20200525-00263602-soccermzw-000-1-view

スポンサード リンク




ユベントス公式インスタグラムが2本の超絶プレー映像を投稿

 Jリーグ創設や日本代表のワールドカップ(W杯)初出場などに沸いた1990年代、世界的スーパースターの1人として多くの日本のサッカーファンにも愛されたのが、元イタリア代表FWロベルト・バッジョだ。卓越したテクニックと創造性豊かなプレーを繰り出す「ファンタジスタ」として観る者を魅了したが、古巣ユベントス公式インスタグラムが全盛期の超絶プレー動画を公開。ファンからは「気品があり優雅…」「天才!!」など称賛の声が上がっている。
 “イタリアの至宝”とも呼ばれたバッジョは、1986-87シーズンにフィオレンティーナでセリエAデビューを果たすと、23歳で出場した90年イタリアW杯でイタリア代表の一員として活躍し、世界的なスター選手へと上り詰めた。“アズーリ”の10番として臨んだ94年アメリカW杯では、満身創痍のなか決勝トーナメント1回戦からの3試合で5ゴールと爆発。母国をブラジルとの決勝に導いたが、0-0で迎えたPK戦では5人目のキッカーを務めるも失敗し、悲劇の主人公となった。

 キャリアを通じて怪我にも悩まされたバッジョが、イタリアの名門ユベントスに在籍したのは、そんな二度のW杯をつなぐ期間、90年夏からの5シーズンだった。1年目からチームの中心となり92-93シーズンにはUEFAカップを制覇、自身も同年のバロンドールを受賞した。そしてアメリカW杯直後の94-95シーズンには、念願のセリエA制覇を果たしている。

 23歳から28歳まで、まさに全盛期を過ごしていたバッジョのプレーはキレ味抜群。ユベントス公式インスタグラムは、そんな当時の華麗なテクニックの数々を収録した2本の動画を公開した。

 1本目の動画は左サイドに流れたボールに追いつき、鋭い切り返しで相手DFを翻弄してクロスを上げるシーンからスタート。鮮やかな引き技からの突破や美しい弧を描いたFK、狭いスペースを切り裂くドリブルなどバッジョらしいスキルが満載だ。2本目の動画では逆サイドネットに突き刺す豪快ボレーのほか、足裏での引き技、94-95シーズンのUEFAカップ準決勝ドルトムント戦で決めた伝説のFK弾も収められている。

 2本の動画公開を受けて、コメント欄には「世界最強の1人」「何も言うことがない!!」「魔法」「気品があり優雅…」「なんてスペクタクルなんだ」「芸術家」「天才!!」などファンから称賛の声が殺到。「忘れられない瞬間を与えてくれたバッジョに感謝」「史上最強のイタリア人選手。もし94年W杯を勝ち取っていたら、マラドーナやペレと同等と見なされていた」など、記録以上の功績を称える声も多く届いていた。

 W杯や欧州選手権、UEFAチャンピオンズリーグなどのメジャータイトルには手が届かなかったものの、「永遠のファンタジスタ」として人々の記憶に深く刻まれている。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/00451e9e7ff2358c26db24ef0f57e21549291cef 

 

2020/05/29(金)
独特の絶妙な間みたいなものがあって、ペナルティエリア内でわざと相手DFの手に当ててPK取るとか、何気なく切り返してかわすとか、至宝というに相応しい、魔法使いのようなプレーヤーでしたね。
彼の後にデルピエロやトッティなどなど出てきましたが、圧倒的にイタリアの10番はこの人でしょう。語り尽くせない。

2020/05/29(金)
たくさんの人にとって、ファンタジスタと言ったら
バッジョだと思う。
確かに、この後にたくさんスターが出てきているけど、彼のプレーが見たいが為にスタジアムに行ったり有料の中継入ったりと言う気持ちにさせる希有な選手。

アメリカW杯の決勝戦、怪我が無ければ
イタリアが90分で勝ったと思うし、
PKの時に軸足がもっと踏ん張れた。
外した後の俯いた後ろ姿は、涙無しには見れない。
あれはすごく辛いけど、男のカッコよさが凝縮されていた。

2020/05/29(金)
次、ボールを置く位置が上手すぎる。その為全てのプレーが優雅に見える。よく言われる事だけど、バッジョはファンタジスタで他はテクニシャン。もちろん他にもファンタジスタと呼んで良い選手いると思うけど、ファンタジスタの代表格と言えばやはりバッジョかな。
最高のボールコントロール。

2020/05/29(金)
世界でイタリアだけがナンバー1だと認めなかった。あのジダンが言っていたけど本当だと思う。プレー、容姿、アメリカw杯の活躍と悲劇、怪我と戦ってる姿、こんなスター選手はなかなかいないと思う。

2020/05/29(金)
アメリカW杯獲って欲しかったけど、あれがまたバッジョをより伝説とさせてくれた。
期待の大きさとは程遠く得点できなくて、イタリア敗退かと思った瞬間のゴールから決勝戦のPK失敗まで、プレーだけではなく、全てがドラマティック。
真のファンタジスタ。

2020/05/29(金)
バッジョはサッカー経験が無い自分が観ても「上手いなー」、「カッコイイなー」と思える選手でした。
負けた試合でしたが、98年のフランス戦延長後半のボレーには思わず声が出たのを覚えている。またこんな選手が出て来ないかなと思うけど、出て来ないからこそ、バッジョはバッジョなんだろうな。

2020/05/29(金)
「瞬間に浮かんだプレーのうち一番難しいプレーを選択する」ようなことを以前語っていた。
だからこそ人を惹き付ける選手だったのだと思います。
まさにファンタジスタ!

2020/05/29(金)
彼がW杯でデルピエロに10番を譲ったときには、納得できんかったなー。トッティやデルピエロもすごい選手だけど、バッジョはマラドーナクラスの選手ですよ。

2020/05/29(金)
大きな膝の怪我を何度も繰り返しては復活してトッププレーヤーとしての地位を維持した神の領域に達しているバッジョ。
怪我が無ければメッシ級の活躍をしていたかもしれないなぁ。

昔に戻ってもう一度バッジョの現役の頃のプレーを見たいものだ。

2020/05/29(金)
ブレシア時代の縦のロングパスを走ったままトラップしてGKかわして無人のゴールに押し込んだやつとW杯で同じようなボールをヴィエリにワンタッチでアシストしたやつ。
あれは神ってたな。

2020/05/29(金)
アメリカW杯が忘れられない。
バッジョはもちろん、バレージ、コスタクルタ、マルディーニ、ベナリーヴォ、アルベルティーニ、ディノバッジョ…
いやー凄かった

2020/05/29(金)
キャリアの本当の初期に、再起不能レベルの大怪我を負ったのに歴史に名を残す選手までいったのは奇跡。それが無ければ、タラレバだけど、メッシ・ロナルド以上の可能性はあった。

2020/05/29(金) 
ここ30年で間違いなくアズーリ最高のファンタジスタ。系譜としてデルピエロ、トッティもいて彼等は世界制覇したけれどもクラブでも代表でも印象が強いのはバッジョ。不思議なことに欧州選手権には縁がなかったけど新進気鋭の90年、最盛期の94年、円熟の98年と3回ともW杯では魅せてくれた。クラブではインテル移籍は衝撃的だったけどやっぱりユーベが印象的。

2020/05/29(金)
ユベントスはこれまで少なくても4度、黄金時代があって(70年代後半〜80年代前半、90年代中盤〜後半、00年代前半、2010年〜現代)その中のどこにも絡んでないところが個人的にはバッジョっぽくて好きです。90年代前半のミラン全盛の真っ只中、混迷するユベントスの中一人だけ際立った輝き放って93年のバロンドールを勝ち獲った当時のパフォーマンスは今で言うとメッシ級に異次元でした。

2020/05/29(金)
マンチーニからゾラ・デルピエロ・トッティ・ピルロ・カッサーノまで続いた『ファンタジスタ』の代表格。
戦術理解度や得点力では譲る部分もあるが、相手チームを無力化するプレーは文字通り魔法だった。
ファンタジーのレベルが違う。
憂いを帯びた表情にも魅了された。

2020/05/29(金)
かつて日本で開催されてたJOMOカップにゲストで出場した時にはバッジョの独り舞台だったなぁ。世界との差をまざまざと見せつけられた。Jリーグの選手たちは必死だったけど、バッジョは終始笑顔で楽しそうにプレイしていたのを覚えてる。ノ ジュンユンからの横パスをダイレクトに振り抜き、ポールに当てながらゴール。綺麗なゴールだった。

ブレシアで引退した後に発売されたワールドサッカーダイジェストに付録で付いてたバッジョの特集DVDは宝物。

2020/05/29(金)
fantasista

「ずば抜けた技術を持ち、創造性に富んだ、意想外のプレーを見せる天才的なサッカー選手をいう」

とはとある辞典での解説

やはり
「ファンタジスタ」はロベルト・バッジョのための形容だと思います

それは「唯一無二の存在」

アズーリで最後に挑む相手はラ・ロハ
イタリアでは親善試合で満員になる事は希なのだ

やはり彼は「イタリアの恋人」

彼は言う
「選択するなら一番難しいと思うプレー」


個人的に

あのときどうやってブッフォンを抜いたんだ?
まさに度肝を抜かれるってヤツだ

他に
スビサレッタを置き去りにしたあのとき
ベナリーヴォーに出した浮き球
フランスでハンドを呼んだあのキック

全てはイメージ通りなのだろうか

たとえ
ボールの軌道がゴールバーの彼方へとんでいこうとも

彼の極端に細い右足が生みしてきた幾つものプレーが彼の存在を雄弁に物語っていると思う

2020/05/29(金)
バッジョはこのビジュアルと才があるにもかかわらず
サッカーと怪我に真摯に向き合い続けたその誠実さと、
でも永遠のサッカー小僧で、というチャーミングさが
同居している奇跡の様な存在
=ファンタジスタ なのでつまるところ唯一無二

2020/05/29(金)
インテル時代にコモの練習場に行き優しくサインをしてくれた事が未だに良い思い出です 94年ワールドカップは熱暑でいい大会とは言えないかもしれませんがあの頃のイタリアはとても華がありました

2020/05/29(金)
ファンタジスタという言葉はこの人のために生まれた言葉だと思う。バッジョよりも多く点を取ったプレイヤーはいるけどバッジョよりも人々を魅了させたプレイヤーはいない。
ちなみにフィオレンティーナ時代のプレイ動画もオススメ。ユベントス時代よりも魅せるプレイが多かったかも。

2020/05/29(金)
イタリアW杯でバッジョのプレーに魅せられて、アメリカW杯での数々のスーパープレーに、あのPKに涙して、フランスW杯で感動して・・・
多分、私と同年代は同じ気持ちだと思う。

2020/05/29(金)
バッジョと言えば94,98年のW杯のプレースタイルが印象強いが、ブレシア時代の役割はのちにW制覇へと導くピルロのお手本だからな
バッジョがいなけりゃピルロも伸び悩んでたかも

2020/05/29(金)
バッジョのプレーにはひとつひとつに華があった。小学生のときサッカーに興味の無かったわたしだったがアメリカワールドカップで虜になり学校も行かずかじりついたもんだ。バッジョのプレーを真似て四六時中サッカーに明け暮れ結果的に高校選手権でエースとして活躍できた。バッジョには感謝しかない。

2020/05/29(金)
黄色いユニで左足でゴールのニア狙って決めるまでの一連のプレー大好き、あれはウディネーゼ戦、アレのシュートをGKが体で止めて跳ね返ったボールをダイレクトボレー、あれはユーベ最後のシーズンのレッジャーナ戦、惚れ惚れする。

2020/05/29(金)
バッジョのサッカーを見てサッカーが好きになったって人は多いと思う。

後のデルピエロも凄かったがやっぱりバッジョは特別ですな。

ただ残念ながら近年はドキドキワクワクさせてくれるような選手が出て来ないですなぁ。

2020/05/29(金)
カンピオーネ、バッジオ!

俺の永遠のアイドルだよ!

ブレシアの時の、後ろから来たボールをトラップしながらフェイント入れてのゴールなんて神だなって思ったね。

創価だからJに来るかなって思ったけど、来なかったね。

2020/05/29(金)
子供の時のヒーローだった。
表現が難しいのですが、完璧な美しさではなく壊れそうな美しさ。
今でも私の中ではヒーロー。

2020/05/29(金) 
ファンタジスタと言えばバッジオ

ブレシアでの晩年だけど、ほぼ真後ろからの超ロングパスを一瞥して、あとは前向いて全力で走り込んでボレーシュートが忘れられないです。

2020/05/29(金)
フランスワールドカップ以降、テクニックがあれば日本ではすぐファンタジスタと呼ばれたけど、90年代中盤以降では、バッジョとゾラのみ。

2020/05/29(金)
言葉では表現できない優雅さ
本当に格好いい
バッジョに対する明言も素敵なのが多いし











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ