20200517-00010000-nishinp-000-3-view

スポンサード リンク




 「川村、ストップ。ヨシは右、右!」

 「引け、引けぇ」「社長、行き過ぎるな。9を見て。ナーイス!」

 2019年5月、大阪市で初めて見た隻腕のゴールキーパー(GK)、枯れ気味のよく通る声が耳に残った。20歳以上も年上の選手にも気後れせず、シンプルに指示を出し続ける19歳。若さに似合わぬ「安定感」という言葉がしっくりきた。

 腕や脚の切断障害者がプレーする「アンプティサッカー」では、片腕の一部を切断、もしくは先天的に欠損している選手が、残った腕を駆使してGKを務める。片腕でのキャッチングが難しい分、パンチングとの使い分けが重要になる。

 上野浩太郎選手(20)=滋賀県甲良町=は、その選択が堅実だった。無理が利く場面では左腕で包み込むようにボールをつかむ。クロスや高めのシュートは拳で確実にはじく。

 1対1の場面でも自分の体に当てて防いだり、相手のミスを誘ったりする光景が繰り返された。ペナルティーエリアのギリギリ前に立って相手と駆け引きするなど、ポジション取りの良さも光る。

 アンプティサッカーの国内大会では、老若男女が同じピッチで戦うのが特徴だ。国内の競技人口は100人ほどで、年齢別での試合開催が難しい裏返しでもある。40代、50代も珍しくない中で、競技を始めて2度目の大会に臨んだ上野選手の安定感は群を抜いていた。右腕を失う直前まで、高校サッカーの強豪、綾羽(滋賀県草津市)でもまれたGKだったからだ。


サッカーのGK経験者は初めて
 
 彼以前のアンプティのGKにもサッカーの経験者は珍しくなかった。先天的に腕の一部を欠きながら高校サッカーの名門・鹿児島実業でプレーしたり、腕を切断する前に清水商業(静岡県)でフォワード(FW)として全国制覇を経験したりした選手もいる。ただ、通常のサッカーでみっちりGKを経験した上で、アンプティを始めたのは上野選手が初めてといえる。

 国内での歴史が10年ほどで、GKも含めた各ポジションのプレースタイルが確立途上の競技にとって、専門性を持った彼は待望の存在だ。なぜ競技の門をたたいたのか。安定感はどこから生まれたのか。

 上野選手は小学3年でサッカーを始めた時からGKだった。体験練習に行った少年団にはGKが不在。頼まれるままゴールを守った最初の試合で、勝利に貢献すること、称賛されることの喜びを体感した。中学ではフィールドプレーヤーも経験したが、GKへの思い入れは深かった。


相手の悔しがる姿が好き
 
 「1対1で相手を止めた時に、悔しがっている顔や様子を見るのがめっちゃ好きなんです。変わってるでしょ。自分のキックがライナーで前の味方にスパッと届いた時も、気持ちいいっす」

 高校サッカーで全国優勝経験のある野洲(滋賀県)や新鋭校の飯塚(福岡県)からも勧誘を受けた。進学した綾羽では近畿大会などで公式戦出場を果たしたものの、選手層の厚さや自身の負傷もあり、レギュラーにはあと一歩届かなかった。それでも、GKの基礎的な技術をたたき込まれただけでなく、サッカーに対する姿勢を身に付けた。


綾羽はボトムアップ型
 
 「綾羽のやり方は、選手が自分たちで考えるボトムアップ型。戦術もみんなで話し合って決める。ミーティングで何でも話しますし、発言しないといけない雰囲気でした。しゃべれるようになったことが、今も生きています」

 卒業後は県内のゴム製品工場に勤めながら、社会人チームでサッカーを続けるつもりだった。就職して1カ月もたたない2018年4月25日。工場内の機械の清掃中に利き腕の右腕を巻き込まれ、肘から先を失った。「機械を自分で止めて、腕を抜いたら先がなかった」という光景は、しばらく夢に繰り返し出て、うなされるほど、脳裏に焼き付いていたという。

 急性期の治療だけで3カ月の入院。その後も義手の製作や訓練のために入院や通院が続いた。「日常生活で困ること以上に、もうキーパーをできないことの方がショックでした」

 サッカーを諦めきれず、「選手として自信のない」フィールドプレーヤーでの復帰を社会人チームの監督と話し合っていた同年9月、病院で理学療法士から「アンプティ」の存在を初めて聞いた。「キーパーができる競技があるで」

 片腕で? 半信半疑のまま、ネットでルールや動画を調べた。残った腕や足も駆使してゴールを守る姿は想像以上の驚きだった。すぐに関西を拠点とするアンプティのチーム「関西セッチエストレーラス」関係者と連絡を取った。

 10月、チームの練習に初参加した。「ずっと入院生活で、体はまだ思うように動かなかったけれど、『もうできへん』と思っていたキーパーがまたやれた。とにかくうれしかった」。練習終わりに「来月大会があるんやけど、来れる?」と思いがけず聞かれた。


「タイミングが違う」「シュートが味方をすり抜ける」
 
 「出ます」と即答して臨んだ日本選手権。ほぼ、ぶっつけ本番の初試合だったが、サッカー経験を生かしチームに貢献できると思っていた。その自信は、強豪相手の複数失点や敗戦でへし折られた。

 「シュートを打たれるタイミングが、サッカーと違う」。フィールドプレーヤーは片脚しか使えず、両脚に比べてシュートの機会やコースが限られるため、トーキックやアウトサイドキックも駆使してゴールを狙う。

 「ドリブルから急にちょんと打たれたり、タイミングを外されてふわっと打たれたり、ボコボコにされました」。味方ディフェンダー(DF)も片脚のため、両脚があったら跳ね返されるコースのシュートが抜けてくる点も予想外だった。

 「大会が終わって1週間ぐらいずっと悔しくて」。負けず嫌いに火が付いた。シュートの速さやコースに応じて手と脚でのセービングを使い分ける判断力を磨いた。味方が受けやすいキックも追求した。


連係して止める
 
 最も力を入れたのは、10年近く培ったコーチング。片脚でどんな動きができるのか、直接聞いて確認した上で、サッカー経験のないチームメートに守備の基本的な動き、シュートのコースの切り方を教え続けた。「先輩たちは自分の声を信頼して動いてくれる。自分一人じゃなくて連係して止めるのが理想です」

 本腰を入れた組織的な守備は、大会ごとに着実に進歩した。19年11月の日本選手権では、指示の声が増えたのと反比例するように、相手にフリーでシュートを打たれる場面が減った。チームは無失点のまま、大会で初の決勝に進み、先制点を奪って日本一をつかみかけた。

 だが、上野選手が一度はシュートを止めた跳ね返りを蹴り込まれ、1-1でPK戦に屈した。個人として大会のベストGKに選ばれたが、優勝には届かなかった。「相手の前にはじかなければ、防げた失点だった」

 ただ、悔しさを味わった分、アンプティは心の中で確かな存在になりつつある。「高校までやってきたキーパーや『真剣勝負の世界』を一度は諦めたのに、アンプティにはどっちもあった。大会に行くたびに、めちゃくちゃテンションが上がる」


心配より応援の方が気持ちいい
 
 自身を見る目が変わったことも大きかった。「腕を切断して、友達やサッカーの先輩、会社の人たちからは心配されるばかりだったのに、競技を始めてからは『代表入れよ』『頑張って』と言われるようになった。やっぱり心配されるより、応援される方が気持ちいいですね」

 感染が広がる新型コロナウイルスは競技にも影を落とす。今年5月中旬に開かれるはずだった大阪市の国内大会は延期が決まり、中止の可能性もある。上野選手が所属するアンプティのチームや社会人サッカーの練習も中止となり、友人とボールを蹴ることすらできない日々が続いている。

 「試合のためにやってきたので、大会がなくなるのはショック」と口にしながらも、いつでも練習を再開できるように気持ちを整えている。アンプティで確かな目標があるからだ。

 「まずは何としてもチームで初優勝したい。チームで結果を残すことを通じて、サッカーでは縁のなかった日本代表にも入りたい。応援してくれる人たちに、目に見える形で頑張りを見せたいんです」

 チームの組織的な守備力を高めた20歳は、どうやって日本代表のゴールを固めてくれるのか。どんなキックで攻撃を組み立てていくのか。コロナ禍が少しでも早く終息に向かい、ピッチに彼の声が戻ることを心待ちにしている。(三重野諭)

 ◆アンプティサッカー アンプティ(amputee)は英語で「切断した人」を意味する。試合は1チーム7人で25分ハーフを戦い、交代は自由。フィールドの広さやゴールの大きさは少年サッカーとほぼ同じ。オフサイドはなく、故意につえでボールを触ると反則。米国人の切断障害者が1980年代に発案。負傷兵のリハビリの一環として広まり、現在は世界連盟に30カ国以上が加盟する。日本では2010年に競技が本格スタートし、全国で9チームが活動している。日本は10年からW杯に4大会連続で出場し、18年の10位が最高位(出場22カ国)。

西日本新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00010000-nishinp-socc&p=1 

 

2020/05/17(日)
これは会社が駄目やろ!つい先日まで学生ですよ。子供は経験や怖さを知らないから怪我するのに。この会社はもっと社員に愛情注ぐべき。

2020/05/17(日)
記事長いけど2ページ後半に切断してしまった経緯が書いてあるけど、ひと月も経たない新入社員がなんでこんな目に合うの?会社の監督超不足だろ、ありえへんわ。

2020/05/17(日)
この人は腕は失ってもスポーツに必要なメンタルは失わなかったって事だね。立派です。

2020/05/17(日)
工場側はきちんと責任を果たしてるんだろうか…

清掃業はきちんと電源落として、止まったのを確認する。
1人でやらさせていたんじゃないの?

2020/05/17(日)
1ヶ月で腕無くす事故?若い子預かって許されることか?まぁ会社側のその後の対応は分からんが、それでもスポーツを続ける姿勢に脱帽。スポーツ楽しんでイロイロ頑張れ!

2020/05/17(日)
就職一ヶ月で腕を失う、、気の毒すぎる、、企業の教育プログラムに問題があるのか、それとも本人の注意力の欠如か。まだ若いから希望が見つかって良かった。

2020/05/17(日)
野洲に誘われたってことは相当な実力者
そんな人でも難しいと感じたってことは似て非なるものなんだろう
違った世界見れてキーパーとしては楽しいだろうな

2020/05/17(日)
会社の労働安全衛生施策の欠如が優秀な人材の将来を奪ったんだな。

2020/05/17(日)
こいつカッコイイでしょ︎
自分のクラブチームの大事な
仲間なんで是非応援してください︎
実際に試合を観てみたい方は
日本アンプティサッカー協会のHPで
今後の情報をチェックしてみて
ください。
よろしくお願いします︎

2020/05/17(日) 
この記事の論点が違うが、他の方も仰るように会社がダメですね。
高卒新人は替えのきく道具にしか思ってない社会もダメ。

2020/05/17(日)
よっぽどゆっくり転がった来たり、一旦はたいてから片腕全体で捕らえる余裕があるときに飛んできたりしないと、シュートのキャッチングは難しそうですよね。
それでも、自分の経験をいかして、仲間に、時には先輩にも指示を出し、守りの要として戦っている姿勢は、映像は見ていませんが、この記事からは素晴らしい選手で、とても努力してきた方なんだろうと感じます!

心配されるより応援される方がいい、というのも「なるほど」と思わされました!
先天性なり、後天的に事故なりで障害をおったが、スポーツや勉学に励む方々の記事も時々見ますが、やはり多くの方が「不便だけど不幸ではない」という主旨の話をしています。
もちろん、大変なこともたくさんあると思うし、全員が「不幸ではない」とは思わず、不幸だ、辛いと感じている人もいると思います。
綺麗事かもしれないですが、みんなで支え合って生きていける世の中でありたいですね!

2020/05/17(日)
今どきここまで酷い災害出す会社ってどんな会社なん?
しかも1ヶ月の新卒に
普通の会社なら有り得ないでしょ
サッカー以前にそこが気になって仕方がない
怖すぎるわ

勝手な判断で作業させてたどころか作業標準すらなく「見て覚えろ」みたいな感じでまともな教育すらしてないんだろうな
改めて怖すぎる

どんな町工場だろうが他人の命預かっている以上安全最優先は会社の大小は関係ないだろ

2020/05/17(日)
このこは前向きに頑張ってるけど、本当に会社は一生補償しなければいけないと思う。
自分で機械を止めたって。
現場どうなってるんだと。

事故がなかったら切断することもなかったのに。
一生台無しになってしまって
可哀想すぎます。

2020/05/17(日)
シュートを両手で取れないのが厳しい。毎回弾くだけなんだろうね。でも頑張る姿は凄いと思う。

2020/05/17(日) 
本当に苦しんだと思う。でも、好きなものはやめられないよね。現実と向き合って未来に向かって進む強さ、頑張ってほしい。

2020/05/17(日)
昔はよくプレス工場で、指の欠損事故がたくさんあった。
今は安全装置など機械が改善されてきているが、まだまだこういう事故はなくならないんだなと感じさせられた。

2020/05/17(日)
素直な性格がこの人の人生の危機でも自らを助けたということか、おそらく落ち込んで二度と浮上できない人も多いだろう、、、。

他コメにあるように腕切断の原因となった会社の監督不足は当然で一生をもって支援してやってほしいとこではある。が、本人の前向きな姿勢だけはこれまで積み重ねて養ったもので、それはつまり困難すら乗り越える武器とは”素直”さなんだろう。

2020/05/17(日)
自分で機械を止めて腕を抜いた、、、
新人に誰もつかず作業させていたのかなぁ
安全面を考えるとありえないと思う。
投げやりにならず諦めずに良く頑張っていると思います。
これといった成績を残せなくても良いプレーが出来なくても貴方の頑張る姿を見て励みを得ている人は多いと思います。

2020/05/17(日) 
デフ・レパードのリック・アレンのことを思い出しました。

活躍しているジャンルも、片腕を失った経緯も違いますが、傍目には不可能と思われることを可能なことに変えていく前向きな姿勢には頭が下がります。

生活保護費を不正に受給して逮捕された輩の記事なんか目にすると、彼らの爪の垢でも煎じて飲めと思います。

2020/05/17(日) 
エンプティの理由が何かと読み進めたら、社会人1ヶ月での事故だなんて。

彼の親御さんなら、別の会社に就職させておけばと絶望することでしょう。

でも、彼が今もサッカーと共にあってよかった。

2020/05/17(日)
「心配されるよりも、応援される方が好き」それでいいんだと思う。本人も周囲も事故によって辛い思いをしたり、互いに気を使ってしまったと思うけど、フィールドに出ればそんなことも気にせず純粋にサッカーボールを追いかけ続けることができる。頑張れ!

2020/05/17(日)
コメントが事故の事に触れてるのばかりで、そもそもこれはアンプティサッカーとそして選手の活躍を書いた記事で、その為に切断の経緯書いてるだけだから詳しい事も書いてないし、それでガヤがワイワイ言っても仕方ないし、記事の意図と違う。
もしかしたら本当に100%本人が悪いような状況かもよ?
正義ぶってコメントしてるのか知らないけど全然正義じゃないし、ちゃんとアンプティサッカーの事についてコメントしましょうよ。

アンプティサッカーなんてものがあるのは知らなかったな。
人気なスポーツだからこそ、障害があっても出来るパラスポーツがあるのは良い事ですね。
パラスポーツでも面白いものが沢山あるので、オリンピックまでにどんどん盛り上がっていけばいいなと思います。

2020/05/17(日)
機械の清掃中にって…
安全装置は?なんで人が手を入れているときに動くの?

記事が伝えたかった事とは違うんだろうけど、
どうしてもそこが気になってしまって仕方がない。
なんなら死亡事故にならなくてよかったね・・・と思ってしまった。
希望に満ちている若者からひとつの可能性を奪ってしまう会社が日本には本当に多いなぁと残念な気持ちになる記事でした。

2020/05/17(日)
アンプティサッカーもこの子も応援したいし、腕切断になっても前向きに取り組んでるのは本当に素晴らしいと思う

ただ、記事の中にあった
GKも含めた各ポジションのプレースタイルが確立途上の競技にとって、専門性を持った彼は待望の存在だ。

ってのはちょっと引っかかった
待望って言われると、GK経験者が欠損してアンプティサッカーの世界に来てくれる事を待ち望んでるみたいに聞こえたから

2020/05/17(日)
会社に過失が100パーセントであっても、ちゃんと今の自分を受け入れて出来ることをやりぬこうとする姿勢は誰しもができることではなく、たんにサッカーが好きなだけではない。
この姿勢は万人が見習うべき姿勢だtろう。

2020/05/17(日)
サッカーに真剣に取り組む姿勢が素晴らしい。
是非、代表でプレーして活躍して欲しいです。
応援しています

2020/05/17(日)
色んな人が記載しているけれども入社して1か月も経過しない
新人に機械の清掃をひとりでやらせていたのか?
安全配慮義務違反だな。一体どこの違法な会社なんだ?
電源切りはしていなかったのか?危険極まりない会社だ。
気の毒にPTSDの恐怖だって残っているはずだよ。
補償はしているんだろうな?アンプティサッカーと言う
競技があって彼はアスリートに戻れてQOLも上がって良かった。
悔しいと思うけど目標に向かって精進して下さい。

2020/05/17(日)
種々言いたいことや思いはあると思いますが立ち直った彼の精神力は凄いと思います。機会があればアンプティサッカーを応援に行きたいと思います。

2020/05/17(日) 
内容よりも入社1ヶ月で利き腕を失った話の方が気になってしまった。ただ本人の強いメンタルあってこその今があるんだろうなとは思う。

2020/05/17(日)
職場での事故によって利き腕を失うという障害にもめげずサッカーを継続しようというメンタルの強さは素晴らしい。

今後の活躍に期待する。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ