20200531-00264267-soccermzw-000-5-view

スポンサード リンク




【宇佐美貴史×柿谷曜一朗“天才対談”|第6回】19歳宇佐美のバイエルン移籍を振り返る

 新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断するなか、ガンバ大阪FW宇佐美貴史とセレッソ大阪FW柿谷曜一朗が、オンラインでFootball ZONE webの独占インタビューに応じた。アカデミー出身で、幼少期から“天才”と呼ばれ続けてきた2人。G大阪とC大阪という強烈なライバル関係を持つ両クラブのエースは、互いのプレーをどのような目で見てきたのか。そして天才に訪れた「転機」とは――。19歳で海を渡った宇佐美が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝の“裏話”などを明かした。

 現在、両クラブのエースに君臨する28歳の宇佐美と30歳の柿谷。だが、ここまでの道のりは決して“順風満帆”と言えるものではなかった。何度も壁にぶち当たり、時には挫折も経験した。2014年にブラジル・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出され、スイスの強豪バーゼルへ渡った柿谷は、1シーズン半で古巣へ復帰。一方の宇佐美は、19歳でドイツのバイエルン・ミュンヘンへと移籍を果たし、翌年にはホッフェンハイムに挑戦の場を移した。だが、なかなか結果を残せないまま13年夏に当時J2だったG大阪へと復帰した。

 16年に2度目の海外挑戦を決めた宇佐美は、再びドイツの地を踏み、アウクスブルクとデュッセルドルフでプレー。そして、昨季途中に低迷していた古巣の救世主となるべくG大阪に戻ってきた。どん底に落ちても何度も這い上がってきた宇佐美のサッカー人生。そのなかでも、柿谷が印象深いのはやはり衝撃の移籍となったバイエルン時代だったようだ。

柿谷「貴史の印象的な試合は、バイエルンに行ってすぐバルサとした試合。俺自身、相手に衝撃を与えるプレーを今も心掛けているのはあるけど、貴史がやってきた実績と比べたらレベルの差はあると思う。19歳の時やんな? それでバルサと試合をしたなかで、まず普通に馴染んでやっていることが凄いのに、それでも物怖じせんといつも通りのプレーをしていた。それで、試合が終わった後にチアゴが寄って来て。普通、反対やん? バルサと試合できて、貴史が『握手して下さい!』やん? どうなってんのって思ったよ、あの試合を見た時」

 11年にバイエルンへ加入した宇佐美は、プレシーズンに強豪クラブが集まって行われる親善試合アウディカップの決勝に先発出場。そこでスルーパスで決定機を演出するなど、名刺代わりの活躍を見せた。試合後には当時バルサに所属していたスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(現バイエルン)から、ユニフォーム交換を求められた。


バイエルン時代に経験したCL決勝の“裏話” 「ピッチの中の空気ってどんなんや」

柿谷「CL決勝もいってるやんな?」

宇佐美「一応ベンチには座っていました」

柿谷「CL決勝のベンチに座れるなんて、そうそうおらんやろうし。その時は試合出てへんから、ベンチ座っても面白くないって考えたと思うねん。俺も19歳でベンチ座っていたら、『試合出てへんもん』って思っていると思う。でも、この先日本人がCL決勝の舞台におれるかって言われたら……。今、可能性があるのは(南野)拓実。今、若手がこんなに海外へ行っていても(10代でCL決勝のベンチは)無理なわけやん。俺、あんまりガンバの選手褒めたら怒られるから言わへんけど(笑)、貴史以上の実績ってないと思うから。それは自分がCLに出たっていうのもある。技術とかプレーどうこう以前。それは当たり前で、ほんまに俺の中では日本一やと思う。俺やったら、めっちゃ自慢してるもん(笑)」

 2012年5月19日、ドイツ・ミュンヘンで行われたCL決勝。ホームスタジアムで開催された決勝に出場したバイエルンは、チェルシーを迎え撃つも試合は1-1で決着がつかず、PK戦に突入した。最終的には、3-4で“アウェー”となったチェルシーがバイエルンを破って初優勝。この一戦を、背番号14の宇佐美はベンチから見ていた。

宇佐美「ピッチレベルで見ていて、いい経験、濃密な経験だった。最後PK戦になった時も、みんなが『蹴りたくない』って言い出して。だから(GKのマヌエル・)ノイアーが3番目に蹴ってるんですよ。みんな逃げたんですよ、後ろ後ろに下がって。ミュンヘンでホーム開催やったから負けられないっていうのもあったし、これぐらいの選手たちが蹴りたくないっていう『ピッチの中の空気ってどんなんや』と思った。(ピッチ)外と中の熱量の差はあった。でも、いい経験はできたけど、どっちかと言うと必要ないかなあ。思い出すこともないし、俺は日本人のCLベストは(内田)篤人くんの(シャルケ時代)ベスト4でいい。何もしてへんし。消化試合に1試合出ただけやし……。でも、めちゃくちゃいいところに座っていい景色を見せてもらった」

柿谷「誰もできひんし、誰もしたことない。やっぱりCLは凄い。W杯もそうやけど、ちょっと規模が違う。人生を懸けている」


柿谷が認める宇佐美の存在 「ないものねだりみたいなので、好きになってしまう」

 柿谷自身もバーゼル時代にCLに出場したからこそ抱いた特別な思い。その気持ちを受け止めながら、宇佐美は当時の“裏話”を交えながら冷静に振り返った。CL決勝でPKを蹴るということ。数メートル先で起こっていることが感じきれなかった。だが、その経験さえも確かな糧。だからこそ、柿谷も言葉を続ける。

柿谷「貴史のシュートセンスとかドリブルセンスって俺はないに等しい。俺もドリブルだってできへんことはないけど、ドリブルで人を魅了するというタイプではなかったから。FWとして必要な要素が詰まっている。(宇佐美は)もともとFWをずっとしていたわけじゃないのに。ないものねだりみたいなので、好きになってしまう。人を沸かせられるということに」

 2人が欧州から古巣へ復帰したことを、人は失敗と言うかもしれない。それでも、失敗を、過去を恐れずに今もサッカーを続けている。どんな「転機」も受け入れて道を切り開く。CL決勝の舞台で宇佐美が感じたことは、必ずや今につながっているはずだ。

Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi
https://news.yahoo.co.jp/articles/aefe64bade9583eba013a5fee6f50a3d66f9c083?page=1 

 

2020/06/01(月)
宇佐美と柿谷、どちらも期待値高くてそこからすると少し物足りないです。

ただJリーグだと二人とも、特に宇佐美は決定的な仕事も多いしまだまだ優れているかと。

2020/06/01(月)
惨敗したから決勝にも行けてないけど
ベスト4で試合に頭から出てた内田篤人のが個人的にはCLの実績上だと思ってる

2020/06/01(月)
二人とも技術が高くて、イマジネーションもあるから他サポだけど、見ていて楽しい選手。
でも、年齢的にもタイプ的にもこの先代表には縁はないと思う。
でも、Jリーグでは、もっとやれるはず。
中村俊輔や中村憲剛、家長、大久保にしても30を過ぎても成長して、リーグMVPやタイトルを獲っている。
育成から育ってきて、クラブの華でもあり、移籍も簡単ではないと思うが、外に出た方が飛躍的な道が拓かれるような気がする。

2020/06/01(月)
そのウッチーが「別格、全員化物」と言ったベスト4で当たったマンチェスターUは決勝でバルサに圧倒されたんですよね。
世界遠すぎると思った。

2020/06/01(月)
国民の多くが期待していただけに、本当にもったいない逸材達。

宇佐美なんかまだ28歳。ビッグクラブの主力として活躍していて欲しいが。残念です。

お疲れさまでした。

2020/06/01(月)
10代から天才と称されていた2人が海外だと鳴かず飛ばずだったのは、今後海外に挑戦する選手のいい教訓になるはず。

2020/06/01(月)
柿谷選手も宇佐美選手もパートナーとして試合してみたいですね!ってお互い言ってるように、Jリーグの中でもあの人とプレーしてみたいって人は多いと思います。そこで提案なんですが、年に1回、東日本J1選抜vs西日本J1選抜、みたいな大会をしてみてはどうでしょうか?チャリティーの意味合いも込めてファン感謝祭のような感じでサポーターも、もちろん日本中盛り上がると思うなぁ。普段サッカーチームに出資してないスポンサーも、それなら、と声を上げて頂けそうな気もします。

2020/06/01(月)
メダル渡された時すぐ外したのを見た時は大したものだとも思ったな宇佐美。
マナーが悪いけど「自分は何もしてないからつけない」っていう意思が見えて良かった。

2020/06/01(月)
馴れ合い対談。好きな選手だけどなんか残念だな。CLベスト4まで先発出場してた内田選手や、CSKA時代にCLのベスト16でセビージャ撃破に一躍買ったケイスケホンダ、EL決勝で先発出場を果たしマルセイユファンから絶大な信頼を得ている酒井宏樹選手、ドルトの2連覇の立役者として活躍しマンユーでもハットトリックを決めた香川選手、レスターの奇跡のプレミア優勝に貢献した岡崎選手、もっと時代を遡ればローマのスクデットに一躍買ったナカタ、などなど。宇佐美を超える海外組の選手など数多いるぞ。ELでアーセナルを沈めた鎌田もすでに宇佐美の実績なんかとうに越しているだろ。

2020/06/01(月)
二人とも育成年代の飛び級続けて大阪でプロになったところは共通している。飛び級は否定しないけど、二人ともちょっと行き過ぎたかなという感じは否めない。飛び級は上と実戦多く組めるけど、体ができてない上にキツイフィジカルトレーニングを免除されてたりする。上と同じメニューやったら壊れてしまうので。あと、メンタル的に天狗になりやすい。最近は上の情報がより多くネットで公開されているからそうはなりにくいかもしれないが。
日本で飛び級やるより、欧州の下部に飛び出すほうがキャリア上よかったかもしれないが、当時は殆どないルートだった。
それでも今は二人とも落ち着くところに落ち着いて、幸せそうでいい。

2020/06/01(月) 
過去の人同士に対談させる意義は?

ただ
得点を取り続ければ
宇佐美の代表復帰はありそうだな

2020/06/01(月) 
なにこの馴れ合い。
欧州で駄目だった天才扱いされた二人の傷の舐め合い対談よな。

なんでその二人が駄目で乾や原口が欧州で続けられているか、西野がWCでスタメンで選んだのか。

2020/06/01(月)
つい最近まで「日本を背負って立つ期待の若手」の2人だったんだけどなあ。もう若干、思い出に生きちゃってる感じか。自ら「あの人は今」すること無いのに…

2020/06/01(月)
柿谷技術だけならワールドクラス
宇佐美はシュートドリブルはJリーグではトップ

2020/06/01(月)
宇佐美は完全に国内向きの選手だった。
ただ技術などのポテンシャルは凄まじい物を持ってた。
柿谷は知らん。
知ってるのは天才と呼ばれてたことだけ。

2020/06/01(月)
実績で彼以上はない、ほう
彼が海外で何か実績を残したのかな
または、W杯で点を決めたかな
笑わせんのもええ加減にせえよ

2020/06/01(月)
エースに君臨する

宇佐美はまだしも柿谷がエースだったのは海外行く前の数年だけ
帰ってきてからはろくなスタッツ残してない

2020/06/01(月)
宇佐美は本当に知恵が足りない。
ポテンシャルに期待されていて、当時の能力にも期待されていたからこそ、ベンチスタートだったのに、
チームとしては決勝を間近で体験し、何か成長のきっかけになれば、と考えていた筈。
単なるいい経験ではなく、抗弁でも良いので、あれをきっかけでここが成長した。と言わなければステップアップは望めない。

2020/06/01(月) 
ポテンシャルはあるのに、まわりの期待以上の結果が出せれなかった二人。

2020/06/01(月) 
素直に実力を認めるのすごくいいね。

2020/06/01(月)
井の中でお互いに誉めあっても、結局の着地は似たもん同士。二人とも好きな選手やけどね

2020/06/01(月)
こういうメンタルだと海外じゃダメなのか、という企画でした。

2020/06/01(月)
まあなんだかんだ言うても2人共が日本からヨーロッパに出てみたものの何も出来なかっただけでしょ。

2020/06/01(月) 
この2人、最近イチャイチャし過ぎちゃう?
ライバルチーム同士なんだから。

2020/06/01(月)
いまのコンディションならもう一度海外あるだろうな!多分コロナ収束でオファー殺到やろ!

2020/06/01(月)
コメント欄が汚い

2020/06/01(月)
海外レベルに無いのに語るねー偉そうに











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ