20200603-00000005-sasahi-000-1-view

スポンサード リンク




 1990年代以降、Jリーグ開幕を起爆剤に世界との差を縮めてきた日本サッカー界。その物差しとなってきたのが日本代表の戦いであり、その中には「世界に近づいた」と感じさせた印象深いゴールというものがあった。

 日本代表がまだW杯に出場したことがない時代で思い出されるのは、1994年5月に国立競技場で行われたキリンカップのフランス戦だ。カントナ、パパン、ジノラ、ジョルカエフといった豪華攻撃陣を前に4点を失った日本だったが、その中で後半から途中出場したFW小倉隆史が一矢を報いる。

 オランダから帰国したばかりの弱冠20歳のストライカーは後半23分、相手CKのクリアボールを素早く持ち出してカウンターアタックを仕掛け、右サイドへ突破した三浦知良の折り返しをゴール右斜め前で下がりながら受けると、右足トラップから素早く反転し、自慢の左足を一閃。A代表デビュー戦で代表初ゴールを叩き込んだ。世界との差を痛感した試合ではあったが、その中で小倉のゴールは前年の“ドーハの悲劇”からの再出発と、日本の明るい未来を期待させるものだった。 

 その翌年の1995年の6月、日本代表が世界の強豪国を相手に善戦したのがイングランドで開催された親善大会・アンブロカップである。その初戦、地元・イングランドを相手に前半を0対0で終えた日本は、後半4分に先制点を奪われるも勇敢な戦いを続け、迎えた後半17分、三浦知良の左CK からニアサイドに走り込んだDF井原正巳が頭で合わせて同点ゴール。最終的に終了間際にPKでの失点を許して惜しくも敗れたが、聖地ウェンブリーで決めた井原のゴールは、日本サッカーの歴史的にも間違いなく大きな一歩だった。

 その後、1998年に初のW杯出場を果たした日本は、グループリーグ3連敗、1得点のみと世界の洗礼を受ける形で大会を後にした。だが、個々のタレント力は確実に向上し、チーム力もアップ。その流れの中で迎えたのが、2000年6月にモロッコで行われたハッサン2世杯である。その初戦、2年前のW杯で優勝したフランス代表に対し、日本は前半を森島寛晃のゴールで1対0とリードして折り返すと、後半にジダンのゴールで同点に追いつかれながらも、後半25分にFW西澤明訓が目の覚めるようなゴールを決めた。

 左サイドでボールをキープした三浦淳宏のクロスボールに対し、うまく相手DFの裏を取って走り込んだ西澤が豪快な右足ジャンピングボレーで合わる勝ち越し弾。試合は2対2からのPK戦で敗れたが、世界王者と互角に渡り合った事実は、日本サッカー界に大きな自信を与え、同年のアジアカップ優勝につながることになった。

 さらにその翌年の2001年、地元開催のW杯を前に親善試合やコンフェデレーションズカップで欧州、南米の強豪国との対戦を重ねた日本代表は、その締め括りとして11月に埼玉でイタリア代表と対戦。そして、その前半10分だった。相手陣内でカンナバーロから強引にボールを奪取した稲本潤一が素早くクロスボールを放り込むと、走り込んだFW柳沢敦が右足アウトサイドで華麗かつ豪快に合わせる先制弾。

 名手ブッフォンも為す術なしの“神ボレー”に、会場にいた6万人の日本サポーターだけでなく、テレビの前のすべてのファンが立ち上がり、拳を突き上げた。このゴールは柳沢だけでなく、日本代表の歴代ベストゴールに推す声も多い。

 その後、日本代表は自国開催の2002年に続き、2010年、2018年と計3度、W杯ベスト16に進出。日本サッカーの実力は、世界に認められることになった。しかし、まだまだ世界のトップレベルとは差があり、日本代表の右肩上がりの躍進も頭打ちの感がある。そんな今こそ、かつてのゴールを思い出し、初心に戻ることが必要なのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e787132b570a09d6b53907f825474c4063fbd7f3?page=1 

 

2020/06/08(月)
2013年11月のオランダ戦での華麗なダイレクトパスで右サイドを崩してからの本田のゴールは個人的には日本代表のベストゴール。
その後のザックジャパンは残念な結果になってしまったけれど、あのオランダと互角に戦えていたのチームは魅力的だった。

2020/06/08(月)
自分は2004年頃のネドベドら率いるチェコ戦で、FW久保竜彦がDFをかわして豪快なシュート放ってゴールを決めた時
当時、中村俊輔や小野伸二、稲本もほぼ全盛期にあたる状態だったからW杯にかなり期待もてた

2020/06/08(月)
柳沢選手のボレー弾は凄かったけど、今語り継がれるのはQBKばかりなのは残念。
個人的に日本代表最低FWの岡野選手はダイジェストで見ると英雄なんだよね。(笑)

それもサッカーの面白さでもあり、FWの宿命ですけどね。

2020/06/08(月)
ウェンブリースタジアムでの井原のゴール。まだW杯出場なんて夢の時代に、サッカーの聖地でイングランド代表と互角に戦ってる姿をテレビで観て、日本人として誇りに思った記憶があります

2020/06/08(月)
ウェンブリーでの井原のゴールも思い出深いが,ハッサン2世杯でのフランス相手の西澤のボレーも強烈なインパクトで,世界を相手に戦えているという期待感で本当にワクワクした。
トルシエという監督自体は個人的にはあまり評価していないが,シドニー世代を中心に右肩上がりで伸びて行っていたのは確かな事実だし,世界へ乗り出して行くあの勢い,あのワクワク感を超えるのは,ワールドカップでベスト16の壁を突き破る時だと思う。

2020/06/08(月)
アジアでは圧倒的感あったのは00年のアジア杯かな

あのときの日本は俊輔、小野 等以外は基本国内組で挑んだ大会だったけど

トルシエの目指すオートマチックなサッカーが完璧に機能した大会だと思う

グループリーグから常に相手を圧倒し面白いように得点が次々決まりましたね

決勝こそ苦戦したものの最終的に望月が決めて勝ちきる展開は痺れました

2020/06/08(月) 
小倉のフランス相手のゴールとヴェルディ戦のフェイントを観て、サッカーを始めました
技術も身体能力も高く、加えて底抜けに明るいキャラ
仏〜日韓W杯前後でサッカーファンになった方が多いのか、意外と小倉のプレーを覚えてる人って多くないのが残念
あの怪我、そして手術失敗が無けりゃとずっと思ってます
西澤のボレーも衝撃でしたね
ドラゴン久保も凄かったですが、ボレーと言ったらボレー職人の異名を持つ西澤を思い浮かべます

2020/06/08(月)
ウェンブリーでの試合は大体憶えている。
互角ぐらいで戦ってたが、後半にガスコインが出てきて
流れが変わった。
イギリスは少し本気モードになってきた。
勝ち越し点を決められた時は悔しかったな。

2020/06/08(月) 
確かに柳沢のあのイタリア戦でのボレーは日本代表史上最高のゴールのひとつになったかもしれないけど、彼の名誉はあのドイツでのQBKでぶち壊れてしまった感があるのが残念でもあるかな。

2020/06/08(月) 
90年代のチャレンジャーだった頃の日本代表は本当に魅力的だった。
ドイツ大会の後からか、選手もファンもマスコミも強豪ぶるようになってから、代表からは興味が薄れてしまった。
実際に日本のレベルはかなり高くなったとは思うんだけど、ドーハ世代から日韓大会世代までのガムシャラさが良かったんだよなぁ。

2020/06/08(月)
ドイツ戦のカウンターからの高原のゴール。
俊輔からの、中田スルーの、柳沢と繋いで、高原。

2020/06/08(月)
埼玉のイタリア戦はアウェー側のゴール裏にいたから目の前だったが、あれはお見事だった。
イタリアやる気無かった(試合前のカンナバーロのふざけ具合でわかるビジョンで遊んでたし)のもあるが、それでも凄い。
興奮したまま帰宅ポストみたら日韓w杯のサポーター枠が当選、結果日本対ベルギー観れた。
鈴木隆行のゴールも魂が感じられてよかった。

2020/06/08(月)
柳沢はキリンカップ要員だったな。パラグアイ戦でも良いゴール決めた。

久保も凄かった。個人的にはチェコ戦のミドルよりもアイスランド戦のペナルティエリア中央で2人の間をスルッと抜けて決めたゴールが日本代表歴代で1番好き。

あとドイツ戦の高原、オランダ戦の本田のゴールも気持ち良かった。

2020/06/08(月)
フランスワールドカップから日韓ワールドカップの間の代表は明らかに強くなって観ててワクワクした、中田のペルージャで大騒ぎだったが、今やリバプールやレアルなんだから凄いよなあ

2020/06/08(月)
ハッサンの時はゴール自体も凄かったけど、西澤・森島の凸凹コンビが
バルテズ・テュラム・ブラン・デサイー・リザラズ・デシャン・プティが居並ぶ
歴代世界最強の守備陣をチンチンに引っ掻き回していたのが痛快だった。
途中からトリコロールも本気出して2人をゴリゴリ削り始め
試合終了後はソックスが血だらけのボロボロになっていたのが印象的。

2020/06/08(月)
日本は強豪国と互角に戦えて、試合内容も上回るんだけど、最終的に勝ちきれないことが多いのが実力。あと少し。

2020/06/08(月)
95年のカールスバーグ杯でポーランドに5-0大勝した試合の山口素弘の先制ミドルかなぁ。
確か、W杯出場経験のあるヨーロッパの国からの初勝利だったはず。
もしかしたら主力抜きのチームを派遣してきただけだったのかも知れないが、世界に近づいた気はした。

2020/06/08(月) 
これは決めるのが難しいね。けど、日本はブラジルからサッカーを学んだようなものだから、2005年の俊輔のミドルとドイツW杯の玉田のゴール。ブラジルに勝つんじゃねーの?これ!って一瞬思わせただけでも凄いゴールだった。まぁ、ドイツW杯の結果は涙ものだったけど(笑)

2020/06/08(月)
男子とは書いてないのでなでしこでもいいよね?
2011年ワールドカップ決勝アメリカ戦の延長後半の澤選手の同点ゴール!

2020/06/08(月) 
このシュート相手がイタリアだから価値が増し増しだよね。
でも自分はこのタイプのシュート得意だから自分の出来ないシュート決めた人の方がすげぇと感じる。
2000年のアジアカップイラク戦で決めた俊輔から名波へ渡されてダイレクトボレー決めたのが印象深い。あと同じ時代に明神が決めたダイレクトボレーも凄かった。
世界に近づけたという面ではカズを忘れちゃいけないかも。 
カズのピークの同じ時代にもっとパス出せる選手がいたらカズのレベルも違ったはず。
代表に入った選手はみんな尊敬よ。
ワールドカップ出場した選手は特に。

2020/06/08(月) 
Jリーグの活躍から西澤ならきっとやってくれるという期待感があった中で、フランス代表相手にあのボレーは本当にしびれた!!

2020/06/08(月) 
イタリア戦の香川のアレだなぁ。初見では何が起こったかわからなかった。ゴール前で強豪に競り勝つ姿は感動だった。

2020/06/08(月)
ウェンブリーの井原、ブラジル戦の福田、2001コンフェデの鈴木、2010の本田と遠藤。
色々あるけど、最近だと2018のベルギー戦の乾かな

2020/06/08(月) 
イタリア戦の柳沢のゴールは凄かったけど凄すぎて再現性がないから
世界に近づいたとは思わなかったかな

あんなのもう一回やれって言われても無理でしょw

2020/06/08(月)
玉田が得点してマイアミ以来の奇跡実現かとドキドキして見ていました。
結果はみなさんご存知の通りです。

2020/06/08(月) 
ウェンブリーでは、井原のゴールの後に、カズの振り向きざまシュートがポストを叩いたんだよな〜。
タラレバを言っても仕方ないけど、あれが入ってたらな〜って思う。

2020/06/08(月)
2003コンフェデの俊輔!ゴールもそうだけど、あの試合誰よりも上手かった。クルクル回ってたしね

2020/06/08(月)
07年アジア杯OZ戦の高原の同点ゴールと
11年の韓国戦の前田の同点ゴールが個人的には好き

2020/06/08(月)
2012年のアウェー、フランス戦での香川のゴールも挙げたい!
今野のドリブルから長友→香川に渡ってのゴール。香川ズボン泥だらけになってたな。

2020/06/08(月)
近付いた瞬間はない。
はっきり言うけど日本サッカーは弱いから。
メディアがあげすぎ。
本気の強豪とやった時はもれなく大敗。
それが現実。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ