20200626-00897640-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




SC相模原・稲本潤一インタビュー@中編

 驚きのニュースがもたらされたのは、日韓ワールドカップを1年後に控えた2001年のこと。ガンバ大阪に所属する稲本潤一がイングランドの名門、アーセナルに移籍することが発表されたのだ。

 まだ海外移籍が今ほど盛んではなかった時代である。三浦知良、中田英寿らがすでに海を渡っていたとはいえ、彼らの最初のステップはイタリアの小さなクラブにすぎなかった。

 ところが、稲本がオファーを受けたのは「超」が付くほどのビッグクラブ。しかも当時のアーセナルは、飛ぶ鳥を落とす勢いのアーセン・ベンゲルのもとで無敵を誇っていた頃である。

 日本人が世界のトップレベルでプレーする日が訪れるとは想像もつかなかった時代に、当時21歳の若者がその挑戦権を手に入れたのだ。

 当時の状況を、稲本は次のように振り返る。

「海外移籍を本気で考え始めたのは2000年くらいですね。それで、代理人をつけてチームを探してもらっていたなかで、2001年のコンフェデレーションズカップのパフォーマンスをベンゲルさんが評価してくれて。

実は当時、アーセナルのほかにもイタリアのクラブから話をもらっていました。ですが、何も考えずにアーセナルに行くことを決めました」

 高校生の時にJリーグデビューを果たした稲本にとって、海外移籍を求めるのは自然の流れだった。

「日本でやることがなくなったというか、代表にも選ばれて五輪にも出て、次のステップを考えた時に『海外でプレーしたい』と思うようになりました。きっかけは1999年のワールドユースですね。レベルの高さを知ったのに、日本でやっていたら自分の伸びしろが小さくなるなと感じていました」

 ワールドユースで準優勝を成し遂げ、シドニー五輪にも出場。日本代表でも主軸となりつつあった稲本は「やれる」という自信を胸に、意気揚々とイングランドへと旅立った。

 しかし、待ち受けていたのは、残酷なまでの現実だった。

「それこそ若い時から代表に入ってましたし、自信たっぷりで行ったんですが、アーセナルのレベルの高さに、その自信は全部なくなりました(笑)。挫折というか、トップ・オブ・トップをいきなり見てしまった感じですね。

後々振り返ればいい経験でしたけど、その1年に関して言えば、ほとんどあきらめていました。シーズン後にワールドカップ(日韓大会)があるから、コンディションだけは保っておこうと思ってましたけど、チーム内の競争に勝とうという気持ちは徐々に薄れていきました」

 レベルの違いに愕然とし、培ってきた自信は木っ端みじん打ち砕かれた。

 この年アーセナルは、プレミアリーグとFAカップの2冠を達成。稲本はリーグカップ2試合に出場したのみに終わり、翌年、同じプレミアリーグのフルアムに移籍する。以降、アーセナルでプレーする機会は訪れなかった。

 それでも稲本は、海外でプレーを続ける道を選択した。フルアム、WBA、カーディフ・シティと渡り歩き、その後、トルコ(ガラタサライ)、ドイツ(フランクフルト)、フランス(レンヌ)でもプレー。9シーズンにわたって欧州にとどまり続けたのだ。

「なかなか行けるチャンスがないなかで、すぐに日本に帰るのはもったいないと思っていました。最悪、日本のどこかのチームが取ってくれるだろうという思いもありましたけど、海外でオファーがあるかぎりは、そこでやり続けようと考えていました」

もちろん、オファーがあったことが長く欧州にとどまれた要因だが、欧州でプレーし続けるにはメンタル面も重要だったと振り返る。

「寂しがり屋は無理ですね(笑)。ずっとひとりでいないといけないし、生活するうえで、細かい部分でのストレスも当然ある。それが耐えられない人は難しいでしょう。

 言葉も通じず、友だちもいない。イチから人間関係を構築する必要もある。その難しさは間違いなくあると思います。当時ネットはダイヤル回線だったし、電話代も高い。ましてや、スマホなんてありませんでしたからね」

 稲本自身も決して語学は堪能ではなく、コミュニケーションに苦労することも多かった。そんななか、生活の支えになっていたのは、やはりサッカーだったという。

「言葉は通じないけど、2カ月もすれば慣れてくる。もう、しゃべれないのは、どうしようもないんですよ(笑)。でも、サッカーがあれば大丈夫でしたね。純粋にボールを蹴っているのが楽しかったですから。語学留学だったら、たぶん無理だったでしょう」

後々振り返ればいい経験でしたけど、その1年に関して言えば、ほとんどあきらめていました。シーズン後にワールドカップ(日韓大会)があるから、コンディションだけは保っておこうと思ってましたけど、チーム内の競争に勝とうという気持ちは徐々に薄れていきました」

 レベルの違いに愕然とし、培ってきた自信は木っ端みじん打ち砕かれた。

 この年アーセナルは、プレミアリーグとFAカップの2冠を達成。稲本はリーグカップ2試合に出場したのみに終わり、翌年、同じプレミアリーグのフルアムに移籍する。以降、アーセナルでプレーする機会は訪れなかった。

 それでも稲本は、海外でプレーを続ける道を選択した。フルアム、WBA、カーディフ・シティと渡り歩き、その後、トルコ(ガラタサライ)、ドイツ(フランクフルト)、フランス(レンヌ)でもプレー。9シーズンにわたって欧州にとどまり続けたのだ。

「なかなか行けるチャンスがないなかで、すぐに日本に帰るのはもったいないと思っていました。最悪、日本のどこかのチームが取ってくれるだろうという思いもありましたけど、海外でオファーがあるかぎりは、そこでやり続けようと考えていました」

もちろん、オファーがあったことが長く欧州にとどまれた要因だが、欧州でプレーし続けるにはメンタル面も重要だったと振り返る。

「寂しがり屋は無理ですね(笑)。ずっとひとりでいないといけないし、生活するうえで、細かい部分でのストレスも当然ある。それが耐えられない人は難しいでしょう。

 言葉も通じず、友だちもいない。イチから人間関係を構築する必要もある。その難しさは間違いなくあると思います。当時ネットはダイヤル回線だったし、電話代も高い。ましてや、スマホなんてありませんでしたからね」

 稲本自身も決して語学は堪能ではなく、コミュニケーションに苦労することも多かった。そんななか、生活の支えになっていたのは、やはりサッカーだったという。

「言葉は通じないけど、2カ月もすれば慣れてくる。もう、しゃべれないのは、どうしようもないんですよ(笑)。でも、サッカーがあれば大丈夫でしたね。純粋にボールを蹴っているのが楽しかったですから。語学留学だったら、たぶん無理だったでしょう」

https://news.yahoo.co.jp/articles/5fcb3745578048d58aa955656951093d51b0de96?page=1 

 

2020/06/26(金) 
こういった先駆者の経験があるからこそ、今の若手が海外に行く事が増えてきている事に繋がっているんでしょう。
歴史が途絶える事なく繋がっていく事の重要性を改めて感じます。

2020/06/26(金) 
当時はまさに井の中の蛙大海を知らずだったってわけだ。
でもなんだかんだでヨーロッパで長くプレーしてたしW杯も3大会出てるしすげーよな。

2020/06/26(金) 
あの時代はアーセナルの全盛期でチームが出来上がっていた時期で新加入の若者にはチャンスはなかなか来ない…
しかもポジションもFWではないのですぐ結果が出やすい所でもない。

けど経歴にアーセナルと残るしアンリ、ビエラなどサッカー界のレジェンドと練習した日々や経験は是非今後のサッカーに還元して後輩の育成にも役立てて欲しいです!

2020/06/26(金) 
素人目でも日本人は通用しないと思ってたから、当の本人としては衝撃だったでしょうね。
でもそれを受け止めて欧州挑戦長く続けて、今もなお現役というのはサッカーが好きだからやってこれたんでしょうね

2020/06/26(金)  
アーセナルに移籍した事で、01-02シーズンのUEFA CLで日本人選手初出場(チャンピオンズカップ時代の奥寺除く)が出来た。
その肩書だけは、もう他の日本人選手では永遠に打ち破れない。

2020/06/26(金) 
海外のビッグクラブに移籍してレベルの違いに打ちのめされたのは、本人が望んだ伸び代かと。そこで、奮起して頑張れたのが、ガンバのデコッパチとの違い。

2020/06/26(金) 
稲本には辛かったろうが、このような実績があっていまの移籍市場につながる。
目に見えない功績も多大にあると思います。

2020/06/26(金) 
少なくとも、コミュニケーションでの言葉の壁は、でかい。
信頼無ければ、ボールも回ってこない。
日本を強くするため、jリーガーの必須科目にすればいいのに。

2020/06/26(金) 
しかし、
稲本はワールドカップのとき
アーセナルでも試合に出られれば
結果を出せるって言ってたな
強がったのかな

2020/06/26(金) 
当時のアーセナルは2軍でさえタレント揃いだったからなぁ。
2軍でも勉強になったとは稲本言っていたね。

2020/06/26(金)  
稲本以来、多くの日本人がアーセナルからのオファーをもらっているが、未だにレギュラーになった者はいない、もう20年も経過するのか

宮市がケガしなければなぁ・・・

2020/06/26(金) 
今みたいにまずはドイツを経由して後々メガクラブにという流れだったらイナはもっと凄い選手になっていたと思う。ポテンシャルは今の代表のボランチよりあったし、ヤットみたいにずっと国内で経験積んでいればヤットと同等の評価も得られたかもしれない。
本当にもったいない逸材だったと思う

2020/06/26(金) 
いきなりアーセナルはキツい。
プレミアの下位チームからスタートしてたら考えは変わったかも。

2020/06/26(金) 
いや、でも十分海外で成功した側の日本人だと思うけどな

2020/06/26(金)  
日本のジェラードみたいな感じだった。
フルハムで活躍してたよね。

2020/06/26(金) 
インタートトカップのハットトリックを又見てみよう。

2020/06/26(金)  
>その1年に関して言えば、ほとんどあきらめていました。

心が折れたわけじゃないんだろうな。私はレベルの違いに心が折れてしまった。

2020/06/26(金) 
久保くんの凄さに改めて気付かされる記事でした。

2020/06/26(金)  
前編の記事に飛べない…読めない…

2020/06/26(金)  
ベンゲルも似たような事言っておったな

2020/06/26(金)  
>最悪、日本のどこかのチームが取ってくれるだろうという思いもありましたけど

こんな気持ちでやってたら、上手くいくわけない。

何がなんでも海外で成功して、日本代表にくらいつく気持ちなければダメだろ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ