20200518-00894060-sportiva-000-4-view

スポンサード リンク




リーガに挑んだ日本人

 日本人がスペイン、リーガ・エスパニョーラに挑戦する――。それはもはや日常と化している。

 乾貴士(エイバル)、久保建英(マジョルカ)はトップリーグで活躍を遂げ、柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)、岡崎慎司(ウエスカ)、香川真司(サラゴサ)は2部リーグで奮闘し、安部裕葵はバルサBから虎視眈々とトップデビューを狙う。名門レアル・マドリードの下部組織では、今年17歳になる中井卓大が研鑽を積んでいる。

 今やスペインで、日本人選手は珍奇な存在ではない。

 だがかつて、これが夢物語に近い時代があった。昔話というほど昔のことではない。21世紀に入って、徐々に先人たちが足を踏みしめ、"開拓"してきた。

 その先駆けになったのは、当時、日本サッカー界で「天才」の名をほしいままにした男だった――。

 1993年、日本で開催されたU-17世界選手権で、その男・財前宣之は頭角を現している。グループリーグ3試合(ガーナ、イタリア、メキシコ)すべてでマン・オブ・ザ・マッチを受賞。さまざまな球種を蹴り分けるセンスは、称賛の的だった。日本のベスト8進出に貢献して大会ベストイレブンにも選ばれる。攻撃的MFとしては、その後イタリア代表として活躍することになるフランチェスコ・トッティを凌ぐ評価だった。

「中田(英寿)はよく言っていました。『ザイ(財前)が見本だった」って』

 当時、U-17代表コーチだった小見幸隆氏はそう証言していた。

「ザイのような天才がいたから、中田も刺激を受けた。右に切り返す動きひとつをとってもスルーパスにつながっていて、センスに驚かされました。U-17代表でも圧倒的なうまさで、練習でデモンストレーションをするのは、いつもザイでした。中田はそれを体育座りで見ていましたね」

 中田に限らず、宮本恒靖も松田直樹も、凡庸に見えたという。たとえば、自陣から敵陣に長いボールを蹴り込んでの攻撃で、財前はアウトサイドでスピンをかけてボールを蹴り、タッチラインを割らずにコントロールできた。インサイドでは、当たり前のように蹴ることができた。

 17歳だった財前が狙っていたのは、Jリーグではなく世界デビューだ。そこで高卒と同時にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)と契約したまま、イタリア、セリエAのラツィオへ留学。ユース在籍だったが、アレッサンドロ・ネスタもいた環境で、ズデネク・ゼーマン監督からトップ練習参加も許されていた。

そして1996年7月、スペイン1部のログロニェスに入団することになった。

「スペインのほうがボールを回すスタイルなので、自分に合っているんじゃないかって。イタリアに1年留学していたのもあって、ぶっ飛んだ自信はありましたね」

 拙著『アンチ・ドロップアウト』(集英社)の取材で、財前は当時の心境をそう振り返っている。

 しかしリーガは、プロ経験のない日本人が飛び込んで戦えるような甘い場所ではなかった。クラブはもともと「ミウラマネー(ジェノアにいた三浦知良の獲得)」を重視。財前はその前奏曲だったと言われ、その交渉がとん挫したことで立場を失った。

「現場はストライカーの獲得を要求したのに、連れてきたのは日本人MFだった」

 当時、ログロニェスを率いていたミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(現セレッソ大阪監督)はこう洩らしていた。

「経営戦略の犠牲になった財前を、気の毒に思ってね。日本のテレビクルーが来た練習試合では、プレーさせていた。スモールスペースでのプレー技術は高い選手だったよ。相手ボックスの近く、密集地帯で見せるテクニックは信じられないレベルだった。

ただ、試合で使えるだけの経験が不足していた。うまい選手はうんざりするほどいる。90分、1シーズンを戦い抜く体力、気力が求められる。何より、彼はひざの問題を抱えていたから......」

 実はこの数カ月前、財前は膝の前十字靭帯を断裂していた。治療、リハビリを重ね、復活してスペインに入ったが、万全ではなかった。そして入団して3カ月後、再び、前十字靭帯を痛めてしまう。復帰を急いだことが裏目に出た。踏ん張った瞬間、同じ左足だった。

 財前は帰国を余儀なくされた。選手登録はされておらず、スペイン挑戦は、言わば幻に終わった。

――もしタイムマシンに乗れたら、ログロニェスにいた自分に何と声をかける?

 そんな問いに、財前はこう答えていた。

「『お前、イメージが先行しすぎているんじゃない?』ですかね。俺は体を作る前にヨーロッパに行ってしまった。中田はJ1で実績を作ってからで、正解。まずはプロの試合でプレーしてっていうので、出場機会があるチームを選んだのも賢い」

しかし、彼はこうも言葉を継いだ。

「俺は前十字を3回も切って、サッカーを続けられた。ケガも実力のうちですけど、その後で、『どうしたらサッカーできるか』でやってきました。大ケガをした人でも、サッカーをやれる姿を見せられたと思っています」

 誇らしげにそう言った財前は、ベガルタ仙台、モンテディオ山形で昇格の切り札になるプレーを見せている。そして2012年1月に引退するまで、中田、宮本など日本を代表した選手より、長く現役生活を続けた。それはひとつの勲章だった。

 ちなみにログロニェスは、財前が在籍したシーズンに2部へ転落。巨額の負債が発覚し、坂道を転げ落ちていった。そして2009年には、財政破綻で消滅している。(つづく)

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://news.yahoo.co.jp/articles/1e6c57d105944ea235ae261d1d3f3185a4584ee1?page=1

 

2020/05/24(日)
能力と、体がついていってなかったのか。
そこも含めて才能やったのか。
小倉小野宮市もそうやったけどすごい選手の大怪我は
嫌だなー

2020/05/24(日) 
そう考えると、岡崎のようなタフで適応力のある選手が一番すごいのかもしれない。
レスターでプレミア優勝という偉業まである。

2020/05/24(日) 
中田は自分の計画性を見越してたってのが他の選手と違った所。
こうするためにはいつまでに何をしてってのが分かってた。
二十歳そこらでワールドカップに浮かれず「Jリーグに来て下さい」は中々言えない。

2020/05/24(日)
どんなに才能があっても怪我をしては復活が難しい。

その点、中田英寿はフィジカルが化け物級で成功ポイントのひとつだと思う。

2020/05/24(日)
世界に出るタイミングを間違えた感はありますが、やはりこの財前や山口、阿部、高卒で加わった石塚あたりが、J開幕直後…分厚いトップチームの選手層に割って入ることが出来なかったのが痛かったですね。彼らがポジションを争う相手はラモスやビスマルク。ヴェルディは優れた育成の成果をクラブのチカラにすることが出来ませんでした。
競争と言ってしまえばそれまでですが、彼らがヴェルディで試合にもう少し絡めるようだったら、ヴェルディはアカデミーの子達がモチベーションを上げ、クラブの強化は好循環になっていたのではないかと。仮にJ初期の圧倒的な強さはなかったとしても、同時に今のような『J2が指定席』という状態も無かったと思いますね。

2020/05/24(日) 
生まれてくるのが早すぎたのかも。
欧州では、当時の日本人を純粋な戦力とは見なしていなかった。
中田英寿が異常だったんだと思う。
自分を最大限に活かせる「場所」を見誤らず、Jデビュー前から虎視眈々と準備を重ねてイタリアへ渡った。加えて、クラブでも代表でも圧倒的なな結果を残した。
J開幕から2〜3年で、しかも代表には絶対的エース・キングカズが君臨してたのに、あんなキャリアを積めたのは、本人の努力以外の何かが働いた気もする。

2020/05/24(日) 
ロティーナ監督の話に集約されている
「上手い選手はうんざりするほどいる。90分、1シーズンを戦い抜く体力、気力が求められる」

高い技術はあって当たり前。そこに平均以上のフィジカル能力があって初めて通用するのがラ・リーガ(スペイン1部)
怪我してなくても、財前選手はその舞台で活躍は出来なかったと思う。
フィジカル面がその水準に達してなかった

「俺は体を作る前にヨーロッパに行ってしまった。中田はJ1で実績を作ってからで、正解」と語ってくれた財前さんの経験を若い選手達は活かして欲しい

そのレベルの高い舞台で5シーズン目の乾選手は本当に凄い。
小柄なドリブラーで体ごと削られる事もあるのに、回避する方法を身につけて、年々上手く交わして倒される事が少なくなってきている。
ブンデス時代も含め、半年~1年離脱するような大怪我も無い。
ブンデス1部2部合わせて105試合、ラ・リーガ129試合は立派

2020/05/24(日)
サッカーは、フィジカルも含めての総合だから。天才でも甘くない世界。そう考えるとジダンは、体も強く怪我せずすごいな。

2020/05/24(日)
こういう選手の経験があるからこそ今の選手が成功しているんだろう。カズも1年しか元々許されていなかったと言っていたし。今は体力、環境を整えて先を見据えて海外に出ていく選手が多く頼もしい。

2020/05/24(日)
確かイタリア代表の選手だったと思うんですけど、来日したとき「財前はどうしてる?」ってマスコミに聞いたとか。2部リーグにいると聞くと「彼は2部にいるような選手じゃない!」と言ったと聞きました。
ネスタだったのかな?

2020/05/24(日)
昔、ロベルトバッジオが引退するときに中田英寿や日本人の印象、これから日本人がイタリアや世界で活躍するためにはなにが必要かと記者がインタビューしていたが「技術的なものは最低限必要だけどサッカーに必要なものは強さ。年間、代表戦やカップ戦、リーグ、合わせると100近い試合数をこなさなければならない。身体が
できていないと世界では戦えない。だからナカタは凄いよ。」と言っていた。やはり身体を鍛えないと世界では通用しないんだろうなぁ。

2020/05/24(日)
たしかにこのU17では財前がエースだった。小嶺監督の「放り込みからの船越の頭戦術」にもハマってたし。スルーパスに抜け出す動きに秀でた中田との関係性も将来楽しみだったんだけどな…

2020/05/24(日) 
前十字靭帯三回もやったら日常に復帰するだけでも大変。

普通なら打ちのめされる。
すごいことだと思います。

2020/05/24(日) 
三菱養和の人工芝グラウンドで、全国から集められたトレセン選手の中にいた15歳の彼を見た事があります。
集められた選手達は皆体が大きく、中学生なんて見えない子達ばかりでしたが、ひとり華奢な彼が全くボールを取られる事なく試合をコントロールしていた姿に驚愕し、鳥肌が立ったのを覚えています。
人生は何もかもうまくはいかないものです。
それから何年も経ち、少し前に中田英寿特集の番組に出ていた彼を見て、現在も強くしっかりと生きている姿に奮い立たされました。
昔から日本サッカーを愛している人達の記憶には必ず残る存在です。
これからも、自分らしく未来を歩んで、多くの幸運に恵まれることを心から願っています。

2020/05/24(日) 
欧州サッカーで特に下位チームは実力があれば活躍できるというシンプルな世界ではないからな
特に20年前とかは、プレーよりも日本人選手が連れてくるスポンサー目当ての契約で、期待したスポンサーがつかないと分かると実力があっても試合に出さないで追い出しにかかる
川口能活もポーツマスで飼殺しに遭ったしな
いきなり海外というのが近道に見えて遠回りだったりもする
財前の場合は怪我もあって日本で活躍してもう一度絵画というチャンスもなかった
運も実力のうちとか、無事これ名馬とか言うけど、選手が成功するには抜きん出た技術だけじゃない要素もあるよなとこういう選手を見ると思う

2020/05/24(日) 
「うまい選手はうんざりするほどいる。90分、1シーズンを戦い抜く体力、気力が求められる」監督のこの言葉が物語っているのかも知れません。海外を目指す日本の選手に求められるのは、うまさ以上に強さではないでしょうか。

2020/05/24(日)
当時は財前モデルのスパイク(サッカーでは珍しいハイカット)とかも出てたし日本サッカー界の中では期待されてたし卓越した技術もあった。怪我がホントに痛かった。

でもその後はベガルタに行ったりして多くのファンを喜ばせるプレーをした人。確かに海外は難しかったかもしれないけど昔ながらの背番号10を背負うプレーヤーとして記憶に残っています。

そう考えると岩本テル、中村俊輔や中島翔哉など日本代表10番の系譜はスキルで楽しませる人が多いね。新しい目もドンドン出てきで欲しい

2020/05/24(日)
戸塚、菊原、山口、財前と続いた
読売クラブの天才少年。
財前の長くやれた選手生活も大怪我も
全て含めた彼の実力だと思う。

時代もレベルは違うけど
戸塚の重心の低いドリブルも凄かった。
時代背景もあるけど、戸塚は読売クラブのほうが収入になるから、日本代表辞退したのも
今では考えられない話。

2020/05/24(日) 
なるほど。
こうしてみると技術的には財前が上回っていたのかもしれないが、セリエAでプレーすることを目標にして高校時代からイタリア語を学んで日本でもプロとして経験を積んだヒデは、先見の目と計画性が凄い。

2020/05/24(日) 
『「プレーを請われて行けないのであれば」、別に海外でプレーしたくない』というのが中田英寿さんの言葉だったけど、財前さんや前園さんの現実を見たせいで、そういう言葉を使っていたんだな、と。

ワールドカップに出場するくらいの実績がないと、海外では、外国人枠もあるだろうし、当時は特に日本人への偏見と差別で飼い殺しにされてしまうのかもしれないね。

2020/05/24(日) 
ベガルタの初昇格を決めた時の京都戦でのロスタイムのゴールはベガルタサポでもない自分が見ても目頭が熱くなった。

2020/05/24(日)
日本のサッカー選手は79年度生まれの次に76年度生まれが大豊作だったと思う。
もし財前が怪我なかったらどうなってたかな。

2020/05/24(日)
何年か前にテレビで特集されてたな。確か最後の方で中田と対談してた。スタジオゲストが前園で、前園いわく「若い頃に中田の名前なんか聞いたことなかったけど、財前って言う凄いのがいるってのは聞いていた」
ドリブル、パス、シュート、一人で何でも出来る本物の天才だと小見さんも小嶺さんも口を揃えて言ってたしな。

2020/05/24(日)
この頃のアトランタ世代の天才の話が出ると中田を筆頭に前園や財前の話が最近だと多いが、リアルタイムで見てきた者としては本当は目に見えて小倉が抜きん出てレベルが違っていたことを知っている。
中田は当時から上手かったけど後にさらに急成長し完成していった。
思い返すと若くして天才として将来を期待された選手は大怪我でサッカー人生を狂わすことが多い気がする。

2020/05/24(日) 
若いうちに期待されて、トップで活躍出来なかった選手は何人もいる。結局、ユースも五輪も年齢別の代表は、通過点って事だな。体も大事なら運も大事。逆を言えば怪我に強い選手程、運も強いのかもしれない。

2020/05/24(日)
その当時、U17の試合を見た事があるが、財前の才能は、飛び抜けていた。ほぼ財前だけと言っていいくらいに、海外選手相手を完璧に翻弄していた。確かにラッツィオでは、芽がでなかったが、この記事でプロとしての体づくりに問題があり、さらに怪我がたたってしまったのは、本当に残念です。

2020/05/24(日)
同級生の友達も中学までユースの中心選手だったみたいだけど、高校入学とともに完全にサッカーをやめた。華奢でこれからのフィジカルサッカーは無理だと判断したらしい。入学直後の球技大会、彼を知ってる人らに頼まれて参加したら段違いにうまくて、途中からはサッカー部の3年生2人につかれてたけど、ガンガン点とってた。試合後に、あんなの反則だろって先輩たちが言ってて。うちは公式戦で二回くらい勝つくらいのレベルだった。本人曰く、この学校のサッカー部レベル相手ならコートの端から端までドリブルで抜けるよ、と言っていた。上手いやつはいくらでもいるって、ほんとなんだなって話でした

2020/05/24(日)
オリンピアンの知り合いがいますが、身体能力がプロより高い選手はいくらでもいる。プロとアマの違いは身体能力を最大限使いきる能力と好調をキープするセルフマネジメントにあると言ってた。ワンデイレースは強いけど年間の成績がイマイチではプロとしてやっていけないと。怪我のしやすさも含めて身体能力だと。怪我をしない選手はプロとしては理想だと言ってた。

2020/05/24(日) 
財前と中田英、家長と本田、彼らのその後を分けたのは

ハードワーク、球際の強さ、だと思う

中田英も本田も財前、家長ほどの足下の技術は持ち合わせてはいなかったが若い頃からハードワーク、強さが、そらから賢さがあったよね

確かに財前は度重なる怪我もあったけど、それを抜き差ししても中田英のようなキャリアを当時のイタリアで築けたかな?

日本はとにかく足下の上手さだけを差して天才、天才と騒ぐけどその特別視が結果的に彼らに対する甘さを生み

宇佐美、柿谷なんかにも言えるけど上手いけど走らない/走れない、球際に弱い、ハードワーク出来ないでは、トップ オブ トップのリーグの監督、代表では信頼して貰えないよね

日本に足下が飛び抜けて上手くてもその他でサボるなら監督からコーチ、チームメイト、それからサポーターまで厳しく指摘してくれる環境、土壌が出来て初めて真の天才が生まれるのではないかな?

2020/05/24(日)
17歳だったけど日本で一番パスが上手い選手だったと思う。
あそこまでコース、スピード、タイミングが完璧なパスを長短で出せる選手は中々居ない。
ネスタがしっかり覚えてるのも分かる。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ