20200518-00073428-sdigestw-000-3-view

スポンサード リンク




『日本代表キャプテンの系譜』vol.2 森岡隆三|指揮官にも物怖じしない勇敢さを備えた人物

 98年フランス大会から6度のワールドカップに出場している日本代表。チーム状態も結果も大会ごとに異なるが、全世界が注目し、プレッシャーのかかる大会でチームを力強くけん引したのがキャプテンの存在だ。井原正巳(柏ヘッドコーチ)をはじめ、森岡隆三(解説者)、宮本恒靖(ガンバ大阪監督)、長谷部誠(フランクフルト)と過去4人が大役を務めているが、それぞれ困難や苦境に直面し、自分なりのアプローチで解決策を見出してきた。それぞれのチームにおける歴代キャプテンのスタンスや哲学、考え方をここで今一度、振り返っておきたい。

――◆――◆――

 真っ青に染まった埼玉スタジアム。そしてかつてないほどの異様な熱気と興奮……。2002年6月4日。日本代表にとって2度目のワールドカップが幕を開けようとしていた。

 3戦全敗の屈辱を味わった98年フランス大会から4年。フィリップ・トルシエ監督率いる日本は、若くフレッシュな集団に変貌を遂げていた。98年経験者は23人中わずか8人。半数以上が2000年シドニー五輪を経験した25歳以下のメンバーだった。

「キャプテンは自分だ」と口癖のように語っていた指揮官は特定のキャプテンを決めずにここまで来たが、ベルギーとの大一番では森岡隆三(解説者)に黄色のマークを託した。彼は2度目のアジア制覇を成し遂げた2000年アジアカップ(レバノン)、フランスに善戦した2001年コンフェデレーションズカップ日韓大会の決勝でも主将を務めた実績があり、エキセントリックなフランス人監督にも物怖じせずに意見をぶつけられる勇敢さを備えていたからだ。

 名波浩(解説者)も「当時、トルシエと隆三はうまくいっていなかった。キャプテンとして選手の意見を吸い上げて主張していたしね」と冗談交じりに語ったことがあるが、気難しい監督と真っ向から議論するのは難易度の高いこと。それでも自らの考えを曲げず、しっかりと口にできる森岡だからこそ、大舞台のリーダーに相応しいと認められたのだ。

 最年長・34歳の中山雅史(沼津)から最年少・22歳の市川大祐(清水アカデミーコーチ)の中間に位置する彼は、チームバランスを考えても理想的な統率役でもあった。同年代には川口能活(JFAアスリート委員長)や中田英寿、松田直樹のような個性の強い面々が揃っていたが、彼らに対してもフラットに接することができた。その人間力もチームにとって欠かせないポイントとなったはずだ。


黒子に徹するベテランの姿を見てキャプテンとしてやるべきことを再認識

 そしてもうひとつ大きいのは、看板戦術である「フラット3」の司令塔という部分。2011年に松田直樹が急逝した際に来日したトルシエが「フラット3は森岡、松田、宮本(恒靖=G大阪監督)、中田浩二(鹿島CRO)にしかできない戦術」と断言していたが、それだけ彼らには絶大な信頼を寄せていた。中でもラインコントロールを託される森岡の存在価値は大きかった。「監督がトルシエじゃなきゃ、俺は呼ばれていなかった」と本人も述懐していたが、彼らは目に見えない強い絆で結ばれていたのだ。

 ところが、森岡にとって夢舞台であるはずのベルギー戦は悲劇の場となってしまう。鈴木隆行(解説者)と稲本潤一(相模原)のゴールで2-1とリードしていた72分、相手との接触から左足裏がズキズキと痛み出し、ひざ下の感覚がなくなるというアクシデントが発生したのだ。ドクターはいったんOKを出したが、違和感は拭えず、自ら交代をアピールする羽目になった。そこからフラット3の中央は宮本が担うことになり、森岡はピッチから遠ざかった。

 初戦を2-2の引き分けで終えたことには安堵感を覚えたという森岡だったが、満足にプレーできない状況は続いた。さまざまな病院へ出向いて検査しても原因を突き止められず、あらゆる治療も効果はない。チームは横浜でロシアに1-0で勝ってワールドカップ初勝利を挙げ、活気に満ち溢れているのに、自分はキャプテンらしい仕事もできない……。苛立ちは募る一方だった。練習中のレクリエーションゲームで「ゴール決めろよ」と冗談交じりに言ってきた小野伸二(琉球)に激高してしまうほど、メンタル的に追い込まれていた。

 そんな彼を救ったのが中山、秋田豊(盛岡監督)、森島寛晃(セレッソ大阪社長)らベテラン勢だった。主力から外れていた30代トリオは、大会を通してサポート役に回ることが多かった。98年フランス大会惨敗の悔しさがある分、2002年日韓大会でリベンジしたい思いは人一倍強かったはずだが、思うように出番は訪れない。そんな悔しさを決して表に出すことなく、チームのために黒子に徹する姿を目の当たりにして、キャプテンは自分のやるべきことを再認識できたという。

「みんなスタートから出られないのに、雑務とかを率先してやっていました。僕のことも気遣ってくれて、どれだけ助けられたか分かりません」


ベスト16敗退…。「その場から逃げ出したい気持ちになった」と述懐

 森岡はベテランたちに心から感謝すると同時に、自らも用具や水を運んだり、練習の準備を手伝うなど、懸命にチームを支えようと試みた。地味な仕事を一緒にやっていた森島がチュニジア戦(大阪)で先制点を叩き出した時には、ベンチから飛び出して喜びを爆発させた。この試合を2-0で勝利した日本はグループリーグを首位突破。史上初のベスト16進出を決めた。自国開催のアドバンテージがあったとはいえ、わずか3戦で1点しか取れなかった4年前を考えると目覚ましい前進を見せたのは間違いない。

 ただ、当時のチーム関係者が「選手たちに浮かれた雰囲気があった」と証言した通り、日本中がお祭り騒ぎになった分、どこかで過信と油断が生まれたのかもしれない。それがラウンド16・トルコ戦(宮城)の0-1の敗戦につながったと見る向きもある。土砂降りの雨のなか、持てる力を出し切れないまま負けた傷はチーム全員に刻まれたが、森岡にはより深く感じられたようだ。

「その場から逃げ出したい気持ちになった」と本人は述懐しているが、自分が万全だったらチームをもっとしっかりと引き締め、上を目指すような空気を作れたのではないかという後悔も抱いたことだろう。

 不完全燃焼の想いが残るなか、世紀の祭典は幕を閉じたが、キャプテンとして試合に参加できない悔しさ、ベンチから仲間を支える大切さ、それを率先してやってくれたベテランの心意気……など、森岡が感じたことは少なくない。その一つひとつがその後の日本代表の大きな財産になったはずだ。悲運のキャプテンが試行錯誤を繰り返しながらリードした2002年の日本代表は、高度な一体感を持った集団だった。それは今、改めて強調しておきたい点である。

文●元川悦子(フリーライター)
https://news.yahoo.co.jp/articles/930c848d6ca0af4c459f12c43d4bf3f8a140b840?page=1 

 

2020/05/24(日)
当時は開催国で決勝トーナメントに行けなかった国はない、という今とは考えられない位強烈なプレッシャーと、前回大会で得点1点しか挙げられなかった日本。
それがシドニー五輪16強、アジアカップ制覇、コンフェデ準優勝とW杯16強と4年間堪能させて戴きました。ありがとうございました。

2020/05/24(日)
トルコ戦は「浮かれていた」というより安堵感が大きかったのがあると思うな。トルシエもチュニジア戦後に「ここから先はボーナス」という発言があったし、目標は達成したという気持ちが強かったのでは。

2020/05/24(日) 
当時3バックは1スイーパー2ストッパーが基本だったがCB3枚並べるなんて珍しかったし浅いラインだと裏のスペースに放り込まれやすいがトルシエはよくやったよな
やはり日本代表は外国人監督が一番なんだよ
日本人にはこういう革命的な事は無理だからな

2020/05/24(日) 
W杯アメリカ大会のブラジルもキャプテンはライーだったが、不調のため外されていくうちにいつの間にか副キャプテンだったドゥンガがキャプテン然としていき、終わってみればすっかり優勝チームのキャプテンに収まっていた。

2002年の日本も、森岡のケガで出たサブだった宮本がそのままキャプテンとしてベスト16にいき、次回大会までその地位に位置するとはその時は思わなかった。多分森岡自身が一番に。

2020/05/24(日)
森岡はすっかり影が薄いけど、もっと評価されていい選手。2002年の良いチームができたのは、森岡の功績も大きい。

2020/05/24(日) 
2002年の日本代表はまとまりがある素晴らしいチームだったな

チュニジア戦の試合終了のホイッスルのタイミングで 家の外から色んな歓声が聞こえてきたのが懐かしい

2020/05/24(日) 
懐かしいですね。
日本代表として初のベスト16入りを果たし、新しい歴史の扉を開いた年でもあった。
当時の代表のほうが今の代表より強いのでは!?ってたまに思います。

2020/05/24(日)
トルシエの人格や戦略に好みはあろと思うが、彼やオフト・オシム。
昔気質な体育教師的な人が、日本代表監督(日本人)に向いているとは思う。

2020/05/24(日) 
ベルギー戦を除く次戦以降、DF陣が話し合って、トルシエの意向を無視して宮本を余らせた通常の3バックに近い形に変更するんだよね。結果的に、残りの3試合はセットプレーからの1失点だけだった。
トルシエのサッカーは攻撃面では面白かった(サイドプレーヤーはおかず内→外、外→内のオーバーラップでスペースを突くコンセプトなど)が、フラット3は最後までリスクマネジメントに苦労してた印象

2020/05/24(日) 
やはりゴンや秋田が入って良かった面もある。森岡のメンタルが不調の時ベテランがカバーしてくれたりバランサーですね。

2020/05/24(日) 
トルコ戦は不完全燃焼だった。前線を西澤と三都主という初コンビをいきなり採用した時点で嫌な予感はした。結局、三都主は後半早々に鈴木と交代するが、腰に披露を抱えてた鈴木はほぼ何もできなかった。柳沢が首を痛め、鈴木も披露困憊、サプライズの中山は年齢的にスタミナやスピード面で先発は考えづらい。結局盲腸明けの西澤が初先発するわけだが、プレーの精度は今一つだった。三都主ではなくチームでコンビを組んでいる森島を相方として先発させていればまた結果は違ったかもしれない。チュニジア戦で得点を決めて調子も良かったし。ただ結果的に見ればFWのコンディションに泣かされ駒不足になった印象。
高原の病気が大きかったが、中山の代わりに落選した久保を小笠原の代わりに保険として選ぶ選択肢があっても良かったのかもしれない。

2020/05/24(日) 
結局このワールドカップは選手が「トルシエと通訳無視」を決行してのベスト16だった印象
予選リーグ突破しなきゃいけない中、選手が勝手しても上手くいってる状況でトルシエは余計なことが出来ないという心理を上手く利用したよなあと
結果ノルマ達成したトルシエはトルコ戦でやりたい放題して敗戦
森岡が数年後トルシエ(教科書)のことを「素敵なハッタリ」と評していたのは面白かった

2020/05/24(日)
いいか悪いかは別としてトルシエジャパンは刺激的だった

2020/05/24(日)
森岡が怪我さえしてなきゃベルギー戦の無駄な失点はなかった

2020/05/24(日)
あの怪我がなければ宮本のその後も随分と変わったモノに
なったかはわからない

2020/05/24(日)
次の試合の宮本は
大活躍した。

2020/05/24(日) 
写真とスタメンはイケメン多いな

2020/05/24(日)
黒髪が一人もいない…
みんな髪色気合い入り過ぎだろ笑

2020/05/24(日)
こんなに髪染めてる選手多いんだ!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ