20200606-00010001-wordleafs-000-2-view

スポンサード リンク




 新型コロナウイルスが予期せぬ事態を引き起こした。Jリーグは5日に開催した臨時理事会で、今月27日に開幕するJ3リーグからFC東京U-23が辞退することを承認した。ホームゲームの開催スタジアム確保が難しくなった状況を受けて、FC東京が急きょ参加辞退を申し入れていた。

 同日夜にはFC東京を運営する、東京フットボールクラブ株式会社の大金直樹代表取締役社長がオンライン形式で緊急会見。新型コロナウイルスの影響でJ3の開幕目標が何度も変更され、最終的には4カ月近くも遅れる状況が、森保ジャパンに名前を連ねるMF久保建英(RCDマジョルカ)やMF中島翔哉(FCポルト)らもプレーしたU-23チームの参加辞退につながったと説明した。

「開幕後のJ3の日程が相当過密になってきますが、サッカーだけでなく他の競技でも、都内のスタジアムは使用頻度が非常に高い。そこと競合していかなければいけないなかで、ホームの試合会場を調整し、確保していくことが困難であると判断せざるをえませんでした。私どもの育成年代を応援していただいてきたファン・サポーターの方々の期待を裏切ってしまう形になって本当に申し訳ありませんが、物理的なところでどうしようもなかったことをご理解していただきたいと思っています」

 5000人以上の収容人員などを含めた、J3基準を満たしたスタジアムは東京都内で限られている。昨シーズンまでの戦いを振り返れば、FC東京U-23は味の素フィールド西が丘をメインに駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場、江東区夢の島競技場を併用してホームゲームを開催してきた。

 3月7日に開幕する予定だった今シーズンも、3つのスタジアムを舞台にしてJ3リーグを戦う日程を組んでいた。しかし、予想をはるかに超えてJリーグの中断期間が長引き、予約を入れては取り消す作業が繰り返される間に、東京オリンピック・パラリンピックが来夏へ延期されることも決定。スタジアムを新たに確保する作業が、にわかに逼迫してきたと大金社長は舞台裏を明かした

「西が丘においてはサッカー競技の他の団体、なでしこリーグ、社会人リーグ、大学や高校サッカーの日程が集中してきます。駒沢においては陸上をはじめとする、他の競技団体との使用日程との競合になってきます。また、夢の島においては東京オリンピック・パラリンピックとの関係で、今シーズンに使用できるかどうかが不透明になっている状況もあり、今回の判断に至りました」

 Jリーグを優先的に使用させてほしいとも、あるいはサッカー競技を最優先として調整してほしいと主張するわけにもいかない。
 一方でシーズン途中の脱退は認められないとJリーグ規約で謳われていることもあり、断腸の思いで開幕日が決まった直後のタイミングで最終的な決断を下した。

 かねてから若手を中心としたセカンドチーム構想を抱いていたFC東京は、ガンバ大阪、セレッソ大阪とともに、2016シーズンからU-23チームをJ3リーグに参戦させてきた。出場機会が少ない若手選手だけでなく、高校生年代のFC東京U-18所属のホープを積極的にプロの舞台で起用してきた。

 FC東京U-18の人数が足りなくなれば、中学生年代のFC東京U-15の有望株を、いわゆる飛び級の形で卒業を待たずに昇格させる。中学や高校という既存の学校教育システムの枠にとらわれず、優秀な人材をどんどん上のカテゴリーに引き上げてきた育成方法のなかで、久保も中学3年生だった2016年11月にU-23チームの一員として、J3の舞台でデビューを果たしている。

 J3リーグにおける戦績を振り返ってみれば、順位がひと桁になったシーズンも、勝ち数が負け数を上回ったシーズンもない。それでもFC東京にとって有意義な4年間だった、と大金社長は言う。

「厳しい環境でしたけど、真剣勝負する場は成長するために必要だと実感しました。選手たちがステップアップしていくためにもすごく有効でしたし、ユースやジュニアユースの選手たちの刺激にもなりました。J3での戦いはなくなってしまいますが、若い選手たちにとってはJ3が目標ではないので。J1で戦う11人にのし上がる、というモチベーションをもってほしいと選手たちには伝えました」

 今シーズンのJ3リーグは、19クラブという奇数で開催される予定だった。JリーグはJ3の上限を20に定めていて、下部リーグのJFLにJ3参入予備軍が控えている状況と合わせて、今シーズン限りでFC東京とガンバ、セレッソが参戦させてきたU-23チームは撤退することが決まっていた。

 ガンバとセレッソのU-23チームはスタジアムを確保し、予定通り5シーズン目のJ3に臨む。新型コロナウイルスの影響もあり、図らずも1年早く役割を終える形となったFC東京のU-23だが、大金社長は「今回の件で人員を整理する、といったことはまったく考えていません」と話し、こう続けた。

「(トップチームの)過密日程を考えれば選手層をかなり厚くして、総力戦で臨んでいかなければいけない、とクラブとしては考えています。J3のような公式戦ではありませんが、トレーニングマッチなどを通して、(若手選手たちには)しっかりとチャンスをつかんでほしいと思っています」

 今後はJ1リーグだけでなく、決勝トーナメントから出場するYBCルヴァンカップ、そしてアジアサッカー連盟が先に全試合の実施を表明したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨む。トップチームのコーチと兼任していたU-23チームの長澤徹監督は前者に専念し、若手選手たちを鍛える役割を担いながら、3シーズン目の指揮を執る長谷川健太監督をフォローしていく。

「このタイミングで辞退を承認いただいたことでJリーグ、特にJ3の各クラブのみなさまには本当にご迷惑をかけたと思っています。感謝の思いしかありません」

 大金社長はあらためて、異例とも言える参加辞退に頭を下げた。18クラブ体制になったJ3リーグは節数を「38」から「34」へ、総試合数を「342」から「306」へ、1クラブあたりの試合数を「36」から「34」へそれぞれ減らし、15日の発表へ向けて今シーズンの対戦カードを再編成していく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4829f8249c0cf50aed43e5ef11160b3764e58026?page=1
 


2020/06/07(日)
Jリーグの育成組織がなお一層充実しないと、国全体の底上げが厳しくなりますよね。J3という年齢を越えた闘いの場を若手に確保するこの取り組みは、たいへん有意義だと思っていたのですが。ただでさえ高体連に片寄りつつある昨今、新しい案を期待します。

2020/06/07(日)
都内のスタジアム問題はなぁ……
J2以上で無条件に使えるのが23区には一般開放前の国立のみ、あとは条件付きな西が丘と駒澤、J3以下限定の夢の島、23区外の味スタ野津田のみ。
社会人はグラウンドがないから都リーグ下部は埼玉千葉でもリーグ戦をやるとか。

……都協会はグラウンドとスタジアム増やそうぜ……

2020/06/07(日)
中島翔哉を輩出ってさ、別に輩出はしてないから。ただ金で買われて試合出れなくて回されただけ。輩出してるのはヴェルディだよね。そのグレーな表記よくないよ

2020/06/07(日) 
スタジアム問題てプロチームが他のカテゴリーに負けるなんて。。

コロナの事もあるから無観客にして観客席なしのサッカーグラウンドでもいいんじゃないかい?

2020/06/07(日)
>リーグはJ3の上限を20に定めていて

これは村井チェアマンが例えとして話をしていただけなのだが。正式に20チームまでとはリーグ公式でリリースしてない。

2020/06/07(日)
若手の成長機会の大損失。同様の事が他でもあるかもしれないです。協会は、何か考えてあげた方がいい。

2020/06/07(日)
まあしょうがないよね。人工芝ならともかく天然芝は大切にしないと、ボロボロになるから。

2020/06/07(日)
輩出してない。
他チームから加入したけど燻ってU-23にいただけ。

青ポチ上等だけど、
FC東京は選手をBC級にはもっていけるが
それ以上のレベルへの進化・覚醒には全く向いてないイメージ。

2020/06/07(日)
中島翔哉にしても、久保建英にしても、「輩出」ではないでしょ。

健英は観る目がなく結局マリノスで使ってもらい、翔哉はヴェルディが育て、昇降格を賭けたJ2の「生きるか死ぬか」の戦いで揉まれて一人前になっていったんだから。
所詮、昇格も降格もない「ぬるま湯U23チームでは選手が育たない」と見切りを付けたのが本音での背景。

藤江さんの記事にはいつも関心させられるので、この件もそこまで踏み込んだ取材が欲しいですね。

2020/06/07(日)
久保建英、中島翔哉を輩出した?どっちも他のチームから移籍してきた選手でしょ。

2020/06/07(日) 
感染症対策じゃないのか

2020/06/07(日)
端数がなくなって期間が短くなるので都合よい。

2020/06/07(日)
波多野!

移籍しろ

2020/06/07(日)
どっちも輩出してない。

2020/06/07(日)
排出した・・・かな?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ