20200609-00266156-soccermzw-000-2-view

スポンサード リンク




バルサ下部組織「ラ・マシア」で育つも、宿敵レアルと2019年夏に契約

 マジョルカは現地時間13日、リーグ再開初戦で本拠地に首位バルセロナを迎え撃つ。日本代表MF久保建英にとっては“古巣”との対決になるが、バルサ贔屓紙が「クボ、白の将来を担う“メイド・イン・ラ・マシア”の製品」と注目している。

 バルセロナの下部組織「ラ・マシア」出身の久保は、2015年3月に帰国してFC東京の下部組織に所属。16年にJ3リーグでJ史上最年少記録を更新し、翌年11月にはFC東京のトップチームとプロ契約を結んだ。

 2019年夏にFC東京から名門レアル・マドリードへ完全移籍し、シーズン開幕直後にマジョルカへの1年間のレンタル移籍が決定。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)でスペイン初ゴールを挙げると、一度はベンチスタートに降格するも再びスタメンの座をつかみ、リーグ戦24試合で3得点2アシストを挙げている。

 新型コロナウイルスの影響で中断していたシーズンの再開初戦は本拠地バルセロナ戦。古巣と2度目の対戦となる。バルセロナ贔屓で知られるスペイン紙「スポルト」は、「クボ、白の将来を担う“メイド・イン・ラ・マシア”の製品」と出して特集している。

「タケフサ・クボの勇気は証明されている。バルセロナからマドリードへ移るのを踏み切る人間はほとんどいない。それは昨夏のマーケットで間違いなく最も物議を醸した移籍だった。バルサはクボのことを欲しがっていたが、その額は永遠のライバルが出したものではなかった。レアル・マドリードはラ・マシアで成長してきた偉大な日本の有望株を獲得した。(バルサにとっての)地元製品はリスクのある選択肢を選んだ。クラブ・ブランコが抱える攻撃陣の顔ぶれを見ればそれはなおさらということになる」

「今後もバルサ、ラ・マシアからの許しを得ることは難しいだろう」
 記事では、バルセロナの好敵手レアルへ移籍した経緯を、現在のマジョルカでの活躍について紹介。レアル・ソシエダやベティスなどからレンタルのオファーが届いていることを、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールと「似通っている」としつつ、バルセロナとの前回対戦と現在の状況について触れている。

「カンプ・ノウは(レアル移籍を)許さず、リーガ前半戦での対戦でクボがバルサ本拠地のピッチを踏んだ時にその意思を知らしめた。クボが間近で知ることになった抗議の口笛は、あるいは彼のファンになっていたかもしれない人々からのものだった。リーガ中断と19歳の誕生日(6月4日)を迎えたあと、バルサは再び土曜に改めて日本人の行く手を遮る。その将来はコンチャ・エスピーナ(レアル)ではないようで、新たなレンタル移籍を探している。ベティスがその新天地に最も近いところにいると見られる。自身の価値を示し、マジョルカを残留に導くためにこのシーズン終盤がある。ただ、今後もバルサ、そしてラ・マシアからの許しを得ることは難しいだろう」

 晴らして、久保はバルセロナとの2度目の対戦でどんなプレーを見せるのだろうか。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/4514027688992f75bad8b0b5e1056dfc2bb605ce 



2020/06/11(木)
「今後もバルサ、ラ・マシアからの許しを得ることは難しいだろう」
誰も、本人も許しを得ようと思っていません。捨てたのはバルサです。最大限評価してくれたレアルと契約するのは必然です。

2020/06/11(木)
金を出すのを渋ったバルサ。
久保の将来を見据え、しっかりとしたプランを提示したマドリー。

どっちに行きたいかなんて明白。

2020/06/11(木) 
レアルは久保の要望(プレシーズンへの帯同など)をすべて飲んでくれた。レアルと同等の待遇あるいは、それより少し劣った条件でも久保はバルサを選んだだろう。久保に舐めた条件を提示したのはバルサだよ。久保は金でレアルを選んだわけじゃない。レアルが最大限に評価してくれて、バルサが久保を舐めくさっていただけ。許しを乞うのはバルサの幹部でしょ?

2020/06/11(木)
「バルサの許し」って何? バルサがナメた交渉しかしなかったから、最大限の誠意を見せたレアルに行っただけじゃん。
逆に久保がバルサを許さんだろ。

2020/06/11(木)
実際はレアルと比べてバルセロナの提示内容は鼻で笑ってしまうくらい差があったんじゃないかと思う。
全てにおいて完璧に準備し、リクエストにも柔軟に対応したレアル。
帰ってくるだろうと高をくくって敬意に欠けた交渉をしたバルセロナ。
どちらを選ぶかは明白でしょう。
しかしすでに20億に迫る価値だもんな、これから先上がり続けたら後悔してもしきれないだろうな。

2020/06/11(木)
バルサは今後も日本のファンからの許しを得るのは難しいだろうな。今回の一件でレアルに寝返った人も多い

2020/06/11(木)
他コメントに同意。
バルサがそもそも欲していなかっただけ、
後出しで活躍したら許せないってなんだよ。
そして今のバルサは下部の軽視傾向が強過ぎて行かない方がいい。

2020/06/11(木)
バルサで約7年プレーして少年たちの親から絶対バルサでプレーしてくれと懇願されてのレアルですからファンは納得しないでしょうね、しかし久保の評価はバルサ内で低かったのでしょうね本人が最終的に決めることですから外からでは想像できない裏もあるのでしょうけどこれから切り開くのは自分以外ないので頑張ってバルサを見返して欲しいです。

2020/06/11(木)
あの状況でレアルを選ぶってよっぽどバルサ側に問題があったんだろ。

2020/06/11(木)
他のカンテラーノと同じ条件しか出せなかった。

特例を出してしまえば他のカンテラーノを制御できなくなる。

仕方がなかったんだよ。そう考えれば、マドリーに行ったのは必然だったのだろうな

2020/06/11(木)
Jリーグ首位のFC東京ですでに主力だった久保を一流のプロ選手として評価したレアルと、そうは見なかったバルサ。
バルサには「後悔先に立たず」という言葉を送りたいね。

2020/06/11(木)
バルサは今も後悔してるだろうが、これから久保の価値はどんどん上がってもっと後悔することになるだろう。逆に久保は、バルサに行ってたら今は3部でプレーしてた。怪我してた可能性もある。しかも来年も同じく3部での出場しかできない。でもレアルに行ったことでレンタルではあるものの1部でコンスタントに出場してしっかりと評価を得た。来年には、今までの日本人だとキャリアの最高地点になっててもおかしくないようなクラブに行ける可能性も高い。後悔はまったくないだろう。だから久保はバルサに許して欲しいなって思ってないし、なんならバルサが久保や日本のファンに許してほしいって思う日が来るのはそう遠くない話だろう。

2020/06/11(木) 
賛否あるけど商売面においてはバルサはアホだな
年俸1億程度でいいなら獲得すべきだったよ
日本人選手はよくマーケティング要員って揶揄されるけど
その日本人に一番期待されてる若手だからね
安部に金使うなら久保に使うべきだった

2020/06/11(木)
正直最近のバルサのラ・マシアへの待遇を見ると、逆に良かったとさえ思う。
トップチームに帯同させてもらえず、成長に影響していたかもしれないしな

2020/06/11(木)
あれから1年近く経ったのにまだ記事にしようとする輩がいるとはな。
あくまで下部組織の選手であって、いつかのフィーゴと違ってトップチームバリバリの主力ではないんだからそこまで騒ぐことでもないだろ。
それにバルサを退団せざるを得なくなったのも、その後レアル行ったのもバルサが悪いんだし。

2020/06/11(木) 
久保がマドリーを選んだのは今のところ正解だろうな。バルサを選んでたらプレシーズンでいくら結果を残そうがバルサB漬け。

2020/06/11(木)
許しを請うのはバルサだろ(笑)
レアルではトップチームの帯同を認められ、ファーストシーズンは主にBチームだが翌シーズンはトップも在り得る、という扱いだったが、
バルサははじめの数年はBチーム固定。久保がどっちを選ぶかは明白。更に移籍金も出し渋った。
んで降格圏内だが一応戦力として一部で戦ってる。それにブーイングは流石に違うんじゃないか?バルサにいってたら久保はまだBチームに固定されてたんだからな。
こんな理不尽はないぞ

2020/06/11(木)
バルサのサポーターの気持ちはわかるけど、久保を責めるのはお門違い。全てはルール違反を起こしたバルサの責任で、その後の対応もバルサフロントの責任です。

2020/06/11(木)
これで久保が後にレアルの主力になったとして、クラシコでバルサを長年苦しめる事になる選手にまでなったらマジで面白いな。まぁその可能性こそは低いが。
そういう夢だけでも見せてくれる日本人選手が出てきたもんな。

2020/06/11(木)
ドラマのようなシナリオをまとめあげてくれてありがとよ!これくらいのエピソードあるほうが応援しがいがあるし久保もサポーターも燃えるでしょ!漫画でもなかなかお目にかかれないよ。改めて久保はすごいしこれから楽しみで仕方ない!

2020/06/11(木)
久保だって本当はバルサでプレイしたかっただろうに。ただあれだけ待遇が酷いとそりゃ誰だって実力をちゃんと評価してくれるレアル行きますわ。

2020/06/11(木)
許しを得る?
ラマシアで育った久保がバルサに帰りたくなかったわけない。
カンプノウでプレーするのが夢と言ってたし、18になったらバルサに帰るんだ思ってた。

自分のサッカー人生の終え方までを考えた時、より早く高く遠くに行けるマドリーを選択した。
それでいい、サッカーの選手生命は短く全盛期も早い。
のらりくらりやってる時間はない。

2020/06/11(木)
フィーゴの話が引き合いに出されてますが、フィーゴだってそこまでおかしな事はしてないですよね?
発表直前まで移籍はないって言ってたのは誠実さに欠けるかもしれませんが、年俸を理由に移籍するのは普通の考えではないでしょうか
ブラック企業を否定するような人に限って、フィーゴは金の亡者だとかチーム愛が無いとか、まさにブラック企業の社長が言いそうな批判をしていると思います

2020/06/11(木)
他の方も言っているように、移籍はバルサフロントの責任
プレースタイルを考えると今でもバルサの方が合っているとは思うが、久保の決断を信じたい

2020/06/11(木)
ブーイングが多ければ それは彼への嫉妬の大きさ
つまりは 彼を認めていることになるのだ

だからこそ バルサ戦では久保には何かやってもらいたい
相手が悔しがるようなプレーを

2020/06/11(木)
久保建英選手はプレーもそうだし、ピッチ外でもドラマというか夢物語みたいなものを見せてくれている気がするわ。ぜひ今後も活躍してほしい

2020/06/11(木)
別に許しを得る必要はないんじゃないかな。
バルセロナだけが全てじゃない。
レアルは必要な選手と思ったから誠意をもって交渉したんでしょ。こういうくだらん記事やめればいいのに。

2020/06/11(木) 
何この上から目線。久保をあまりにも舐めすぎだろ。
今後クラシコではマドリーを応援する。

2020/06/11(木) 
舐めた交渉、ショボい条件、渋るバルサに最大限に完璧なレアル
具体的にどんな評価で、どんな条件提示して、どんな待遇でどんな説得、交渉をして…

コメントにもニュースにも、なんにも書いてないからなんとも言えない。

2020/06/11(木)
許すも何も…

タケはフィーゴの時と状況が違うでしょww
バルサに居たときはまだ少年やったんだから。

それに、もしホントにタケが必要だと考えていたのなら
レアルみたいな交渉するべき。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ