20200601-05310015-sph-000-3-view

スポンサード リンク




 1998年のサッカーフランスW杯の直前。栄えある初のW杯日本代表メンバー発表を翌日に控えた6月1日、直前合宿地のスイス・ニヨンで練習試合が行われた。

 相手はスイス3部リーグに属する地元のセミプロ、スタッド・ニヨン。日本の出場メンバーは当落線上の選手だった。

 ニヨンで行われた合宿には25選手が参加。当時のW杯登録メンバーは22人。つまり、翌日、3人が落選することが決まっていた。

 日本のエース三浦知良(当時V川崎)は、その前日(5月31日)の国際親善試合メキシコ戦で出番なし。追い込まれていたキング・カズは、国際Aマッチに決して含まれないスタッド・ニヨン戦で最後のアピールに打って出て、抜群の存在感を発揮した。

 前半5分にPKで先制ゴールを決めると、前半15分には故障を抱えていた左足で追加点をゲット。さらに、後半27分にはヘディングでゴールを決めた。キングの魂のこもったプレーで、日本が3―0で快勝した。

 カズは前年のW杯アジア最終予選では相手の厳しく、時には汚いマークを受け、満身創痍(そうい)に。4得点を挙げた初戦のウズベキスタン戦以来、調子は下降線をたどっていた。しかし、土壇場で、体調はようやく上向きかけた。

 現場で取材していた私には、プレーと同じくらいに覚えているシーンがある。

 スタッド・ニヨン戦で、日本代表は、他の練習試合や紅白戦と同様に公式ユニホームは使用せず、練習ウェアの上に番号入りのビブス(メッシュ地のベスト)を着用して臨んだ。試合直前、チームスタッフがベンチにビブスを運んでくると、カズは、いち早く駆け寄り、「11」の番号が入ったビブスを手にした。

 翌6月2日、運命のメンバー発表。岡田武史監督は「外れるのは、市川、カズ、三浦カズ、それから、北沢。3選手です」と声を震わせながら発表した。カズは11番の日本代表ユニホームを身にまとうことなく日本へ帰った。カズの落選は日本中で論争が巻き起こり、その論争は今なお続く。

 フランスW杯の舞台に立つことはなかったが、今も昔も、キング・カズの代名詞が11番であることに変わりはない。ビブスの山から、むさぼるように「11」を探す姿は22年の年月を経ても忘れられない。

 国際Aマッチに含まれない練習試合。しかも、相手がセミプロだったが、日本代表としてカズの“現時点”で最後のハットトリックを現場で目撃したことは記者冥利に尽きる。キングに敬意を表して、あくまで“現時点で”と付け加えたい。(竹内 達朗)

報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4c61c8570bce0f3fb544bb73b6a4a38084faeb8 

 

2020/06/01(月)
前日の練習試合でのハットトリックもあり、メンバーに残ってくれと祈る想いでしたが
落選のニュース速報が流れたときの絶望感がいまだに忘れられません。
カズさんがまだ現役を続けているというのが私の救いになってます。

2020/06/01(月)
おそらく結果はグループリーグ敗退で変わらないだろうが今考えると長らく代表を引っ張ってきて選手たちからの信頼の厚かったカズは試合に出せなくとも連れて行くべきだったのかもね。

2020/06/01(月)
専門誌での記事でカズのインタビューが掲載されていて
「功労者だろうが、予選で活躍しようが、今、必要とされなければ選考から外されるのは当然のこと」
と語っていた。
その時、改めてカズの凄さを知った。

2020/06/01(月) 
こう言った極度にプレッシャーのかかる短期決戦でのベテランの存在、精神的支柱の重要性は今では評価されるになったけど、初めて出たワールドカップだから仕方なかったかも。

2020/06/01(月)
カズさん、北澤さんの2人は選ばれるべきだったし、大きな柱を失ったのは、のちの、井原さんなどのコメントを見れば一目瞭然だった。

2020/06/01(月) 
時間が経っても、やっぱりカズのあの外し方は、どうなんかなぁと思う。
結局、エースと見込んだ城の実力不足に3連敗じゃ尚更。
監督経験がない岡田だったから、仕方なかったのかもしれんが…。。

2020/06/01(月)
W杯前のキリンカップで3バックにした時点から起用されてないから、構想外はもっと前からでしょうね。
本大会のメンバーを見るとそれぞれ、市川:中西か伊東、北澤:森島か小野、カズ:呂比須か中山、との比較落選かなぁ…
この選択肢から絞るとなると、やっぱりそうなるような。

2020/06/01(月) 
自分はカズファンなので、すごく残念で悲しい出来事でした。でも不思議と岡田さんに恨みはなく、逆に絶対的な存在だったカズを冷静に切れる日本人て、すごいなと感じた。しかもまだ岡田さんも弱冠41歳?の若い頃だったし、切ることのプレッシャーって、半端なかったと思う。

2020/06/01(月)
一番辛かったのはカズ本人だろうけど、その次は岡田さんだと思う。
スタッフの中にはカズを外すべきと進言する人もいたらしいが、岡田さんはカズは絶対ないと思っていたらしいが最後一人で一晩考えてカズにしたと言っていたしね。

2020/06/01(月)
最終的には22人しか選べないところ、岡田さんは直前合宿に25人連れて行きました。でも『カズを選ぶべきだった』という論調が多く出たなかで、じゃあ誰をを外すべきだったのか?
私もカズさんにワールドカップに出て欲しかったひとりですが、そのような声がほとんど出てこないことには、当時凄く違和感がありました。
出したい選手を全て連れていくことは出来ず、岡田さんの決定が正しかったのかどうかは正直わかりませんが、チームは相対的なバランスで組む必要があります。そこまで考えて決めたことであれば、尊重すべきだと思いました

2020/06/01(月) 
カズは皆のヒーローだったが、岡田監督は本当に実力と戦力で選んだと思う。

調子の良い中山、中田と相性の良い城、アジア予選の救世主の呂比須、ジョーカーの岡野。

ピークを過ぎて怪我もあったカズが1番使い道がない。当時は初出場で何もかも手探りで最近みたいにベテランベンチ枠なんて考えてなかったし。中田や名波が蹴るフリーキックもカズが勝手に蹴ったりして岡田監督は規律を守らないカズに怒ったとも言われている。

ただ、直前の合宿で外して帰国させるやり方はちょっといただけなかったよね。

2020/06/01(月)
あの時、選手も監督もマスコミもサポーターも、誰一人として「自国がW杯に出場する」という経験をした事がなかった。
ビッグトーナメント直前に不動のエースをチームから追い出す事の影響を測り違えたんだと思う。

2020/06/01(月) 
カズ落選については、アジア最終予選で毎試合スタメンで使ってたのに最初の1試合でしか点を取れずノーゴールだったし、今のカズと違って勘違い(直接FKは中田英か名波が蹴るという決まり事を破る)があったから、そりゃ外されるよという当時の雰囲気だったけどね。
当時のカズは調子悪かったし空気が読めてなかった。

2020/06/01(月) 
カズ落選はおかしいでしょ!
って意見はよく見られるけど。

それって今だから言える結果論では?

その後の日韓や南アメリカのようにベンチ内での信頼出来るベテランの重要性が説かれてるけど、あの当時ではカズ落選はやもえないじゃないかな。

カズをメンバーに入れてもベンチ要員なら、これまた当時では叩きの元になるし。

メンバー選考はあくまでも情に左右されるべきではないですね。

2020/06/01(月)
カズのワールドカップでの勇姿を見てみたかった。個人的には日本監督のカズを見てみたい

2020/06/01(月) 
ジャマイカ戦だったか…
どフリーで外す城を見て、
やはりカズを連れて行くべきだったと痛感した。

2020/06/01(月) 
やはりあの時のカズの落選はおかしい
ただ単なる岡田の注目集めか
自分の求心力の無さからのカズへの嫉妬以外に他ならない
今でこそ岡田は評価されてるが
あの時期は加茂さんからのピンチヒッターで
選手からはなめられてたというからね

2020/06/01(月)
実力やコンディションを見ての判断だろ。
未だにネチネチ言うから、本人も付け上がる。

まぁ、冗談半分とは思うが、風呂場で監督の頭蹴飛ばす奴は、組織にはいらないけどね。

2020/06/01(月)
行かせてあげたかったなぁ。でも岡ちゃんの気持ちもわかる。本当に悩んだ末なんだろうね…

2020/06/01(月) 
前日の練習試合の内容結果にかかわらず
メンバーは決まっていたと

2020/06/01(月) 
カズはやっぱりメンバーに入れておくべきだった。

2020/06/01(月)
岡田はカズを外したことが一番の大仕事だったんじゃないか?

2020/06/01(月)
この頃のw杯までの待ち遠しさと言ったら

2020/06/01(月) 
北澤については笑っちゃうくらい擁護の記事みたことない











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ