20200505-00260297-soccermzw-000-1-view

スポンサード リンク




C大阪を率いるロティーナ監督、日本文化に言及 「他人に迷惑をかけず、何事にも敬意」

 J1セレッソ大阪を率いるスペインの智将ロティーナは今季で来日4年目を迎えているなか、世界中で蔓延する新型コロナウイルスの状況に触れて「人口1億2600万人の国で、500人の死者しかいない」と驚きを露わにしている。スペインメディア「Deia」が報じた。

 ロティーナ監督は2017年からJ2東京ヴェルディで2年間指揮を執り、自身初となるJ1での采配となった昨季はC大阪をリーグ5位に導いた。Jリーグで4シーズン目の今季は開幕戦後に新型コロナウイルスの影響でシーズンが中断している。

「街には行かず、カフェにも行っていない。スーパーマーケットだけは4日おきに行っている。1日約2時間、誰とも話さずに朝12キロ歩く。それ以降は家にいて、ビデオ会議などでクラブのスタッフやメンバーとやり取りしているよ」

 そう語るロティーナ監督は、世界中で拡大する新型コロナウイルスについて言及。母国スペインは人口4694万人のなか、感染者24万7000人、死亡者2万5200人と甚大な被害が及んでいる(worldometers集計/4日20時時点)。欧米に比べて感染拡大のペースを抑えている日本に関して、ロティーナ監督は「人口1億2600万人の国で死亡者500人という事実が示すように、日本のすべての習慣が直面している危機の克服に役立っている」と率直な思いを口にしている。

「日本に来て4年目になるが、他人に迷惑をかけず、何事にも敬意を払う文化を知っている。健康面で言えば、誰もが家にマスクを置いていて、男性も含めて手をきれいにするためのものを持ち歩いていたりする。誰かに紹介された時には、敬意を表して頭を下げ、握手をする人はそこまで多くはない」

 日本の文化を形作る複合的な要因が、新型コロナウイルスの対策につながっていると主張するロティーナ監督。先の見えない日々のなか、改めて異文化について思考を深めているようだ。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200505-00260297-soccermzw-socc 

 

1 2020/05/05(火)
握手のようにスキンシップをすることで相手に親しみを感じやすいということで政治家は出会った人とやたら握手をしたがるが、
本来日本人は引っ越し蕎麦の風習があるように、他人との濃厚な関係はあまり望まず「細く長く」の付き合いを理想としてきた。
スペイン人とはかなり違う感覚だろうね。

2020/05/05(火)
彼の指摘する事実を棚に上げて、危機的な
混乱のどさくさまぎれに、政治的社会的に
利用しようとする組織と個人がいる。
それに煽られ事実を見失う一般人がいる。
昨今、コロナよりもそちらの方が怖いと
感じる。

2020/05/05(火) 
マスクや握手しないとか靴を脱ぐとか色々習慣の違いも有るだろうが、東南アジアでの死者の少なさとか、医療環境としては良くないアフリカで爆発的感染が無い(アフリカの場合はまだわからない部分もあるが)ことなど見ると、欧州とは何かタイプが違うとか、やはり気温が関係するのか等考えてしまいます。

2020/05/05(火)
みんな日本のやり方に不満があるコメントばかりを見るが、死亡者数を500人に抑えられている点が一番世界中で評価されるべきだと思う。
PCR検査の数よりも、死亡者数が一番大事なのでは?
でもこれは医療従事者あってのもの。医療従事者には感謝しかない。
それなのに医療従事者への差別があるなんて、日本も落ちたものだなと思いました。

2020/05/05(火) 
対応が遅れているというが、死者に関していえば他の国よりは抑えられている。しかしその事よりも感染者数ばかりに注目されているのが事実。
海外ではおさえられているというが、死者をあれだけ出しているにも関わらず、日本より対応が良いと言われるのが不思議。

2020/05/05(火)
日本は中国や欧米と比べて対応が遅いとかわかったような顔して日本批判するマスコミやコメンテーターが数多くいるけど、ほとんどの国の人たちがこの監督と同じこと思っているはず。

欧州でコロナ対策がうまくいっていると言われているドイツにしても、死者6700人。8300万人の人口のドイツと1.3億人で死者500人の日本を比べても、いかに日本のやり方が正しいのか誰でもわかる。
しかも自粛であって、ロックダウンても、個人情報を政府が統括、監視して出した数字でもない。
もっと日本人であることにプライドと自信を持った方がいい。

2020/05/05(火)
・BCGの摂取
・手洗い
・マスク
・家に入る時に靴を脱ぐ
・スキンシップが少ない
・衛生環境が良い
・近い国で危機が生じたので個々は注意するのが早かった
・クラスター戦略
・重症者に絞る
・個人が健康で免疫が強い

可能性としては、この辺りの複合要素なのかな?

このうちの幾つかは素晴らしいことだが、幾つかは偶然の産物なこともあるだろう。
次回同じような対応をしていて、同じ結果になるという保証はない。

そして、まだ感染爆発もどうなるか分からない。
経済対策については必要な面もあるが、少なくとも「何気なく遊びに出る」「複数人で長時間買い物する」とかはまだ自粛すべきだと思う。

2020/05/05(火)
手を洗う、土足を嫌う、ハグしない、などは確かに西洋には無い文化でしょうね。
これでマスゴミがいなければもっといいのに。

2020/05/05(火)
日本人は、他人に迷惑をかけたくない気持ちが強いのは確か。
だから他人が、他人に迷惑をかけているのが気になるんだろう。
そういう人に容赦なく攻撃する人がいるけど、とても敬意を払っている態度じゃないよね。

10 2020/05/05(火) 
何事にも敬意を払わないのが報道機関にいるのが不満です。
でも基本的には封じ込める為の対応はしてはいるし、国民もほとんどの人はその為の行動をやってます。
もう少し日本人は誇りを持っても良いと思います。

11 2020/05/05(火)
日本のマスコミは、煽るだけ煽る。

監督もおっしゃてるが、外国や、日本に住んでる外国の方からすると、人口に対する死者数は少ない。

でも、マスコミは凄く騒ぐし、煽るし、時にはデマを流す。

マスコミは悪い方へ誘導しようとしてる時があって、見ていて嫌悪を感じる。
また、それをうのみにしてる人に寒気を感じる。

12 2020/05/05(火)
政府の努力は感じられないが個々人の配慮や免疫力やいろいろな要素でのラッキー、そして医療従事者の方々の努力でこれだけ死者数も抑えられていることよりも
批判、煽り、不満を国民の総意のように連日報道するマスコミと、煽られる層にガッカリする。

特に母親含めて主婦層はマスコミに踊らされて、経済を回すこと、付き合う方法を考えていかなければならないと何度伝えても話を理解してくれなかった。
本当にマスゴミとしか思えない。

13 2020/05/05(火)
知将と評価されるだけの事はあるね。
非常に冷静で客観的なコメントだと思う。
高く評価したい。

14 2020/05/05(火)
衛生的な環境が他国と比して維持されていることかな。環境面に加えて、手洗い・うがいといった習慣が定着していることも大きい。このことは海外生活をしてみるとよくわかる。

15 2020/05/05(火) 
マスク習慣は昔から清掃や花粉症等の対策での日本のトレンドグッズだ。今後も否が応でも世界の日常グッズとなるだろう。やはり日本と外国の違いは家の中外履きと上履きの履き替えの違いだ、医学的には因果関係は不明だが今後は世界も日本式の履き替え文化へ見直されるだろう。

16 2020/05/05(火) 
コロナの感染原因見ていくと握手やハグが少なく、手洗い、マスクの習慣がある日本は欧米諸国と比べると密接の機会が少ない。
ネットやニュースで騒がられる無法者も僅かな割合。
ワクチン開発が世界を立て直す唯一の方法。
医療従事者及び医薬品開発に日本の底力を見せて欲しい。

17 2020/05/05(火)
日本人にマスクをしている人が多い事を昔から欧米人は不思議がってましたね。確かに花粉症でもない人もマスクをし続けている人は何割かいましたけど、そんな気になる程ではありませんでした。
でもしてない側も気にならないというのがマスク着用が早めに広がった要因なのかも知れません。
欧米ではマスクをしている人がやたら気になるし自分もマスクをすることに他人からの視線を感じて抵抗があるって意見を以前に聞いたことがあります。

18 2020/05/05(火) 
ポイントは、BCG接種、鎖国化、監視体制にある。
現状、被害を抑えている国に共通しているのは、この三要素である。
日本は、鎖国化が遅れ、監視体制は今後もできない。
特に、3月に、欧米からの帰国者をほとんど検査もせず入国させてしまったのが3月後半からの急増の主な原因だと思われる。
この失策は痛く、当分自粛が必要になったが、BCGのおかげで欧米のようにはならなかった。
日本政府の対応は不十分だったが、運良くBCGに救われた。

19 2020/05/05(火)
この数字でいくとスペインは20人に1人は感染しているってこと?検査受けてなかったり、症状の出てない人もいるだろうからあらためて凄い数字
日本も放置してたらこういう状況になってたのかな

20 2020/05/05(火)
東アジア東南アジア全般でコロナの爪痕が比較的浅いこと、ロシアで今頃感染が急拡大していることを考え合わせると、ある一定の気温湿度がウイルス活発化の最も大きな要因だと思う。日本とスペインの生活習慣の違いもあるけど二次的要因だったかと?それから個人情報の監視が罰則によって義務づけられない日本では、クラスター対策と三密回避の呼び掛けは確かに理にかなって効果があったと思う。気候的に最も感染しやすかった2、3月期におけるクラスター対策によって、あたかも小まめに雑草を引っこ抜くように爆発の目が摘まれたと思う。(緊急事態宣言発令が遅いとずいぶん言われたけれども)冬期の2ヶ月急拡大を抑えたことで欧米とは一桁以上違う重症者、死者数で済んでる。治療薬という除草剤が無い状況下、限られた人的資源で小さな種までしらみ潰しにすることはできなかったとしても、結果的に日本の政策は評価できるのではないだろうか。

21 2020/05/05(火)
日本がコロナ被害が少ないのは、当の日本人すら分かっていない。PCR検査が少ないから被害が少ないという人がいるけど、コロナ罹患者の死亡率で見てもらいたい。

22 2020/05/05(火) 
他国が日本のやり方を非難しようと、結果が物語っている通りだ。
ただし、油断大敵。
ここで活動を活発化させれば元の木阿弥、感染爆発を引き起こす事になる。
このまま感染拡大を防ぎ続け、抗ウイルス薬やワクチンの開発に力を入れ、産業の国内回帰と経済再建に取り組むべきだろう。
今はまだ耐える時だ。

23 2020/05/05(火)
一種の神風(日本固有の強運)かなとも思えてくる。 菌の種類が違うのかなとも思えてくる。
単純に生活習慣や医療体制、保険制度の違いだけじゃないでしょ。 
日本政府と医療機関の対応は世界的に見て後手後手で危ないくらいで、
この状況なら万人単位で犠牲者が出てる筈なのにそうなっていないからなぁ。
 
全て陽性者を検査、発見しきれなくても、肺炎や高熱での死者数はゴマかせないでしょ。 
それが他国と比べて圧倒的に少ないんだから本当に不思議だ…

24 2020/05/05(火) 
握手をしない抱擁をしない家に入る際には靴を脱ぐ。

日本国の生活習慣は公衆衛生の面で考えた際には極めて合理的ですからね。

欧米諸国の自宅の室内に靴を履いたまま上がる文化は不衛生だと感じます。

25 2020/05/05(火) 
他国を引き合いに出しては何かにつけて自国を批判し、感染者数がどうだ、PCR検査がどうだと不満や不安を煽るだけの日本のマスコミ。
他国に比べ新型ウイルスによる死者数が少ない事を誉め海外に発信してくれる日本在住のスペイン人監督。

不埒な少数派はさておき、自粛を徹底している多くの方々にとっては後者の方が自身を肯定でき、励みになるのではないのでしょうか。

26 2020/05/05(火) 
湿度が関係あると思います。アジアは湿度が高いので、風邪なども寒くても暖かくても乾燥していると、まず喉や鼻にきます。日本も2月から5月は花粉飛散など、乾燥期に入ります。湿度が高いからウィルスも飛散しないのでは?かわりに、細菌やカビなどは注意が必要になるのかと思います。

27 2020/05/05(火) 
欧米より良い所も沢山あります。そして足りないところも沢山。お互いに歴史も文化も違うということに敬意を持てる人間でありたいです。今回のことで、どこと比べて勝っただの負けただの考える必要はありません。

28 2020/05/05(火) 
他国と違ってウイルスの型式も違うと思いますが。それよりもはっきりわかっていることは日本はもともと肺炎での死亡率が多いこと。それにともない自己免疫が備わってる可能性があること、ワクチンはありませんが病院での対応もしっかり整っていることが考えられます。

29 2020/05/05(火)
日本人の衛生的な生活習慣や、東洋人の体質、言われているBCG摂取である程度の免疫が 今の日本人にあるかもしれませんね。褒めて頂ける嬉しいのですが、外国の対応も謙虚に受け止める必要もありますよね。大昔は中国から近代は欧米から文化を取り入れて独自の日本文化を築いてきた歴史があります。
単に自国批判も良くないし、コロナ対応に限らず外国の事ももっと勉強すべきなんだという事だと思います。

30 2020/05/05(火) 
私が極めて個人的偏見で考える、日本がコロナ被害が少ない理由:

第1位 気候/これは東南アジアの少なさ、北米・欧州・ロシアなど高緯度地域の多さに関連。

第2位 医療システム&医療制度/ワクチン・特効薬抜きの対症療法の充実で、流行初期の死亡率の低さが際立った。医療従事者の皆さんの努力が凄まじい。逆に、金がないと病院で診てもらえない国では、死亡者の多さもだが、感染速度の速さが…

第3位 国民の文化・生活習慣・対人関係の違い/どの国が良く、どの国が良くないではなく、ことコロナ防疫との噛み合わせで、日本人は感染が控えめになったということだと思う。たまたまというか。しかし、人どうしのあるべき距離感の取り方という点で、今後諸外国から関心がある程度寄せられるものと思う。

考察中 人種の違い/有色人種ほど強いといわれているが、実際どうだろうか?

・・・・・・

圏外 国の対策











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ