20200517-05170092-sph-000-7-view

スポンサード リンク




 Jリーグの村井満チェアマンから「投げ銭」という言葉が発せられたのが、4月23日のこと。ウェブ上で行われた会見で「最近は『投げ銭』という、バーチャルの試合環境でもいいプレーに関して、お客様が支援できるようなデジタル上の環境が整っているようです。そうした新しいチャレンジに対しては、積極果敢にアイデアを出していこうとしています」と語った。

 あくまで検討の段階であり、例え話の1つとして提示されたに過ぎないが、鹿島が早速トライした。16日に行った約5時間のトークイベント「鹿ライブ」内で、投げ銭企画を実施した。

 同イベントは、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」内で行われ、Jリーグ公式YouTubeで配信された「93年第1ステージ第1節名古屋戦」、NHK BS1で放送された「01年チャンピオンシップ第2戦磐田戦」の中継時間に生配信された。

 プロの俳優は人を殺したことがなくても殺人者役を見事に演じるが、(おそらく)大根役者の自分はそうはいかない。正しい記事を迫真の書きっぷりでお届けするため、同アプリのWEB版を利用し、投げ銭にトライしてみた。

 ページ内の「サポートする」をクリックすると、すぐに金額入力欄へ。1人500円から最大9999万9999円までの範囲で選択できるようだ。決済はクレジットカード。情報を入力すると、「サポートありがとうございました!」と表示され、チームからのメッセージと、支援者特典のジーコ氏&小笠原満男氏のデジタルサイン入り限定フォトのダウンロードURLが提示された。「サポートする」のクリックからここまで、およそ2分で完了した。

 放送内ではいつでも「投げる」ことが可能だった。ジーコ氏のハットトリックに「投げる」こともできたし、磐田戦の中継中、GK曽ケ端準のチームを救うファインセーブを「キャッチだな」と突き放した小笠原満男氏のコメントに対して投げることもできた。

*  *  *

 公式戦で運用するためには、関係各所との調整が必要不可欠。ふがいない試合での「金返せ!」というサポーター感情は数倍にも膨らむ可能性がある。支援金の使用用途はあらかじめアナウンスした方がいいかもしれない。また、500円を投げたサポーターと9999万9999円を投げたサポーター、さらに言えば金銭的事情あるいはデジタルへの対応レベルで支援ができないサポーターに、上下関係が生じてはならない。

 一方、仮に試合での運用が無理だとしても、トークライブなどのファンイベントや選手の引退会見などへの展開は障壁が少ないはずだ。各所との調整がうまくいけばという成立条件こそあるが、コロナ禍で数億規模の減収が見込まれる各クラブを救う新たな収益構造の1つになり得るのではないだろうか。(記者コラム「〇日後に再開するJリーグ」担当・岡島 智哉)

報知新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-05170092-sph-socc 

 

2020/05/17(日)
まあYoutubeとかでは気に入った素人の配信者に対して視聴者がお金をポンポン投げることも当たり前になってきてるし、サッカー選手とかアスリートに対して投げ銭できる仕組みを作るのは大事だと思うよ。

2020/05/17(日)
開幕当初のJリーグの試合をフル動画で見る機会とかまずないから、それだけで「投げ銭」しそう。そこに当時の出場選手とか出演して、「この時こうだった」とかコメントするのは、かなりいい企画だと思うけどね
オンラインは発想力次第で魅力的なコンテンツがどんどん出来ると思う

2020/05/17(日)
こういうのはいろんな業界で広がってくだろうけど
金額的には限界があるから
個人ならまだしもチームレベルで収益の柱にはならないだろうし
他の金策も考えてく必要はあるけどね
金額を考えると投げ銭でクラブ運営が少しでも良くなる、ってことはないでしょうけど、何かしらポジティブな二次作用を期待したいですね。
コアなファンが好きなチームを直接に支えるのは良いこと。
どんどんやるべきだね。
ファンサービスも変わると思うよ。
俺はそう思てる。

2020/05/17(日)
少額だからあまり意味がないと否定する人もいますが、グッズの販売だって大した額じゃないになってしまう。特にJ2やJ3は大手スポンサーばかりのチームではないですしこういう試みはどんどんするべきかと。

2020/05/17(日)
状況判断で実試合を再開してしまったドイツよりは、何とかアイディアを出して存続させたい気持ちが分かる気がする。サッカー以外の様々なイベントでも採用出来る良い案だと思いました。
寄り集まってお祭り騒ぎをするのを楽しんでいる様なタイプのサポーターが多いと思ってるので、そういう人達にも受け入れてもらえるのかどうかはちょっと分からないですけど。

2020/05/17(日)
こういうのはいろんな業界で広がってくだろうけど
金額的には限界があるから
個人ならまだしもチームレベルで収益の柱にはならないだろうし
他の金策も考えてく必要はあるけどね

2020/05/17(日)
負け試合で「金返せ」はチケット代返せと同じなので、そこまで深く考えなくて良いと思う。
また、金額の大小でサポーターの上下関係なんて出来ないと思う。普段の試合に置き換えたら、一番良い席を買ったサポーターが一番上かと言われれば、確かに経営には貢献しているけどサポーターの上下関係には関係無いし。

2020/05/17(日)
良いプレーに対して選手個人に行うなら、モチベーションアップにはなるよね。契約更改の場での材料にもなるし、何に増して試合に出てナンボの意気込みが違ってくる。ハッスルプレー続発だよ。

2020/05/17(日)
チップ文化には否定的な日本人だけど、投げ銭は結構肯定的なんだな

アメリカのチップのように半ば義務のようなものではなく、自分の意志でやる分には問題ないだろう

2020/05/17(日)
一時的な盛り上がりはあったとしても、試合を行なっていない、千万単位の年俸の選手に対して、投げ銭を続ける人は続かないよ。
何でもネットとリモートで何とかなるみたいな話題づくりは破綻するし、サッカーみたいなスポーツで本当に感染が起きるのかについて、早く検証を進め少なくとも無観客での試合開催には早期にこぎつける努力をリーグはすべき。

2020/05/17(日) 
金額を考えると投げ銭でクラブ運営が少しでも良くなる、ってことはないでしょうけど、何かしらポジティブな二次作用を期待したいですね。

2020/05/17(日)
企画自体は良いような気もするが、お金を払ったのに試合に負けたとか
負の感情が起こらないようにしておきたい。トークイベントなど試合外
だけにしておいた方が良いと思う。

「世界一安全なリーグ」は守りたい。

2020/05/17(日)
話が逆なんですよ。投げ銭という行為が先にきてるからゲスくなる。そうじゃないんだ。価値あるものであれば人は金だすわ。オンライン配信を別な形で有料化してもよいしアーカイブをコンテンツ形式にし価値ある動画にしてもよい。コロナ関係なく価値あるものを作らないといけない。投げ銭はその後の手段の話。

2020/05/17(日)
すぐ否定、不安を口にする外野が多いですが今焼け野原から新しい芽を生み出す為に色々模索しましょう。サッカー好きとしても見守っていきます。

2020/05/17(日)
音楽や芸術分野でも様々な試みが登場するけどなかなか根付かないよね。システムが煩雑で、登録する前にその気持ちが冷めてしまうような使い勝手の悪いサービスが多いように思う

2020/05/17(日)
ストリート・ミュージシャンではなく、誇りあるスポーツマンなのですから、そんな見っともないことを考えないでください。無観客試合を放映してもらい、その放映権料でチームを維持していけば足りることです。

2020/05/17(日)
「これでいいや」っていうサポが増えたら、事業縮小は免れない。あくまで一時的な対応を考えないと業界全体がシュリンクしてしまうよ。

2020/05/17(日)
コアなファンが好きなチームを直接に支えるのは良いこと。
どんどんやるべきだね。
ファンサービスも変わると思うよ。

2020/05/17(日) 
下記で書いてる通り投げ銭ってどういうことかこの記者は勉強したほうがいい
プロのスポーツで投げ銭とは少し驚いてる

2020/05/17(日)
音と映像だけのコンテンツにはそろそろ飽きが・・

ただ受け手からのメッセージが金とは。なんとも現金な

2020/05/17(日)
寄付ととるか施しととるかはあなた次第。

2020/05/17(日)
投げ銭と聞いて、銭形平次とサッカーはどんな繋がりがあるのかと思った。

2020/05/17(日)
相撲で投げ銭したいと思う時が結構ある

2020/05/17(日)
問題は客自身の収入が減ってる事だな。

2020/05/17(日)
「投げ銭」じゃなく「おひねり」だわな。銭形平次じゃないんだから。

2020/05/17(日)
クラブを救えるほどの寄付は、この大不況では無理だね。

2020/05/17(日)
救えるかは知らないけど、足しにはなるだろう

2020/05/17(日)
スパチャ頼みかあ
だいぶ経営追い込まれてるのね

2020/05/17(日) 
プロのスポーツ選手として詐欺みたいなことは止めて下さい!

2020/05/17(日)
ちょっと違うでしょう。
なんかズレを感じる。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ