20200702-00010002-goal-000-2-view

スポンサード リンク




セリエAは1日に各地で第29節が行われた。

3位インテルは、ホームで降格圏に沈むブレシアと対戦。開始5分でA・ヤングが先制弾を奪うと、ここからゴールラッシュ。前半の内にA・サンチェスとダンブロージオが追加点を挙げ、後半にはガリアルディーニ、エリクセン、カンドレーヴァと続き、6-0でブレシアを粉砕した。

この結果、インテルは勝ち点54に伸ばし、首位ユヴェントスとの差「8」を維持。残り9試合での逆転優勝に望みをつないだ。

7位ミランは、敵地でこちらも降格圏に位置するSPALと対戦。ケガを抱えていたイブラヒモヴィッチがベンチに復帰ミランだったが、13分、30分と失点する苦しい展開に。それでも43分に相手が退場者を出して数的優位を得ると、イブラヒモヴィッチも65分から出場し、猛攻を仕掛ける。

すると79分にレオンが1点を返す。そして後半アディショナルタイムには、相手オウンゴールで同点に。劇的な展開で、最下位SPALと2-2のドローで終えた。この結果、翌日に試合を控える6位ナポリとの差を「2」としている。

なお11位ボローニャは、カリアリと1-1の引き分けに。冨安健洋は7試合連続のフル出場を果たした。16位サンプドリアは、残留争いのライバルであるレッチェに2-1と勝利。吉田麻也は90分間ピッチに立ち、勝利に貢献した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f76b9d7d5a27d5497ce49ec975f257f3e540622a 

 

2020/07/02(木)
インテルは着実に強くなってる。
今シーズンは届かなくても来季に繋がってる。

同じ都市にいる片割れは無惨としか言いようがないけど、これも自らが招いたこととトップは思っているだろうか。
金勘定しかしない経営者ってとこだけ見ると立派なブラック企業だと思うよね。
ピオリだってやりがいないしょ。
どんだけ頑張ったって来季は無いんだから。

2020/07/02(木)
久々にこんだけチーム力の差があるプロの試合を見たよ。

ミランはダメだね。

2020/07/02(木)
しょうもない失点ではあったが、最後に追いつけただけまだ良かった。負傷退場のカスティジェホ、テオの具合が心配。

2020/07/02(木) 
今のセリエAで7位かよ。ミランは。どんだけ弱くなったんだ。ここに移籍するのだけは止めとけ。久保よ。

2020/07/02(木) 
ミランをディスってる表題だと思うw

2020/07/02(木)
エリクセンも徐々にチームに浸透してきてるなぁ。

2020/07/02(木)
今のミランに連載を戦う選手層はない

2020/07/02(木)
久保くんをミランには行かせられない

2020/07/02(木)
最下位相手に勝ち点3を取れない情けなさ。

2020/07/02(木)
ミランはこの後ラツィオ、ユーベ、ナポリの3連戦だっけ?
終わったな。

2020/07/02(木)
何が劇的ドローだよ、しょっぱい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ