20200603-00264915-soccermzw-000-4-view

スポンサード リンク




パゾッティ記者、ヴィンチ記者ともにミランでの本田は「失敗ではない」と高く評価

 マジョルカの日本代表MF久保建英に対し、ACミランがレンタルをオファーしたと報じられ、18歳のレフティーの去就が一層注目度を増している。近年のセリエAではMF本田圭佑(ボタフォゴ)がミランで10番を背負って3年半在籍したが、久保への評価を図る指標として、改めてイタリアでの“本田評”を訊いた。

 1993年に“キング・カズ”こと元日本代表FW三浦知良がジェノアと契約して以降、MF中田英寿、MF名波浩、MF中村俊輔、FW柳沢敦、MF小笠原満男、FW大黒将志、FW森本貴幸、DF長友佑都、本田、DF冨安健洋、DF吉田麻也と、これまで計12人の日本人選手がセリエAでプレーしてきた。

 イタリアでのキャリアはASローマでスクデッドを獲得した中田、ミランで10番を背負った本田、名門インテルに7年間在籍した長友の3人が抜く。過去にミランでプレーしたのは本田一人だが、現地では4年間で81試合9得点という数値、そしてマーケティングの観点からどのように評価されているのか。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のマルコ・パゾッティ記者は、「本田は何枚かのユニフォームは売ったかもしれないが、ミランの経済バランスを大きく変えたわけではない」とマーケティング面の劇的な貢献はなかったとしつつ、選手としては評価していたという。

「本田は良い選手だった。私は高く評価する。残念だった。とてもプロ意識が高かったし、真面目な選手で、ベンチにいても沈黙を保っていた。プロとしては完璧な選手だった。私は彼に(本拠地)サン・シーロがブーイングをしたのが忘れられない。彼がブーイングを受けるなら、他にもっと受けなければならない選手たちがいたはずだ。それなのにみんなが彼のせいにした」

 本田は2015-16シーズン、本拠地パレルモ戦で途中交代した際にスタンドからブーイングを浴びせられるなどした。しかし、パゾッティ記者は、本田が“スケープゴート”にされていた感覚を覚えたと主張している。

 一方、イタリアのテレビ局「7ゴールドTV」でミラン番を務めるパオロ・ヴィンチ記者もミランにとって本田は「失敗ではなかった」としている。

「僕の評価は6.5(※10段階評価で10が最高)だ。以前のミランと違って、ビッグプレーヤーがあまり本田の周りにいなかった。もしいたら、本田はもっと活躍できたはずだ。(CSKAモスクワを契約満了となったところを)コストゼロで連れてきたから失敗ではなかった。ミランはマーケティングのために日本人は必要ない。本田も技術的な理由で移籍した」

 ミラン界隈では日本人選手への評価は決して悪くないが、果たして久保の移籍実現にまで発展するのだろうか。

倉石千種 / Chigusa Kuraishi
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0e1bcea0a788f1e96fb20b4fe581c9b0ddc77eb 

 

2020/06/06(土)
本田は1選手としては、当時のミランでそこそこ悪くないプレーをしてたと個人的には思う。守備したりタメを作ったり、クロスあげたり、FK決めたり、インザーギの時は7試合で6得点あげて確か一時的とはいえランキング1位の時もあったと思う。
ただ、腐っても名門ミランで10番背負ったことが本田への期待を大きくし、サポーターからの必要以上のブーイングを受けることにつながったのだと思う。ただそれを分かった上で夢だったエースナンバーを選んで、あえて茨の道を進んだ本田の鋼のメンタルは尊敬に値すると思う。

2020/06/06(土)
あの頃のミランは、個人でアピールしようとして自分勝手なプレーをする選手が多かった。
本田も個人で仕掛けるしか無かったけど、スピードが必要なサイドのポジションをやらされていたから上手くいかず。
あの頃のミランがチームプレーを大事にするチームだったら、本田もその中で活躍する機会はあったかもしれない。

2020/06/06(土)
未だにその位置は脱出できていない感は否めないけどミラン自体がグダグタだもんなぁ。。
イブラが復帰して少し上がったけど、38歳の大ベテランに頼ってしまうあたりがそれを物語ってるだろうね。
とはいえ本田も確かに歴代の10番を背負った選手と比べると"失格"だろうけど、方向性がバラバラ、2年間で4,5人も監督が変わればそりゃ難しいだろうよ。
本田獲得を望んだアッレグリなんて本田がデビューした試合の次の試合にはもう解任されてるし。。

本田が終わった選手だとは思わないし、ミランが全て悪かったとも思わないけど、確かに不運だったのはあるだろうね。
運も実力のうちとは言うけどさ。

2020/06/06(土)
歴代10番との比較からくる批判やビッグマウスに対する反感ががミランでの評価そのものに混ざっちゃってる感がある。
10番としては厳しい意見もあると思うが、あの頃のミランの一選手としては普通程度のパフォーマンスだったとは思う。

2020/06/06(土)
ホンダのミランに関しては本当に評価が難しい
10番じゃなければ十分な活躍だっただろう。歴代10番と比べるとどうか?明らかに足りない。しかしチーム状況は歴代10番の中で最悪だったのも間違いない。戦術などほぼなく個人プレーに走る選手たち。これでは本田も厳しい。実際チームは厳しかった。2年目だったかはちゃんと使われ年間6ゴールもしてる。出場試合や内容もヒデのローマ以上は有った。そしてカップ戦も準優勝2回してる。
普通なら十分通用してる。大活躍ではないけどね。決してブーイングを受けるような数字でも内容でもなかった。
しかしミランの10番。期待が大きすぎた。そしてアジア人ということで都合のいいスケープゴートにされた。色々と悔しいし残念。

2020/06/06(土)
フロントが迷走していたせいで、本田も含めて選手全員が苦しいチーム作りだったと思う
監督が代わりすぎた。しかも代わるごとに戦術の一貫性がなく、ただ代えてるだけだからバラバラになっちゃうよね
個人的には少しの期間でもミランの10番を着けた日本人が居て嬉しい

2020/06/06(土)
本田がプロになる前のミランは間違いなく世界中の選手が憧れるクラブであり、そんな歴史あるクラブにどういうチーム状況であれ日本人が所属していたということは素晴らしいことだよ

2020/06/06(土)
本田選手自身が10番を付けたいと言っても、ミランが拒否すれば付けられなかった。
マーケティングの為に10番を与えたミランにも責任がある。
移籍金0で獲得した選手に10番を付けさせるミランはそれだけ落ちぶれていた

チームは低調で周りの選手も目立つ活躍をした選手は少ない。
歴代最低の10番という悪評も、責任の押し付けでそう言われる事になった。
2001-2002から2005-2006シーズンまでミランで10番を背負ったルイ・コスタ選手はリーグ戦124試合に出場して僅か4ゴールだった。
周りにワールドクラスのFWが居て、チャンスメイクに徹すれば良かった

81試合9ゴールの本田選手の方がゴールでは結果を出している。
記者が指摘するように、周りも能力不足だった。
低迷中のミランでは本田選手も能力が足りない選手の一人だったに過ぎない。スピードがなく、一人で突破出来ないので右FWは適任じゃない

2020/06/06(土)
ピッポ監督時代は7戦6Gしていてアジアカップで離れなかったら(チームは4戦3敗1分)どうなってたかと考えます。ミハ監督時代の得点は確かに少なかったけど、10数年振りのコッパイタリア決勝に導いたのは本田選手の貢献度も高く、その後のタイトルにも導く大事な事でした。

在籍してる期間だけで監督5人の元でプレーをしてモンテッラだけが彼を余り起用しなかったが、最後のサン・シーロでEL進出を決定させたFKは彼の意地を見たし、その後のチームメイトの称賛が見えない所で努力していたんだと伝わった。

モンテッラでさえも「模範的なプロフェッショナルだ。私がキャリアを通して指導した中で5本の指に入る」とコメント。最後はミランでキャプテンマークを巻いたのも評価の1つ。
最後の年は8試合1G1Aを除けば公式戦1年目(半年)2G2A、2年目6G5A、3年目2G8Aとなる。
凄い数字ではないけど言われる程悪くもない。

2020/06/06(土)
本田は10番でなければ中の上くらいの評価は貰えてたと思うし
そのくらいの数字は残したと思う

ピッポの時のゴールラッシュでのスタートに目が行きがちだけど
俺はミハイロビッチの時に最初不仲とか評価されていないとか色々言われていた後の方が一番良かったと思う

あの計算できないミランに置いて毎試合12㎞近く走り
守備で大きな貢献をしていた
アバーテと良いラインも形成していた時期で
コンディションに波がありがちな印象がある本田が
あの一時期は本当に攻守によく動けていたんだよね

長友のYouTubeチャンネルで
ミランで10番背負うって事はスペシャルじゃなければ評価されないし、失敗の烙印押される可能性が高いってのは本田も語ってました
でもあそこで10番を付けて入れるチャンスがあって
自分が急激に成長したり相応しい選手に成れるチャンスを得たらチャレンジするしかないだろうと、その通りだなと思った

2020/06/06(土)
本田さんが叩かれたのはチームの状況が最悪だったからだけど、そもそも移籍できたのはそのチーム状況のおかげだった

2020/06/06(土)
本田が加入した前後からチームのパフォーマンスは低調だったので、本田1人のせいではないけど、10番つけて中心選手なんだからという期待が大きかったんだと思う。

2020/06/06(土)
不運て言うけど本人は承知の上で入ったよね。それと当時のイタリアのサッカー界がその前からの賭博や脱税云々で経営もリーグ自体も冷え世界最高峰と言っていた時代はもう過去の話し。当然金も名誉も無ければ抜きんでたトップの選手はそう来ない。そんな中でチーム事情をいい訳しても仕方ない。数字で判断するのがカルチョの国。10番は只のエースナンバーではない。だから数字が全てです。

2020/06/06(土)
「コストゼロで連れてきたから失敗ではなかった」

ここが大事ですね。これは移籍金が掛かってるとしたら失敗だと言ってるようなもの。久保を取りたいみたいな話があったし日本人に差別してませんよ的なアピール記事でしょう。 違う人か本人かは知らんが同じガゼッタのマルコ パソットは退団直後に及第点以下と証言してましたからね

2020/06/06(土)
ミランの背番号10として求められた役割を果たせなかったから、スケープコードにされるのは仕方ない面もある。
本田自身も結果出せなかったからそこは素直に受け止めているだろう。

2020/06/06(土)
本田が下手とか言う人いるけどそれは無い。
連携で崩すのが上手い選手なのに、
連携皆無のチームでミスマッチ起こしてた。
個人で突破するほどあの頃の本田にはスピードもキレもなかった。色々輝けなかった。

2020/06/06(土) 
本田は本当に凄いと思う。
ミランのどの試合かは分からないけど、凄い変な体制になりながらも正確なパスを出してたし。
ベトナムかタイとの試合では二人にユニフォームを引っ張られても普通にドリブルしてたりするし。
世界で闘う人間の凄さを何度も見させてもらってる。
ミランで監督が何度変わっても最終的にレギュラーになったりするし。
ミランの時はミハの時代が長ければもっと活躍出来たと思う。

2020/06/06(土)
数年前のクラブの面子と比べればチームとしてのレベルも落ちていたのはあるが、それなら尚更その中でスタメンを勝ち取ってほしかった。10番でさらに貴重なEU圏外枠の選手となると、評価が厳しくなるのは当然。
個に走る選手が多かったという人もいるが、それは勝利を決定づけられる選手が居なかったという証でもある。その中でもバロテッリやメネズなど一定の結果を残した選手はいるわけで言い訳にはならない。

2020/06/06(土)
名門ミランの10番を背負うプレッシャーは半端ではない。
本人もそうだが、周囲の目がそうさせたのだろうね。
本田個人というよりはミラン自体が当時はあまり良くなかった。
その責任が本田個人に向くのはイタリアのサッカー文化だから仕方ないのかもしれない。
個人的には、もう少しミランでのプレーを見たかったな。

2020/06/06(土)
ミランの10番とは特別なもの、それなのに本田レベルの選手が10番を背負い。10番たる存在を示さなかったことに対するブーイングだったと理解しているが。

仮に本田が28番くらいの背番号だったり、記者の言うとおりの評価でいいんじゃないかな

2020/06/06(土)
今のACミランだから本田は入団できたともいえる。

しかし、強くなったらもっと難しかったとも言える。

挑戦は素晴らしかったよ。

2020/06/06(土)
アッレグリが続投しただけで全てがうまく行くとは思わないけど、少なくとも混乱の中心として扱われることはなかっただろうなと思う。香川もそうだけど欲しいと言った監督がいなくなるのはかわいそう。

2020/06/06(土)
個人競技じゃないからね、本田も苦しんだはず。
本当に良くやったと讃えたいよ。
クラブでの夢、ミランでプレーする、叶えた。
日本人のおっさん世代が1番好きなチームだよ。
そこで10番着けてね。
代表でも香川、岡崎とどれだけ日本中をワクワクさせてくれた事か。
こんな英雄に自分も昔は憧れ、なりたかったよ。
尊敬する。

2020/06/06(土)
現地で聞いた話ではもともとファンはゴールを決めてくれるFWが来てくれることを望んでた
ブーイングされたりしてるけどもともと移籍金がかかってないからそこまで腹正しく思われてなくてチームが金かけてクラックをとらなくなったきっかけとしてとばっちりをくらった部分が大きいとの事
まぁ点とってないしタメを作ったりするプレーはイタリアじゃあ評価されないからブーイング自体は本田じゃなくてもされるからね

2020/06/06(土)
ミランの10番としての評価がブーイングなんでしょ。それは分かってた上で自分から10番を望んだんだから仕方ない。ユナイテッドの7番だって同じだし。

2020/06/06(土)
そもそもあんだけコロコロ監督変わってまともな評価なんか出来る訳がない。
ただ言えるのはミランの歴代10番の選手のなかで1番守備をした、せざるを得ない状況に置かれた選手だったって事だと思う。

2020/06/06(土)
このクラブ、もう駄目だろうね。
本田が言って問題になっていたが、誰が出ても同じ、構造的に無理。
デコレーションしてもケーキ事態が腐ってる
ようなもの。
ティフォージだか知らんが、試合の内容もよくわかってないようだし。

2020/06/06(土) 
ミランの10番に期待されるものは大きい

4年間81試合9得点

この結果はミランが10番に求めてるものではない

2020/06/06(土) 
初めて"ナマ"で彼を見たが、噂に違わぬというか、それ以上の強烈な印象を受けた
キープ力は突出しているし、走れるし守れる。さらにチームのために犠牲を厭(いと)わない。
 もうひとつ彼の素晴らしいところを挙げると、それは絶対にボールを『ムダにしない』、つまりバックパスや横パスに逃げないってことだね。

2013年コンフェデ後のエルシャーラウィのコメント。
本田は確かに期待されていた。
でもその後ミランにやってきた本田は、以前のように走れなくなっていた。キープ力、判断スピードも落ちていた。


甲状腺、肺機能の低下。
たらればを言っても仕方ないでけど、悔やまれるね。

2020/06/06(土)
移籍金ゼロで失敗なんて言われたら
もう終わりでしょ。

過渡期とは言えエースナンバーを
自ら背負いプレイするとなると
当然スケープゴートも批判の矢面も
仕事内容に含まれる。

周りの環境もあっただろうが
多くの試合で本田の所で1段ペースが落ちた。
落ち着かせたとも言えるが
個人突破主義の当時のミランでは
ソレが致命的にチャンスを潰したシーンも多く
印象が悪いのも仕方なし。

1選手としてではなくエースとして在籍したので
評価が高くなる訳がない。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ