20200627-00000537-san-000-7-view

スポンサード リンク




 サッカーJリーグは27日、新型コロナウイルスの影響による中断が明けて約4カ月ぶりにキックオフの笛が鳴った。

 観客はおらず横断幕もない東京・味の素スタジアム。センターサークルに並んだ東京Vと町田の選手は新型コロナウイルス対策にあたる医療従事者へ感謝の拍手をささげた。18歳と両軍最年少の東京V藤田は「中断期間に自分にとってサッカーがなくてはならないものと再認識した」。唇をかみ表情を引き締め、待ちわびた試合に臨んだ。

 4カ月前の開幕戦から景色はがらりと変わった。選手は左右の出入口からチーム別に入場。集合写真も選手間の距離を1メートルほど開け、試合前のコイントスで主将は握手せずに会釈だけ。手袋とマスクをしたスタッフと握手の代わりに肘を突き合わせ健闘を誓うなど感染対策は徹底された。

 ホームの東京Vは録音したサポーターの応援を試合冒頭や決定機で会場に流したが、多くの時間帯は無音。「逆サイドだ」「カバーに入れ」。スタジアムに、声と肉体がぶつかり合う音を響かせた。画面越しに声援を送るサポーターへ必死のプレーを届けた。(五十嵐一)

https://news.yahoo.co.jp/articles/413f4d4f798e6478c8c6fe8784c9bcb4be94bb94 

 

2020/06/28(日)
Jリーグとプロ野球の有観客試合に他のスポーツの有観客開催がかかっています
頑張って欲しいです

2020/06/28(日)
ここから徐々に観客を戻して本来の観戦様式になっていくんだろうけど、何とか問題無く順調にこれまで通りの観戦スタイルになる事を願います。やはりスポーツ観戦はその場の雰囲気や結果を皆で一喜一憂する事が生観戦の醍醐味だと思うので。

2020/06/28(日)
それはこの準備のトレーニングマッチで実際に見えたいたこと。
もう2週あとからは、それぞれ制限つきで観衆が入る。また、雰囲気は変わります。

2020/06/28(日)
JリーグもNPBも無観客で試合が行われているが、
両方共にプロである以上は、観客の前で試合をしたいだろうし、選手には、観客の前で試合させてあげたい。
感染拡大のリスクが無くなるまでは、以前のように満員のスタジアムや球場でファンが声をあげて応援するのは難しいかもしれないが、その日がくるのを期待して、今はできる範囲で試合も応援もやるしかない。

2020/06/28(日) 
Kリーグは無観客でリーグを始めて、もう9戦目になりますが、ダイジェストを見ていると最初のころは選手同士やスタッフとの接触を少し遠慮していたけど、最近の試合では得点後に抱き合うなどは当たり前になっています。

Jリーグの試合でどの程度、コロナ対策がきちんと維持されたまま、選手が動くか、ある意味とても興味があります。

2020/06/28(日) 
何はともあれ、第一歩。
前代未聞の状況下での手探りかも知れない。
けど、小さな一歩がなければ道は拓かれない。
頑張っていこう。

鳴り物や歓声が無いのは寂しいけど、選手たちの生の声やプレー音が聞こえるのは一つの見方としてはありかも。

2020/06/28(日) 
これ、逆にビジネスチャンスなんじゃないか?観客を少数限定でVIPシート作って、高い食事とお酒でも提供して、最後は選手のサインとかもらえるようなサービスを高額で提供できないものか。サッカーに飢えてる客なら10万とかでも払うんじゃないか?それを10組限定とかだんだん増やしていってさ。満員のスタジアムよりもうかったりして。

2020/06/28(日) 
ここまでこぎ着けた関係者の皆様に敬意を表します。何とか感染者が出ずに、リーグが継続できることを切に祈念します。

2020/06/28(日)
プロ野球も、Jリーグも無観客の試合はホント寂しいよな。
プロの試合は観客がいてこそだもん。
良いプレイがあっても歓声も拍手もないのは虚しい。
選手も寂しいだろうな。

2020/06/28(日) 
プロ野球、Jリーグが無観客とは言え、再開されたのは良かったと思います。
しかし、感染者が徐々に増え始めていますので、簡単には観客数を増やせない
と思います。
かなり緩んで来ていますので、再び中断となる可能性もあると思います。

2020/06/28(日) 
選手、スタッフ、関係者の健康管理と感染対策の徹底をすればリーグ維持のためにはやむを得ない。
リスクに対してコントロール不可能な要素のある観客入場は当面は無理だろう。

2020/06/28(日)
プロ野球にJリーグのTV試合を観ました。

やはり観客もプレイヤーなのだということを強く感じました。 試合ができる競技はまだまだ限られています。 その中で新しいスタイルの試合で画面越しで見ているファンを楽しませる工夫などを実験的に盛り込んで以前よりも盛り上げてほしいと願います。 ありがとう!

2020/06/28(日) 
今週、都内では感染者が再び増加して1日当たり50人規模に戻り始めた。観客を入れての開催を期待するよりも、再び開催自粛をしなければならないことの方が現実的な問題だ。秋口までにコロナが終息していかなければ、高校生の選手権にまで影響してくると思われる。

2020/06/28(日) 
リモート応援システムとやらに参加してみたけど、ボタンを連打するだけ。
スタジアムに流れる声援にどう変化があったかDAZNの音声では何も解らなかった。
しんどいだけでした。
次はもう自動タップ機能あるのマクロアプリに延々やらせようかな。
意味無いか。

2020/06/28(日) 
野球、サッカーと明るいニュースが続く。
新聞も日常を取り戻しつつある。
ほかのスポーツに先駆けて行われている。
頑張ってもらいたい。

2020/06/28(日)
無観客じゃないと聴こえない審判の説明、選手の声かけ、監督の指示、こんなこと言ってんだーとすごく興味深かった。

2020/06/28(日) 
ようやく週末の楽しみが帰ってきた。

応援が無くなるのは寂しいけど、熱い試合を期待しています。

2020/06/28(日)
日本リーグ時代を知る人には懐かしい感じに思えるかも。
プロサッカーリーグなんて想像もできなかったはず。

2020/06/28(日) 
この日を待っていた。スタジアムに足を運べないのは残念だが、コロナの打ち勝って一日も早く選手と勝利を分かち合いたい!!!

2020/06/28(日)
サッカーの無観客も連携の駆け引きなどの声が聞こえてまた違った面白さがあると思う。

2020/06/28(日) 
ファン・サポーターが居ない
光景は、異常で寂しい。
スタジアムにも行けないし、
武漢と政府に日常を
奪われて悔しい。

2020/06/28(日) 
今また東京が50人とかなってるけど
もうそんなこと言ってられん
早くワクチン作ってもらって
我々ファンは予防をして
Jリーグ、NPBの支持に従い
少しずつ観戦規模を増やすしかないね

2020/06/28(日) 
中銀スタジアムのバックスタンドの
スポンサー看板の多さには驚いた

2020/06/28(日)
今の現役選手で旧・日本リーグ時代のガラガラ知ってるのってカズ位のもんだから
今の選手にとってはやりにくいだろう

2020/06/28(日)
サッカーはセットプレーや空中戦などの接触プレーが多いからコロナ対策が大変だね。

2020/06/28(日) 
特効薬できるまではスポーツ観戦は難しい。北海道でコロナの蔓延の原因になっている昼カラオケと同じ。

2020/06/28(日)
野球の讀賣は、攻撃中にうるさいだけの応援歌流してたけど、
このミドリムシも応援歌流したのか

さすが元讀賣
うるさいだけ、気が散るってのがわからない
やはり讀賣はスポーツにいらない

2020/06/28(日)
「無観客試合」に代わる名称が「リモートマッチ」になったのかな?

でもそれって、チーム自体がリアル空間で対戦しないみたいなニュアンスがなくない?

2020/06/28(日)
古今東西群衆は制御出来ない。
人を集めれば何始めるかわからん。

2020/06/28(日)
ヴェルディって、落っこちてから随分経ったね。

今年ぐらいは奮起してもらいたいよ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ