20200429-04280248-sph-000-4-view

スポンサード リンク




 新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦を中断しているJリーグが、6~8月再開時の日程シミュレーションを終えたことが28日、分かった。強化担当者らが出席したウェブ会議で各クラブに伝えた。6月第1週再開時には61試合分の日程を確保できる見通しで、7月第1週で53試合、8月第1週で44試合となった。J1クラブは、今季残された公式戦は最大52試合。再開が8月にずれ込むとリーグ戦を100%消化できない試算。リーグ戦の100%消化を目指すJリーグは1会場2試合の同日開催など特例措置を提案した。


 Jリーグが再開時の日程シミュレーションを一段落させ、各クラブに伝えた。まず12月5日の最終節を同20日とする方針を通達。そのうえで試算を出した。リーグ戦成立には総試合数の75%消化が必要で、7月第1週までに再開すれば、100%消化が可能。8月にずれ込めば現行の大会方式では完全消化は不可能になるが、リーグ戦不成立という最悪の事態は避けられる見通しが提示された。

 J1は2月下旬にリーグ戦1試合を消化し、中断に入った。残された公式戦(リーグ戦、アジア・チャンピオンズリーグ、ルヴァン杯、天皇杯)は、最も多いクラブで52試合。これに対して、週2試合の消化を前提に、6月再開時は61試合分、7月は53試合分、8月は44試合分の日程が確保できる見通し。試算には、通常では使用しない日本代表の試合を行う国際Aマッチウィークの活用も含まれた。

 J1は中断に入ってからすでに2か月が経過した。再開時期によらず、過密日程となることは避けられず、Jリーグは100%消化への具体策を示した。まずは1会場で2試合を行う“ダブルヘッダー開催”を認めるという。J1の試合前後にJ2、J3の試合を組み込む案だ。感染には地域差があり、会場確保が困難になったことを想定。支出抑制も見込める。

 同じ理由で、J1基準(スタジアム入場可能数1万5000人以上など)に満たない会場での試合と、同一カードの同一会場での連戦を認めることが伝えられた。村井満チェアマンは未曽有の事態で「この状況下では公平性は担保できない」とホームアンドアウェーによる総当たり方式にはこだわらず、リーグ戦の完全消化を最優先とする方針を打ち出している。すべてはこの考えに沿った施策となる。

 政府や自治体の情勢判断を待ち、専門家の意見を聞きながら、再開の時期を待つJリーグ。先行きは依然として不透明で、自らの判断で決められない状況が続くが、丁寧な計算の下で再開へ向けた準備は着々と進められている。

 ◆Jクラブの最大残り試合数(現行方式)

 ▼J1

 リーグ戦  33試合

 ルヴァン杯 12試合(ACL出場クラブは5試合)

 天皇杯   2試合(上位2チームが準決勝から参加)

 ACL   12試合(決勝進出の場合)

 (最多試合数・52試合)

 ▼J2

 リーグ戦  41試合

 ルヴァン杯 12試合

 ▼J3

 リーグ戦  38試合

 ◆年内の国際Aマッチウィーク すでに6月4日に予定されていたアジア2次予選・タジキスタン戦(ノエスタ)、同9日のキルギス戦(パナスタ)は延期が決定。その後は8月31日~9月8日、10月5~13日、11月9~17日が設定されている。
 
報知新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200429-04280248-sph-socc

 


河治良幸 スポーツジャーナリスト オーサー報告
開催時期を圧縮してリーグ戦を消化するとなれば当然、会場の問題が出てくるため、こういう試算を今からしておくことは大事だと思います。その一方で、より大事なのは選手なので、1試合5人交代が組み込まれるプランはあるものの、勤続疲労を回避させるための特別ルールを設ける必要もあるかもしれません。ベンチ入りメンバーの枠を増やすなどですね。逆に言えば特別指定選手や2種登録も含めて、若手が試合に出たりベンチでも試合に参加できるチャンスが増えるので、ポジティブに捉える要素もあると思います。なんにしても再開への準備期間など安全を第一に、少しでも早く開催の目処が立つことを願いたいです。

清水英斗 サッカーライター オーサー報告
これらの試合開催の特例のほか、欧州リーグの時期変更に伴う夏の移籍期間の拡大も検討されています。今はあらゆる特例を柔軟に考えなければならない状況です。

また、本日付のスポニチ記事では、リーグ再開後のスタジアム飲食、グッズ販売を自粛する方向で調整中と伝えられました。残念ですが、感染防止を考えるならやむを得ません。

しかし、自粛が長引けば、スタグルの飲食店は事業継続困難になります。たとえば無観客試合としても、Jリーグがテイクアウトやデリバリーの支援を行い、自宅でDAZN観戦しながらスタグルを食べ、グッズを身にまとうといった仕組みを提供できればいいと思います。
仮に観客を入れたとしても、今季は50%等の制限がかかるため、スタジアム観戦できないファンは多くなるでしょう。オンラインJ環境を整え、事業者もファンもできるだけ救われる方向を見出だせれば。
 
2020/04/30(木)
すごい
再開が遅れても遅れても
なんとかjリーグの為、チームの為、選手の為、 サッカーの為に対応しようとする姿勢
 
2020/04/30(木)
何とかしたいとの意気込みをすごく感じる。
選手も裏方もフロントも応援したくるね。
選手層の厚いチームが有利になるだろうから、降格なしってのも理解できる。
 
2020/04/30(木)
会場の使用料とかの軽減にも繋がるし個人的にはいいと思う。無観客のうちは会場の大小も関係ないし、その辺削っていかないと。
 
2020/04/30(木)
あくまで個人的な憶測だけどdazn とかその他のリーグスポンサー契約とかで、リーグが成立することが、スポンサー料支払いの条件になってるのかもね。例え無観客でも試合できればスポンサー料とか分配金が各クラブに入るから少しは経営の足しになるのかな。
 
2020/04/30(木)
未経験の事態、見通しが立たない中での
シュミレーションほどやっかいなことはない。
運営側の苦労は相当なものだろう。
早く正常な形に戻れれば良いんだけど。
 
2020/04/30(木)
スピード感や情報の可視化

あくまでも前提だとか可能性を含めた話だとファンがちゃんと受け止めるてことも大きいと思う。
 
2020/04/30(木)
FIFAが今年の代表戦、アンダーも含めて全部中止にしてくれると助かるんじゃない?

各国リーグ戦やカップ戦に集中できるから

ヨーロッパも19-20シーズンは打ち切りとかいろいろでてきてるけど20-21シーズンの前半は8月からは無理でももし10月に開幕できる感じなら過密日程にはなると思うけどリーグ、カップ戦に集中できるしね
 
2020/04/30(木)
村井チェアマンの判断には驚かされます。周りも優秀な人たちで溢れているのだと思います。
別にあそこと比較したいわけではないですが、見習って欲しいですね〜
 
2020/04/30(木)
ファンからしたら、協会の凄く気持ちを感じる姿勢で嬉しいです。選手やクラブ、運営側からしたら前代未聞で色々と大変な苦労があるかと思いますが、何としてでもファンの期待に応えようとしてくれるこの姿勢は素直に嬉しいです。
 
10 2020/04/30(木)
ファンは願望でやってほしい想いを溢れさせてるけど、無観客でも未だ難問だらけだろう。競輪だって中止になったし高校野球も不透明。夏のお祭りの中止発表等も出ている。
仮に開催するのであれば、感染者出さないありきよりは、感染者出ること想定した整備をしっかりしないとマズい。他県への移動も他業界より多いわけだからね。
 
11 2020/04/30(木)
サッカーや野球が再開すると、やっぱり気持ちが上がるし、世の中を明るい機運にしてくれると思います。そのために再開は必要!3.11の時もそうでしたもんね。

忘れてはいけないのが、Jリーグ各チームも一つの企業であるということ。
私、あるチームのマーケティングセミナーで、Jリーグのチームの収支表を見たことがあるのですが、某車会社がついている資金豊富といわれているチームであってもスポンサードの収入は3~4割、あとは、試合によるチケット収入、グッズ販売などが5割以上を占めていたのが印象的でした。逆に支出は、「仮押さえ」も含めたスタジアムの使用料と人件費、つまりは選手への給料。
試合がないと、やっぱり企業なのでつぶれてしまうので心配です。
 
12 2020/04/30(木)
思えば最初に政府の自粛の案内を受けて動いたのがJリーグだったしね。
当時はまだそんなに強い要請じゃなかったけど。
再開するメドをいくつも立ててそれが崩れるたびにまた新たに立てて。
執念を感じる。
やっぱり各クラブも試合をして収入得ないと経営的に大打撃だからね。
 
13 2020/04/30(木)
選手の交代枠5人も導入して欲しい。
過密日程になるなら必要だと思うし、交代枠があるなら体力温存しないで全力でいけるから試合もスピーディーになるし、控え選手も出場機会が増えるしいいことだらけ。
 
14 2020/04/30(木)
賛否あるし選手や関係者の方の健康や安全が第一だけど、無観客でも週末に張り合いあると違うよなあ。。
試合あってのスポンサーマネーだろうし、ただでさえ経営ギリギリなクラブもあるなかで何とか上手いやり方見い出せること期待します。
 
15 2020/04/30(木)
この先の展開を予測しながらいくつもの代替案を用意し、状況に適した柔軟な変更も検討準備しているようで凄く凄く頼もしい。

野球、サッカーと巨大なプロスポーツ産業がこうやってくれているとなると希望が持てる!

(政府も国全体に対してこういう対応が求められてるはずなのに……)
 
16 2020/04/30(木)
こういうのはハッキリ言って痛し痒しって話しかならないよな。
全日程を詰め込もうとすればどうしても過密日程にせざるを得ないがそれやると選手のコンディションを最優先には考えられなくなるから高パフォーマンスの試合を提供出来なくなるし怪我のリスクも高まる。
かと言って選手のコンディションの事ばかり考えて試合数減らすと収入源が無くなってそもそもチーム運営を維持出来なくなるし、それはそれで最終的には選手を苦しめる事になる。
難しいな、多分どっちを選んでも批判は出るだろうし大なり小なりの問題は発生すると思う。
 
17 2020/04/30(木) 
年間の公式戦試合数が最高で52試合。プロ野球の143試合プラスポストシーズンで150試合強よりもはるかに過酷だといえます。隔月で15日制の本場所に臨む大相撲の力士同様疲労蓄積による大怪我が心配ですね。
 
18 2020/04/30(木)
努力は素晴らしいが無理でしょうね。コロナの収束が全く見えない状況です。リーグ開催中に選手、スタッフ、その家族、一人コロナ感染したら状況によってはチーム全体が自宅隔離ですよ。スケジュールの調整とともに選手、スタッフをどう管理していくか。開催するなら相当の管理が必要でしょう。開催2週間前から選手スタッフを隔離、開催中は同メンバーで隔離生活を送りながら試合消化。もちろん自宅への帰宅、外出禁止。このくらいの管理が必要じゃないでしょうか。
 
19 2020/04/30(木)
無観客ならある意味スタジアムがどこか…というのがそこまで関係がなくなる。
(移動の問題があるにせよ)

近くにあるクラブ(例えば関西ならJ1…ガンバ、セレッソ、ヴィッセル J2…京都 J3…ガンバ、セレッソのU-23)がカテゴリー違いで時間をずらして同じスタジアムでやるのは大いにアリだと思う。
費用削減にもなるだろうし、中継に携わる人の人数も減らせる
(2試合やるのは大変ではあるだろうが)

あらゆる可能性を、言葉だけではなく本当に先手先手で考えているのは本当すごいと思う。
再開してスタジアムに行けるようになったら、村井チェアマンに感謝を伝えられるようにできたらいいなと思う。
 
20 2020/04/30(木)
場当たり的ではなく、本気で何とかしようという姿勢はすごい。ただこれも状況次第。何とか再開できるといいですが。
 
21 2020/04/30(木)
>リーグ戦の完全消化を最優先とする方針を打ち出している。すべてはこの考えに沿った施策となる。
こんな風にトップが明確に意思を伝えるのは、方向性が見えてとても良いですね。
J1の試合前後にJ2、J3の試合実施など考えもしなかったけど、実現すれば、地元チームの応援だけでなく、もう一試合観戦したいと思う。
移動も不要だし、今まで観戦しずらかったチームの試合が観れるのは楽しみだ。
本当に熟慮されていると感じます。
応援したくなります。
 
22 2020/04/30(木)
前々から言ってるけど、ACLは中止にする、場合によってはルヴァンの中止さえ視野に入れ、基本であるリーグ戦を100%消化してほしい、
開催が年を越えることだってアタマにいれて、札幌や秋田や山形や新潟など雪が想定される地域のクラブのホームゲームはなるべく夏場や秋口に開催するとかの「雪対策」もしてほしい。
 
23 2020/04/30(木)
前向きな意気込みは良いが、あくまでも理想。
利益のためで無く、サッカーや野球などは経済社会が完全復旧してからの開催で良いと思います。
現実は厳しいと思いますね。
 
24 2020/04/30(木)
雪国の問題もあるが、リーグ戦の消化が難しければ、秋春開催へ移行することも考えるべきでは?
秋春の初年度ということで、降格無しはそのままで、出てくる問題、課題を次年度に解決を図り21-22シーズンは降格ありに戻すというのはどうだろう。
 
25 2020/04/30(木)
同日開催なら選手は全員入れ替わるんだろう。そうしないと疲労と怪我が蓄積するし。
登録人数拡大しないとダメだろうけどそうしたところで選手の数にも限りはあるしどうするのか。
現実問題コロナは今年中には終息しないだろうから無観客で予定詰めずに出来なければもう開催は無理だと思うけど。
 
26 2020/04/30(木)
<同一カードの同一会場での連戦を認めることが伝えられた。村井満チェアマンは未曽有の事態で「この状況下では公平性は担保できない」とホームアンドアウェーによる総当たり方式にはこだわらず>

延期・中止になっていた多くのイベント・スポーツ大会が夏以降に全国のスタジアムで開催されるとしたら、開催会場の取り合いになって日程君も大忙しね~。翌月分以降の開催会場がはっきり決まらないままシーズン再開ってことにもなるかなー
 
27 2020/04/30(木)
気概は評価したいが、毎年のように台風、大雨、災害で中止や延期が生じているのだから、この案も順調に消化出来る可能性は低いと思う。放映権の問題で何としてもリーグ戦を成立させたいのは分かるが、今年に関しては中止を検討すべき
 
28 2020/04/30(木)
リーグ戦100%に拘ったら、色々な所で無理が生じる。特例で選手交替を5人にしたとしても、選手が壊れてしまう。

何月に再開出来るか全く分からないので、100%に拘らずに、状況の変化に応じて出来る限り多い%という柔軟な考えで想定しておいた方がいい気がする。

コロナウイルスの感染力の高さ、死に至る恐ろしさを考えれば、個人的に、今年は50%消化出来たらマシな方だと思っている
 
29 2020/04/30(木)
経営のためには試合数も消化しないといけないとは思うが選手の負担が問題だ。無理なスケジュールで選手が怪我でもしたら試合どころではなくなる。放映権契約がネックなのは分けるが、まずスポンサーとしっかり協議し必要に応じて契約を見直すことも考えrべきだ。
 
30 2020/04/30(木)
一日二試合行うとなれば二チーム必要とです。
各チームはルバンカップ用のチームはあるが、それでも半分はレギュラーで構成されている。
交代数と休憩時間がどうなるか?
選手層が厚いチームが有利になるでしょうね・・・・











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ