするかわからないけど、できればレアル(・マドリード)でやってほしい」

 10代の頃からスポットライトを浴びたのは、稲本も同じである。若くして注目されることで、伸び悩んでしまう選手も少なくないなか、稲本はいかにして成長を続けていったのか。

「心構えしかないと思います。周りの人のサポートも大事になってくるでしょう。ただ、久保君は受け答えとか見ていると、芯がしっかりしているなと感じるし、自分の考えだったり、プレーを分析する能力もある。

僕が19歳の時は、ほとんど考えていなかったから(笑)。伸びしろは間違いなく当時の僕よりあると思うので、これからが本当に楽しみですよ」

 サッカー選手である以上、よりレベルの高いところでプレーしたいと考えるのは当然のこと。アーセナルに移籍した当時の稲本がそうであったように、海外移籍はプレーヤーとしてのひとつの大きな目標となる。

 ただし、行くだけでは意味がない。重要なのは、そこで何を得られるかだ。

 海外でしか手にできないものは間違いなくあると、稲本は言う。

「一番は、やっぱり視野が広がるということ。いろんな国や地域の選手がいるなかで、自分を出していくやり方だったり、認めさせることだったり、人間力というものは確実に成長すると思います。

 サッカーにおいても、技術的には日本人のほうが上だと言う人もいるし、僕もそう思う。だけど、その技術を激しいプレッシャーのなかでどう活かしていくかは、また別問題。海外だと、試合中にほとんど何もしないんだけど、なぜか点だけは獲っちゃう選手がいたりもする。

そういう勝負強さだったり、したたかさというのは、日本ではなかなか感じられないこと。いろんな選手がいて、いろんな考え方がある。そういう視野の広がりは、海外に行って生活をしてみないと、身につかないことだと思います」

 経験に勝るものはなし。9年にわたって欧州で生き抜いてきた先駆者の言葉は、まだ発展途上にある日本サッカー界にとっての金言である。

【profile】稲本潤一(いなもと・じゅんいち)1979年9月18日生まれ、大阪府堺市出身。1997年、ガンバ大阪の下部組織からトップチームに昇格し、当時最年少の17歳6カ月でJリーグ初出場を果たす。2001年のアーセナル移籍を皮切りにヨーロッパで9年間プレーしたのち、2010年に川崎フロンターレに加入。その後、北海道コンサドーレ札幌を経て、2019年よりSC相模原に所属する。日本代表として2000年から2010年まで82試合に出場。ポジション=MF。181cm、77kg。

原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
https://news.yahoo.co.jp/articles/921ca66e6e8ecd7a59a78e3c78b9a12f0c6c0451?page=3 

 

2020/07/02(木)
稲本のような先駆者がいるから、今海外に行く選手が増えたのは間違いない。

久保君には期待したい。中田、香川らを超えてほしい。

2020/07/02(木) 
当時のアーセナルに移籍した時の衝撃は凄かった。
久保には稲本はもとより、中田英や中村、香川、本田を超える活躍を期待したいです。

2020/07/02(木)
久保は10代にしては凄いという評価をもう超えている。
マジョルカの攻撃は久保頼みだし、相手からすれば久保さえ抑えておけば余裕。
それが被ファール数に現れているし、凄いのはそれを突破してドリブル成功数がメッシに次いで2位。
マジョルカでは誰も頭についていける選手がいない。
もう十分すぎるほどリーガ有数のプレイメーカーだよ。

2020/07/02(木)
中島や堂安であったり、西川潤や斉藤光毅といった久保世代の若手にとって、稲本の言葉はありがたいと思う。W杯の活躍やビッグクラブでの苦悩、様々なリーグを渡り歩いた経験など、聞きたいことはたくさんあると思う。

では久保建英はどうなんだろう。彼はアーセナル在籍時の稲本と似た境遇なんだろうか?まずバルサで育った久保にとってビッグクラブは辿り着く場所ではなく帰るべき場所だった。

そして幼少からバルサのユニを着てファティを筆頭に世界の次世代スター候補と肩を並べて育った久保に、海外へのコンプレックスや過度の憧憬は感じない。まるで受験のように合理的に淡々と必要な要素を獲得して成長してる。言語の壁はなく、現地の生活は日本以上に馴染みがある。サッカー観もスペインの方が合うだろう。

何もかもが違いすぎる。90年代の中田英寿のように、全く新しいモデルケースが新たに誕生したと考える方がいいんじゃないだろうか。

2020/07/02(木)
あなたも間違いなく一流でしたが、久保くんは次元が違う。
ただ先駆者がいるからこそ久保くんがいる。
こうやってどんどん日本サッカー界が成長してほしい。

2020/07/02(木) 
稲本はただ移籍しただけで、アーセナルでは活躍すら出来なかった。それほど、昔は壁があった。久保君なら新しい歴史を作る事が出きると思う。

2020/07/02(木)
稲本はこのインタビューでも垣間見えるけどインテリジェンスが少し足りないかな…笑
ノリ、テンション、直感みたいなタイプで、日本人の中では身長はけっこうあるしフィジカルは強かったけど、あの頃の仲良しジャパンの筆頭みたいな感じだよね。
オレは稲本好きだし海外のいろんなチームで活躍してたけれど、もうワンランク上のスケールでかい選手になると思ってた人も多いと思う。

2020/07/02(木)
久保の方が伸びしろあるのは確かだけど、当時の稲本もチーム選びさえ間違えなかったら日本屈指のボランチになってたと思う。
ただあの頃は海外のパイプが無かったし、ドイツやベルギーに行けてたらと思うと。。。

2020/07/02(木) 
>「あの年齢であれだけできるのは、すばらしいこと。ただ、現状は『10代にしてはすごい』という評価だと思うので、伸びしろがどれだけあるかでしょうね。

下位チームとは言え、スペインの1部リーグのクラブで中核としてプレーしてるんだから10代にしてはとかいう次元じゃない。
こう言っちゃなんだけど、クラブでの実績で言えば稲本のキャリアハイをすでに超えてると思う。

2020/07/02(木)
稲本は最近あんまり久保のプレー見てないんじゃないかな。最近の久保は誰が見てもチームの王様になってる。すでに19歳の久保は稲本の全盛期の評価を上回ってるでしょ。

2020/07/02(木)
いや、「10代として凄い」はもう完全に超えてる。レアル相手にあんな密集地に仕掛けられるメンタルと、それを突破できる技術を併せ持ってる日本人はこれまでいなかった。スペイン1部を舞台にバルサやレアルが久保抑えないとヤバいと思われてるなんて、もう10代のそれじゃないよ。イエローカードの多さがそれを証明してるしね。

2020/07/02(木)
自分もベルギーリーグの試合見て、Jの方がレベル高いのではと思う時があるけど、それでも前への意識やシュートの意識の高さは向こうの方が強いし、ピッチやフィジカル面は行って体験しないとわからないことがあるだろうね。

2020/07/02(木)
当時見てて思ったのは、稲本は技術もフィジカルも(アーセナルはともかくフラムでは)足りてたけど、判断スピードがプレミアでやるには足りてなかった。攻撃的なポジションで出てることが多かったけど、稲本にボールが入るといつも流れが滞る、あげくおかしな所にパス出しちゃう。そんな感じだった。

2020/07/02(木)
稲本が当時のアーセナルに入団した時は本当に凄いと思った!試合にはなかなか出られなかったけど!久保にはレアルでスタメンに出られたらホントに素晴らしいと思うのでぜひ頑張って欲しいです。

2020/07/02(木)
まあ成功とは言えないけどフルハムでそこそこはやれたんだから充分先駆者だよ
ある程度のチームをまわったから小中堅チームくらいでなら成功者
当時だとセリエAやブンデスは中田や高原などだが、プレミアで在籍は西澤とかもいたから一番最初ではないかもしれないがある程度戦力で活躍したのは稲本が最初だからねフルハムで
プレミアとリーガの違いはあれど先駆者の活躍があるからこそ久保が子供の頃から海外にいくという選択できる土台ができてたってのはある。

2020/07/02(木) 
イングランド代表との試合で怪我させられてからキレがなくなったかな?それまではマンU戦で得点したし。確か、怪我負わされたのが当時マンUスコールズだった気がする。

2020/07/02(木)
Jリーガーに頑張っては欲しいが、代表戦を見る限りでは海外組とJリーガーにはやはり実力の差を感じる事が多い。

2020/07/02(木) 
稲本潤一 40歳
「たぶん、オランダやベルギーだったらすぐに行けるでしょうね。僕の時代も、実力的には行ける選手はもっといたはず。ただ、見てもらえていなかっただけで。今は見られやすい環境になったし、情報も伝わりやすくなった。選手にとっては、いい時代になったと思います。」

2020/07/02(木)
当時の稲本も十分過ぎるくらい凄かった。
でも稲本や高原、小野…たくさんの先駆者達が居てくれたからこそ、こうやって久保のような選手が出てくるんだと思います。

2020/07/02(木) 
久保は幼い頃からスペインでやってたのは、やはり大きいよね。こういう選手がもっと増えてくれば代表の試合ももっと楽しみがふえる

2020/07/02(木)
うーん、「伸び代は当時の僕よりある」って凄い違和感。
当時の稲本選手もなにも、全盛期の稲本選手より既に数段上のレベルだし、選手としての格が比べれるレベルじゃない。

10代にしても凄いって言うけど、日本人で全盛期でレアルにあれほど切り込める選手を僕は知りません。
強いて言えば、今の久保と戦えるのは全盛期中田と香川くらいじゃないでしょうか。

2020/07/02(木) 
英国王室御用達アーセナルの古きからのファンです。
日英準同盟の深化が進む中、天皇皇后両陛下が英女王からの訪英ご招待を受ける中、ユニクロあたりに一肌脱いでもらい、楽天•バルサ•神戸と同様の関係を築いてもらいたいと思ってはいるのですが、、、

2020/07/02(木) 
まさに日本の至宝だと思う。
楽しみで仕方ない、、MLBの大谷や錦織の調子がいい頃とおなじでワクワクする。
この年齢層であと3人位凄いのが出てきたら、WCの4が見えて来るんだがな。

2020/07/02(木)
やはりチーム内の言語を話せる話せないじゃ、成長速度に絶対差が出る。
中田は話せた。
野球のように個の力のみでは成立しないのがパスや声を掛けて確認し合う等コミュニケーションを必要とするサッカー。
言葉が話せないとどうしても置いてかれる。
耳に翻訳機つけれるタイプが出ればもっと日本人は海外行きやすいのに。

2020/07/02(木)
宮市、浅野、と来てアーセナル移籍はしばらく日本人はないんじゃないか。
オファー来てもアーセナルだけは断る流れありそう。

2020/07/02(木) 
稲本、いい奴だね。今だからかな?ちゃんと自分が見えてる。今の若い子たちが活躍できるのはあなた達がいたからです。後、時代もありますよ。今の若い子たちは稲本他先輩をリスペクトしているはずです。出来ない子は伸びない。

2020/07/02(木)
海外にいるだけで呼ばれるっていう時代は終わりかけてると思う。
オランダやベルギーならJに居ても変わらないという意見を見かける事があるけど、違うのではないかな。
オランダやベルギーであっても、Jリーグと比べると数段レベルが上がる。
足元の技術はJも負けてないかもしれないが、個人個人のスピードやフィジカルは、オランダベルギーの方が上なわけで、身体能力的に。
Jとベルギーのチームが対戦すれば、チームとしてはJが勝つことも有るだろうけど、個人が通用するかはまた別問題なんやろねー。

2020/07/02(木)
黄金世代の時に、ヒデは今のサッカーを先取りしてたと思う
最終ラインに戻してばっかりの時代と今の前線へのパスをドンドン入れるスタイル

ヒデの世代でこれができたら最強だったな
高原、久保、小野、稲本、中村、中田、名波

2020/07/02(木)
少し上から目線の感じが鼻につくね。今も厳しいことにかわりはないだろうし恵まれてるようには見えない。jでも海外でも埋もれるものと活躍するものが常にいるから本人次第だろいつの時代も。神戸の古橋を見ればわかるよ。稲本も今の世代だったとしても果たしてどこまで行けたかね?アーセナルやプレミアトップクラブで活躍できるとは思えないね。時代のせいにしてはいけないと思うぞ稲本よ

2020/07/02(木)
海外組が大半を占める日本代表や五輪代表は世界を知る外国人監督の方がいいと思う。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ