20200616-00010000-wordleafs-000-2-view

スポンサード リンク




 新型コロナウイルスの影響を受けて2月下旬から中断していた各公式戦の再開後の新たなスケジュールが、15日にJリーグから発表された。

 J2再開とJ3開幕を今月27日に、J1再開を7月4日に迎えるリーグ戦はJ1が12月19日に、J2およびJ3が同20日にそれぞれ最終節を迎えるスケジュールのなかで、予定しているすべてのカードの成立を目指す。特にJ1は大会方式を大幅に変えたYBCルヴァンカップも並行して行われるため、4カ月あまりにおよんだ中断期間がさまざまな代償を伴わせる過密日程となった。

 まず懸念されるのは「予備日」の少なさだ。
 Jリーグは例年、台風を含めた気象条件などで試合が延期された場合に備えて、シーズンの後半部分に予備日を設けている。通常は平日の水曜日があてられるなかで、再編されたJ1の日程で空いている水曜日は、9月以降に限れば8日となっている。

 Jリーグの村井満チェアマン、再開後の試合日程を各クラブと協議するプロジェクトチームのリーダーを務めてきた黒田卓志フットボール本部長は、予備日の数について異口同音に「潤沢には取れない状況にある」と言及していた。特に村井チェアマンは「新型コロナウイルスの特徴を考えると、第二波、第三波も考えられるという認識でいます」と再開後への懸念も示していた。

 秋には第二波が襲来すると指摘されているなかで、今後の感染状況次第では試合を延期せざるをえない地域も出てくるおそれがある。加えて台風を含めた気象条件だけでなく、グループリーグの途中から中断されているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の再開にも対応しなければならない。
 アジアサッカー連盟(AFC)は今月に入って、ACLに関して残された99試合すべてを実施する基本方針を、出場各国と確認したと発表している。日本からはJ1王者の横浜F・マリノス、同2位のFC東京、天皇杯覇者のヴィッセル神戸が出場し、それぞれのグループで首位に立っている。

 ただ、Jリーグの新たな日程にはACLのスケジュールは反映されていない。ACLが再開されてJクラブ勢が勝ち進んだときには、再編された日程と重複する可能性もある。その場合にも予備日があてがわれるが、ACLは国境をまたいでの移動を伴うだけに不確定要素も多く、村井チェアマンもこう言及するにとどめていた。

「まずはJリーグとして大会の在り方を議論します。同時進行の要素があると思っています」

 新型コロナウイルスという未知の敵を前にして、Jリーグはこれまで「走りながら考える」を合言葉として、その時点でのベストを協議してきた。ACLが再開される状況は、新型コロナウイルスの感染が落ち着き、サッカー界を取り巻く環境がさらによくなることを意味するだけに、臨機応変に対応していく覚悟を決めている。

 Jリーグは同時に「ひとつの結論に至れば、小異を捨てて大同に就く」という方針も共有してきた。
 小異のなかにはクラブ間の不公平感も含まれる。例えば今月に入ってFW金崎夢生、GKミッチェル・ランゲラックが新型コロナウイルスに感染し、12日までチーム全体の活動休止を余儀なくされた名古屋グランパスも、敵地で行われる清水エスパルス戦から他のクラブと同じ日程で再開に臨む。

 移動で生じる感染リスクを減らすため、7月いっぱいはすべてのカテゴリーでクラブを東西に分けて、近隣クラブ同士の対戦を優先させた。対戦カードは「日程くん」の愛称で知られる、競技日程を自動作成するソフトでプログラミングされるが、今回は「例外」となる条件も入力されている。

 ホームとアウェイを交互に戦う日程が原則とされるなかで、北海道コンサドーレ札幌は再開初戦から横浜FC、鹿島アントラーズ、湘南ベルマーレ、ベガルタ仙台と4試合連続のアウェイ戦が組まれた。
 千葉市美浜区に完成した日本代表の新たな練習施設「高円宮記念 JFA夢フィールド」を拠点として今月22日から1カ月弱の長期キャンプを張り、それぞれのアウェイ戦へ臨むことが決まった。

 異例のスケジュールはコンサドーレだけでなく、札幌ドームで開催した場合にビジターチームにも生じるリスクが考慮されたからに他ならない。こうした状況に日本サッカー協会(JFA)も協力し、日本代表チームに先んじて「JFA夢フィールド」を使用できる状況が生まれた。コンサドーレも公式ホームページ上で「御礼」と記した上で、サッカー協会への感謝の思いを綴っている。

「新型コロナウイルス感染症による困難を乗り越え、サッカーファミリー全体でリーグ戦再開に向かっていく中、完成して間もない代表チーム練習施設の使用を許可していただきました。この度の日本サッカー協会のご理解とご協力に感謝いたします。」(原文のまま)

 コンサドーレは12月12日以降の最後の3節も大分トリニータ、FC東京、浦和レッズとすべて敵地で戦う。北海道が降雪に見舞われ、屋外での練習ができなくなるリスクが考慮されたもので、J2のモンテディオ山形とアルビレックス新潟は最後の2節を、J3のヴァンラーレ八戸、ブラウブリッツ秋田、いわてグルージャ盛岡も最後の3節を、同様にすべて敵地で戦うスケジュールが組まれている。

 不公平感はピッチ上だけに生じるわけではない。
 国内の球技リーグで構成される日本トップリーグ連携機構がSNS上で公募し、この日にポジティブな意味合いを込めて「リモートマッチ」と命名された無観客試合を、再開されるJリーグは各カテゴリーで2節ずつ行うことになる。

 東西に分かれて対戦カードが組まれたなかで、例えばガンバ大阪は再開初戦でホームのパナソニックスタジアム吹田にセレッソ大阪を迎える。昨シーズンは3万5861人が集まるなど、毎年盛り上がりを見せる「大阪ダービー」における、1億円ともいわれる売り上げがすべて失われることになる。

 同じく「リモートマッチ」となる来月8日の第3節では、サガン鳥栖がホームの駅前不動産スタジアムにヴィッセル神戸を迎える。スペイン代表とFCバルセロナで一時代を築きあげた希代のプレーメイカー、アンドレス・イニエスタが加入してからのヴィッセルはホームだけでなく、ビジターで訪れる敵地のスタジアムのスタンドも大勢のファン・サポーターで埋めてきた。

 例えば昨シーズンは鹿島アントラーズや浦和レッズなど7つのクラブが、イニエスタ効果のもとで最多観客数を記録している。サガンもそのひとつで、フェルナンド・トーレスの引退マッチでもあった昨年8月23日に昨シーズン最多だけでなく、歴代でも2番目に多い2万3055人を記録している。

 昨年度決算で20億円を超える赤字を計上したサガンはいま、身の丈に合った経営のもとで再建途上にある。ドル箱となるヴィッセル戦が「リモートマッチ」となるのは、入場料収入を考えればかなりの痛手になる。それでも「日程くん」により弾き出されたカードのもと、すべてのクラブが「小異を捨てて大同に就く」という思いを織り込みながら、コロナ禍の先にある未来へ向かっていく。

 ただ、不測の事態が起こりうることも見越して、今回は対戦カードこそ最終節まですべて発表されたものの、日付やキックオフ時間、試合会場などの詳細が記されたのは8月末までとなった。9月以降に関しては新型コロナウイルスの状況も踏まえながら、8月初旬と10月初旬の2回に分けて発表される。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/650e8c771f18872b7da985c010e66824b180dbc7 

 

2020/06/16(火)
色々ネガティブな面を挙げてもしょうがないと思います。
クラブを支えるスポンサー収入とJリーグを支える放映権を考えたら、Jリーグの選択は正解だと思います。

2020/06/16(火) 
こんなイレギュラー過ぎる状況で、全チームに取り公平な方式が出来るか?感染対策と各チームの収益等を考えて出した結論だろ。これで色々書くメディアはじゃあ何なら良いと言うんだ?

2020/06/16(火)
Jリーグではコントロールできるレベルの話ではないんだから、ノルマ消化してもらえるお金をとにかく満額に近い形でもらえればそれでいいんじゃない。まともなシーズンになるの求めてもしょうがないでしょ。

2020/06/16(火)
個人的にはコロナの一件を経てチェアマンの頼もしさを再認識できた。

これだけレスポンスよく動いて、クラブ間調整も重ねて、他のスポーツ界にも働きかけて、さらにチェアマン自身が積極的にメディアに出てサポに進ちょくを伝える。

これ以上はないくらい頑張ってくれたと感謝しています。

2020/06/16(火) 
今年は、色々なことに制限がかかるのは、当然だと思う。
出来る限り試合をする中で、全ての試合が予定通り消化できなくてもしょうがない。
順位も参考という事にして、賞金の配分も、順位でなく、苦しいところから優先でもよいかもしれない

2020/06/16(火) 
まずは再開の目処を立てたことに拍手しようではないか。
不測の事態なんだから、これから状況を見て柔軟に判断していけばいい。
まずはトライしてみることが重要。

2020/06/16(火) 
この件で村井チェアマンの有能さが発揮されたよね。そして試合のスケジュールを立てる日程くんにも頑張ってくれたね。

2020/06/16(火)
ACLなんて無理でしょ、多数の国が参加する大会が今シーズンやれるなら、来年のオリンピックだって問題になってないよ。

2020/06/16(火)
このライターに代替案なんて全く無いし考えてもいないのだから無能な評論家のそしりは免れないと思う

2020/06/16(火) 
そんなもん、不公平とか言ってる場合じゃないだろ。
マスコミは不公平感をあおって受狙いをするが、それより試合を楽しむ方が先。要らんことを言うな。

2020/06/16(火) 
不公平感はチェアマンも3月ぐらいから協議していた。だから降格無しのシーズンにしたんだけどね。

2020/06/16(火)
今年に関して言えば、降格もないしサッカーが出来るだけでも万々歳じゃないかな?
アレがダメとかこれがどうとかって揚げ足とってばかりじゃどうしようもないし。

2020/06/16(火)
不公平が解消できないので開催しません!って言ったらクラブや選手が納得するのか?
前提から間違ってるよこの記事は。

2020/06/16(火)
とにかく試合がクラスターとならないことを願いたい

2020/06/16(火)
今年は降格ないらしいしJ1関係者のみなさん気楽に楽しんで

2020/06/16(火)
今年は入れ替え無しなら、正直やる意味なくない?w
応援する方もモチベーションを保てませんw

2020/06/16(火) 
文句を言うだけ言いっぱなしのメディア
代替案も出したら?

2020/06/16(火)
今はとにかくJリーグが再開する事を喜びたいです

2020/06/16(火)
Jリーグの発信力は本当に立派だと思う

だけど、移動リスクのことを言うのであれば
逆に、11月中旬以降の方がよほど気になる。そちらで近距離開催マッチにしておくべきだった
もし、その予測が外れるようなら、シーズン最後、例え、中位または下位同士の対戦になったとしても、地域的に隣のクラブとの対戦になれば、サポーターも盛り上がった気持ちのまま、シーズン最後を迎えることができます

あと、サポーターの応援行為について、シーズン終了まで、まるで、クラシックコンサートでも観るかのように観戦しなきゃいけないんでしょうか
マスクを着け、座席の半数を削り(8月以降)、アルコール飲料の販売もやめて…、それでいて、まるで、練習試合のような雰囲気のものを観ることになる
最初のうちは『Jリーグがある喜び』が勝ると思いますが…

この2点だけは腑に落ちないと、すごく思います

2020/06/16(火)
ネガティブ面だけあげるのよしましょう
不平不満はあって当たり前

2020/06/16(火)
決めたのならそれでやるだけ。

2020/06/16(火)
Jリーグに関してはやたらとネガりたがるマスゴミ。

2020/06/16(火)
なんでも公平はムリです

2020/06/16(火)
降格ないから不公平もなにも気無しなくていいだろ

2020/06/16(火)
米国がこのウィルスとBCG東京株について詳細に研究している。
著名大学は次々と東アジアの重症患者が少ない原因にBCGを
あげている。
もうね、専門家会議と西浦のデマはバレてるんだよね。
今年のインフルの犠牲者の方が圧倒的に多いのに、それを報道せず
コロナをあたかもコレラやペストかのような報道をした罪は大きい。
もう普通の生活に戻って、がんばって働いて、スポーツ観戦
しましょうや。
質の悪いデマ、政治目的の扇動に乗せられて犠牲になるのは
若者なんだよ。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ