20200523-43480445-gekisaka-000-1-view

スポンサード リンク




 約半年の時を経て、浦和レッズの日本代表DF橋岡大樹と中国代表DFジャン・ジーポンが和解した。中国『自由時報』が伝えている。

 ジャン・ジーポンは昨年12月に行われたE-1選手権の日本戦で物議を醸すラフプレーを犯した。同試合の前半31分、ロングボールをめぐって橋岡と競り合った際に、ジャンプしながら左の足裏で橋岡の後頭部付近をキック。一発退場でもおかしくなかったが、イエローカードにとどまった。一時ピッチに倒れ込んだ橋岡は、無事に起き上がってプレーを続行。試合は日本が2-1で制した。

 試合中からSNSなどでジャン・ジーポンに批判が集まっていた中、終了後の発言も火に油を注いだ。同選手はインタビューで「むしろ彼の頭が私の足に当たったんだ」とし、悪気はなかったと主張。ますます多くの怒りを買う結果となってしまった。

 それから約半年が経ち、中国のテレビ番組に出演したジャン・ジーポンは再び同シーンについて言及。「試合後のインタビューでの発言は悪いものだった。当時は映像を見ていなかったし、放送されたアングルから見るまでは、こんなにも危険で汚いプレーだとは思わなかった。インタビューに応じた時は少し感情的だった」と振り返り、橋岡に向けて正式に謝罪した。

「橋岡選手、こんにちは。中国代表のジャン・ジーポンです。あのプレーは本当に危険でした。あるまじき行為だったと思います。あなたが怪我をしなくて本当に良かったです。そうでなければ、非常に罪悪感を抱いて自分を責めていました。申し訳ありません。今後、またお会いする機会がありましたら、どうかご容赦ください」

 この謝罪映像に日本語の字幕が付けられて本人に届けられると、橋岡は20日に自身のツイッター(@hashiokadaiki)で「先日、ジャン・ジーポン選手が僕に対して謝罪をしてくれた件に関してです」として返事をつづった。

「ジャン・ジーポン選手へ。僕に対しての謝罪の動画を見ました。あの時の映像を見ると、確かに危ないなと思うプレーであり今後はあってはいけないと思います。でも、国を代表して戦う、という必死さがあのプレーを起こしたのだと思いますので、気にする必要はありません。謝罪までしてくれるその気持があるという事は、故意ではないという事もわかります。また国の代表として、ピッチの上で再会できるように僕も頑張ります。その時を楽しみにしています」

 中国『自由時報』など現地の複数メディアも「橋岡がジャン・ジーポンの謝罪を受け入れた」として浦和DFのメッセージを紹介している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9f7ab4beb6b2b1b0a69935443c2b1b93ef2f808 

 

2020/05/23(土)
必死だったからラフプレーしてもいいとはならないよ。
審判は、こういうプレーにはレッドカードを出さなきゃダメ。

2020/05/23(土)
選手同士は、謝罪されれば受け入れるだろうし、必死だったのも理解出来るだろう。

問題は誰が見てもアウトな危険なプレーだったのに、イエローしか取らなかった審判の判定の方がだと思う。

2020/05/23(土) 
橋岡選手も内心では、いろいろと思うところがあるでしょうが
ここは大人の対応で事を静めたことは、賢明な対応だと思う
ここがどこかの国とは違い、日本人の素晴らしいところだと思う

2020/05/23(土)
中国も韓国も、スポーツとしてのモラルを全く理解していない。サッカーって大袈裟にこけたり審判に対してある程度アピールする文化があるのは分かるけど、暴力的なことが許されていることは全くない。
やはり、こういった行為にはしっかりとレッドを出して、個人やチームに対しての処罰を与えるべき。

2020/05/23(土)
橋岡もジーポン選手も共に国を代表して戦う以上橋岡選手の「あのプレーは仕方ない。」相手の気持ちを理解する姿神対応やね。ジーポン選手「もしケガしてたら自分自身を責めた」とにかく両選手がフェアプレーで和解したこと、良かったに尽きる。次対戦する時はお互い正々堂々国を代表し最高のパフォーマンスでプレーしてほしい

2020/05/23(土)
選手がお互い熱くなりすぎないように
試合後もわだかまりが残って争わないように
試合中にピッチでしっかりコントロールして
悪質な反則に罰を下すのは審判の仕事。
審判が無能なら試合は荒れる。
アジアの審判レベルの向上は必須!

2020/05/23(土)
>確かに危ないなと思うプレーであり今後はあってはいけないと思います。でも、国を代表して戦う、という必死さがあのプレーを起こしたのだと思いますので、気にする必要はありません。

俺はラフプレーをした中国の選手どうこうよりもレッドカードを出さなかった主審にものすごく怒りを感じる。アジアの主審って日本の選手が同じプレーしたら即刻レッドカードを出すのに日本がやられるといつもイエローカードどまりかカードすら出さないんだよな。胸糞悪くなるな。

2020/05/23(土)
あとで見返してみると確かに橋岡の方がディレイ気味に飛んでる上にやや死角だったから故意ではないというのは本当なんだろうさ。ちゃんと球にもいってたしな。

ただ山なりに足でいくプレーってのは意図せずとも危険プレーに成り得るって事を理解してほしい。

2020/05/23(土)
日本人も日本国も、何をされても怒らないってナメられてるよね。
これが逆の立場だったら、チャイナからの観光客や輸出が止められ、在チャイナの日本企業は暴徒に襲われていたかもしれない。
日本のマスコミは親中、親韓だからね。

2020/05/23(土)
中国人が〜こう言うやり方する時は、日本以外の韓国人やアジアののしつけ方をそのままやってくる感じなんだよね。
日本人は本当に〜こう言う序列の作り方、立場を変えれば「序列を下だとわからせ方」を平気でやってくる今で言う「マウンティング」だよね、この手の事に本当に鈍感。

2020/05/23(土)
中国はラフプレーを闘志あふれるプレーと勘違いしている。韓国はわかってやっている。
あの選手は驚異だ。ホールアンドアウェイで2度やられる可能性があるので、初戦で削ってやろう.が当たり前。

2020/05/23(土) 
まぁ、それでも10年前の中国代表と比べれば大きな進歩を遂げていると思う。むかしのアジアカップの時なんて、最悪だったしね。

2020/05/23(土)
こんな内容を送ってきたら表面上謝罪を受け入れるしかないだろ。次回中国と試合するようなことがあったら別の誰かがまた同じようなプレーをするよ。きっと。向こうだって本気で謝罪なんてしてないんじゃない?

2020/05/23(土)
橋岡選手も本心ではどうかわからないが、国も違うしもう対戦しないことを祈るね

試合後のジーポンのコメント、中国を表してるなぁ。ある意味感心する

2020/05/23(土)
日本を代表するアスリートである橋岡優輝選手の顔に泥を塗らないような対応で良かった。
橋岡大樹さん、ありがとう。

2020/05/23(土)
2度と日本戦には出ないでほしい。
ピッチで再会するのを前提にされても…

2020/05/23(土)
どんな理由があってもだ…

あのプレーはレッドカードだよ…

今回は無事でよかったけど…

2020/05/23(土) 
故意だとは思うけどな。火消しの謝罪。まあ謝罪してくれただけ良かったかな。

2020/05/23(土)
あれを自分で映像見るまで危険なプレーだと気付かないなら、サッカー辞めた方がいいよ。

2020/05/23(土)
この問題は選手のプレーではなく、審判のジャッジの問題
審判の謝罪が聴きたい

2020/05/23(土) 
許す許さんはどうでもいいけど

謝罪ってのは機会があったらするもんじゃなくて機会を作ってするもんだろ

2020/05/23(土)
少林寺拳法かと思ったよ
あのプレーは
橋岡大人だ

2020/05/23(土) 
代表に選ばれる様なプレイでは無いね!

2020/05/23(土) 
レットを出さなかった主審も謝罪するべき。

2020/05/23(土)
カンフーサッカーは今に始まった事では無いしね。

2020/05/23(土)
審判はちゃんと仕事して欲しい

2020/05/23(土)
日本人が怒っても1億人。中国相手に多数決に持ち込まれると弱い。
ここを考えなければならない。

2020/05/23(土)
本人が受け入れたんなら
他人がもう言う事はない

2020/05/23(土)
あれはレッドー!

2020/05/23(土)
形だけの謝罪をすればいいと思ってる奴らを簡単に許してはならない。これから先対戦する時も同じような言い訳をして、あわよくば怪我での交代退場を狙ってくるだろう。汚い中国らしい汚いサッカー。
あとは審判が買収等の利益供与を受けて、どちらかに偏った裁定が下されないようにしなければならない。中国韓国もだが、「中東の笛」なんてのも馬鹿みたい。そういうのもあるからアジアのサッカーは発展しないんだよ











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ