20200513-00261632-soccermzw-000-2-view

スポンサード リンク




CL公式インスタグラムがバレンシア&ベンフィカ時代のプレー映像を公開
 
 南米の強豪アルゼンチンは、これまで隣国の宿敵ブラジルとともに数多くのスター選手を輩出してきた。英雄ディエゴ・マラドーナや“史上最高”とも称されるリオネル・メッシ(バルセロナ)など、卓越したテクニックを誇るアタッカーは枚挙に暇がない。そんなサッカー大国で1990年代後半から2000年代にかけて輝きを放った1人が、元アルゼンチン代表MFパブロ・アイマールだった。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式インスタグラムは、キャリア最高の時を過ごしたと言えるバレンシア時代とベンフィカ時代のアイマールが、同大会で見せた美技集の動画を公開。コメント欄では「一流の動き」「メガクラック」など、ファンからの反響を呼んでいる。

 母国の名門リーベル・プレートで頭角を現したアイマールは、2001年1月にバレンシアへ移籍。欧州初挑戦となったクラブに06年夏まで在籍した。当時のリーガ・エスパニョーラでは、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンや元ブラジル代表FWロナウドらを擁し、“銀河系軍団”の異名をとったレアル・マドリードが圧倒的な戦力で猛威を振るっていたが、それと時を同じくして黄金時代を迎えていたのがバレンシアだった。

 1998-99シーズンのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)優勝を果たしたチームは、翌1999-2000シーズンから2年連続でCL準優勝と欧州を席巻。さらにラファエル・ベニテス監督が就任した2001-02シーズンと03-04シーズンにはリーガ制覇を達成と、レアルとバルセロナの二大クラブが牛耳ってきたスペインで多くのファンを魅了した。

 そんな黄金期のチームで、アイマールは卓越したスキルで攻撃をコントロール。今回、CL公式インスタグラムが「メッシ&マラドーナ=パブロ・アイマールのファン」と綴って公開した動画でも、当時の華麗なプレーを堪能できる。身長170センチと小柄だったアイマールの真骨頂は、足もとにボールを収めた後のコントロールで、狭いスペースをものともせず、キレのあるドリブルや味方との連係で局面を打開していく。そのスタイルはベンフィカ時代も不変で、クラシカルな“10番タイプ”として輝きを放った。

 この動画は公開から約半日で再生回数が190万回を突破。コメント欄ではファンから「天才アイマール」「メッシのアイドル」「パブロのいたバレンシアは偉大なチームだった」「一流の動き」「メガクラック」などの称賛が寄せられている。かつてマラドーナから自身の後継者として認められ、少年時代のメッシも憧れたファンタジスタの美しいスキルは、今もファンを魅了し続けているようだ。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200513-00261632-soccermzw-socc 

 

2020/05/13(水)
クーペル監督のバレンシア、大好きでした。
メンディエタ、キリ、バラハ、アイマールの中盤はとても魅力的で後ろにはアジャラとカニサレスがいたし。

2020/05/13(水) 
正直アイマール大好き。プレースタイルという点ではメッシより好き。メッシのアイドルだったのは有名な話だよね。
あ、今気づいた。バイタルでのアイデアと崩しのスタイル、久保似てるんだ。ドリブルとステップはメッシに似てるけど爆発的なスピードはメッシに劣る分、目指すべきはアイマールかもしれない。メッシじゃなくてシルバとかの意見今一つしっくりこなかったけどアイマールだとしっくりくるわ。

2020/05/13(水)
物静かな人が多いコルドバ出身で誰からも好かれ、ボカの権化のようなマラドーナから絶賛されるリーベルプレーヤーは早々現れないだろう。

古典的なプレーメーカーというのは違和感がある。
必要であれば守ってはいたし、ボックスの攻撃的ポジションもこなしていたし、プレーエリアもリケルメより前だし。
実際ワールドユースの時はリケルメとも共存していた。

惜しむらくは前線にマカーイかディエゴ・トリスタンがいれば。
カリューとミスタがもっと安定して点を取ってくれていれば、アイマールの価値はもっと上がっていたはず。

キャリア終盤はベンフィカに行ったけど、正直あそこまで長くプレーするとは思わなかったし、何よりリスボンの地でハードワークに目覚めたのは意外だったし、感動すら覚えた。

2020/05/13(水)
私も好きだったなー、パブリート(当時こう呼ばれてましたよね)。ただ走っているよりドリブルしている方が速く感じてしまうぐらい華があるドリブルが印象的だった稀有な選手!

2020/05/13(水)
今はアルゼンチンU17監督率いていて、かなり情熱的。
敗戦後、ピッチ上で反省会を開くほど。
アイマールの意外な面だよね。これからが楽しみですね

2020/05/13(水)
アイマール!俺も好きだった!ウイイレでもよく使ってたな。怪我に泣かされ続けた選手だけどそれさえなきゃもっと活躍して、それこそバルサやレアルで活躍してもおかしくない選手だったな。

2020/05/13(水)
昔よくやったウイイレでアイマールをチームに必ず入れてたのを思いだした。

小柄ながら華麗なテクニックを持っていて良い選手だったなあ、、、

2020/05/13(水)
21番と言えばアイマールっていうくらい印象にある
バレンシアの21番はシルバ、アンドレ・ゴメスもつけてたし、トップ下の選手がつけて欲しい
今は違うけど

2020/05/13(水)
あのマラドーナが金払ってもスタジアムに観に行きたい唯一の選手と言ってたもんね。
メッシのデビュー前だけど。
いつ見ても美しいです。時間を操ってるもん

2020/05/13(水)
マラドーナ2世の量産世代。
アイマールもリケルメもサビオラも、みんな各々に特徴のある素晴らしい選手でしたね。

2020/05/13(水)
あの、カリューへのまた抜きスルーパスがアイマールの才能が凝縮されているプレー。

サッカーでの難易度は
また抜きパス>また抜きシュート>また抜きドリブル
になる。

何よりもアイマールのまた抜きパスは、非常に他の選手よりミスが少ない。
そこにアイマールの価値がある!

2020/05/13(水)
バレンシアに入ったとき、良い選手取ったなーって思った!そしてファンになったなー。
当時はキャプテンメンディエタだったな。

2020/05/13(水) 
ベニテスの時のバレンシアのサッカーは
魅力的でしたな。アイマール最高でしたな。

2020/05/13(水)
ワールドカップでリケルメ引っ込めてアイマールが交代要員で出た時は「贅沢やなあ」って思った

2020/05/13(水) 
観る機会は少なかったですが、アイマールさんとサビオラさんのコンビが好きでした。

2020/05/13(水)
アイマール、ロシツキ、前を向いてボール持つといつも何か起きそうな感じがしてワクワクしたなぁ。

2020/05/13(水)
めちゃくちゃ小顔でイケメンだったけど、やっぱ歳くってマラドーナみたいになってんのかな。

2020/05/13(水)
日韓はベロン不発で交代のアイマールも不発やったのが痛かった

2020/05/13(水)
ベニテス時代、リーガ制しましたもんね!
バレンシア時代のアイマール輝いていた。

2020/05/13(水) 
アイマールの言葉で一番好きなセリフ「負けから学べることなんて何一つない」
スキルだけじゃないとこがまた好き。

2020/05/13(水)
足引きずりながらクロスを上げてアシストしてたのを見て、漫画かよ!って思った

2020/05/13(水) 
クラシカルな10番?
どちらかといえばパジャッソはカカーとかに代表されるモダントップ下だと思うが?
クラシカルな10はリケルメだろ

2020/05/13(水)
アイマールも好きだけど個人的にダレッサンドロが好きったな!

2020/05/13(水) 
アイマールと本山が不運の天才で色々カブる

2020/05/13(水)
私はビジャレアルのリケルメ派でした。

2020/05/13(水) 
アイマールと同じ誕生日じゃねーかよ!って思ってたら全然違かったw

2020/05/13(水)
エルパヤッソだっけ?
好きだったなー。
真似してモレリアのベロ切ったわー

2020/05/13(水)
ビセンテ、ビジャ、アイマールのトリオとか最高だろ

2020/05/13(水)
何よりもイケメン











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ