20200530-00010053-chuspo-000-1-view

スポンサード リンク




JFA審判委員会の黛俊行委員長に聞く

 新型コロナウイルスの影響で公式戦を中断していたJリーグは29日、J2の再開とJ3の開幕を6月27日に、J1は7月4日に再開すると発表した。歓迎の声が上がる一方で、公式戦の開催に欠かせない審判員の確保に懸念が生じている。移動による感染リスクに加え、全体の90%を占める兼業審判員は生業に打撃を受けている可能性などもあり、受託率の低下を憂慮した日本サッカー協会(JFA)は対応策を検討。JFA審判委員会の黛俊行委員長(64)にオンラインで聞いた。

 今季J1、J2、J3を担当する主審、副審は計157人。個人での自主トレに加え、カテゴリーや主審・副審別に開かれるオンラインの研修会でジャッジの研究や分析を重ねながら、試合をイメージする日々を送っている。黛委員長は「JFAは5月末まで全ての活動を停止しています。ただ、そんな中でも審判員はしっかり自覚して、自己管理してくれていると思います」と言う。

 審判委は健康観察を記録できるアプリを利用して、女子、フットサル、ビーチ、インストラクターを含む全1級審判員の基礎体温の管理を始めた。体調に少しでも異常があれば、専属コーチを通じて、JFA医学委のドクターと連携しながら対応する医療体制を構築している。

 全157人の審判員のうち、プロフェッショナルレフェリー(PR)はわずか16人で、全体の約10%。残りの141人は生業を持っている一般の審判員たちだ。そこに、再開に向けた懸念要素がある。

 「PR以外が90%なので、審判割り当ての受託率が少し低下すると懸念しています。生業との関わりや移動(リスク)のこともあります。予想でしか言えませんが、(新型コロナウイルスの)収束の度合い、環境の変化によって、(受託率は)大きく異なってくると思います」(黛委員長)

 全国各地に住む審判員は試合会場への移動リスクを抱えることに。過密日程になれば、そのリスクはさらに大きく膨らむ。生業が打撃を受けていれば、思うように活動できない審判員がいる可能性もある。

 「移動距離が長くなったり、試合会場で3密環境があったりすると、家族がいる審判員、生業に影響が出ると考えられる審判員は『もしかしたら…』という不安があると思うんです」と黛委員長。そのため、審判委は割り当てなどの規定を一時的に改正することも視野に入れているという。

 黛委員長は「同じ節で割り当てない、同チームに割り当てないというルールがありますが、見直さないと難しくなるかもしれません」と指摘。不測の事態も想定すれば、「(1試合)4人でできるのか。J1はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)、AVAR(アシスタントVAR)を含めれば、さらに人数が必要になります。その人数を確保できるのかなという心配はちょっとあります」と話した。

 例えば、今季に限っては中立性や公平性をのみ込み、分散開催される土曜・日曜で同カテゴリーの試合を主審・副審として掛け持ったり、居住地に近いチームの試合を続けて担当したりすることができれば、審判員にとっては、移動リスクの軽減とともに不安の解消につながるかもしれない。

 黛委員長は「再開される時に審判員の安全、その周囲の人たちの安全を守っていかないといけない」と話している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6647ace0ac44b8a66b574b43205415388be708df 

 

2020/05/30(土)
入場料をあげてもいいから、十分な質を確保できるだけの給料を審判の方に支払ってほしいと思う。そのことが試合の質の向上にもつながると感じてる。

2020/05/30(土)
審判には文句を言いたくなることもあるけど、
ほとんど全ての人はサッカーが好きでやってるんだよなあと、
選手の人含めて感謝しないとなと思わされました。

2020/05/30(土)
J1だけで考えても主審、副審2人、VARとして1試合4人×9試合で最低36人はプロの審判でやって欲しい。今は流石に厳しいとしても徐々に増やして行って欲しい。審判の質はリーグの質に直結すると思う。

2020/05/30(土) 
審判に関しては、本当にプロ化すべき。
プロ化は試合のクオリティを上げるだけでなく。
サッカーで飯が食える人数を増やす事に繋がる。
それはサッカーの裾野を増やして行く事に
少なからず繋がるはず。

2020/05/30(土)
普段であればキャンプ中のトレーニングマッチとかで審判もコンディションを上げていくのかもしれないけど、そういう機会がどれだけあるのだろうか。
審判だって試合勘ってのは絶対にあると思う。

それに人数足りないとかであれば、VAR今年は無しでも良いと思う。
まぁVARにもフェアプレーパートナーとやらのスポンサー付いてたりで、色々と簡単じゃないのかもしれないが…

2020/05/30(土)
今年度は再開する場合、VARはやらなくてもいいのでは。人員が多くなり、まさに密の状況になることも考えると、今年度に限り中止の方がいいのではないでしょうか。

2020/05/30(土)
VAR担当の審判員を別の試合のフィールドに回せばギリギリ賄えるとしても、J1の開幕節でVARの判定によって、試合の行方を左右した場面が起きてるから、公平性という点でVARは再開後もやらなくてはならないという意見が出そうな気がする。

だけど、今年は仕方がない。再開後はVARなしで行ったほうがいい。今季は降格もないし、まだ1試合消化しただけだから。

2020/05/30(土)
日本サッカー界の最大の弱点ですね。今からでも審判レベルの向上と処遇改善にお金をかけるべきですね。とにかくプロフェッショナルレフェリーが少なすぎます。

2020/05/30(土)
選手のセカンドキャリアとして審判でJ3で新卒サラリーマンくらい、J2で30代サラリーマン、J1で40代サラリーマンくらいの年収を確保してほしいよね、DAZNマネーがあれば実現できそうだけど難しいのかな。

2020/05/30(土)
兼業とか、審判にはカネを払う価値がないと言ってるようなもの
じゃあ審判には資格も技量もプロフェッショナルの精神もいらなくね?
シルバー人材センターで十分じゃん

でもそんな事ないよね、もう少し考えてみたら?

2020/05/30(土)
審判も人間。
健康と安全の確保が最優先ですから、選手と同じような十分なコロナ対策をお願いします。

審判の質がどーのこーの、今言うことじゃない。

2020/05/30(土)
今年に限ってはなしでもいい。もう仕方ない。
降格がないわけだし。来年に影響するにしてもさ。

2020/05/30(土) 
個人的にはスタジアムで観てるとVARでゲームに水差されると本当にシラけるんでこのまま廃止にしてもらっても問題ありません。あれは気持ちを宙ぶらりんにするだけで下った後もモヤモヤ感スゴくて全くゲームに身が入りません。とにかくつまらないんで止めていただきたい。不全感しか残らない。欧州でも不評だし。何故かこの国のネット民には歓迎されてるけど…。

2020/05/30(土)
試合時間ずらしてVARチーム集約すれば人員削減できるのでは?

2020/05/30(土)
仕方ないとはいえただでさえ質の低いジャッジがさらに悪化する可能性もあるってことか
1番の問題は専業審判ですらとんでもないのが紛れてることなんですけどね

2020/05/30(土) 
VARを審判じゃなく第3者の公平なジャッジをしてくれる団体とかに委任すればいいじゃん、これからもそれでいいんじゃないの

2020/05/30(土)
VARに拘らなければ良いし、そこは選手もファンも分かってくれるでしょ。

2020/05/30(土)
専業で食えないのが問題。Jリーグが出来て何十年経った?

2020/05/30(土)
スター審判は年俸1億円くらいにもらえるようになればなり手も増えるだろう。

2020/05/30(土)
何よりもプロが1割しかいないことに驚いた。

2020/05/30(土)
強制終了したフランスのリーグアンから借りるというのは?お給料ちゃんと払えばウィンウィンでしょ

2020/05/30(土)
審判員も人材不足なのか。レベルアップ以前の問題ですね。

2020/05/30(土)
こんな話を聞くと多少の誤審しても責められないな(>_<)

2020/05/30(土)
人数不足じゃ柿沼氏の復帰も有りか。

2020/05/30(土)
俺がやってやるよ!
ルール知らんけど。

2020/05/30(土)
玉蹴りごときでなんだよ。
雑魚リーグ

まだまだ更なる自粛が必要
最低でもあと15年は家から出るな

おれなんか入浴時も洗顔時もマスクしてるは

医療関係者様を守護りたい

2020/05/30(土)
16人しかいないんだね、30人くらいはいてほしいとこだね、

2020/05/30(土)
今年はVARなくていいでしょう。
蜜ですかし。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ