20200430-00010005-goal-000-1-view

スポンサード リンク




欧州ビッグクラブの21世紀のベストイレブンは?
 
欧州ビッグクラブの21世紀のベストイレブンは? 『Goal』では、新型コロナウイルス渦で世界中のフットボールが中断している中、ビッグクラブの21世紀ベストイレブンを選定。2001年以降の出場試合数とクラブ貢献度、個人パフォーマンスをベースに、『Goal Japanツイッターアカウント(@GoalJP_Official)』でのユーザーアンケート結果を加味したうえで、期間最高の11人を選出した。第5回はプレミアリーグのリヴァプール編だ。


ゴールキーパー:ホセ・マヌエル・レイナ
在籍期間:2005年~2013年

単純なゴールキーパーとしての能力で言えば現在の守護神であるGKアリソン・ベッカーがベストだが、貢献度の面では8シーズンにわたって守護神を務めたレイナに軍配が上がる。プレミアリーグでの285試合でクリーンシートの回数は134回。達成率にして約47%という驚異的な記録を保持している。至近距離からのシュートに対する素晴らしいレスポンスに加え、圧巻のパントキック技術を有し、攻撃の起点としても多くの良質なボールを供給した。


右サイドバック:トレント・アレクサンダー=アーノルド
在籍期間:2016年~現在

右サイドバックは、リヴァプールにとって長らく懸念のポジションであったが、下部組織から最高傑作が生まれた。6歳からユースに在籍してきたA=アーノルドは、2016年にデビューを果たすと、瞬く間にトップチームに定着。右サイドバックながらゲームメークできる戦術理解度とプレービジョンを有しており、その右足のクロスは精密機械のよう。2018-19シーズンにリーグ戦12アシストを叩き出すと、今季も既に同じアシスト数を記録。末恐ろしい21歳だ。


センターバック:ジェイミー・キャラガー
在籍期間:1996年~2013年

リヴァプールのセンターバックと言えばこの男だろう。リヴァプール一筋で17シーズンにわたって活躍し、出場試合数はスティーブン・ジェラードを上回るクラブ歴代2位の737試合を記録(1位はイアン・キャラハンの857試合)。2000年代前半には、サミ・ヒーピアと共に鉄壁のセンターバックラインを形成した。全盛期は機動力を活かしたカバーリング技術に定評があり、気迫を前面に押し出したプレーで精神的支柱としてもチームを支えた。


センターバック:フィルジル・ファン・ダイク
在籍期間:2018年~現在

このオランダ代表主将は、在籍わずか2年でもメンバーに選ばれるに値する存在感を見せている。7500万ポンドという高額移籍には懐疑的な見方もあったものの、今ではバーゲン価格だったとさえ言われている。抜群の身体能力と一対一の強さ、カバーリング、空中戦と穴がないことに加え、ビルドアップ技術も備える完全無欠のセンターバック。2018-19シーズンには、クラブの14年ぶり欧州制覇に大きく貢献し、DFながらUEFA年間最優秀選手に選ばれる快挙を達成した。


左サイドバック:ジョン・アルネ・リーセ
在籍期間:2001年~2008年

ノルウェーのレジェンドであるリーセは、2000年代のプレミアリーグを代表する左サイドバックの一人だ。キャノン砲のような強力な左足のキックと推進力ある突破を武器とし、左サイドバックだけでなく左サイドハーフとしても多くの試合でプレー。ときにはフリーキックなどプレースキックでもファンを魅了した。現レギュラーのアンドリュー・ロバートソンを抑えての選出だ。


アンカー:シャビ・アロンソ
在籍期間:2004年~2009年

当時はスペインの一線級の選手がプレミアリーグでプレーすることは多くなかったが、シャビ・アロンソは成功選手の先駆け的存在となった。当時のラファエル・ベニテス監督が引き入れた教え子は、ジェラードと共に中盤を制圧。プレミアリーグ随一のロングパスとフィード技術を誇り、圧巻の展開力でパスを散らし、当時のチームを操った。


セントラルMF:ジョーダン・ヘンダーソン
在籍期間:2011年~現在

2011年にサンダーランドから加入したヘンダーソンも、気づけばもう9シーズン目。有望な若手として加入してからなかなか期待に応えることができず、失敗の補強とさえ言われていた。しかし、根気強く改善を続けた男は、ジェラード引退後のチームの中で徐々に存在感を増し、今では欠かすことができない選手に成長。そしてついに昨季、誰もが認める主将としてビッグイヤーを掲げた。右インサイドハーフとして躍動した昨季から、今季はファビーニョ不在時にアンカーとしても出色のパフォーマンスを継続してきた。


セントラルMF:スティーブン・ジェラード
在籍期間:1998年~2015年

21世紀だけでなくクラブの歴史上のベストイレブンでも真っ先に名前が挙げられるべき選手だ。圧倒的なスケールを持った大型MFは、1998年のトップチームデビュー後、17シーズンにわたって活躍。鋭利なタックルでのボール奪取、強力かつ正確なキックとミドルシュート、勝負強さを兼ね備えた完璧なセントラルMFは、サポーターのアイドルとなった。惜しむらくは、そのキャリアの中でプレミアリーグの優勝メダルを受け取る機会に恵まれなかったことだ。


右ウイング: モハメド・サラー
在籍期間:2017年~現在

ローマで活躍したとはいえ、チェルシー時代に不遇をかこったサラーに対しては、本当に4200万ユーロの価値があるのか議論された。しかし、ユルゲン・クロップ監督の下、ファンに覚醒した姿を見せることに成功。2017-18シーズンにはプレミアリーグで32ゴールを記録して得点王のタイトルを獲得し、PFAとFWAの年間最優秀選手賞をダブル受賞する快挙を達成。それでもフロック視する声は存在したが、翌シーズンにも22ゴール、今季もここまで16ゴールをマークするなど、ウインガーながら素晴らしい得点力を発揮し続けている。


左ウイング:サディオ・マネ
在籍期間:2016年~現在

2006年から6シーズンにわたって不動の主力を務めたディルク・カイトも捨てがたいが、現最強チームのキーマンとも言えるサディオ・マネを選出。小気味よいドリブルと高いシュート精度、的確なプレー判断でトリデンテの一角を担う男については、カイトと同様に献身的な守備も高く評価されるべき。今季はここまで7試合で決勝弾をマークするなど、厳しい局面での勝負強さも際立っている。


センターフォワード:ルイス・スアレス
在籍期間:2011年~2014年

マイケル・オーウェン、フェルナンド・トーレス、そして現在のリヴァプールの重要人物であるロベルト・フィルミーノと、混戦となったストライカー枠。在籍は3シーズンだったが、インパクトで言えばスアレスに勝る選手はいないだろう。リヴァプールでは公式戦133試合に出場して82ゴール47アシストという素晴らしい成績を記録。そのゴールへの貪欲な姿勢は、プレミアリーグの多くのDFを恐怖に陥れた。


ベストイレブン布陣(4-3-3)
 
GK:レイナ 
 
DF:A=アーノルド、キャラガー、ファン・ダイク、リーセ 
 
MF:シャビ・アロンソ、ヘンダーソン、ジェラード 
 
FW:サラー、スアレス、S・マネ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010005-goal-socc&p=1 

 

1 2020/04/30(木)
他のクラブのベストイレブンも見たけど、このメンバーなら負ける気がしない。
しかしシャビ・アロンソはレアルでも入ってるし、バイエルンでもベストイレブンの器だと思うし、代えが効かないとはまさにこの事。

2020/04/30(木) 
納得のチョイス。
レイナかアリソンかで迷うのと、カイトを入れられないのが残念なくらいかな。

監督はもちろんクロップだね。

2020/04/30(木)
納得。出来ればマスチェラーノとかカイトとかも捨てがたいが厳しいな。

2020/04/30(木)
アロンソは正直レアル、バイエルンでも歴代ベスト11に入るからなぁ。パスはもちろんやねんけど守備も上手くてな。ピルロと比較されがちだったけど、守備能力では完全にアロンソ。

2020/04/30(木)
バランスもいいし、シーズン通して安定しそうな面子。
バランスを考えると、フィルミーノが適役かもしれないが、メッシにも適応しているスアレスなら攻撃は更に面白くエゲツないことになりそう。

2020/04/30(木)
スアレス、マネ、サラーの3トップとジェラードとヘンダーソンの2列目から飛び出しにアロンソの正確無比なロングパスが飛んでくるなんて絶対相手したくないやん

2020/04/30(木)
バランスの良い布陣そしてメンツ。どこにも負けそうにない。
悩ましいのはGKくらいでしょうか。レイナかアリソンで迷う…。マスケラーノやカイトもできれば入れたい。そしてミルナーも。

2020/04/30(木)
歴代最強にして欲しい、フットブレインでやっていたけど
このチームのロッカールームにはダルグリッシュとジェラードの
ユニフォームが常時飾っているとの事、この2人は特別な選手ということらしい。

2020/04/30(木)
カイト、マスチェラーノ、ルイス・ガルシア、トーレスとかサブに置いたら最高のチームだね。

10 2020/04/30(木) 
マスチェラーノ、カイト、トーレス、アッガーも捨て難い。
ヘンドは昨シーズンぐらいから評価急上昇したから嬉しいね。

11 2020/04/30(木)
強さ基準なのか、印象の基準なのかの違いだろうね。

単純に「強さ」のみでベスト11を選べば、
中盤以外は、ほぼ現在のチームのメンバーで埋まるだろう。

GK アリソン (レイナ)
DF アーノルド (キャラガー)
DF マティプ (シュクルテル)
DF ファン・ダイク (アッガー)
DF ロバートソン (リーセ)
MF マスチェラーノ (ファビーニョ)
MF シャビ・アロンソ (ヘンダーソン)
MF ジェラード (ミルナー)
FW マネ (コウチーニョ)
FW スアレス (フィルミーノ)
FW サラー (カイト)

12 2020/04/30(木)
サブはアリソン、ヒーピア、ロバートソン、マスチェラーノ、カイト、フィルミーノ、トーレスですかね?
ルイスガルシア、ジニ、ミルナーなどが入らないのはつらいですが…

13 2020/04/30(木)
選べないよ〜(涙)

納得のベストイレブンですが、ヒーピア、マイケル、トーレス、マスチェ、スタリッジも素晴らしい選手!

…選べない(涙)

14 2020/04/30(木)
これだけのメンツがいてもベンチにミルナーは欲しいな

15 2020/04/30(木)
こういった企画に珍しくバランスも取れている。異論なし。

16 2020/04/30(木)
個人的にベンチには、アリソン、ヒーピア、マスチェラーノ、ルイスガルシア、カイト、トーレスかな

17 2020/04/30(木)
カイトをスタメンで相手のスタミナ削りまくって相手の足が止まりだした後半から快速サラートーレスあたりを投入する贅沢鬼畜戦法でおなしゃす。

18 2020/04/30(木)
パスを出さないサラーにキレるスアレス、
アロンソのロングフィードで抜け出すマネ、
ジェラードのミドルシュートまで見えた

19 2020/04/30(木)
個々で考えれば、このイレブンに文句なし。
でも、サラーはフィルミーノがいないと今ほど点取れないだろうな。

20 2020/04/30(木)
トーレスとスアレスの2トップでもいいね。右にカイト、左マネで。
オーウェンは入らんやろ、結果は残したけどリバプールの公式からも見放されているし。

21 2020/04/30(木)
ヒーピア・アンショズのCBコンビも強かったよね。

22 2020/04/30(木)
さらに控えにカイトとフェルミーノがいるって考えると最強すぎる!!

23 2020/04/30(木)
Fトーレスやオーウェン、カイトが陰を潜めるくらいだから納得の前線だと思う。

24 2020/04/30(木)
この企画は21世紀になってCL優勝したクラブ限定か!?だとしたらあとチェルシー、インテルくらいか?ユーベは残念。

25 2020/04/30(木)
まぁ個人的にはスアレスとスターリッジのツートップでトップ下にコウチーニョがいいな。

26 2020/04/30(木)
中盤のロングパスおばけ感が半端じゃない

27 2020/04/30(木)
ルイスガルシアが個人的に好きだったなー
でも、納得のイレブン

28 2020/04/30(木)
これは納得いく面子
個人的にこの顔触れ以外なら
GKアリソン
SBジョンソン
CBヒーピア
CBアンショズ
SBロバートソン
DMFマスチェラーノ
DMFミルナー
OMFコウチーニョ
SMFカイト
SMFバベル
CFトーレス
かな

29 2020/04/30(木)
個人的にはキューウェルが好き

30 2020/04/30(木)
俺の中では、「リヴァプールと言えば、マイケル・オーウェン」だけど、そのオーウェンが入れないほどのレベルの強さってヤバすぎ・・・











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ