20200526-00263806-soccermzw-000-10-view

スポンサード リンク




守護神は“SGGK”こと若林 3バックは松山、石崎、次藤が並ぶ

 日本が誇る世界的な人気サッカー漫画「キャプテン翼」は、スペインでも多くのサッカー少年を魅了し、現在ヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタらに影響を与えてきた。英サッカーサイト「90min」スペイン語版がその名作で特集を組み、ベストイレブン企画を実施。日本人選手の“最強メンバー”が選ばれた。

 スペインでは現地に馴染みやすいようにキャラクター名も改変されているが、ここでは原作の日本人名を採用。中盤に人材豊富なことを反映した3-6-1システムが組まれた。

 まず守護神は、スーパー・グレート・ゴールキーパー「SGGK」こと若林源三が選出。記事では、その能力を「すごい反射神経の持ち主で、すべてのボールを止め、事実上得点することができないGKだった。シュートがパワフルだろうと良いコースに飛ぼうと関係なく、彼は難なく止め、ボールを手に収めて自分の存在を主張していた」と紹介。基本的にペナルティーエリア外からはゴールを許さないのがアイデンティティーだ。

 そしてDFでは、小学生時代から主人公・大空翼の盟友であり良き理解者でもある、ガッツあふれる顔面ブロックがトレードマークの石崎了が1人目としてノミネート。「物語の序盤では動きがぎこちなかったが成長を続け、守備陣で欠かせない存在の1人になっていく。シリーズで最もカリスマのあるキャラクターの一人」と、存在感の大きさが触れられていた。

 2人目は体格に優れた九州男児、次藤洋が選ばれた。テクニックに優れたタイプの選手が多いが、そのなかでのフィジカル系には「指ひとつで相手を止め、高さでは対抗する存在がいないディフェンダー。自チームに強く岩のようなセンターバックがいることは決して悪いことではない」と、その価値が認められた。

 続いて「守備陣の最後となる」と紹介されたのが、「ピッチのあらゆるポジションでプレー可能な」松山光だ。小学生時代のトップ下から、ボランチやセンターバックと確かにポリバレントな描写がされている。そして、そのパーソナリティーは「犠牲的な仕事ができるこの選手にとって最も大事なのは、あらゆる個人よりもチーム」と称された。


中盤は三杉、岬、大空翼ら豪華タレントが勢揃い

 6人が選出された中盤のトップバッターは、“ガラスのエース”こと三杉淳。持病の心臓病により短時間のプレーしかできないのが小学生時代からのストーリーだが、「それが自チームを引っ張るのになんの障害にもならなかった。ゲームの先を読む能力、戦術力、テクニック、インテリジェンス、目標達成のスピリッツを備え、あらゆるポジションでプレーすることができた」と絶賛。オフサイドトラップの描写は大きなトピックだった。

 2人目は「ワールドユース」編の冒頭でイタリアに渡って夢を叶えようとする「中原中の12番」こと葵新伍だ。入団テストを受けられるという詐欺に遭い生活費をだまし取られて、オレンジを使ったリフティングで日銭を稼ぐという描写もあったが、紆余曲折あって名門インテルの下部組織に入団。「ピッチ内外で謙虚さを前面に出すキャラクター」と触れられているが、“直角フェイント”を駆使した突破力が魅力の選手で、“プリンチペ・デル・ソーレ(イタリア語で太陽の王子)”というニックネームも付いた。

 続いたのは「最高のパートナーで、お互いに完璧なまでに理解し合っている」と大空翼とのコンビが称えられる、永遠のゴールデンコンビこと岬太郎。その能力は「チームメイトとの連携力に優れ得点力もある」とされたが、やはり負傷の多い描写が印象にも強い。

 そして、主人公の大空翼も当然の選出。「議論の余地なくリーダーとなり、誰もが羨むテクニックと生まれながらの得点力、逆境に耐える能力、素晴らしいフィジカルを有し、あらゆるライバルに打ち勝つ存在になる。変化をかけたシュートが彼の得意技」と、絶対的な中心であることが認められている。

 中盤の残り2人は、あえてセットで紹介したくなる立花政夫、和夫の兄弟。「この兄弟はすごいスピードがあり、非常に特別な形でサッカーを捉えていた。彼らの地獄のカタパルトはシリーズ最高の一つ」と、世界中のサッカー少年たちが思わず真似をしたくなり、そして痛い目に合う“スカイラブ・ハリケーン”は強烈なインパクトを残したようだ。


1トップは日向「正真正銘の点取り屋でアグレッシブ、誇り高く、大空翼のライバル」
 
 そして不動の1トップはもちろん日向小次郎だ。小学生時代から大空翼のライバルでもあるストライカーは、「正真正銘の点取り屋でアグレッシブ、誇り高く、大空翼の偉大なライバルになっていく。有名なタイガーショットは単に相手を唖然とさせるだけではなく、壁をも破壊した」と紹介。中学時代に試合で起用されなかった日向が、試合中のシュートに合わせて放ったシュートが大宮サッカー場(現NACK5スタジアム)のゴール裏部分の壁にめり込んだ描写を取り上げていた。

「90min」が選出したイレブンを実際にフォーメーションに並べるとなると、少し悩みどころもある。GK若林の前に並ぶ3バックは、松山光を中央に起用することで異論がないだろう。1トップも素直に配置できる。

 しかし、中盤6人の配置は誰にサイドをやってもらうのかという点で難しい。立花兄弟を両サイドに分けてしまえばコンビプレーをするための物理的な距離が離れてしまうが、あくまでも漫画ということで必要な時には近くに寄っているということにしておきたい。そのため、三杉淳と岬太郎でダブルボランチを組み、大空翼と葵新伍の2シャドーが妥当か。大空翼にはトップ下として中央に君臨してもらい、葵新伍には前線への飛び出しなど広範囲な動きを期待する3-6-1が収まりが良いのかもしれない。

 先日にはイタリアメディアで特集されたキャプテン翼だが、スペインでも根強い人気があるのは明白。サッカー後進国と言われた日本で生まれたストーリーとキャラクターは、各国で議論になるほどの人気漫画として昇華している。

Football ZONE web編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/03203083858c50606577070fba8cc182414875e3?page=1 

 

2020/05/26(火)
ロベルト本郷の「翼よ、ミッドフィルダーになれ」…

良くも悪くも、人材がFWに行かなくなった。

2020/05/26(火)
こうしてみると意外とサイドの人材が薄いんですね。

早田、滝の存在意義がかなりありますね。

2020/05/26(火)
フランスW杯以降の日本代表に優秀なMFが多く、
決定力のあるFWが少ないのは
キャプテン翼(大空翼)のせいだ

そんなジョークが成立してしまいそうな位、
大空翼の影響力は大きい

一方で、石崎のガッツ溢れるプレーに
感銘を受けたプロサッカー選手もいるらしいので、
やはりキャラが魅力的な作品なのだと、改めて思う

2020/05/26(火) 
トップ下からボランチ、センターバックへと、どんどん位置を下げながらも試合をコントロール。
キャプテンを務める信頼性、そしてミドルシュートも魅力的。
長谷部はリアル松山だったんだな

2020/05/26(火)
元々は弱小チームの南葛小キャプテンの石崎が
年代別の日本代表に選ばれるのは想像し難い事実ですよね。
大空翼に出会って一番その後の人生が変わったのは彼で決まりですよね。

翼と出会ってなければ今頃風呂屋ですかね?

2020/05/26(火)
立花兄弟を両サイドで使ったら、スカイラブハリケーンは使えない
三杉は心臓病が完治してるが、アスリート並みの運動すると心臓病再発するっと医者に言われてる話があったから、運動量がある葵をボランチで使わないと三杉が…
岬は翼と近くで使わないとゴールデンコンビができない

2020/05/26(火) 
ストーリー的に「翼のライバル」という所にスポットライトを当てると、どうしても中盤の選手が多くなるのは仕方ないのかもしれない。

もしも…の話だけど、大空翼がずっとFWという設定で漫画を描き続けたら、FWのタレントが増えたのかな?
そして、それは現実の日本代表のFWにも直結したりして…。

そういう仮説が思いつく位、この漫画の影響は大きかったと思う。

2020/05/26(火)
松山くんと三杉くん、岬くんと葵が逆かな。
立花兄弟は近くでプレーさせないと真価は発揮できない。
アウトサイドの良い選手が少ない。
早田くんだけ。

2020/05/26(火) 
原作では、離脱しているワールドユース1次予選以外(リメイクアニメでは退場後のドイツ戦も出場停止だが)はベンチに入る事なく出続けていて、替えの効かないはずの早田がいないの?

2020/05/26(火) 
守備はサイドに大きなスペースあるね

立花兄弟に代わり
俊足の早田
運動量の葵
を起用したい

2020/05/26(火) 
岬と葵の位置は逆がよくね?岬を翼の横に置かないとゴールデンコンビができないし、葵はスタミナがあることを生かして守備的な位置がいいだろ。
そして、立花兄弟は二人揃ってないと効果が薄いため使い勝手が悪い。
あと、次藤を生かすなら、4バックにして次藤・松山をセンターにおくべき。サイドに次藤を置いても攻撃参加が期待できない。

2020/05/26(火)
「すごい反射神経の持ち主で、すべてのボールを止め、事実上得点することができないGKだった。シュートがパワフルだろうと良いコースに飛ぼうと関係なく、彼は難なく止め、ボールを手に収めて自分の存在を主張していた」
・・・だから若林は肝心な試合で必ずケガをする。

2020/05/26(火)
4-3-3も良さそう。

GK若林

DF中央に松山と次藤
サイドに早田と石崎(?)
両サイドの攻撃参加と固い中央の2人

MF中盤は翼、岬、三杉で夢の中盤
三杉がシャビ的な役割で翼と岬が自由に動く

FWは左から新田、日向、葵
葵は前線からプレスも出来る
日向と新田はそのまま強み生かせば良い

2020/05/26(火)
石崎はキャラ的には重要な役割だと思うけど
全日本のメンバーに入るかと思うと、守備陣の層の薄さを感じる。
いつまでも森崎が第3キーパーっていうのも。
これもキャラ的には重要なのかもしれんけど。
全体的にある時期から、新戦力の台頭が薄く、小学校時代から主要メンバーが変っていっていないところに物足りなさを感じる。
息の長いキャラクターに愛着が強ければ、逆にうれしいのだろうけど。

2020/05/26(火)
むしろ、翼、日向、若林の3人がいるチームを相手に、日本人選手で勝てるチームを作れるかと考えた方が面白いかもしれない。

中学生編では、日向の強引なドリブルによる突破を高杉が止めていた。
高杉(あるいは次藤)だけではスピードに対応できないので、誰を組ませれば最も効率的に日向を抑えることができるかとか。

無印版で翼のいるチームの最少得点は、若林の修哲、早田の東一中、ヘルナンデスのイタリアの2点になるが、早田が徹底したマンマークで翼を防いだのはもっと評価されてもいい。

あとは、翼と日向以外でどうやって若林から点を取るかとか。

そうやって考えると、個性を活かした戦術だとか駆け引きだとかの話になるからストーリーも膨らんでいくと思うんだが

2020/05/26(火) 
原作では松山と三杉は配置が逆のことが多いね。
松山は10番→CB→ボランチとポジション移して、今はそのボランチが主戦場。
そして背番号6でDF陣を操りオフサイドトラップを駆使する三杉。

ああでも確かに、背番号21で中盤の底からゲームメイクしまくる三杉なんても想像に難くない。その場合は横に葵を配してガットゥーゾ並みに守備の負担を押し付けよう。

2020/05/26(火)
葵と岬、三杉と松山のポジションは交換じゃないとなぁ。
あとは立花兄弟サイドだけどディフェンスに難がある。

2020/05/26(火)
翼とのマッチアップを書かなきゃいけないから、どうしてもサイドが主戦場のライバルは登場しにくいんやね。
スピードがあって突破力のある選手って意味では新田を持ってっても面白いと思う。

2020/05/26(火) 
立花兄弟は意外だな。中盤で貴重な2枠を消費してしまうので、原作でも持て余して世界戦では早めに負傷離脱させられたりしていたのに。
でも改めて考えると、あのアクロバティックなプレイは最も漫画的で海外の人は魅力を感じるのかも。
私なら代わりにDFで早田(なんとなく長友っぽい)、FWに新田(若島津はGK控え)を入れるなあ。

2020/05/26(火) 
大人になってから考えると、翼以上の天才と言われながら、三杉くんは正直使い道に困るな。
攻撃では翼や岬と役割が被る。
ボランチでは心臓を患ってる彼に運動量面で不安。
守備では空中戦や当たりの強さで物足りないから4バックのCBの内の1枚にするのは地藤や井川に負担がかかりすぎる。
3バックの中央しか適性ポジションがないような。

2020/05/26(火)
ひとつの疑問は,これだけみんなかっこいいのに,みんな翼くんになろうとするところ。
特に若林くんになるためにGKになりたい,と思う人が少ないよね。

これはカーンやブッフォンのような,実在する華のあるGKが日本にいないからだろうか?
いや,それとも選手生命が危ぶまれる怪我を若林くんが負ってきたからだろうか?

2020/05/26(火) 
日本人的には、翼と岬を並べたい、三杉を最終ラインでどっしり構えさせて超俯瞰的な視野で試合を運んでほしい、松山には前後の動き激しく、積極的にミドルを狙ってほしい・・・という気持ちも理解できる。一方で、スペイン目線ではそれぞれのキャラクターに日本人と違う役割を感じ取っているんだということが分かり、とても興味深い。
個人的には、翼&岬のコンビは確かに王道だけど、三杉と岬がボランチにいたら相手は相当やりにくいだろうと思う。玄人感があってニヤッとしちゃうね。

2020/05/26(火) 
こういう布陣も見てみたい。

FW   日向
MF  タケシ   岬   葵
MF 松山 翼
DF 早田 三杉 次藤 石崎
GK 若林

翼は守備も難なくできる万能戦士だしセンターにおく。岬をトップ下に置けば2人の距離も近い。

中盤のもう一人を悩んだが、日向との相性も考えてタケシを左MFに。タケシは少し中に寄ってプレーすることで、日向との距離も近くなるうえ、早田のオーバーラップを引き出す。空いた後ろのスペースはバランサーの松山がきっちり埋める。
2枚刃の早田を右SBではなく左SBに置く理由は、翼ではなく松山の側に置きたいから。
石崎は右SBやっていた記憶があまりないが、意外とポリバレントだし、なにより持ち前のガッツでどこもできるでしょう(笑)

タケシ外して若島津と日向の2トップにするのがオプション。

2020/05/26(火)
松山光をボランチに1列上げて、ボランチのパートナーにはリアルジャパン7の浦辺(大友中で主将を務めたキャプテンシーにも期待)。
ボランチの岬は1列上げて翼と同列。
松山が抜けたDFには次藤洋を配置。
左サイドには早田誠。右サイドはあまり思いつかないが、日向とのコンビを考えて沢田タケシ。またはツートップにして日向の相棒を新田瞬。
GKは若林と若島津の二択で、練習したら和みそうな雰囲気が出そうな中西を第3ゴールキーパーとして選出。

2020/05/26(火)
こうやって見ると、GKの人材は足りてるな。

若島津が控えてるのはでかい。
ていうか、相手によってはスタメンで使って欲しい。

もう1人のSGGKも、途中からめっちゃ成長してるし。

2020/05/26(火) 
こういう記事大好きです。
3-6-1というフォーメーションなら、私だったらDFの真ん中は高さのある次藤くん、左右にオーバーラップも出来る早田くんと松山くんを置くかな。
MFのサイドに突破力のある新伍とSSSがある岬くん。次藤くんと近い位置に置きたい立花兄弟はWボランチ、トップ下に翼くんと三杉くん、FWに小次郎。
三杉くんがフルタイム戦えないなら前半は4-5-1で三杉くんの代わりにDFに石崎を追加。って感じでいかがでしょうか?

2020/05/26(火) 
立花兄弟を同サイドに配置して葵を逆サイドというのもあるが翼と葵をはなすと翼のマークは一層きつくなるね
立花兄弟ではなくサイドを下げて守備を厚くできる早田と逆サイドには佐野か滝といったところで落ち着きそう

2020/05/26(火) 
4-4-2
若嶋津と若林は迷うなあ
沢田と日向の先輩後輩コンビの2トップ
翼、三杉、岬、葵の黄金の中盤
センターバックは次藤と石崎
サイドバックは早田と松山
立花兄弟はベンチスタートで基本
二枚替えアウトは岬と三杉もしくは三杉と葵
もちろん対戦相手によって
立花兄弟がスタメンで三杉と葵のポジションでも良いかなぁとは思う
ってかこれは守備が手薄やな

2020/05/26(火)
三杉はセンターバックにして、松山と岬のダブルボランチでもいい。主に岬は翼の近くで攻撃的に、松山は中盤のボール奪取の役割。三杉はビルドアップの起点になる。立花兄弟の代わりに右ウィングバックは早田。個人的に新田は入れたいのけど左ウィングバックできませんかね。攻撃的な役割でいいんで。

2020/05/26(火) 
両サイドが立花兄弟は弱いな〜
スカイラブのせいで90分持たない印象が強いし
立花兄弟はやはり流れを変えるスーパーサブ
運動量の多い葵が右サイド、左サイドは早田
岬は翼の横で良いと思うけど
まぁ読書それぞれで夢膨らみますね。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ