20200615-00896450-sportiva-000-4-view

スポンサード リンク




東京五輪&パラリンピック注目アスリート「覚醒の時」第23回 サッカー・久保建英王者を翻弄したJリーグ開幕戦(2019年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか......。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

***

 2019年2月23日、等々力競技場。川崎フロンターレは、前年度覇者の威厳で、乗り込んできたFC東京を苦しめていた。圧倒的なボール回し。最前線では、小林悠がきわどいシュートを放った。

 だが、FC東京も「15番」を背負った小柄な選手がボールを持つと、空気が変わる。彼がタメを作って、劣勢を挽回。右サイドだけは輝いて見えた。

 久保建英、17歳。覚醒の瞬間だった。

 2019年1月の時点で、久保はサイドアタッカーとして5番手だった。ベンチにすら入らない。FC東京U-23要員だ。

2018年シーズン、久保は長谷川健太監督の「堅守カウンター」に適応できなかった。そこで、出場機会を求め、アンジェ・ポステコグルー監督が率いる横浜F・マリノスに期限付き移籍。攻撃重視のチームで、デビュー戦のヴィッセル神戸戦でいきなりゴールする運の強さも見せている。しかしながら、実状はほとんどボールに触れられず、コンタクトプレーでは脆(もろ)さを見せていた。

「プロでは通用しない」

 厳しい評価で、案の定、わずか5試合出場に終わっている。

 ところが、2019年開幕戦の久保は別人のようだった。持ち前のパーソナリティで、王者・川崎に怯まないのは変わらなかったが、"戦闘力"が格段に上がっていた。ボールを受け、弾き、運ぶ。そこでの力強さを見せた。今までは体を当てられ、ひしゃげていたが、それを跳ね返し、外す余裕があった。うまいだけではなく、怖い選手に変貌を遂げていたのだ。

「キャンプに合流した時から、雰囲気は違っていました。メンタルだけでなく、体も強くなっていて。それで、技術も生きてきたというか。(久保)建英だからつけられるパスもあって、いないと違うチームですよ」

 同じ日本代表のMF橋本拳人(FC東京)も、チームメイトの変化に驚きを隠せなかった。

 課題とされていた守備面も、久保は改善させていた。規律正しく帰陣し、相手の進路を妨害し、パスコースを消す、という仕事を丹念にこなし、球際では強さを見せた。負けない、というのではない。しばしばその場を制し、右サイドを優勢に持っていったのだ。

「時間の経過とともに、建英のところで時間を作れるようになったと思います」

試合後の会見で、長谷川監督はやや興奮を帯びた口調で言っている。

「建英は、すべての面で成長したと思います。精神的にも外に出た(横浜FMへの移籍)ことで、子どものメンタルから大人のメンタルになった。昨シーズンまでは、ボールを奪われ、倒されていたりしたところで、(今季は)フィジカル的に強さも見せている。あらめて、この年代の1年の成長のすごさを感じているところで。(ガンバ大阪時代に指導した)堂安律がヨーロッパに行く前のレベルには、すでに到達していると思います。これから、ヨーロッパのクラブから声がかかるんじゃないかと」

 それは、予言的だった。ただ、その成長曲線は思った以上だったのではないか。

 同年4月には、久保は首位を行く東京の主力というより、エースに君臨していた。5月には日本代表に選出され、6月にはコパ・アメリカに出場した代表の主軸となり、18歳でレアル・マドリード移籍を決めた。たった、半年で劇的な変化を遂げたのだ。

 17歳から18歳で、これほどの飛躍を遂げた選手は過去にいない。

 久保のすさまじさは、"変異力"だろう。それは、成長という表現を越えている。同種の個体だが、違った形質が表われ、環境に適応し、その力を最大限に発揮できるのだ。

 久保は幼い頃、バルサ仕込みのサッカーを身につけた。ボールプレーが基本で、相手を引き回すためのオートマチズム。そのこだわりはあっただろう。

 しかし川崎との開幕戦、久保は"バルサ流"をかなぐり捨てていた。バルサで身に付けた技術は生きる糧だが、その戦い方はいくら追い求めても、手に入らない。どんなシステム、戦術であっても、ピッチに立ってプレーすることに、彼は挑んでいた。そのために必要な肉体を仕上げ、スピードさえも上がっていたのだ。

「どんなスタイルでも、チームでもプレーできる選手に」

 久保は、周囲にそう洩らしているという。その剛直さは、とても18歳とは思えない。

 2019-20シーズン、期限付き移籍したマジョルカで、久保は主力の座を奪い、エースになりつつある。コロナ禍の中断前、ベティス、エイバル戦では貴重な得点を記録。ボールを持った時には、有無を言わさぬ凄みがあり、格の違いを見せつけつつあった。

 はたして、久保はどのような変身を遂げるのか。

 書き手として、変異する瞬間に立ち会えたことは僥倖(ぎょうこう)だった。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://news.yahoo.co.jp/articles/7d5ea0195c6f365dfa1d88e6e492f28e9962c223?page=1 

 

2020/06/15(月) 
中田から始まって小野、中村、稲本、香川、本田、、、
みんな十分活躍した選手達だけど
久保にはもう一段上の 【ビッククラブのエース】を目指して欲しいし 目指せるポテンシャルをもった選手だと思う

2020/06/15(月) 
ハセケンのしごきがなかったら、モレーノの求める献身性にも応えられなかっただろうし、ハセケンのマラソンサッカーでスタメン取ったからこそマジョルカで求められる運動量にも適応できる。

メンタルは彼の元来備えていたものだったがフィジカル面で今の逞しい久保があるのはこれらの過程があったから。

時折見かける「あのまま日本に帰国せずバルサのカンテラにいたらもっと凄い選手になっていた」という意見には同意できない。

2020/06/15(月)  
チームのレジェンドであるセビージャとボールを脇に抱えて話し込んでいる姿は誰がこのチームのエースかを物語る。
伝説が始まる。
早く起きた甲斐があった。

2020/06/15(月)  
バルサのアカデミーにいた事で、幼い頃から日本中の期待を浴びていた。技術はもちろんだけど、特筆すべきはメンタルの強さ、貪欲さ、頭の良さなのでは。よく日本のメディアが天才と書き立てる選手は大体早熟の天才でその後伸び悩んで行くけど、久保君は余程の怪我がない限り更に上のレベルまで行ってしまうかも。

2020/06/15(月) 
早い段階から、体格で「このままでは日本でさえ通用しなくなる」という経験が出来たのはよかったかも。
そして高校生くらいの年齢でその課題を一年でカバーしてくるところは流石。

つくづく、本気の試合に出ることの重要性を感じる。日本だからあの若さで出場出来たのだろうし、プロの厳しさのほんの一部でも感じられた経験が今に繋がってると思う。

2020/06/15(月) 
バルサとの一戦を観ましたが確かにチームのエースに成りつつあるようです。チームメートへのパス、自身のドリブル、FKどれも自信を持ってプレーできてます。筆者の言う変異をもう一段上で実現した時、彼は世界のスーパープレイヤーの仲間入りと共に日本代表でも誰も文句無いエースに進化するのでしょう。これからも応援しています

2020/06/15(月)  
マジョルカに行ったのは結果的に正解だったと思う。
強いチーム、上手い仲間で連動し、活躍するタイプの選手は今まで日本人にもいた。

久保もそういうタイプだが、レベルの高いリーグの中の弱小チームにいることで、圧倒的な個の力でもない限り、何も起こせないし、守備もさぼっていてはそもそも弱いのですぐに崩壊してしまう。

これに直面せざるを得ない環境に置かれた結果、いずれの能力も飛躍的にアップし、攻撃時はスーパーな個を持ち、首尾時は献身的かつ効果的に組織に貢献できる素晴らしい選手に成長した。

本当に楽しみな選手。

2020/06/15(月)  
Jでの歩みやマジョルカでの成長を見てると
久保選手の凄さは「自分を客観視して、今の自分の力より少しだけ上のレベル」に身を置く賢さがあると思う
最初は苦労して、最後には見事にアジャストして見せる
子供の頃からずっとこれを繰り返してきたんだろうなと想像できる

2020/06/15(月) 
フィジカルや守備力の面は、スペインでやっていたとしても乗り越えなければいけない壁になっていただろうとは思う。少なくとも日本以上に求められる水準は高いだろう。
ただカンテラにいたらもっと凄くなっていたかどうかは分からないし、久保は日本に帰らざるを得なくなった状況で、ベストの選択をして、適応し、成長することができた。これこそが本当に彼の力だし、すごいと思う。その意味では中井卓大が今後どういう成長を遂げるのかは大変興味がある。
一つのチームで王様になるのではなく、「どんなチームでも活躍できる」のは、トップレベルの選手でも相当難しい。それができる才能が久保建英にはある。

2020/06/15(月) 
どんなスタイルでも、チームでもプレーできる選手に

ヒデ依頼じゃないかな?それを体現しているのは。今までのレジェンドは自分の中にある一芸を自分の価値として周りに合わせてもらう選手だったからチームにより当たり外れがでていた。久保のがんとした自信といなし変化できる柔軟性は素晴らしくスタイルを変えても必要とされるレベルに1年で間に合わせる凄さ。年に関わりなく周囲は勉強すべきだよ。

2020/06/15(月) 
リーガ一部のチームで一年目の10代のレンタル選手が王様になりつつあって、しかも怯むことも遠慮することもない。他の選手が取ったフリーキックでサルバセビィージャの横でボールを抱え込んでいる姿は頼もしい。

2020/06/15(月) 
一つ言えることは
バルサのカンテラにいたままじゃなくてよかったということ
17でスペインの3部よりレベル高い場所を経験できて、今のままでは通用しないと挫折を経験でき
それが大幅な成長に繋がった。
Jに戻って本当によかったよ

2020/06/15(月) 
久保は技術力も精神力も十分に凄い選手。
何より凄いのは逆境に対する強さ。
置かれた環境や状況がいくら過酷であっても順応し超えてくる。
壁が高ければ高いほど燃えるタイプに見える。
これはとても大事な才能だと思う。

2020/06/15(月)  
十分すごい選手だと思う。体格の面を指摘する声があるけどそれだけはどうしようもない。でもそれをどう補うか本人が1番わかってるから活躍できてると思う。世界で頑張ってほしい。

2020/06/15(月)  
逆にバルサから日本に帰ってきたことで冷静に自分のストロングポイントとウィークポイントと日本人らしさを見直すことが出来てさらに成長したね。

2020/06/15(月) 
指導者にも恵まれたのもあると思うが、
今までの日本人には少なかったタイプ
技術プラス様々な環境下(チーム戦略)に対応して結果を出す能力

どこに居てもきっと結果を出した選手だと思う
とても頭の良い選手
中田英寿にボール技術をプラス
小野伸二に様々な環境下に対応する能力をプラス

後、長友佑都のようにチームメイトの懐に入る愛嬌もズバ抜けていると思う

久保建英世代(現在18歳前後)が中心メンバーになる日本代表チームが楽しみで仕方ない!

2020/06/15(月)  
サッカーの久保選手に限らず、野球の大谷選手、ボクシングの井上選手など世界でも一流と認められているアスリートが増えている気がする。
今まではこれだけ競技人口のいる種目では考えられなかったような高みに到達し、世界と戦える選手が出てきているのは何故だろう。
移動時間的にも、ネット的にも世界が狭くなっているからか??

2020/06/15(月) 
皆さんは「ジョナサン ドス・サントス」という選手をご存じだろうか。
バルセロナの下部組織で育ち「天才」とか「ロナウジーニョの後継者」とかもてはやされ、トップチームに昇格するも活躍できず。
結局他クラブに移籍しても活躍できなかった。

実は彼はバルセロナのサッカーに慣れてしまい、自分のスタイルもバルセロナでしか通用しないようになっていた。
そして落ちぶれていった。

久保くんの凄さはここにある。
バルセロナのスタイルを「捨てられる」ということ。
彼の活躍を見るたび、消えていったドス・サントスを思い出す。

2020/06/15(月) 
カンテラに残ってた方が成長できたかどうかはわからない。
ただ確実に言えるのは、
・現在も世界のトップを狙えるだけのポテンシャルを維持して成長を続けていること
・Jリーグを経由したおかげで日本のファンが増えたこと
どの道を選んでも成功しそうなメンタルとインテリジェンスは本当に尊敬する。

2020/06/15(月) 
「プロでは通用しない」


誰が言ったの?筆者?
はっきり言って、日本ではどんな場面でも飛び抜けていたぞ。サポーターから見たら、なんで使わねぇの?って、かなりの人数が思ってたと思うはず。

能力は当然。環境への順応力はさすが。

2020/06/15(月)  
日本に帰ってきてよかったとかあのままバルサにいればとかじゃないのよ。彼自身が言ってるじゃんどんな環境でもプレーできる選手。結局その適応力が彼最大の凄みであってどっちにしろ素晴らしい選手になってたよ。

2020/06/15(月)  
バルサ育ちで他クラブで生き残るのは簡単じゃないと思うが、頑張って。セスクやチアゴ並みに活躍して欲しい。

2020/06/15(月)  
見る度に成長している。しかもその成長曲線がものすごく短時間で大きい。
まだ19歳。
いったいどれ程の伸び代があるのだろう…。

2020/06/15(月)  
14日のゴーイングとS-1が示し合わせたかのように久保がフィジカルトレーニングに専念した結果身体が大きくなったと言っていた。

2020/06/15(月) 
結果を残すようになってから取り上げよう。TVニュースでも強烈ロングシュートってあったけど入んなかったら何にもならない。いい選手だけに変に騒ぎ立てずに暖かく見守って行こう。

2020/06/15(月) 
私の予想より成長が早いのだが、2年ほど。 やはりバルサが惚れ込んだ事はあったんだなの。 スカウト眼が凄いよね。

2020/06/15(月) 
バルサと対戦後に、デヨングが出待ちしてユニ交換したとか。じかに戦って認められたんだろうか?めっちゃ期待してまうね。

2020/06/15(月) 
今は日本の希望を通り越してアジアの希望となってる選手。
おそらく近いうちに世界の希望になれる選手。
楽しみでしかない。

2020/06/15(月)  
バルサ流をかなぐり捨ててって?

バルサでも最低限の対人プレーの強さは求められるでしょ。もしリーガのままだとしてもアンダーカテゴリーとはいえ、2部3部で大人達とのプレイで鍛えられたかもしれない。

でもやはりJ1の方がレベルは上だろう。単純に大きな相手と対することやトレーニングに体の成長を合わせて工夫した成長の結果だと思う。

2020/06/15(月) 
年齢など考えても
大人の中で活躍するなら考えも必要だが
かなりのレベルになるのかな。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ