GettyImages-451176154




1: 2020/04/29(水) 22:59:58.56
強いはずだった。ただ、後になって思えば、それは思い込みでしかなかった。史上最強とも言われたザックジャパンは、たまったうみを抱えたまま集大成の14年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会を迎えた。1次リーグ初戦、コートジボワール戦(14年6月14日)で、そのうみは痛みを伴って噴出する。それは会場の記者席にまで伝わっていた。

日本は前半16分にMF本田のゴールで先制した。1点リードの後半14分。ザッケローニ監督はFW大久保を投入しようとした。交代を待つ、その時、コートジボワールもエースFWドログバを送り込もうとしていた。横目で見た同監督は、大久保がピッチに入るのに待ったをかけた。ベンチも選手も動揺した。

ドログバが入った2分後の後半18分48秒に同点、同20分28秒には勝ち越しを許す-。悪夢の100秒間。

その背景は、大久保の投入で突き放すか。それともMF香川に代えて今野を入れる、もしくは長友を1列前の左MFに上げることで中盤の守備を安定させるか。そんな迷いだった。守備的で16強入りした10年南アフリカ大会後の4年間、日本は美しいパス回しから攻撃をするポゼッションサッカーへと理想を追い求めていた。ドログバが入ることを察知した瞬間、ザックの脳裏をかすめたのは守り切ること。だが、理想を捨てる決心がつかなかった。

「交代でチームの動きを良くしようとしたが、試みは失敗に終わった。積極的に、攻撃的にプレーすべきだった。残念ながら通常のプレーができなかった」

大久保の投入は勝ち越されてから。手遅れだった。冷静さを失ったチームは、秩序さえ崩れた。最後は1度も試したことのない、DF吉田を前線に上げてのロングボールでの攻撃しか手がなかった。

史上最強は妄想だった。我々、番記者もそう思い込もうとしていただけにすぎなかった。前年の13年コンフェデレーションズ杯は3戦全敗。同年10月の東欧遠征もW杯出場権を逃したセルビア、ベラルーシに完敗。その頃、終盤に身長のあるFWハーフナーを入れてロングボールでの攻撃を試そうとした。しかし理想に執着するあまり、ロングボールを蹴らずにパス回しを続けていたこともあった。

逆サイドの速攻を警戒し、ザッケローニ監督はサイドチェンジを禁じていたが、選手からの要望で解禁されたのはW杯1年前のこと。対話を重視し、Jリーグ得点王のFW大久保をW杯にサプライズ選出した際も長谷部主将に相談したほど。選手に信頼され、人望も厚かったように思う。

ただ「いい人」で勝てるほど甘くはない。11年アジア杯で優勝。13年10月の東欧遠征で不穏な空気が流れても、その1カ月後にあった欧州遠征で10年W杯準優勝国オランダと2-2で引き分け、当時1年間無敗でFIFAランク5位のベルギーには3-2で勝った。

収穫と課題、光と影、希望と不安-。両面あっても収穫が課題の解決にふたをし、根拠のない光と希望が影と不安を打ち消していた。

理想を貫きW杯は1勝もできずに敗退。選手から漏れた言葉は印象的だった。

「やれるという自信が、いつしか慢心に変わっていた。それに、誰も気づいていなかった」

ザックジャパン最後の日。ブラジルの合宿地イトゥで最後の会見を終えた同監督を、番記者みんなで見送った。それほど、報道陣からも愛されていた。弱々しい後ろ姿、ふと振り返り、見せた悔しそうな表情。あの光景が、今でも忘れられない。【益子浩一】

[2020年4月29日12時0分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/soccer/japan/news/202004280000314_m.html?mode=all


スポンサード リンク

15: 2020/04/29(水) 23:08:11.03
>>1 誰も気づいていなかった
だって作家は皆カバだもん

69: 2020/04/29(水) 23:21:14.25
>>1
自分達のサッカーとか取られたら取返せば良いとか、香川がよくほざいていたな。
それがどれだけ難しい事か。

95: 2020/04/29(水) 23:26:27.04
>>1
誰が振り返ってるのかと思ったら、ニッカンの一記者さんの感想ね…

108: 2020/04/29(水) 23:30:44.44
>>1
大会前の調整で追い込み過ぎただけ

444: 2020/04/30(木) 01:15:19.90
>>1
今世界中のスポーツが止まってるから
記事ネタが無くて昔の事を引っ張り出してるのか
こないだから不毛やね
前向きになれる記事を書けばいいものを

574: 2020/04/30(木) 02:45:01.08
>>1
内田なんか危機感持った発言してただろ
シャルケのチームメイトに組み合わせ決まった時に日本に誰がいるんだ?
香川?ユナイテッドのベンチじゃないか
本田?ロシアだろw
長友?所詮SBだろ

こんなやり取りあったし勘違いしてたのは本田や香川や長友ぐらい

629: 2020/04/30(木) 03:35:43.90
>>1 戦犯は原博実強化部長

南ア大会で岡ちゃんが協会に指示されたスタイルを本番直前に捨てて
組織的な守備からのショートカウンターで結果を出したのに
帰りのバスで「こんなサッカーで勝ったとしてそれでいいのか?」などとほざき
それに感化されたホンダらができもしないポゼッションサッカーに執着するようになった
それがそもそもの敗因

670: 2020/04/30(木) 04:28:33.35
>>1
ブラジルW杯直前に岡田監督が
「親善試合でだけ調子のいい選手に気をつけろ」ってザックに忠告してたけど、ザックはピンと来てなかった

そのザッケローニがW杯後に、
「岡田の言ってた事が分かった。どうしてW杯という舞台で急に戦えなくなる選手がいるのだろう」って嘆いてたのは有名な話


名指しまではしてなかったけど、香川の事を指してたのは明白だった

723: 2020/04/30(木) 06:18:57.37
>>1
ブラジルW杯の実績が全て
最強でも何でもない
それなのに未だにしゃしゃり出てくるこのイタ公うぜぇ

727: 2020/04/30(木) 06:27:38.44
>>1
ザッケローニは無能

大会屈指の両サイドバック、日本歴代最強メンバーを率いての予選敗退
大会の台風の目になるポテンシャルは十分あったが、完全なる指揮官のタスクミス

752: 2020/04/30(木) 07:22:13.21
>>1
何の裏づけデータも無い素人の感想みたいな記事だな
ここの連中のほうがよっぽど説得力のある記事が書ける
サッカー記者ってこんな頭悪くても出来るのか

816: 2020/04/30(木) 08:59:22.75
>>1
マジレスすると開催国ってのも関係あって
日本は昔からサッカー伝統国が開催国の時って駄目なんだよ
南米とか欧州とかな
逆にアフリカだと結構ハッスルする
あれなんでだろう

2: 2020/04/29(水) 23:01:05.53
勝負は水物
ただそれだけ
ザックジャパンは普通に強かったよ

215: 2020/04/30(木) 00:06:43.37
>>2
弱いって
香川のサイドの守備じゃ崩壊する

468: 2020/04/30(木) 01:22:43.76
>>2
その通り
元々ブラジルに勝てる実力は持っていない

568: 2020/04/30(木) 02:30:31.18
>>2
あくまで普通レベルだったよな。
それなりに高度な事やろうとしてたし。

621: 2020/04/30(木) 03:29:10.42
>>2
お前は何度も同じ失敗を繰り返す

640: 2020/04/30(木) 03:48:11.82
>>2
長友とかにあれだけ好き勝手やらせてるチーム状況じゃ限界だったろ

651: 2020/04/30(木) 04:05:28.27
>>2
強い弱いは別としても夢はあったわ
必死に観てたもん

849: 2020/04/30(木) 09:55:46.94
>>2
まあ水物ってのはその通りだよ
岡田がベスト16いって名将扱い(まあJやってた頃時点で名将扱いだろうけど)
されたけど直前で変わった西野があっさりベスト16で並んだからな
しかもその時のメンバーなんて全く期待されてなかったのに
地力がそのまま結果に反映されるとは限らない水物要素もある

853: 2020/04/30(木) 10:06:28.92
>>849
にしのんはスカウティングされる前に本大会に入れたからな

3: 2020/04/29(水) 23:01:39.68
楽しいサッカー
応援したくなるサッカーをしてくれた

ありがとう

4: 2020/04/29(水) 23:02:11.50
今さらの記事

22: 2020/04/29(水) 23:09:27.45
>>4
今は仕方ない

369: 2020/04/30(木) 00:56:26.42
>>4
いま新しいスポーツの記事なんて書けるわけないじゃん

5: 2020/04/29(水) 23:02:22.36
ヘディング脳のせいで妄想するのか

6: 2020/04/29(水) 23:03:09.47
ブラジルはキャンプ地の失敗に尽きるだろ
実際調子いい時は歴代でも屈指に強かっただろアジアの競合相手でも苦戦することも少なかったし

20: 2020/04/29(水) 23:08:52.73
>>6
アジア予選ですらはじめの二戦以外は大苦戦だったじゃん
対策されたらアジア相手ですら通用しないサッカーだったし
コンフェデも普通に負けたし勘違いする要素は微塵もなかったが

24: 2020/04/29(水) 23:09:29.20
>>6
これ

スポンサー案件でどの会場からも遠く、気候も全然違う場所をキャンプ地にした
結果チームのコンディション最悪で直前の圧勝したザンビア戦とは別チームのようだった
試合結果は同じでもコンディション良ければ間違いなくもっと良い試合内容になってたよ

コンディション作りもプロの仕事、と言うが素人が環境作りしたからあの内容、あの結果だったと思う

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588168798/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ