20200702-07020104-sph-000-2-view

スポンサード リンク




 【マドリード(スペイン)2日=岡野誠子】2010年南アフリカW杯でスペイン代表を初優勝に導いたビセンテ・デルボスケ氏(69)が、18年のロシアW杯で16強に進んだ日本代表を回顧し、称賛した。

 先月30日にマドリードの海外スポーツ記者クラブ(インターナショナル・スポーツ・メディア・アソシエイツ・イン・スペイン)にゲスト参加。スペインでプレーする日本人選手についての質問に対し「まず、日本人選手の話をする時には、ロシアW杯でベルギーと対戦した日本代表の記憶が頭から離れない。日本代表の態度は手本となるべきものだった」と話した。

 2年前の7月2日、ロシアW杯の決勝トーナメント1回戦で、日本は優勝候補のベルギーと対戦。下馬評では圧倒的不利だったが、後半途中まで2点をリードした。最後は逆転負けを喫したが、その戦いぶり、そして敗戦後の振る舞いを高く評価した。

 「ベルギー代表は世界最高クラスにあったのに、日本は2―0で勝っていた。だが最後には3―2で負けた。それが正当だったかどうかは分からない。しかし、日本代表の態度が手本となるべきものだったのは誰もが認めた。負けても泣きわめくことはなく、相手に敬意を払い、最後はロッカールームを掃除して大会を去った。サッカーで敗戦を認めるのは非常に苦しいものだ。W杯で優勝するのは1か国だけで、他の代表は負けて去らなければならないものだとしてもだ。ほとんどの代表が敗戦時に怒りをあらわにしたが、唯一日本は紳士的だった。それが、どれほどサッカーを救ったことか」

 スペイン1部マジョルカでプレーする日本代表MF久保建英(19)についても言及した。

 「マジョルカで久保は彼の才能を示している。しかし彼はまだ成長途中だ。非常に優れた選手だからこそ、長い目で見ていかなければならない」

 かつてRマドリードを指揮した同氏は、10年の南アフリカW杯ではスペイン代表を率い、優勝に導いた。オランダとの決勝では、延長後半にMFイニエスタ(36)が決勝点をマーク。現在神戸でプレーする同選手への思いを語った。

 「イニエスタはスペイン代表を一緒に過ごしたほかの選手たちと同様に、素晴らしい対応をしていた。彼と過ごした8年間はとても良いものだった。彼と働けたことを誇りに思うし、最大の敬意を払いたい。彼は最も感服する人物だった。新たなイニエスタが生まれるかって? イニエスタは唯一無二だ。もう一人のイニエスタ誕生は非常に難しい。彼とは違ったスタイルで、スペイン代表を優勝に導く選手が出てくるのを期待する」

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/1c532ed1c885331be139d55cc427c15efb98b72b 

 

2020/07/02(木)
何と有難く嬉しい言葉か。あんな名将がそこまで言ってくれるなんて。それは日本のサッカー、選手のクォリティーがあってこその言葉だと思う。あそこまでは間違っていなかったと確信できる。選手、戦術は監督が決める事。監督を決めるのがサッカー協会。今の代表選手の資質は間違いない。ただ、監督、それをサポートする協会、特に田嶋会長は全く信用していません。

2020/07/02(木)
相手に対して敬意を持てる人だからこそ優勝できる手腕もあるんだと思わせられる。
イニエスタにしてもそうだけど、中身が出来てる人はさらに素晴らしく見える。

2020/07/02(木)
日本代表の選手たちのロッカー清掃だけでなく、日本人サポーターのスタジアムのゴミ拾いも毎回称賛されている。日本代表の選手たちや日本人サポーターのこういったスタジアム清掃をすることを、清掃員の仕事を奪っているなどと批判する人もいるが選手やサポーターたちはあくまでボランティアでやっているのであって清掃員の給料を奪っているわけではない。

2020/07/02(木) 
あの2点目の時、ここ数年で一番興奮した瞬間だったかもしれない

それを海外の名将がまだ言ってくれるのは素直にうれしい

2020/07/02(木)
デルボスケがここまで思ってくれてるなんて感動したよ…こちらこそ敬意を払いたい。

2020/07/02(木)
信じて走った原口の記念すべき日本代表W杯決勝T初ゴール、香川のパスから乗りに乗っていた乾の無回転ゴール。まさかの追加点。ここで日本人はベスト8が初めて夢ではなく現実に見えたと思う。
しかしそこにあったのは本気のベルギー。ヴェルトンゲンのゴールを皮切りにあっという間に2-2の同点に
後半ロスタイム、日本国民すべての想いが乗った本田のFKは熱かったなぁ。
そして残酷な14秒。無情に鳴り響く試合終了のホイッスル、観客席から立てず呆然とする日本サポーター
2年たってもこの試合は忘れられない
この試合は日本代表にとって本当に歴史に残すべき試合の一つだと思う。

2020/07/02(木)
日本代表がロッカールームを掃除して帰ってきたというのを見た時は本当に嬉しい気持ちになりました。海外の人から見た日本人は誠実で規律をしっかり守るとよく言われるけどそのようなニュースを見るたびに日本が更に好きになります。
なんだかんだでコロナだって世界で見れば明らかに感染を抑えてる方だしこれはやっぱり日本人の国民性が関わっていると思う。

2020/07/02(木)
マドリーの監督時は優勝はしてたけど、3点取られて5点取るような大味な試合ばかりだった為、「あのメンバーなら誰やっても同じじゃね?」と評価は低かったけど、その後バルサに主役奪われてデルボスケは凄かったみたいになったっけな。

2020/07/02(木)
勝負事だし、もっと感情をあらわにして抗戦的になったも良いのではという考えもあるかもしれないが、日本は日本としてこれでいいと思います。
マナーなどに目を瞑ることで得られる強さというのもあるかもしれないが、大事なものを失うことの方が大きい気がします。

2020/07/02(木)
相手が力と高さで来たときに防ぎきれない、波に乗った相手に対してどうするのか判断しきれない、というのはどうしたらいいものか。

1点返された時点でなんとなく嫌な気がしたけど…。イタリアみたいに何がなんでも守って守ってという文化もないし(それも今は昔かもしれないけど)、パワープレイで何とかできるほどの身体能力もないし、そのあたりの整理がはっきりしない気がするんですよね。

難しい問題ですね。

2020/07/02(木) 
バルサのファンです。レアルの監督だったデルボスケと彼の率いる銀河系軍団の面々は憎っくき敵でしたが、たしかに凄いチームではありました。当時のエースのラウール・ゴンザレスは敵ながら良い選手で、好感をもっていたし、デルボスケもまた紳士的な監督で好印象でした。スペイン代表監督としてもルイ・アラゴネスのあとを継いで良い仕事をしました。彼が日本代表チームを賞賛しているというのは価値のあることだと思います。

2020/07/02(木) 
あのベルギー戦は本当に感動したし、あの試合での日本代表の活躍というのは、もしかしたら日本サッカー史で一番のものだったかもしれない。

しかしグループリーグでポーランドに戦術的敗戦という選択を選ばざるを得なかった事も記憶しておかないといけないと思う。あれは日本がしたたかな戦い方ができるようになった、という成長の証の反面、なりふり構わない、という捨身でなければグループリーグ突破はまだまだ難しいんだ、という世界トップたちとの距離がわかる試合だったと思う。

久保くんたちを中心に、これから日本サッカーがどうなっていくのか本当に楽しみ。

2020/07/02(木)
ただ、似たような事を繰り返してるのは日本の課題だよな…。
いけるかな?と思ってたら、最後は負けてる。
ドログバやフェライニを入れられて雰囲気変わった時にそれに呑まれちゃうのは、まだまだの証拠だよ。

2020/07/02(木)
日本が初めてW杯決勝Tでリードしたこと、初めて追い付かれ、逆転されたことは、とても大切な経験だったと思います。今後の日本サッカー界が生かさなければいけない経験だと思います。
デルボスケなら、1点差に追い付かれた時にはどういう手を打ったんだろう?聞いてみたい。

2020/07/02(木)
そこが日本人らしさなのよね。死に際の美学とか、散り行く花に美しさを感じたり、生け花も花のない空間の作り方さえも芸術になる。将棋も詰みが確定したら盤面を整える作業をして綺麗に相手に王手を打たせて投了する。この感覚を持った日本人で良かったと思う。ただ大きいお皿にちょこんと乗ったパスタは許せない。たくさん食べたい。

2020/07/02(木)
勝てたかPK戦にまでは持ち込めた試合だっただろうに・・
2-0の後、好手か打てなかったのかな。
他にも原因があろうが、残念で仕方ないが、
あの経験を今後に活かし糧にしていくしかない。

2020/07/02(木)
あの戦い方、負けた時の潔さ、
あれこそサムライを冠するに値するチームだよ。
あの姿勢は今後に期待できると思う。
日本を体現するナショナルチームとして、
心から応援したくなるチームになってきたね。
日本の戦いは勝ち負けを超えて生き様みたいなところがあるからね。武道のように。
俺は武道を愛好してるんだけど、
腰を落としたり、回転を活かす体捌きとか、
日本古来の武道をサッカーに取り入れて行ったら、
体の大きな相手にも負けない日本スタイルのサッカーの確立に生きるんじゃないかと思う。

2020/07/02(木) 
確かに良くやった。称賛してもらって嬉しいけど、でも勝てなかった。この差は何か考えて、次こそベスト8に進んでほしい。

2020/07/02(木)
この人は戦術云々より選手とのコミュニケーションを大切にする監督。
レアル率いてた頃は他チームだったらレギュラークラスの選手をよくまとめて、落とし所が上手かった。
今のジダンとか一つ前のアンチェロッティとか似てるかもね。

2020/07/02(木)
サッカーの日本代表にとっては4年に1度の大勝負の場で相手が強国ベルギーで前半2-0の優位で勝つかもと思った瞬間に日本は日本に負けたのです。相撲で言う肩透かし。勝ったと思った瞬間にそれまで出来ていた相手との間合い、間隔。またあの瞬間を見た選手、あの瞬間を体験した選手にとっては次のないゲームだったのでしょう。後悔などあろう筈もありません。そしてその場にいた多くの日本人選手がヨーロッパで暴れている。さて次の日本代表に選ばれるのはどんな熱い男か?楽しみです。

2020/07/02(木)
とても嬉しい言葉ですが、だから負けたんだとも言われそうですよね。
勝ちに拘る執念が足りないという人もいそうだし、そういう意見も聞いてみたいです。

2020/07/02(木)
>スペインでプレーする日本人選手についての質問に対し

日本人記者が質問したから、日本について知ってることを話したって感じじゃないかな。
それでも悪い印象は持ってないことがうかがい知れるけど。

2020/07/02(木)
視点を変えると、あの試合で救われたのは日本自身でもあると思ってる

ベルギーに惨敗していたら、GLポーランド戦のボール回しが蒸し返され、トーナメントにはセネガルが相応しかったと世界中のサッカーファンから非難の対象になる可能性があった(自分自身は、ポーランド戦のボール回しは許容範囲だと思う)

2020/07/02(木)
ほんとそう思う。それなのに逆に日本国民はあの時守ってればベルギーに勝てたとか言いたい放題。

そもそもグループリーグすら1勝もできないとか言われていた中、実力でベスト16まで勝ち上がり、アジア唯一のグループリーグ突破果たしたわけで十分すぎる結果だったはず。

なにせ日本はFIFAランク61位で本来蚊帳の外のチームだったんだから。

2020/07/02(木)
美しき敗者なのかもしれないが、それでは成長はない。

なぜなら直前のポーランド戦で、ルールに則った上だが不本意な形での勝利(決勝トーナメント進出)を自ら選んだのだから、敗れたこと自体が不本意。

やはり勝つこと、上に行くことが重要。
ベスト16の壁を破りたいね。

2020/07/02(木)
次のW杯の監督は、逆転負けをしなくて、勝ちきる監督にしてほしい。森保じゃ不安。

2020/07/02(木)
結果的には負けたゲームだから思い返すとビミョーな気持ちになるけど
ニュートラルな立ち位置で見た名将には記憶に残るゲームだったみたいだ

2020/07/02(木) 
いや実際 あの試合は歴史上でももっともスペクタクルって試合に成ってるらしい
ふつうは2-0だったらそのまま 1点返して終わりだ なのに
2-3にされて しかも ベルギーがロスタイムで超高速カウンターで
逆転勝ちするという 白人が超絶に好む展開WWWW 次のブラジルでも↑これやって
なんかベルギー=超カウンター の必殺技が完成した!! だから準決の仏戦
めっちゃくちゃ仏ブーイングされてたじゃん 「お前らそれで優勝候補か!」
って

2020/07/02(木) 
負けたけれども、
自分もあの試合は素晴らしいと思っているし、
その後の対応も日本人として誇らしいものだった。
そしてこのデルボスケのコメント…涙出てきた。
ありがとう。

2020/07/02(木) 
日本の記者が質問したのかな?日本スゴイしたいのは分かるが、恥ずかしいからやめてほしい。
ただほんの一言程度じゃなく、こんだけしっかりと話してくれるとは、さすがですね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ