20200514-00010006-goal-000-1-view

スポンサード リンク




欧州ビッグクラブの21世紀のベスト11は?
 
欧州ビッグクラブの21世紀のベストイレブンは? 『Goal』では、新型コロナウイルス渦で世界中のフットボールが中断している中、ビッグクラブの21世紀ベストイレブンを選定。2001年以降の出場試合数とクラブ貢献度、個人パフォーマンスをベースに、『Goal Japanツイッターアカウント(@GoalJP_Official)』でのユーザーアンケート結果を加味したうえで、期間最高の11人を選出した。第11回はセリエAのユヴェントス編だ。


ゴールキーパー:ジャンルイジ・ブッフォン
在籍期間:2001年~2018年、2019年~現在

ユヴェントスだけでなく、フットボール史上でも最高の守護神の一人と評されるレジェンドだ。2001年にパルマから当時のGK史上最高額となる5230万ユーロでユヴェントス入りしたブッフォンは、18シーズンにわたってクラブに在籍し、歴代2位の公式戦667試合に出場。抜群の安定感を誇る守護神は、通算9度のセリエA優勝に貢献し、4度にわたってリーグベストイレブンに選出されている。惜しむらくは、そのキャリアでチャンピオンズリーグ(CL)の優勝を経験していないこと。引退時期については今年3月、「まだまだできる」と語っており、キャリアを終える前にビッグイヤーを掲げる姿を多くの人が期待している。


右サイドバック:リリアン・テュラム
在籍期間:2001年~2006年

シュテファン・リヒトシュタイナーは捨てがたいが、速さと強さを兼ね備えたフランス人DFを選出。1998年のフランス・ワールドカップでも大活躍したテュラムは、2001年にパルマの同僚であるブッフォンと共にユヴェントス入りした。レ・ブルーとは異なり本職のセンターバックと右サイドバックの双方でプレー。恵まれた身体能力を活かし、圧倒的な対人能力を発揮し続けた。ユヴェントスで通算204試合に出場し、バルセロナ移籍後の2008年に引退している。


センターバック:ファビオ・カンナヴァーロ
在籍期間:2004年~2006年、2009年~2010年

貢献度で言えばレオナルド・ボヌッチだが、ユーザーアンケートでトップの数字を叩き出したように、このイタリア屈指のセンターバックが与えたインパクトは大きかった。2004年にインテルからユーヴェ入りすると、テュラム、ブッフォンというパルマ時代の戦友と共に鉄壁の守備ラインを形成。のちにカルチョーポリでスクデット剥奪となるものの、個人としてはハイパフォーマンスを披露し続けた。2006年にはワールドカップでの活躍もあり、DFとして史上3人目となるバロンドールを受賞する快挙を成し遂げている。


センターバック:ジョルジョ・キエッリーニ
在籍期間:2005年~現在

ブッフォンと共に21世紀のユヴェントスを牽引し続けたファイター。出始めの左サイドバックからセンターバックとして出番を増やしていったレフティは、闘争心を前面に押し出したタイトかつソリッドな守備、試合を通して一切気を抜かない姿勢を貫き、サポーターに愛され続けてきた。ユヴェントスでは通算509試合に出場し、ブッフォンがパリ・サンジェルマンにわたった2018-19シーズンにはキャプテンに就任。現役中にトリノ大学の経営学修士を修得するなど、秀才としての一面も。


左サイドバック:ジャンルカ・ザンブロッタ
在籍期間:1999年~2006年

右利きながらも左サイドバックとして出色のパフォーマンスを披露したザンブロッタ。本職の右ウイングから、2002-03シーズンにマルチェロ・リッピ監督が左サイドバックにコンバートすると、これが大当たり。もともと定評のあった右足のクロスだけでなく、縦突破からの左足でのクロスもチームの武器になり、パヴェル・ネドヴェドと好連係を構築した。2006年にはカルチョ・スキャンダルでのクラブ降格に伴い、テュラムと共にバルセロナ入りしている。


アンカー:アンドレア・ピルロ
在籍期間:2011年~2015年

クラブ史上最高のフリー補強と言えるだろう。2000年代にミランで一時代を築いたピルロは、2011年に移籍金なしでユヴェントスと契約。加入当初は、選手としてのピークは過ぎたとみられており、補強に対して懐疑論も出ていた。しかし、稀代のレジスタは、このような声を一層するハイパフォーマンスを披露。初年度から、無敗での9シーズンぶりスクデットをクラブにもたらした。さらに、在籍した4シーズンすべてでリーグ優勝に導くなど、現在のユヴェントス黄金期の土台をつくった。


インサイドハーフ:クラウディオ・マルキージオ
在籍期間:2006年~2018年

ユヴェントス生え抜きのプリンチピーノ(王子)。中盤のあらゆるポジションをそつなくこなし、豊富な運動量と鋭いミドルシュート、パスセンス、最終ライン裏への飛び出しを武器とした。端正な甘いマスクとは裏腹に、そのプレーは激しく、常にチームのために全力を尽くした男は、通算389試合で37得点41アシストをマーク。25年を過ごした愛するクラブを2018年に離れ、ゼニトで海外初挑戦をしたのち、昨年10月に引退を発表している。


セントラルMF:ポール・ポグバ
在籍期間:2012年~2016年

2012年夏にマンチェスター・ユナイテッドからフリートランスファーでユヴェントス入りしたポグバは、ブッフォンやピルロら尊敬すべきレジェンドたちの訓示もあり、トップスターへの階段を駆け上がった。左インサイドハーフのポジションでオフェンス時に圧巻のスキルを見せつけ、在籍したすべてのシーズンでセリエA優勝に貢献。チームメートのサポートに支えられた面はあるものの、公式戦178試合の出場で記録した34ゴール40アシストという数字は見事で、キャリア最高の時を過ごした。


トップ下:パヴェル・ネドヴェド
在籍期間:2001年~2009年

チェコが生んだスーパースターであるネドヴェドは、1999-00シーズンにラツィオにスクデットをもたらした後、2001年にユーヴェ入り。左右の両足をそん色なく使いこなす万能MFは、破壊力抜群のミドルシュートと驚異のスタミナを誇り、4-4-2の左サイドハーフや4-3-1-2のトップ下として躍動した。2003年にはバロンドールを受賞。トレードマークの長髪をなびかさせて走り続ける男は献身性の塊であり、現代フットボール界であれば当時よりもさらに高く評価されているはずだ。


セカンドストライカー:アレッサンドロ・デル・ピエロ
在籍期間:1993年~2012年

ユヴェントス史上最高の選手と評されるビアンコ・ネロのバンディエラ。1993年のデビューからの出場試合数はクラブ史上最多の705試合で、積み上げた290ゴールも同じくナンバー1の数字だ。2006年には、カルチョ・スキャンダルでクラブが降格した中、真っ先に残留を表明。セリエBからセリエAのシーズン連続得点王という快挙を成し遂げ、復権を期するクラブにその身を捧げた。天才的なタッチでファンを魅了したファンタジスタは、ゴール前左斜め45度からのインスウィングシュートを十八番としており、日本でも「デル・ピエロ・ゾーン」として広く認知されている。


センターフォワード:ダビド・トレゼゲ
在籍期間:2000年~2010年

抜群のへディング技術とシュートテクニックを誇った元フランス代表FWは、2000年にモナコからユヴェントスに移籍。デル・ピエロと補完性抜群の強力2トップを形成し、その決定力を見せ続けた。在籍した10シーズンで公式戦320試合に出場し、171ゴールをマーク。セリエA得点王を獲得した2002年にはリーグ最優秀選手賞を受賞している。セリエB降格時もクラブを支え続けた一人でもある。


ベストイレブン布陣(4-3-1-2)
 
GK:ブッフォン
DF:テュラム、カンナヴァーロ、キエッリーニ、ザンブロッタ
MF:ピルロ、マルキジオ、ポグバ、ネドヴェド
FW:デル・ピエロ、トレゼゲ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00010006-goal-socc&p=1 

 

2020/05/14(木) 
各々の技術・闘争心、チームバランス、どれを取っても最高のメンバー!
他に入れたい人も沢山いるが納得のメンバーだと思う。
このメンバーでの試合が観てみたい!

2020/05/14(木)  
これはかなりバランスいいのでは?
前線は得点のバリュエーションも多く個も強い。
中盤の全員走れて強度が半端なく点も取れる。
ディフェンスは言わずもがな。ガチガチ。
リヒトシュタイナーはすごく入れたいが。

2020/05/14(木)  
この企画面白いですね。
あえて言うなら監督も選んで欲しかったです。
この企画で選ばれたチームでトーナメントみたいですね。個人的な予想ではユーベ、ミラン、チェルシーあたりが優勝しそう。
バルサやマドリーの前線はむっちゃ豪華だけど、試合になったら守備が良いチームが強そう。
それにしてもイタリア勢のDF陣って層が厚い。Wカップ4回優勝してるのも納得できる。

2020/05/14(木) 
うへー。まさにドリームチーム。
鋼より固いDFにピルロからのパスで全てが始まり、ネドベド、ポクバがミドルレンジからの強力なシュート。でもそのスペース潰そうとしすぎたらデルピとトレゼゲにボール出されて終わり。強すぎ。
でも全てを統率してるのはブッフォン。かっこいい。

2020/05/14(木)  
ユーべ、何時の時代も格好良い伊達男が多い、格好良いチームですよね。イタリアの貴婦人。個人的には、90年代ですが、ヴィアリ、ラバネッロ、ジダン、バッジョ、ダービッツ、フェラーラのチームに思い入れがあります。渋くて最高に格好良かったです。

2020/05/14(木)  
全く異論はありません。

ただ個人的には、在籍期間が短かったり他のチームでのイメージが強過ぎますが、ヴィエイラとエメルソンの両ボランチは控えでも良いので入れて下さい。右サイドMFにはカモラネージも入れて欲しいし、右SBにはリヒトシュタイナーも。

後、全然はデルピエロ・トレゼゲ・イブラの3人の誰でも。デルピエロの控えにディバラ入れて欲しいですね。

ってか、あげていったらキリがない(笑)

それにしても、当時とは言え、ブッフォンの移籍金が安い。それに、その頃から最近まで世界最高峰のGKってどんだけ長く活躍してんねん笑

2020/05/14(木) 
ネドヴェドの活躍が印象に残ってるな!
個人的には見た目のインパクトも含めてでダーヴィッツを入れてほしいな。

2020/05/14(木) 
ゼゲがちょっとだけ物足りないなあ。
ミドルシューターが大量にいるからポストプレーヤーが重宝するにしても、
ピルロのキラーパスに抜け出すっていう選手がいいな。
ここがポストも裏抜けも出来るC・ロナウドなら本当に最強だと思う。

2020/05/14(木) 
ユーベって個でももちろん凄いんだけど、
優れたユニットが本当多かったからこういう企画は本当悩ましいね
中盤はMVP揃えたいけど前線は五英雄がいいなぁとか
後ろはパルマトリオかBBCか…とか

2020/05/14(木) 
こういう企画だと前の方が人材余りやすいんだけど、後ろで人材余るのってイタリアっぽいよなー。

2020/05/14(木) 
両サイドをカモラネージとネドベド、ダブルボランチはピルロとマルキも個人的にはありかなと。やはり5人の英雄と生え抜きバンディエラは抜けないと思うんですよね。それでもMVPトリオとかディバラロナウド入れれないもどかしさが。笑

2020/05/14(木) 
ポグバとネドヴェド逆でも面白かもね。
ユーベ時代のポグバは今より全然運動量あったからな。

2020/05/14(木) 
完全に個人的な感情論で言えば、ポグバ外してビダル入れたい。
もしくはピルロとマルキジオ並べて、サイドにカモラネージ入れたい。

2020/05/14(木) 
剥奪されたとはいえ、0405のメンツやばすぎるんだよなぁ…まぁその後ピルロきてからの安定感も好きだけど

2020/05/14(木) 
全員好きな選手でたまらんわ

てかネドベドがいたときのユーベが一番面白かったな

ⅭⅬも決勝累積なければミラン倒せただろうに

2020/05/14(木) 
“ドリームチーム”には違いないが
“バンディエラ集結”は無理がある

2020/05/14(木) 
異論なしだけど、どうしてもピルロはミランのイメージが強いのは自分だけかな

2020/05/14(木) 
今のユーベは中盤から後ろが弱いよね
ロナウドっていう最高の点取り屋がいるけど活かせる選手がいない感じ。

2020/05/14(木) 
ジタンとダーヴィッツがいないと思ったら、21世紀以降か。
それなら異論なし!

2020/05/14(木) 
時期的にバッジョいないけど、オールタイムにしたら、バロンドール獲得選手、多いよね

2020/05/14(木)  
個人的にマルキージオかポグバの代わりに
ダービッツ、トレゼゲの代わりにイブラを入れたい。

ピルロに関しては在籍はしてたけど
ミランのイメージが強いよね。

2020/05/14(木) 
テュラムはセンターバックもスペシャルディフェンダーだったから、右サイドバックは、ヨナタンゼビナ選手でもよかったなぁ~!

2020/05/14(木) 
21世期だとそうなるか。ジダンやダビッツいないもんな。あとはカモラネージもしくはタッキナルディ入れたいとこですね。モンテーロやフェラーラ、ユリアーノはかぶってないのかな?DFラインはそれなら異論なしです。

2020/05/14(木) 
イブラは入らなかったか。
デル・ピエロからポジション奪ったけどインテルとミランをハシゴしたのが不人気の原因なのかな。まー人気でデル・ピエロにはまず勝てないから仕方ないっちゃ仕方ない。
トレゼゲとイブラの2トップは恐ろしかったな。レアルとCLで対戦したときのイブラクロス→トレゼゲのバイシクルは超ビューティフルゴールだった。

2020/05/14(木) 
この企画、やっぱり20世紀も入れてほしい。特に守備陣はスペインW杯優勝にも貢献したシレア、カブリーニ、ジェンティーレ、ゾフ・・かなり強力だったと思う。

2020/05/14(木) 
ジダンは?
と思ったが、2001年に移籍してるから、21世紀の貢献度が低いということか。

2020/05/14(木)  
どのポジションも抜け目無いし、各ポジションのワールドクラスが選出されてるし、この選出は誰も文句言わない。
後ろはガッチガチなのに、前もゴリゴリだから恐ろしいメンツ

2020/05/14(木) 
自分ならGKジジ、DFは右からD・アウベス、バルザーリ、モンテーロ、ザンブロッタ、MFはピルロ、ビダル、マルキジオ、パベル、FWはC・ロナウドとテベスかな。アウベスは1年しかいなかったけどクオリティーはずば抜けていたよ。

2020/05/14(木) 
文句なし。文句なしのメンバー、布陣だよ
でもここにジョヴィンコが割って入るはずだったんだ・・・
セバ・・・

2020/05/14(木) 
マルキージオ本当に好きな選手だけど、個人的にはビダルを推したい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ