20200623-00378361-footballc-000-1-view

スポンサード リンク




 クリスティアーノ・ロナウドが、また新たな記録を達成した。ユベントス加入からわずか2年弱で、セリエAにおけるポルトガル人選手の通算得点記録を更新している。

 ユベントスは新型コロナウイルスにより中断されたセリエAの再開初戦となった現地時間22日の試合でボローニャと対戦。日本代表DF冨安健洋とマッチアップしたC・ロナウドは前半23分にPKで先制ゴールを挙げ、2-0の勝利に貢献した。

 これでC・ロナウドは今季のセリエAで23試合に出場して22得点。昨季の31試合出場で記録していた21得点をすでに上回った。得点ランキングでも、首位を走るラツィオのFWチーロ・インモービレとの差を5点に縮めている。

 また、セリエAでの通算ゴール数を43点としたことで、ポルトガル人選手の同リーグにおける通算得点数の最多記録を塗り替えた。イタリア『スカイ』などによれば、これまで記録を保持していたのはフィオレンティーナとミランでプレーした元ポルトガル代表MFのマヌエル・ルイ・コスタ氏だった。

 ルイ・コスタ氏はフィオレンティーナで1994年から2001年までプレーし、7年間でリーグ戦38得点。ミラン移籍後は得点が減少し、5年間で4得点だった。ストライカーではないとはいえイタリアで長年活躍したレジェンドの残した記録を、C・ロナウドは2シーズン目の途中で上回っている。

フットボールチャンネル編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc01daace7ee986a9fe880f14ef2c638f46bfc88 

 

2020/06/30(火)
富安は必死に食らい付こうとしてたけどロナウドのフェイントに毎回引っ掛かり、クロスを上げられまくってたな。まだランクが違うのは明らか。やっぱり未だに凄い選手。

2020/06/30(火) 
国際的な視点で見るとCLタイトルやCLゴール数も考慮してクラブレベルでは史上最高の実績を持つ選手

2020/06/30(火) 
一位がまさかのルイコスタだったんだ
哀愁というか色気というかオーラをまとっているようにみえた
古き良き10番のプレーヤーで大好きでした。

2020/06/30(火)
ルイコスタがミランにいた頃ってインザーギ、シェフチェンコと稀代の点取屋がいた頃だからパサーになっていた印象だな。
2000年代始め頃のミランのメンバーは恐ろしいぞ。

2020/06/30(火)
リーグが違ってもコンスタントに結果が出せてるのがホントに凄いとこだと思う。

2020/06/30(火)
ルイ・コスタとはポジション違うしな

3位はセルジオ・コンセイソン?フェルナンド・コウト?

2020/06/30(火) 
こんなにマークされてるのにあれだけ点が取れるんだからすごすぎる。40までは普通にいけそうだな。

2020/06/30(火) 
外国人記録はバティだったはず

2020/06/30(火)
ルイコスタのスルーパスからの
バティの弾丸シュートが好きだった。

2020/06/30(火)
逆にルイコスタが結構得点していたんだな

2020/06/30(火) 
ポルトガル人はリーガかプレミアの印象

2020/06/30(火)
5年間居たらPK数だけで抜けそうだなロナウド

2020/06/30(火)
PKばっかりだし凄いと思えん

2020/06/30(火)
FWとMFを比較しちゃダメでしょ笑

2020/06/30(火)
怪物すぎて、もうこんなことじゃ驚かない笑

2020/06/30(火) 
相変わらずバケモン











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ