20200523-00894440-sportiva-000-1-view

スポンサード リンク




リーガに挑んだ日本人(6)

「ギリギリのところで戦っていないと、自分はダメなんです」

 リーガ・エスパニョーラ2部で、カステジョン、ヌマンシア、ラス・パルマスと3チームを渡り歩いた福田健二は当時、その信条を語っている。

「自分との対話ですよ。『できるよな?』『ああ、やってやる!』って。そう自分に言い聞かせることで、生きているという実感を得られるんです。しがらみ関係なく、誰とでも競争して。たとえばクロスに飛び込んでゴールしたら、お互いが通じ合って、そこから信頼が生まれて、自信もつく。そのとき、成長する感触がいいんですよ」

 福田は人生を懸け、スペインに渡り、大きな足跡を残している。

 1996年に習志野高校を卒業した福田は、名古屋グランパス、FC東京、ベガルタ仙台でプレーした後、パラグアイ1部の名門グアラニに移籍した。給料を20分の1にしても、新天地を求めている。パラグアイでは10得点を記録し、堂々のエースだった。その後、メキシコの強豪パチューカに移籍し、リベルタドーレス杯に出場。主戦場はパチューカ・ジュニアーズで2部だったが、12得点した。その活躍で、次はイラプアト(メキシコ)に引き抜かれ、10得点を挙げた。

「ゴールすることで自分の道を作る」

 その言葉どおり、2006年1月にはスペインの2部カステジョンへの移籍が決まった。パラグアイ時代の恩師の推薦を受けてで、南米経由の欧州移籍だ。

 ただ、その1年目は苦しんでいる。17試合2得点と振るわず、戦力外通告を受けた。スペイン国内での移籍先が決まらないまま、毎日12キロ走り、ジムに通い、粘り強く機会を待った。「お前の居場所はない」と言われても、へこたれていない。出稼ぎ外国人労働者たちがサッカーをしていれば、そこに混ぜてもらい、ゴールを決め続けた。

「パスをよこせ」

 死に物狂いの形相で叫び、もらえなければ相手ボールを奪い返し、そのままドリブルで蹴散らし、シュートを叩き込んだ。

 そんな日々のなか、福田は代理人から連絡を受け、同じ2部のヌマンシアのテストを受けられることになる。開幕直前、最後のチャンスだった。

「ケンジはカステジョンで対戦して、面白いFWだと思っていたよ」

 当時、ヌマンシアを指揮していたアンドニ・ゴイコエチェア監督は、そう証言している。ゴイコエチェアは現役時代、ディエゴ・マラドーナの足をタックルでへし折ったことで知られる猛将だ。

「ケンジは眉間にしわを寄せ、怒ったような顔でボールを追い、ゴールを狙う姿が印象的だった。ヌマンシアはFWの駒が足りなかったし、代理人を通じてテストに誘ったんだよ。カステジョンを戦力外になっていたが、そんなのは関係なかった。彼の闘争心はすさまじく、私が求めていたFWだったんだ」

 テストに合格した福田は、ヌマンシアの選手になった。

 福田は開幕から出場機会は限られ、しばらくゴールがないことで罵声を浴びていた。しかし、11月に古巣カステジョンを相手にゴールすると、状況は一変した。

「ゴールでこれだけ変わるんだな、と思うくらい変わりました。娘が幼稚園で『お前のパパ、ヒーローだな』って言われたらしい。それまで、『お前のパパ、点とれないな』とバカにされ、『幼稚園に行きたくない』って駄々をこねたことがあった。自分もスタジアムで罵声を浴びていましたが、一瞬でそれを変えられる。この瞬間は最高だなって」

 福田は着実にゴールを決めるようになって、エースとして1部昇格争いに貢献した。第27節のベシンダリオ戦では、左サイドからのクロスを得意のヘディングで叩き込み、4位にまで順位を押し上げている。

ヌマンシアはその後、力不足で失速を余儀なくされるのだが、福田のハイライトは第37節のラス・パルマス戦だろう。チームの不振に合わせ、福田も精彩を欠き、前節は先発を外されていた。

「ケンジ、お前は戦っていない」

 ゴイコエチェア監督に決めつけられたことに腹を立てた福田は、「次の試合、目の前でゴールしたら、監督にイホ・デ・プータ(スペインでは相手を侮辱する最大級のスラング)って叫びますから」と売り言葉に買い言葉で言った。

 そして後半44分、福田はリードされた展開で投入されている。体が自然に動いた。体の奥が燃え上がるようで、誰にも負ける気がしなかった。角度のないところから右足を振り抜き、ファーサイドに叩き込む。すかさずユニフォームを脱ぎ、上半身裸で「イホ・デ・プータ!」と叫びながら、監督に駆け寄った。さらにアディショナルタイム、今度は振り向きざまに決め、逆転で勝利をもたらしたのだ。

「2点取ったから、今回は許す。1点なら、許さなかったぞ」

ゴイコエチェア監督にそうたしなめられた。福田は笑顔で返している。人生をかけて戦う日々に痺れていた。

 福田は2006-07シーズン、10得点を記録している。

 次のシーズン、福田はラス・パルマスから熱烈なオファーを受け、移籍を決断した。1部昇格を目指し、最後まで戦った。しかしスタートの時点で、前シーズン終盤戦のケガがたたって調子が上がらず、15試合出場で3得点に終わっている。チームもかろうじて2部に残留した。

 福田はその後、スペインを去って、ギリシャのクラブに移籍している。故郷の愛媛FCでプレーした後、香港リーグに4シーズン在籍。2015-16シーズン、「最受球迷歡迎球星」(サポーター投票で1位)を受賞し、世界を駆け巡る戦いの幕を閉じた。

 リーガ2部とは言え、日本人選手で2けた得点という記録は、その後も破られていない。(つづく)

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fab5f5e7bb349af7a713d6841afcfee7ebf1834?page=1 

 

2020/05/23(土)
現在のリーガ2部には香川や岡崎がいるが、この2人は代表でも屈指の選手たちだった
それを10年以上も前に2部とはいえリーガで2桁はすごいな

> スペインでは相手を侮辱する最大級のスラング

これを言っても「2点取ったから」許してもらえるのは良い師弟関係やったんやろな
入団テストの話も監督側からしたみたいだし

2020/05/23(土) 
福田は中々壮絶な生い立ちだったと記憶している
端から見ればトップに上り詰めた訳じゃないと映るけど、世界を渡り歩いて充実したサッカー人生だったんじゃないかなと勝手に想像する

2020/05/23(土)
海外に渡る前から福田選手のポテンシャルは目を見張るものがありました。 なかなか思うようにスターダムには登れないなと思っていたところ、海外へ。 海外のチームでどうしてるのかなど、当時はニュースでもさほど扱いもなく気づいたら名前を聞かなくなっていた。 セレッソがJ2に落ちて対戦したことで愛媛にいることを知った。名前に怖さを感じたけど、結果はそんなにやったん違うかな。 トルシエジャパンの時、しっかり結果出してるイメージやったけども、選手の人生って儚く難しいもんやなとつくづく感じる選手のひとりかな。

2020/05/23(土)
海外・とかくヨーロッパでは今だ日本人(黄色人種)への差別が根強いと聞く。
そんな中でまさに結果で黙らせたのは最高にカッコいい。
精神面も非常にタフで本田や中田と近いものを感じ、関心させられる。
サッカーだけじゃないけど、やはりメンタルは何においても重要だ。

2020/05/23(土)
ジャーニーマンみたいな形に結果的にはなっていますが、名古屋時代から常に期待していました。

心と身体がマッチしたのがヌマンシア時代かな。

お疲れ様でした。

2020/05/23(土)
皆さんがここで書かれているドキュメンタリー番組って、確か情熱大陸じゃなかったかな。私も福田さんの回は観た事があって、子供の頃に母親を亡くしたとか仙台を退団した後は家族揃って世界を転戦しているとかはその番組で知りました。
名古屋でもFC東京でも爆発する時は凄かったけど、1年間で見るとそうでない方が多かったですね。因みに、いつだったか忘れましたが、味スタで行われたFC東京vs浦和レッズの試合で、Vゴール勝ちを決めたゴールを決めて上半身裸になった福田さんを現地味スタのゴール裏で見た事があります。

2020/05/23(土)
結局コレなのかな

ゴールを決めた選手に賛辞が足りてないんだろうな。だからFWが育たないのかも

例えだけど、優秀な経営者の報酬ってアメリカヨーロッパに比べると日本は少ないよね。全体に利益を分散させてる気がする。逆説的にチームプレーに徹するのが日本の強さとも言えるのかな。うーん痛し痒し

2020/05/23(土)
シドニー五輪の予選時は高原と共にエース候補だったけど、平瀬や吉原が活躍して埋もれてしまった感じかな。海外での活躍が映像でなかなか入って来なかったのは残念。

2020/05/23(土)
自分はこの方を詳しくは知りません。
多分ですが、記事を読んだ限りは日本人にはあまりいないタイプのFWでは
ないかと思います。

代表が全てではないですが、日本代表にも時には独力で局面を打開できる
ストライカーが現れてほしいですね。

2020/05/23(土)
当時なにかのドキュメンタリー番組で取り上げられてるのを見たことこがある。Jリーグと話題になる海外組しか知らなかった自分にとっては、福田さん含め多くの日本人選手が自分の知らないところで戦ってることを知れてすごい印象的だった。

2020/05/23(土)
海外の主要トップリーグはもちろんだが
2部や主要リーグじゃないトップリーグにいる日本人に
もっとスポットが当たれば良いのにとずっと思ってる。
Jを経由しない日本代表が居てもいいじゃん。

2020/05/23(土)
2部そこそこの選手の苦労話だが、こんなエピソードは他にも山ほどあるのだろうから、その屍の山の頂点に立つバルサやレアルの選手達は本当に凄いって事を改めて感じる

2020/05/23(土) 
自分の人生を自分で切り開く。
こういう生き方には、全面的にではないけど、ある種憧れるね。
ほとんどの人はできないと思うけど。

2020/05/23(土) 
名古屋時代からずっと応援していました
他の日本人選手がコミュニケーションがうまく行かずスペインを去ったのに対し
福田選手はパラグアイ時代から現地の選手の輪に入って言葉をわからないままでもコミュニケーションをとって会話を覚えていったのが大きかったようです
ラスパルマスでは怪我の影響で活躍できなかったのが残念
当時は「南アに一番近い日本人選手」だったんですけどね

2020/05/23(土)
味スタ、ピクシーのラストゲーム、そのピクシーから最高のパスを受けゴールを外した記憶。

2020/05/23(土)
福田健二出てくるなら安永聡太郎出さなきゃ。
海外強者系のJリーガーはまだまだいるよ。
廣山とか松原良香とかも出してあげたらいいよ。
若い子は知らないんじゃ無いの?

もう尾崎 加寿夫辺りのマニアック系から特集してあげるべきよ笑

2020/05/23(土)
確かその言葉90ワールドカップの決勝戦で、ブーイングを浴びた時に呟き続けた言葉だったよね?

2020/05/23(土)
凄いハングリー精神。
これ以上のハングリー精神を持つ日本人選手がいるだろうか。
日本代表でも見てみたかったな。

2020/05/23(土) 
あちこち転戦した選手の引退後ってどうなってるんだろう。代表候補でもないひとはスクールしつつ語学の方も教えてたな。

2020/05/23(土)
サッカーだけでなく人生の教訓や糧になる話ですね。もっと知りたい人物になりました。

2020/05/23(土)
このシリーズ、同じく2部でプレーしてた安永が飛ばされてるな。割と活躍してたんだが。

2020/05/23(土)
当時の代表に必要なものを持っていたFWだったきがする

2020/05/23(土)
バルサのアベヒロキはバルサで修行し、2部でいつもカスティーリャの中井と優勝争い出来るよう努力してる。

2020/05/23(土) 
心底サッカーが好きなんだろうな。ドイツ終わりの中田英寿に福田選手のようなサッカー熱があればどこまでいけただろう

2020/05/23(土)
廣川や福田みたいな選手が活躍する代表見たかったね

2020/05/23(土)
福ちゃん好きだったなー。
名古屋から移籍した時は寂しかったよ

2020/05/23(土)
安永、鈴木、あたりもか。
Jリーガーでも通用するリーグだよね。

2020/05/23(土)
福田は名古屋にいるときは代表候補止まりのイメージが強かったのですが、世界でこんなに闘って結果を出していたのですね。さっそく「福田健二」をウィキで検索してしまいました笑。

2020/05/23(土)
こんなに頑張ってたのにほとんど当時取り上げられてなかったな。誰それ?みたいな。

2020/05/23(土) 
Jより海外向きの選手だった











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ