1: 2020/05/05(火) 05:46:15.70
小学校時代は「けっこうデカかった」
現在はFC琉球でプレーする小野。プロキャリア23年目のスマイルだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

当サイトで好評を博した連載『黄金は色褪せない』。1999年のナイジェリア・ワールドユースで銀メダルに輝いた“黄金世代”のなかから、
小野伸二、遠藤保仁、小笠原満男、稲本潤一、本山雅志の5人に登場してもらい、その華麗なるキャリアの全容に迫ったインタビューシリーズだ。

ここではGW企画として、数多ある興味深いエピソードから厳選した秘話をお届けしよう。

第3弾となる今回は、日本サッカー界最大級の至宝、オノシンジのサイドストーリーだ。サッカーをはじめたキッカケから、自身のキャリアの礎となった“キヨショウ”での3年間を振り返る。

天才をして「これは付いていけない……」と言わしめたのは──。

―――――◆――――◆―――――

小野伸二がサッカーボールを蹴り始めたのは、「たぶん保育園の5歳くらい」だったという。

いろんなスポーツを遊びでやりながら、近所の友だちとボールを蹴っていた。次第にのめり込んでいくのだが、小学校3年までは特定のサッカーチームに属していなかった。

ある日、そんなシンジ少年に転機が訪れる。

たまたま家の前を通りかかった友だちが「これからサッカーのトレーニングに行くんだ」と言い、「じゃあ俺も付いていく」となり、
彼はグラウンドの片隅でひとりリフティングをしていたという。それがどんなレベルの代物だったかは分からない。それを見たコーチに「一緒にやらないか?」と声をかけられ、
サッカー選手としての第一歩を踏み出すことになるのだ。ちなみに小学校時代は「けっこうデカかった」。

天才少年はメキメキと頭角を現わし、13歳で初めてU-16日本代表に選ばれるなど、サッカー王国・静岡でも知られた存在となっていく。

幼少期のアイドルはディエゴ・マラドーナで、それはいまも変わらない。ボールキープしているときの佇まいが、どことなくアルゼンチン代表のレジェンドを彷彿させるのは、偶然ではないだろう。

「なんかね、ボール持った瞬間にワクワクするじゃないですか。いったいこのあと、なにをするんだろうって。小さい頃からずっと好きですね。いつか会えたらいいなと思ってます」

「一番サッカーを楽しんでた時期かもしれない。いま思えば、ね」

やがて中学を卒業し、“キヨショウ”こと名門・清水市立商業高校(現・清水桜が丘高校)の門を叩く。入部してまもなく、それまでのサッカー人生で味わったことのない衝撃を受けたという。

「小学校から中学校に上がったときって、それはそれでフィジカルの違いとか厳しさを感じたけど、それどころじゃなかった。
すぐに『これは付いていけないな』と思って、最初逃げ出しそうになりましたから。冗談じゃなく。
練習がハードすぎて、フィジカルが通じないうえに無茶苦茶スピードが速い。本当にどうにもならなかった」

全国区のタレントが集う強豪校で小野は、1年時からレギュラーを張った。インターハイや全日本ユースで優勝を飾り、最終学年はキャプテンとして最強メンバーを率いたが……。
高校選手権だけは一度も出場できなかった。シンジの七不思議のひとつだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/28b01947740294c9614e220e2dcaec00e7f13c47
5/5(火) 5:32配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/253/14000/13836/news_icon_l_13836_4.jpg
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/24702_ext_01_0.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/mt1newyork/imgs/c/9/c951e315.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=O6YTI7spQ8M



スポンサード リンク

3: 2020/05/05(火) 05:47:25.61
「もちろん悔しかったけど、自分はこれからプロになるし、そこで成功すれば忘れられるって考えてました。あの頃は。だけど、最近になって思うんですよ。
僕はいまでもサッカー選手でやってるけど、当時の仲間たちにとって選手権ってのは、やっぱり大事な存在だったんだなって。
あそこに行ってる行ってないで、その後の人生がもしかしたら変わっていたかもしれない。そう考えたら申し訳なかったなって思います」

いかにも小野らしい。だが、当時のチームメイトの誰ひとりとしてそうは考えていないだろう。わたしが知るかぎり、メンバーの多くはいまでも誇りに感じている。
小野伸二と同じ校庭で汗を流し、ボールを追い、そして涙を流したことを。

フットボーラーとしての礎を築いたキヨショウでの3年間は、かけがえのない日々だった。

「サッカーの厳しさを教わった3年間でしたね。仲間の大切さ、先輩後輩の信頼関係、チームとして一丸となって戦う姿勢。
毎日毎日、必死に食らいついて、とことん追い込んでました。でもいま思えば、高校の3年間とプロ1年目にかけてが、一番サッカーを楽しんでた時期かもしれない。いま思えば、ね」

5: 2020/05/05(火) 05:50:42.53
元祖サッカー界の腐ったミカン

22: 2020/05/05(火) 06:42:49.48
>>5
未だに小野が腐った蜜柑だったとか言ってる化石みたいな情弱がいるのか

孤立しがちな中田とストレッチやパス練習のペアを組んでたのは小野
中田の居残りシュート練習に最後まで付き合ってたのも小野
小野は控え組でもモチベーションを落とすことなく、アップのランニングでは常に先頭を走り、
紅白戦では控え組の中心として先発組をフルボッコにし、ミニゲーム大会では得点王になった
これだけやって小野が腐ってたと言うのなら一体何をどうすれば良かったの?

ちなみに、バス内でマリカーやってたとか日章旗にサイン書かなかったとかは真っ赤な嘘
宿舎では確かにマリカーやってたけどそれなら中田もマリカー組

30: 2020/05/05(火) 06:55:33.87
>>22
朝から必死のコピペw

じゃ腐ったミカン誰なの?
答えないよね

33: 2020/05/05(火) 07:00:17.98
>>30
「私が間違っていました。訂正して謝罪いたします。大変申し訳ありませんでした。」だろ?

34: 2020/05/05(火) 07:03:34.26
>>33
どう考えても小野と小笠原だろw

「小野は2度も骨折している」って名指しされてるくらいだし

信者がいくらコピペ張っても事実は変わらない

36: 2020/05/05(火) 07:05:32.10
>>34
2度も骨折している→腐ったミカンってどういう論理?
いつまで恥の上塗りを続けるつもり?

40: 2020/05/05(火) 07:10:39.73
>>36
ジーコが腐ったミカンと言って、該当するのが小野と小笠原
実際がどうとこ関係ない
ジーコがそう思ったのがすべて

41: 2020/05/05(火) 07:14:18.96
>>40
>ジーコが腐ったミカンと言って、該当するのが小野と小笠原

この論理の飛躍は何?笑
自分で書いてて頭悪いと思わないのかな?

結局小野小笠原が腐った蜜柑だったっていう明確なソースは無いじゃん
逆に小野が腐った蜜柑じゃなかったっていう証拠は上記のようにたくさんある
小笠原にしたってブラジル戦で使われてる時点でそれに該当しない

54: 2020/05/05(火) 07:33:22.23
>>22
中田が1人だけ別の宿舎ってのが嘘なんだよな
大体中田はマリカーについて何も言ってないんだわ

中村がマリカー批判したのは
移動中のバスの中でもマリカーをしていたことを批判したわけで
宿舎で楽しんでいたことを批判したわけでではない

マリカーだの誰と誰が仲が良いだのどうでもいいんだよ
そんなの些末なこと

6: 2020/05/05(火) 05:51:37.91
高校三年間で全く成長してないとアヤックスに切り捨てられた斧さん

10: 2020/05/05(火) 05:59:30.28
>>6
オマエな、悪意だけでものを言う習慣をつけたら碌なことにはならんぜ・・

88: 2020/05/05(火) 08:13:12.94
>>6
清商のハードな練習などなんの意味もなかったというねw

92: 2020/05/05(火) 08:21:34.31
>>6
これも捏造ね
まず小野がアヤックスからオファーを受けたのは高2の時
清商がオランダ遠征して現地でアヤックスと対戦したり逆にアヤックスが日本に来てSBSカップで対戦したりしたことでスカウトの目に止まった
中学時代はオランダと接点無い

7: 2020/05/05(火) 05:52:22.91
ワールドユースのメキシコ戦だかウルグアイ戦だかのヘディング2発が印象的だわ
ブラジルに勝った優勝候補メキシコに2-0完勝
ウルグアイ戦は2-1で勝利
決勝でスペイン相手に0-4完敗したんだよな

37: 2020/05/05(火) 07:07:22.60
>>7
シャビがいたな
でも審判があからさまな偏向判定でスペイン勝たせようとしてた、小野もスローイン持ち替えただけで2枚目イエローで決勝出てないしな
そしてその決勝の主審は日韓WCで伝説のポルトガル韓国判定をする

39: 2020/05/05(火) 07:09:46.64
>>7
メキシコマルケスいたり
ウルグアイはフォルラン
イングランドに倉内師匠がいた

8: 2020/05/05(火) 05:56:41.14
テクニックはあるけどサッカーってそれだけじゃないからなあ
スピード フィジカル スタミナ 献身性 メンタル 

テクニックある人間ばかり重宝する風潮いい加減やめた方がサッカー界にとっていいと思うけどな
どう考えも長友や大久保や中沢の方が俺にはいい選手に思えるけど

9: 2020/05/05(火) 05:57:57.02
大久保はテクニシャンだろ
もともと中盤の選手だし

11: 2020/05/05(火) 06:05:46.59
小野スレは伸びる
スーパープレーの動画が貼られ
クライフが批判した、いやそれ違う本当は絶賛したの応酬があり
中村や遠藤とどちらが優れてるかの議論が起こり
代表を強くしたか効果なかったかの言い合いになり
アヤックスのスカウトの話も出つつ
最終的には天才だけどやっぱ怪我がね、で1000に到達

12: 2020/05/05(火) 06:08:14.73
ではgifを
no title

no title

13: 2020/05/05(火) 06:11:04.32
no title

no title

14: 2020/05/05(火) 06:12:24.97
no title

no title

15: 2020/05/05(火) 06:12:51.58
地蔵か

16: 2020/05/05(火) 06:14:34.84

17: 2020/05/05(火) 06:18:56.37
ボール扱いは凄かったけど推進力全くなかったし前目じゃ無理だった

18: 2020/05/05(火) 06:26:22.97
>生年月日: 1979年9月27日 (年齢 40歳)
>ちなみに小学校時代は「けっこうデカかった」

早熟天才系は4,5.6月生まれが多いんだが
9月生まれって普通だな

100: 2020/05/05(火) 08:49:25.08
>>18
産まれ月による発育の差なんて
平均したら出るだけで個人で見ても大して意味ない

19: 2020/05/05(火) 06:28:46.91
50才超えたカズより出場時間が少ない小野
いつまで現役しがみついてんだよ

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588625175/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ