20200610-00010000-wordleafs-000-3-view

スポンサード リンク




 今月27日にJ2の再開とJ3の開幕を、来月4日にはJ1の再開をそれぞれ無観客試合で迎えるJリーグが、来月10日以降に観客を入れて公式戦を開催する方針をあらためて確認した。

 9日にオンライン形式で開催された合同実行委員会で、Jリーグと56を数えるJクラブの代表取締役や理事長らとの間で申し合わされた。新型コロナウイルスの影響で中断や中止、無観客開催を余儀なくされてきた国内のプロスポーツで、観客を入れる方針と時期が初めて公表されたことになる。

 実行委員会終了後にオンラインで行われたメディアブリーフィングで、Jリーグの村井満チェアマンは政府から先月末に発表された「イベント開催制限の段階的緩和の目安」に従い、無観客での再開および開幕から観客を入れての開催へと順次移行していく方針を示した。

「新型コロナウイルスへの対策をスタートさせて以来、一貫して『ファン・サポーターとともに』という表現をしてきました。自治体や政府のご理解をいただける範囲のなかで、しかも私たちとして十分な感染拡大阻止のための準備をした上で、お客さまをお招きできるように申し合わせています」

 Jリーグが指針としている「イベント開催制限の段階的緩和の目安」では、コンサートや展示会、お祭りや野外フェス、そしてプロスポーツの開催に設けられている制限を、緊急事態宣言が全面的に解除された5月25日から約3週間ごとに緩和していく枠組みが示されている。
 プロスポーツの欄を見れば、5月25日からの『ステップ1』は開催不可で、ちょうどいまの期間になる。約3週間後の今月19日からは無観客での開催が解禁される『ステップ2』に移行し、同日にプロ野球が開幕。期間中にはJリーグも各カテゴリーでリーグ戦を開催していく。

 そして、さらに3週間後の『ステップ3』へと移行する日が、村井チェアマンが言及した7月10日となる。Jリーグは「強い収容制限のある試合開催」と位置づけていて、政府の目安では「5000人または収容人員の50%」のうち、人数が少ない方を上限として選択することが明記されている。

 例えばJ1のホームスタジアムの収容人員は規格で1万5000人以上と定められているため、必然的に上限は5000人となる。実行委員会で詳細が確認された新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインでは、観客を入れる際の指針として「観客間の距離を1メートル以上確保する」が定められた。

 J1は7月4日に第2節を開催して再開された後は、平日水曜日の同8日に第3節を予定している。したがって、現時点で描かれている青写真では無観客試合は各クラブとも2試合にとどまり、制限が設けられるものの、同11日に予定されている第4節から観客が入る光景が戻ってくることになる。

 政府の目安では『ステップ3』までが「移行期間」と位置づけられていて、さらに約3週間後の8月1日からは「移行期間後」として、収容人員の50%に観客数が拡大される。例えば昨季J1王者の横浜F・マリノスのホーム日産スタジアムでは約3万6000人、観客動員ナンバーワンを誇る浦和レッズのホーム埼玉スタジアムでは約3万2000人と、それまでの5000人から一気に上限が増えることになる。

 2月下旬からすべての公式戦が中断されたなかで、ファン・サポーターにとっては待ち焦がれていた状況が訪れることになる。ただ、8日に開催された日本野球機構(NPB)との新型コロナウイルス対策連絡会議では、招聘している感染症の専門家チームから慎重論も唱えられている。

 政府の専門家会議メンバーにも名前を連ねる、東邦大学の舘田一博教授(日本感染症学会理事長)は「確実に進んでいる」と現状を前向きに受け止めながらも、来月10日から『ステップ3』へ入っていく上で油断は禁物だと警鐘を鳴らしている。

「緊急事態宣言が解除になった後に収束傾向は見られていますが、残念ながら北九州や東京でクラスターが出ている。その意味では、水面下で新型コロナウイルスが広がっている可能性も否定できません」

 専門家チームの座長を務める東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授(感染制御学)は、新型コロナウイルスの封じ込めに成功している台湾を引き合いに出しながらこう言及していた。

「みなさまもご存じのように、台湾は8週間、要は2カ月にわたって新型コロナウイルスの患者さんが出ていません。こうした状況で基準を少し緩める、ということが報じられています」

 海外に先駆けて4月12日に開幕した台湾プロ野球を例に取れば、無観客から5月8日に1000人、同15日からは2000人を上限として観客の入場を解禁。ウイルスの封じ込めにめどがついた、という政府の宣言を受けて、今月7日からは前後左右を1席分空けて着席する形にまで拡大された。

 現状の規制下で観客を入れた場合、最大で収容人員の40%ほどになるという。海外ルート以外の新規感染者が8週間連続でゼロを達成しても、観客数を40%にとどめている台湾の慎重な姿勢を見れば、8月1日から50%に移行する計画を立てている日本は大丈夫なのか、と思ってしまう。

 賀来座長も「来月の感染状況を見ていく必要がある、と思っています」と前置きした上で、一律50%に解禁される前段階の『ステップ3』に移るにも細心の注意が必要だと力を込めている。

「試合前後の交通機関や食事する場所などを含めた総合的な対策を講じていきながら、段階的に進めていただきたいと私から話させていただきました。数千人規模のお客さまが来られるなかで、ソーシャルディスタンスを取ることも実際にはなかなか難しい面もありますよね。なので、海外で先行している台湾の状況や取り組みなどもしっかり見ながら、議論していく必要があると思っています」

 実行委員会後のメディアブリーフィングで、村井チェアマンは8月1日以降には言及していない。それでも、政府が定める目安を「大枠の考え方としていく」と明言している以上は、すべての選手を含めた関係者最大3680人に2週間ごとのPCR検査を実施し、来場するファン・サポーターへの検温や消毒などの感染予防対策を徹底していった先に、「移行期間後」を見すえていることは間違いない。

 今後の感染状況を予測できない以上は、一律50%の解禁にはどうしても期待と不安が入り混じる。ただ、チケットの販売方法やファン・サポーターの入場方法、ソーシャルディスタンスを確保した上での着席方法などを、この段階から微に入り細をうがつ形で講じておかなければ、状況が許したときにとてもじゃないが対応できないだろう。

 週明けの15日には再開後の対戦カードが発表される。同時に第10回目を迎える新型コロナウイルス対策連絡会議や2度におよぶ合同実行委員会、そして理事会を今月後半に集中して開催し、政府の「イベント開催制限の段階的緩和の目安」を実践していくためのプロトコルを急ピッチで詰めていく。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/e80d09a382e4c7c083731fc8965e0066a5389494?page=4 

 

2020/06/10(水)
私はサッカーも野球も他のスポーツも、一刻も早く元通りの状態で
開催できることを願ってる一人なのですが、
スタジアム内で起こるクラスターだけを考えず、
行き帰りで起こる公共交通機関の混雑や、スタジアム周辺施設の混雑についても考えてほしいです。

2020/06/10(水) 
メインスタンドやバックスタンドで座って観戦するところは人数制限で良いと思うが、ゴール裏で応援するところはそれでも厳しいんじゃないかな?

人数少なくても集まるし、それが価値と思ってる人があのエリアは多いでしょう。

指定席のみにするしかなくない?

2020/06/10(水)
USJ方式で、まず、ホームサポの年パス持ってる人。その次にファンクラブ入ってる人。前売りの人。その次にアウェーサポのファンクラブの人とい感じで、何かあったときに追跡出来る状態からやっていくのが良いんじゃないでしょうか?〇〇市民デーとかそういうのは感染者ゼロというか抑え込みができてからですよね。急がば回れで徐々に増やしていく感じで、やっていくしかないですよね。

2020/06/10(水) 
集客しなきゃ興行は成り立たないし、感染拡大はマズイし。ただ、客は来るのか?席は間隔を開けて、マスクして静かに、ゴールも拍手だけ…家で観た方が盛り上がれる?皮肉っているわけでなく、規模の大小を問わず、興行集客が前提の産業の大変さを、何かでどうにかして維持しなければ、文化の衰退になってしまう。

2020/06/10(水) 
各種スポーツ観戦やライブ会場なども少しずつ観客を入れる方向に動かないとね
たとえば5000人でも2000人でもいいから事前申し込みによる抽選で入場者数を限定すれば三密も避けられるのでは?
入場者減で採算合わないなら入場料や物販の料金を数倍にしても行きたい人は行くでしょう

2020/06/10(水) 
サポーターとしては、観戦出来る人数が増えるのは嬉しいが、ソーシャルディスタンス遵守との両立は不可能。スタンドは全座席指定にして席を開けることで解決するかも知れないが、往復の交通機関や駅までの移動以外にも、ハーフタイムに集中するトイレ渋滞はどうしようもない。ハーフタイムを30分に延長するとかしか方法はないのでは?

2020/06/10(水)
>埼玉スタジアムでは約3万2000人
埼玉スタジアムでの浦和レッズ戦は何度か見に行った事がありますが、
試合終了後のバス乗り場の大行列は半端ではありません。また、
東浦和行きに乗った場合はこれに加え、武蔵野線(特に府中本町
方面行き)の大混雑もあるので、コロナと熱中症に警戒しなくては
いけないこの夏、8月以降に埼玉スタジアムでレッズ戦を観に行こうと
する場合は帰りの時間帯、今まで以上に余裕を持っていかないと
いけないと思われます。これはセレッソの本拠地、ヤンマースタジアムも
同じでナイトマッチ終了後の21時台ともなれば、天王寺からを過ぎると
本数が減る御堂筋線は10分に1本程度になりますし、阪和線の普通電車も
土・休日ダイヤの時は20分近く電車が来ない時間帯があったり、
短い4両編成で運転するのもあるので、セレッソサポーターも8月以降に
試合を観戦する場合は注意が必要です。

2020/06/10(水)
不安に思う人もそりゃいるだろうけど、いろんなケースを考えて計画しているわけで、50%が8/1以降に実施されるかどうかは状況次第。
自分としては早くスタジアムに行きたいけど。

一方で電車に関して不安のコメントが結構あるし、会話が不安というのは理にかなってる主張だと思う(喋らなければ大丈夫ではあると思うが)
それについては、Jリーグやおそらく同様の動きになるであろうプロ野球側から移動の際の注意を強く促すべきかと。

・移動の公共機関内での会話は慎む
・これが守れない件が散見されたら観客動員を中止せざるを得ない

例えば上記を明言しておけば、大多数はスタジアム観戦ができなくなったらイヤだから守ると思うけどな。
同調圧力を働かせてもいい場面でしょ。

2020/06/10(水)
感染者ゼロはあり得ない時代に突入した中で、いつまで自粛や縮小を続けるのかという問題。
感染者が出ても元通りにって思う人と、クラスターや感染を怖がってできるだけ接触は避ける。という考え方もずっとこれから残っていくと思うのでどちらがいいとは言えない。
ただ、これを8月にやってみることで来年開催されるであろうオリンピックの予行演習みたいになるかもしれない。

2020/06/10(水)
まだ2ヶ月弱先の、8月1日のことに関して、今の基準で是非を問うてもしょうがないと思うけれどな。
台湾は、人口100万人あたりの感染者が11.5人の4月12日に無観客で開幕した。
日本は今、人口100万人あたりの感染者が8.8人だけれど、Jリーグもプロ野球の開幕もまだ先だ。
その後、台湾プロ野球は、5月に1000人、2000人と段階的に観客動員を増やし、開幕から2ヶ月弱後の6月7日に、観客40%動員、マスク着用義務なし、というところまでこぎつけた。
日本だって、今から2ヶ月弱後の状況は、今からでは何とも判断つかないところはある。ただ、無観客での開幕時点の状況を比較すると、台湾プロ野球と比べて、ずっと良いことは確かでしょう。その後、台湾と同様の推移を辿ったら、観客50%というのは、そんなにおかしい見立てとは思わないけれどね。

2020/06/10(水) 
あまり性善説に寄り過ぎるのはよくないだろうが、これだけ待ち望んでいたファンの方々であれば、各々感染防止に努めながら観戦してくれるのではないかと思う。

個人的には観戦することそのものよりも観戦後に興奮冷めやらぬ中で飲食店に行ってお酒を飲む⇒盛り上がってどんどん密になる、というのが感染が広がるシナリオかなと思う。
観戦する場面だけを取り上げるのはあんまり意味がないんじゃないかな、と思いますね。

2020/06/10(水)
ていうか、動物園も先週末すごい人でした。その周辺の飲食業も満席状態です。
この状態で今後どうなるかはわからんけど。8月まではまだ日があるんだからな。
まぁ、先にこういう事発表すると色々言われるのも覚悟の上だろうな。
興行(競馬等含む)関係で勤務してる方は本当に大変。競馬ですら僅かな補償しかない。全く補償がない所もある。
公共機関の混雑もな・・・平日普通に通勤ラッシュが起こってるのに・・・

2020/06/10(水)
100点のやり方はない。もし感染者が出ても「それ見たことか」と袋叩きにするのではなく、人数なり経路なりを勘案した「ボーダー」を設定し、それ以下であれば続行できるよう国や地域のコンセンサスを得ることが必要だと思う。

2020/06/10(水)
もうJリーグも野球もやった方が良い。いつまでも日本中が暗い気分になるのは精神的にも良くない。医療体制を整えるのは、政府と医師会の問題。保健所を800カ所あまりから、半分に減らしたのは厚生労働省の失策。効率ばかり考えてきたからだ。医療体制をしっかり整えておけば、感染の第二波が来ても大丈夫なのではないか。それにもうスポーツはダメ、居酒屋もダメとか、普通の人間なら耐えられない。ストレス発散のためにも、経済を回していくためにも活動を開始すべき。高校野球もやった方が良かったのにと残念に思う。

2020/06/10(水)
収益考えると観客入れないと成り立たないでしょ。
怖けりゃ行かなければいいし、しっかり予防して行けば良いのでは? 新型コロナに限らずウイルスが無くなることは無いんだから、開催する以上観客は入れるべき。という意見。私は行きます。

2020/06/10(水)
うまくいけば8月は十分にリスクは下がっているように思うけれども、50%は行き過ぎかもしれない。
全席指定、ファミリー向けは升席的な売り方で、入場タイミングを指定して、なるべく多くのゲートを使って、帰りも時間をかけて、みたいな形がいいのでは。

2020/06/10(水)
観客人数が5000人でも帰りの電車の混雑が問題になりそう。
例えば、埼スタから浦和美園までは連絡歩道の距離が長い。
仮に全員が電車で帰ると、1輌に定員140名、6輛編成、10分に1編成だと、5000人を運ぶのに60分以上かかる。そのため、最大60分電車待ちの観客が出る。連絡歩道への入場制限が必要だ。
さらに収容人員の50%になると、約3万人。
全員が浦和美園駅を利用するわけではないが、連絡歩道の入場制限がキーポイントになる。

2020/06/10(水) 
基本、屋外で試合をするのだから、3密は絶対ない。
観客が、1mから2m間隔を開ければ、リスクは、非常に低くなる。

サッカーファンとして、絶対応援の中でやってほしい。

さらに声を発しないを条件でもいいから、是非とも観客を入れてやってほしい。

2020/06/10(水) 
これまでのクラスター発生の報告を見る限り、散々言ってきた密を避けるというよりは、大声を出して騒がないことが最も感染予防に重要なことなのだろう
段階的に観客数を増やしていくのは本当に観客がこれを遵守できるのかということもあるだろう

2020/06/10(水) 
今までの感染経緯を見ると、近い距離でしゃべるのが危険みたい。
マスク付けるかフェイスシールドの使用、あるいは声を出さなければ大丈夫なんじゃないかな。

でも興奮すると大声出しそうなサッカー観戦だからなぁ。。

2020/06/10(水) 
観戦希望者が応援に行くのは別に構わない。
そこで感染したとしても、それこそ『自己責任』。
行きたきゃいけばいいし、怖いなら行かなければいい。

スタジアムの往復の交通機関で感染したとしても、
サッカー観戦が原因だと言い切れないだろうし。

2020/06/10(水)
一度大勢集めてみるべきと思う。どういう対策ができるか、実効性はあるのかなど、実践で検証すべき。オリンピックやる気ならなおさら。例えば、サーマルカメラによるチェックと、規制。事前にPCR受けた人だけ入場させる?健康診断?応援できる席できない席を分ける? などでしょうか。いろいろ考えてやることが重要と思う。

2020/06/10(水)
人数制限よりも年齢制限をしたほうが良いと思います。統計的に50台以下の死亡率は60代以上に比べずいぶん低いです。現在の医療の状況も一時の医療崩壊に比べ改善しているから、たとえ感染しても影響は小さいです。秋以降の第2波の前に抗体を持つ人を増やしましょう。

2020/06/10(水) 
観客なら野球は?って思ってる人もいるはず。

5000人ならファンクラブ優先(なるべく地元住まい)でいいと思います。
ファンクラブが2万人なら4試合に1試合のローテーション。
それでも、空きがあるならネットなどで売り出せばいいと思います。

ただ、交通の問題はあると思うので
公共交通機関との話し合いなどはしてほしい。
徒歩で通える距離なら徒歩で。チケット提示でタクシーの割引など。
ばらける工夫はしてほしいと思います。

2020/06/10(水)
慎重派の方には拙速に見えるかもしればせんが今度の週末からって訳じゃないから、8月にこれが実現できるよう対策たてて是非観客入れて開催出来るようにして欲しいですね。

2020/06/10(水)
やってみたら良いと簡単に言う人がいるけどこれ一旦増えたら収束させるの難しいからなあ。客入れる場合はごく少人数から始めていっても数千人規模は難しいと思う。ハーフタイムやスタジアムまでの客の移動混雑を考えると。

2020/06/10(水)
既にファンクラブなどはアプリ化しておりチケットも買えるようになっていて、アプリ経由のチケット購買であれば席番号なども管理できるようになるので、積極的にデジタル化を進めてもらいたい。
デジタル操作できない方には申し訳ないが、これからの時代に備え手を打つべきだと思う。

2020/06/10(水)
コロナは肺で増殖したウイルスを拡散させる事が問題です。
密集した中で声を出す事が問題視されているので、呼気や唾で集団感染させない事が大事です。
少なくとも応援中や行き帰りの公共交通機関ではマスク着用必須、応援以外喋らないが大原則になりそうです。

2020/06/10(水)
サッカーも野球もそうだが、もともと観客席があまりにも狭すぎると思う。
体が大きい私は周りに気を使いながら応援せざるを得ない。
コロナを機に、もう少し間隔を開いた形での席配置にして欲しい。
オリンピックでも、体の大きい外国の方々は窮屈な思いをすると思う。

2020/06/10(水)
人数より、行動制限と記録が重要なのでは?

距離をとり、声を発する時はマスク。あと、トイレや手すりなどの共用物の殺菌などと、感染者が出た時の追跡。

距離を取るなら、使えない椅子を設ける事になるだろうし、結果として人数は制限される。

ちゃんとやって、動員開始は賛成。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ