20200625-00268789-soccermzw-000-1-view

スポンサード リンク




ワースト評価はチリ代表FWサンチェス、「見る影もなかった」と酷評

 プレミアリーグが背番号制を導入したのは1993-94シーズン。マンチェスター・ユナイテッドでは“背番号7”が伝統のエースナンバーとされ、これまでに計8選手が背負っている。英メディア「プラネット・フットボール」は、そんなユナイテッドの歴代背番号7をランク付けした。

 ワーストは、大きな期待を背負って2018年1月にユナイテッドに加入したチリ代表FWアレクシス・サンチェス(インテル)。45試合でわずか5ゴールしか決められず、同記事では「見る影もなかった」と酷評されている。

 7位のオランダ代表FWメンフィス・デパイ(リヨン)についても、「クオリティーの片鱗を見せたものの、ルイ・ファン・ハール時代にもジョゼ・モウリーニョ時代にもレギュラーとしての地位を確立することができなかった」とし、伝統のエースナンバーだが「全ての選手が成功を収められたわけではない」とコメントしている。

 3位は黄金期を築いた92年組の豪華メンバーである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムだ。1997年にカントナが現役を引退したことを受けて、伝統の“背番号7”を継承。6シーズンにわたって着用し、プレミアリーグ優勝6回、98-99シーズンにはFAカップ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)との三冠を達成した。ユナイテッドの黄金時代を築き、2003年にレアル・マドリードに移籍した後もレジェンドの1人としてファンの心に残っている。

2位は勝負強さとカリスマ性を備えた“キング”、1位はベッカムから引き継いだ最強の7番
 
 2位は、1993年にプレミアリーグで背番号7がオフィシャルナンバーとなってからユナイテッドで初めて同背番号を背負った“キング”こと元フランス代表FWエリック・カントナだ。

 カントナは92年にユナイテッドに加入。185試合82ゴールを記録し、クラブ史上最高の選手の1人となった。抜群の勝負強さとカリスマ性を併せ持つエースとして君臨し、同クラブでは4度のリーグ優勝、2度のFAカップ制覇を経験。気性の粗さから問題行動を起こす悪癖こそあったものの、97年にユナイテッドで現役キャリアを終えるまで“背番号7”を背負った。

 そして、ナンバーワンに輝いたのがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)だ。

 2003年にポルトガルのスポルティングCPからユナイテッドに移籍し、ベッカムから伝統のエースナンバーを引き継いだロナウドは、サー・アレックス・ファーガソン氏の下で成長を遂げ、6シーズンでプレミアリーグ優勝3回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝1回を経験した。個人としても公式戦通算292試合で118ゴールを記録し、08年には自身初のバロンドール賞を受賞した偉大なアタッカーについて、記事では「“背番号7”の完璧な後継者であることを証明した」と綴っている。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/3465d03d1848aa1accf53edc5185fdb507296507 

 

2020/06/30(火)
ヨーロッパのビッグクラブで実績のない、活躍できるか未知数な選手が活躍してビッグになるのがファーガソンのマンU。

2020/06/30(火) 
カントナ→ベッカム→CRの流れが完璧すぎるせいなのと、以降の選手にほいほい渡し過ぎなのもどうかと・・・。

ランキング的には下位は悪い意味でも印象がつよいのでしょう。
5位バレンシアは7番としては物足りなかったけど、SBで長年お世話になりましたからね。まさに中位なんでしょう。

2020/06/30(火)
CR7も勿論凄いけどやっぱりベッカムやな。
世代ってのもあるけど、7番という数字が頭に残ってる。

2020/06/30(火) 
カントナ ベッカム C・ロナウド
3人とも強烈でランク付けは難しい
誰を推すかで年齢層が想像できるね
7を特別にした“カリスマ” カントナ
よりベッカムのイメージが強いかな

2020/06/30(火) 
CR7は、ユナイテッド時代は今とだいぶプレースタイル違ったけれど
やっぱり伝説だったと思うよ。
特にレアルに来てCFになってからやんなくなった
トップスピードにのったまんま大量にフェイントを盛り込んで抜く
ドリブル突破は今見ても全然面白い。
天才肌のメッシとまた違う趣がある。秀才ナルシストのロナウドの真骨頂って感じ。

2020/06/30(火)
やっぱりカントナかな。この圧倒的な存在感とカリスマ性、ベッカムやスコールズらファギーベイブスたちに与えた影響の大きさは、個人のタイトル数や数字だけでは語れない価値がある。

2020/06/30(火) 
7番とここでは取り上げてないけど11番もウィングの選手が背負うイメージがある
自分の世代では ベッカム、ギグスが間違いなくその最たる例

2020/06/30(火) 
ロナウドはレアルでの活躍がすごすぎたから、マンUの7番だとベッカムの方が印象強い。
これからもカントナ・ベッカム・ロナウド等に名前負けしない選手が出てくることを期待します!

2020/06/30(火)
7番が特別な理由はジョージ・ベスト

プレースタイルは違うけど、スーパーアイドル的な人気者ってところはベッカムは似てる

でもドリブラーで若くしてバロンドールを獲得したってところがロナウドが「完璧な後継者」ってところなんだろうね

2020/06/30(火)
ユナイテッドではベッカムから代表ではフィーゴからレアルではラウールそれぞれ歴史に残る7番を受け継いだロナウドは凄い

2020/06/30(火) 
生涯の成績をトータルで見たらロナウドの方が圧倒的だろけど、ユナイテッドでの活躍ならベッカムの方が貢献したタイトルの数が多いから上だと思う
ロナウドはレアルに行ってから更に高みに達したイメージ

2020/06/30(火) 
個人的にはカントナが一番だな。

クリロナはユナイテッド時代はヤングスターで、マドリーで本格化したイメージだな。

2020/06/30(火) 
カントナ、ベッカム、ロナウドを同じピッチに立たせると勝っても負けても楽しい。
ゲームのお話です。

2020/06/30(火)
7番を特別なものとしたのはカントナとベッカムだから、このテーマなら二人が双璧だと思う。クリロナはその後も含めた個人の人気や活躍込みでしょう。

2020/06/30(火)
292試合118得点が微妙に感じてしまうロナウドよ。まぁこの時はこの時でキレキレで格好よかったけど。

2020/06/30(火)
カントナ、ベッカム、ロナウド。⇔ディマリア、サンチェス、デパイ。いかにファーガソン時代の7番が完璧すぎる事か。

2020/06/30(火) 
ロナウドがいなくなり、ファーガソンが引退してからそもそもチームが低迷したのも後継が現れなかった原因だろう

2020/06/30(火) 
7番は個人的にはやっぱりカントナ何だよな。間違いなくプレミア創世記のユナイテッドの原動力だった

2020/06/30(火) 
いや、ちょっと待ってくれ!!

1位はキング・カントナだろ!?

あの襟立ての7番にどんだけ憧れたか!!

確かにCロナも似合っていたが、キングの7番の輝きは良くも悪くも輝いていたよ!!

7番のカンフーキックなんて傑作ですよ!!

2020/06/30(火) 
オーウェンもいたね。
マンUに来た彼は既に衰退期だったけど、重要な局面で起死回生のゴールを決めていたからまだよかった。

2020/06/30(火) 
カントナやベッカムの世代が減ってるのだろう カントナなんか誰もを魅了するカリスマ性があった

2020/06/30(火)
バレンシアはよくプレーしてくれてた。
7番を任されたこと自体は妥当。

2020/06/30(火)
ロナウドはマンU、レアルで結果残して
ユベントスでも活躍してるからすごい、

2020/06/30(火) 
最近の7番は大したことないが
今までの功績が大きかった分だけなのかもしれない

2020/06/30(火)
個人的には
カントナですかね

CR7もベッカムもいい選手だし美しく勤勉

ジョージ・ベストもいい

だけど
カントナがNo1かな

2020/06/30(火) 
ベッカムやクリロナがカントナと同じような素行だったら果たして今のような評価を受けられてただろうか?

2020/06/30(火) 
ぶっちぎりでクリロナなのは確定、もうクリロナ最強すぎて後任がショボく見えるくらいにモンスター級の選手やし、メッシ引退後のバルセロナの10番も後任がかわいそうやなあ

2020/06/30(火) 
ファーガソンの蹴ったスパイクが運命を決めたかどうかは分かりませんがベッカムが退団するニュースと共に入ってきたCR7の紹介記事を見て…この若者は凄いかも知れんと思って見続けて来て良かった。
ルーニー・テベス・CR7が自分のマンUのイメージ。ファンデルサールとかファーディナンドとかギグスとか…
カントナ(ロイキーンも)は…敵にいて欲しいタイプかな。勝って溜飲を下げるというww

2020/06/30(火)
一位ロナウド二位カントナ三位ベッカム
そこから下はどれもこれも微妙だった。

2020/06/30(火)
マンU時代を除いたらサンチェスもデパイもディ・マリアも良い選手なんだよなぁ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ