20200414-00010000-nksportsg-000-1-view

スポンサード リンク




新型コロナウイルスが学校生活に暗い影を落とす。オリンピックイヤーを迎え、「スポーツの年」となるはずだった2020年の春、子どもたちは休校で行き場を失った。
3月半ば、首都圏のあるスポーツ広場へ足を運ぶと多くの小学生の姿があった。親子でサッカーをしていた男性は「遊び場難民であふれてます。平日の昼間はすごい」と笑った。
その広場の片隅。1人で黙々とサッカーの練習に励む高校生がいた。4月から3年生のコウタ(仮名)だった。通う学校は2月29日に早々と休校を決め、部活動も休止となった。そのため毎日のように、この広場に足を運んでいた。
「春休みにいくつか大学の練習に参加する予定でしたけど、それがなくなりました。大会も何もないし、進路も心配です」
寂しそうにつぶやいた。


通う高校の名前を聞けば、誰もが知るスポーツの名門校だ。近年はサッカー部もJリーガーを輩出するなど、着実に実績を残している。コウタは1年から試合に出場し、2年だった昨年は自らの活躍もあって全国大会に出場した。今年はエースFWとしての活躍が期待され、将来はプロ選手になることを思い描いている。
「4月の春休み明けに学校が始まるので、そこから部活は再開になります。1人だと練習するのにも限界があります。早く仲間とサッカーがしたいです」
そう話していたが、願いは届かなかった。ウイルスの感染拡大は広がり、4月に入るとすぐ、5月のゴールデンウイーク明けまで休校期間の延長が決まった。もちろんサッカー部の活動も白紙になった。
どういう思いで過ごしているのか? 広場に足を運ぶと、いつもと同じ場所にコウタがいた。

■1番大事な年に…
 
広場は閑散としていた。サッカーボールにちょこんと座り、ぼんやり遠くをながめていた。心ここにあらず。あいさつもそこそこに、言葉をかけた。
「再開の日を目指していたのに…、また延期となるとメンタルがやられて、しんどいです」
ぽつりとつぶやいた。昨年は1、2年生中心の若いチームで全国大会に出場した。今年にかける思いは格別だった。
「チャンスだったと思うし、自粛する前もチームは結構でき上がっていたし、それが一気にゼロになってしまったというか。何て言うんでしょ…」
パンデミックで世界中のスポーツイベントが軒並み延期、中止となり、誰もが長期戦を覚悟している。高校3年生、最後の夏となるインターハイも見えない。
「社会的にはウイルスが蔓延し、しょうがないですけど、その言葉で片付けられるのは嫌かな。この1年は人生の中で一番大事だと思っているし、自信もあったので…。悔しいです」
当たり前だった学校、そして部活がなくなってしまい、気持ちが沈む。そんな思いが痛いほど伝わった。
「部活のことを考えて生活しているから、なくなると本当に寂しいですね。12カ月ある中の1カ月がもう消え、高校3年の時間はどんどんなくなっていくので。再開したら全部楽しむというか。(学校生活は)当たり前じゃないなと思いながらやりたいと思います。もう戻れないので…。この時間を無駄にしないよう…。いろんなことに有効的に使いたいと思います」
必死に前を向こうとする言葉に、かえって苦しい胸の内が透けて見えた。

■あの光景を再び
 
コウタの両親も歯がゆさを隠せない。父は苦虫をかみつぶすように「本当に1日も早く早く正常に戻ってもらいたい。今までやってきたことが無駄になるのが悲しいし、この学年だけが救われないことになる」。
家で過ごす時間が一日の大半を占めるようになり、母はコウタの様子をつぶさに見ている。

「この1年を最初からやり直したい、なんて言います。私にできることはご飯をしっかり食べさせること。腐らず、前向きに気持ちを持つように、いつ始まってもいいように準備しようねと言っています」

母は最近、1人で昨年のある公式戦のビデオを見たという。強敵相手に2点のビハインドとなるが、コウタの鮮やかなミドルシュートが決まり、残り20分から3点を奪う大逆転勝利。仲間と歓喜する姿があった。その光景をあらためて見た時、涙がほおをつたった。
「また、あの時のような時間が戻ってくるのかな、なんて思いました…」

■オンライン自宅トレ
 
指導者はどういう思いなのか? コウタが通う高校へと向かった。春休み明けの始業日となるはずだった日、本来なら生徒の明るい声が響く校舎は静まり返っていた。今や“正装”となったマスク姿で先生たちは職員会議を行っていた。
校舎のエントランスには、数え切れないくらいのトロフィーが所狭しと飾られている。スポーツ名門校の矜恃にあふれる。しばらく待つとサッカー部の中山監督(仮名)が笑顔で現れた。教員歴30年を超えるベテラン。この4月からは3年の担任教諭でもある。
「本当に見えない敵とどんどん闘っていかなければいけない状況です。部員にはラインを使って自宅でできる体幹トレーニングのメニューを毎日配信しています。今は選手に体幹、ストレッチを重点的にやってもらっています。私からは外に行って走れとかボールを蹴れとか、言ってないです。それより命が大切です」
スポーツ名門校であるが、どこよりも早く部活動の休止を決断した。各部は3月の全国大会が中止となると、すぐに寮生を地元へと帰し、自宅待機させた。
「うちの学校は広範囲から通って来ます。電車を2本、3本と乗り継ぐと、どこにリスクがあるか分からない。部員に配信した連絡では、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいる選手や、お姉さんが妊娠して実家に戻っている家庭もあるだろうし、絶対に(家から)出るなと厳しく言いました。練習できないとかじゃないよ、と」

■部活のある日常
 
コウタに会ったことを伝えた。先行きが見えない不安や、「仕方なかったよね」で終わりにされそうなことへの悔しさ。やり場のない彼の思いを伝えた。
「アイツは負けず嫌いでね。頭も良くて学業の成績もいい。素直ですし」。そう話してから、部員たちの心情を慮(おもんぱか)り、言葉を続けた。
「選手たちも心配になって電話をかけてきます。選手に言うのは、日本全国どこの高校3年生も同じだから慌てることはないよ。いずれ終息するからその日に向けて今、本当にできることをしっかりやろうって。終息して活動が始まったら、こっちもいろいろ考えていくから安心してくれ、と」

九州にいた20代の頃、素人集団の中学サッカー部を持った。子どもたち目線で飛び込んだら、ノビノビとプレーする選手たちはどんどん成長した。「私は怖くない先生」と笑う中山監督は、常に部員に寄り添い、自主自立をうながす。「上から言われてサッカーやっても楽しくない」。原則原理は言うが、選手がそう思ってプレーしたのなら、それが仮に間違いであっても否定しない。
「これだけサッカーができないことなんて初めてだし、考えてもみなかった。想像ですけど…、彼らがグラウンドに戻ってきて、楽しそうにサッカーする姿をただ見るだけで、もううれしいんじゃないですかね」
マスク越しの表情が和らいだ。部活が当たり前だった中、その日常の大切さに気付かされる。そして未曽有の緊急事態を迎えた中、指導者が抱く熱い思いと優しさが心に染みた。大丈夫、この難局を乗り切ればスポーツは戻ってくる。心を一つに今やれることをやろう-。そんなメッセージと受け止めた。

■他者への想像力
 
あらためて思う、部活動での学びとは? 中山監督が説いたのは「縦のつながり、横のつながり」。社会の縮図ともいえる集団活動の中で、仲間への信頼と絆を強調するものだった。本筋であろう。その上で「他者への想像力」だと考える。
国内を見ても、感染被害の少ない地域では今なお、さまざまな部活動が行われていると聞く。ただ世界のパンデミック事情を鑑みれば「対岸の火事」ではない。例え周囲に火はなくとも、いつ煙が上がるか分からない。いったん炎上すると、社会システムを崩壊させてしまう人類にとっての大きな敵だ。「#家にいよう」運動が広がる中、今やるべきことは、ウイルスを終息させるための一致団結した行動である。
緊急事態下にあっては、部活動も「不要不急の外出」でしかない。1日も早くスポーツのある日常を取り戻すため、目先の活動より、心を一つに、感染を広げないための行動が求められる。それこそ他者への想像力であろう。
結局、コウタの高校が所属する地区のインターハイ予選は中止となった。その無念さは想像に難(かた)くない。だからこそ願う。みんなの部活、みんなの3年間。その3年目を失われたものにしないためにも、やるべきことはおのずと見えている。【佐藤隆志】

◆「#みんなの3年間」
 
あなたが抱く部活のイメージって? 令和の時代、学生・生徒を取り巻く環境も大きく変化しています。日刊スポーツ新聞社とYahoo!ニュースの連携企画記事「#みんなの3年間」では、さまざまな切り口から部活の実情や問題などに迫ります。夢を追う子どもたちや保護者、指導者など、部活を取り巻く人たちの背中を押すことができるようなコンテンツをお届けしたいと考えています。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00010000-nksportsg-socc&p=1



1 2020/04/14(火)
すでに社会人である私には1年程度なんの影響もないが、こういった狭間の世代の方たちは、それぞれの思いやそれまでそこを目指してがんばってきた人たちがたくさんいると思います。
どうか新型コロナが収束した際には、スポーツ大会、文化祭、運動会、修学旅行などの行事が行えることを願っています。
もう2020年はなかったことにしてもう一度来年、2020年をやり直す方向にできたらいいなぁ たくさん課題はあるのだろうけどそういう希望を彼らに与えてほしい。

2020/04/14(火) 
家で勉強はしておいた方が良いよ
部活は本当に残念だけども今までの努力は無駄ではないし、こんな悲しくてやるせない経験をした学生さん達はいまのお店世代よりも物事を考えられるようになるよ。なると思いたい。

今の一部の大人みたいに、それはダメだ、なんで金くれないんだ!なんでこうじゃないんだ!と批判や主張だけするのではなく
今キミに何が出来るか、何が出来る時間なのか
ゆっくり考えて欲しい。
人生についてもゆっくり親と話し合ったり、一人で本読んで考えてみたり、たまに勉強してみて
でもやる気にならなかったり、
そんな自分を見つめ直してみる人生の良い時間だと思います。
今の時を良いものにするのか、良くないものにするのかは、自分次第だよ。
頑張ろう。

2020/04/14(火)
文科省、高体連、高野連、高文連
インターハイに出る生徒だけじゃないんです。
技術のレベルの差はあるかもしれないけど、地区大会に出るチームだって同じ。ここでスポーツに区切りをつける子ども達が多いんです。だからこそ今年に限り救済措置を。もちろん、この状況が収まらなければまずいことはわかっています。収まったら、時期は遅くなるかもしれないけど、頑張っている子ども達にきちんとした機会を作ってあげて下さい。全ての子ども達に作ってあげて下さい。協力してくれる人はたくさんいるはずです。
よろしくお願いします。

2020/04/14(火)
うちの子も、競技は違えどスポーツに打ち込む高校3年生です。
高校にも、スポーツで推薦していただいて入学しました。
インターハイに出ることを目標にしてきましたが、
半分あきらめ、半分あきらめきれず…

何もできない親としては、見ていて苦しいです。
コロナが憎い。
その一言です。

2020/04/14(火)
我が家の息子も小学校低学年からサッカーをはじめ、高校もサッカー推薦で遠方の学校に進みました。二年からレギュラーだったものの、けがに泣き今年最後の勝負の年でした。新人戦が最後の大会にならないことを心から祈っています。
同じような境遇の子供たちが沢山いると思うと胸が痛みます。オリンピックは延期できるけどこの子たちの時間は二度と戻りません。
そのような中で、県外までパチンコで遠征するどうしようもない大人たちを見ると虫唾が走ります。同じ時間を生きているとは到底思えません。一秒でも早くこの騒動が納まることを切に願います。

2020/04/14(火)
私もそう思ってます。

1-2ヶ月の休校では済まなそうだし、修学旅行なし、部活の引退試合なし、色んな行事なしで、通常年度より数ヶ月少ない登校で無理やり進級、卒業させるのはあまりに過酷だと思います。

簡単にいかないし、そんなの絶対に困る!という当事者、保護者色々出てくるとは思います。
今の時点でそんなこと考えないだろうけど、それでも3-4ヶ月この状態になれば、全員1年留年にした方が気持ち的にも楽かもしれない、と思います。先が見えないのだから。

来年の今頃どうなってるんだろう、とぼんやり考えます。

2020/04/14(火)
学生時代の一年は社会人の一年より重いです。
同じ一年でも意味が違うのは重々承知しています。早く治ることを祈るばかりです。

2020/04/14(火)
特に引退を控えた中学、高校の3年生は苦しいだろうなぁ・・・
消失感がハンパじゃないだろうな・・・
それに全てを注いでいた生徒も多いだろうし・・・
全ての部活やってる生徒が燃え尽きることなく終わってしまうことに悲しさしかないよ・・・
何か積み上げてきた物を出せる機会ってないかなぁ・・・
タイミングが後ろに行ってしまえば受験の準備もあるだろうし・・・

2020/04/14(火)
子供が3年生サッカー部の親です。いつ部活が再開してもいいように子供達は自主トレなど頑張ってしていましたが、大会、リーグ全てがなくなり、また休校、、今、子供達はとても気分が落ち込んでいます。どうか早くコロナが終息し、子供たちがフィールドを元気に走る姿が見れますように。。

10 2020/04/14(火)
この記事は本当に真剣に考えるべきです。
レベルや程度は違えども、今年の大会に賭けて何年も真剣に取り組んできた子供達は沢山います。
スポーツで進学していく人も多いです。

運動してこなかった人や、その世代ではない人は、簡単にこんな時期だからしょうがないじゃん。スポーツしてる場合じゃないでしょ。と簡単に言いますが、経済的損失なら後で取り戻せますが、若年層の時間は取り戻せません。

社会は未来を担う彼らの事をもう少しよく考えるべきです。
このような状況では自粛は仕方がないでしょう。
しかし、コロナが収拾した時にはしっかりフォローしてあげる事が大事だと思います。

11 2020/04/14(火) 
グローバル化を見据えて、日本全国の学校を一旦停止させ、9月から新年度を始めるってのはいかがでしょうか?
文科省の休校中のプリントや自主学習の内容で成績つけろ!ってのも無理でしょー
子供の1年は大人の1年とは違う訳で、やっぱり子供は休校で気持ちは緩みっぱなしだし。

12 2020/04/14(火)
現場の高校教師です。

大会無くして引退を余儀される3年生がいる可能性があります。
部活どころではないし、命が一番なのは承知していますが…インターハイは、本人とそれを応援する人にとって、大きな夢です。
日々奮闘している高校生がどれだけいて、どれだけ苦しい思いをしているかと思うと、やるせません。

この際、欧米諸国のように、新年度は9月から始めるとか、いっそのこと1年先送りにするとかできないものでしょうか?
学校が始まったとしても、校内に感染者が1人でも出れば学級閉鎖や臨時休校になるでしょうし、まともに教育を1年間できるとは思えません。

そんなことを考えながらも、どんな現実にも耐え、何かに希望を見出す力や、大切なものを守る覚悟は、この3年生が1番つけられる。こんな経験をしたからこそ、いろんな人の立場に立てて寄り添ってあげられる。
強く優しい大人に成長してもらう機会だとも、思っています。

13 2020/04/14(火) 
うちの高3の長男、中3の次男が共にサッカー部です。
次男は高校ではサッカーはやらないと言っているので、2人とも小学生の頃から続けてきたサッカー生活の最後の年を迎えています。
公立の弱小チームですが、熱意は私立の強豪校と同じ。
『やり切った』と感じて欲しいです。
一日でも早い終息を願っています。

14 2020/04/14(火)
彼らが日常を取り戻せるように、夢を諦めなくてもいいように
私はできる限りの自粛を務めます。
どうか一日も早く終息しますように。

私の息子も幼いころからバスケをしてきました。
彼のような優秀な人材ではないですし、将来はそれとは違う道を望んでいますがそれでも汗を流し涙を流し続けてきたものがなんの結果も出せずに終了するのはやり切れません。

15 2020/04/14(火)
>この1年は人生の中で一番大事だと思っているし

中3、高3、大4はホント大事な一年だからね。
コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態は確かに仕方ないし、受け止めなければ命も危ない。でも、今年できない事を来年すればいいという学年じゃないし、何か対策取らないと、受験にも影響してくる。

教育の現場は早くそこらをシフトチェンジしていかないと。
遠隔授業とかを早く導入すべきだよ。
中にはプロスポーツを目指してる学生だっているわけで、何か対策を取らないと。

16 2020/04/14(火) 
各カテゴリーの学校で最終学年の児童生徒学生は、表現しようのない苦しみや悲しみを抱えていると思います。
現状を考えると、まだまだ感染拡大が続くのではないでしょうか。
部活動もそう、学校の様々な行事もそう、友達と遊ぶこともそう、勉強もそう、人それぞれだけれども、一生懸命取り組んできたことが、その過程だけで、しかも強制終了させられてしまうなんて。
私には頑張れしか言えませんが、私も大人として頑張れることを頑張りたいと思います。

17 2020/04/14(火)
場違いかもしれませんが…

我家の娘は、吹奏楽部ですが…スポーツの予選が緩やかになる頃、吹奏楽はコンクールの予選、本選、全国大会があります。
が、全て中止、時期不明の延期。
娘は自前の楽器もちなので、自主練習も出来ますが、大きな楽器など自前ではない奏者の子供達は、ずっと触っていない状態です。
1か月近く、合奏も出来ていません。
吹奏楽もスポーツと一緒で、1日触らなければ、もとに戻すには3日以上かかる。と、言われています。
もちろん、スポーツと同じく吹奏楽で推薦をもらう子供達もいます。
スポーツだけでなく、音楽に携わる子供達の事も一緒に思ってあげて頂けませんでしょうか。

18 2020/04/14(火)
部活系の記事で、仕方がないとかたかが部下とだとか心無いコメントをする人がいる。命が一番大切な事は分かっている。だからといって簡単に諦めたりお終いにするのは頑張ってきた子供にはあまりにもかわいそう。本当に何か救済措置を!

19 2020/04/14(火)
芸能人や著名人から発せられる批評家気取りのコメントより、こういう記事をメディアは積極的に発信してほしい。こういう生徒が全国、全世界にたくさんいる。彼らの素直な気持ちを少しでいいから大人たちがわかってあげることが大切だと思う。もちろん、では具体的に何ができるか?と問われても無力だけど、理解してあげることが、どういう行動をとるべきかと考えることにつながるはず。

20 2020/04/14(火) 
「しょうがないですけど、その言葉で片付けられるのは嫌かな。この1年は人生の中で一番大事だと思っているし、自信もあったので…。悔しいです」

分かるよ。
悔しい気持ちも悲しい気持ちも切ない気持ちも全部、大切なあなたの気持ち。あなたの存在の証明。違う人から見れば仕方のないことでも、皆と同じに思われたとしても自分にはそうじゃない。

その人の気持ちや存在を大切にするということは、仕方がないと流したり、皆一緒だからと他のものと同列に扱うことじゃない。

「そうなんだね、そうだよね、分かるよ」そういう寄り添いや承認や肯定が、その人の気持ちや存在を大切にする気持ちと言葉。

21 2020/04/14(火)
うちは野球部の中学3年生がいます。
小学生から頑張ってます。
最後の大会は6月。部活練習もなく、校庭が使えない。家の庭で素振りや軽めのキャッチボール、近所のランニングと自主練してるけど、ベースを踏めない、本気でボール投げができる公園は小さい子がいるから危ないから出来ません。
先が見えないから、最近諦め気味。

早く、毎日の学校と部活の当たり前の生活をさせてあげたい

22 2020/04/14(火)
うちの甥っ子も高3で器械体操をしています。
小5の時に練習中に酷い脱臼を右ひじにしてしまい、何度も手術するような感じで事実上選手生命を絶たれています。
でも高3が体操競技に係る最後の年だと思って、まともな練習も出来ないのに毎日部活に出ていました。
大きな大会じゃないけど、最後に大会にも出れるかなと思いながら。

でもこのコロナで彼の体操人生はやり切ったという思いもなく終わってしまいそうです。

怪我のことがあるから、気持ち的には切り替えて勉強に向かっていますが、やりきれないだろうなといつも思っています。

みんな苦しんでいるので、本当に早く終息することを祈るだけです。

23 2020/04/14(火)
まったく同感です。コロナの終息見込みはないし、いつまた休校になるか不安を抱えて落ち着かない1年を過ごすより、今年は学生はみんな休んで来年もう一度やってほしいです。今ですでに4週分遅れているので、この先も休校になったりして、急いで詰め込みされても困ります。英語やプログラミングだって、今年は無理だし、行事が中止になるのも可哀想。それよりは、今年は休みにしてネット環境整えてオンライン授業ができる転換期にしてほしいです。

24 2020/04/14(火)
大人も子供も前の日常には戻らない。
2020年どころか来年再来年も怪しいかもしれない。
コロナからの回復は先になる可能性が高い。
その時の世界情勢を考えると
今より国全体の生活水準の悪化があるかもしれない。
救済措置は当事者である自分たちで知恵を絞るしかないだろうな…。

以前のものを追うのでなく、
変化に対応した新しい形で昇華できたらいいね。

と、理性ではわかっても感情はままならないよな

25 2020/04/14(火)
今年の高3生は辛いね。
部活からの推薦等で進学を目指していた子は、公式戦か中止になることで活躍のチャンスが減り、普通に進学を考えていても、センターが無くなり制度が変わる最初の年なので対策情報が少ないうえに、休校で勉強が遅れがちになる。

ただ、日本中同じ条件だから、今この時間をどう過ごすかで差が生じてくる。気持ちが折れて腐るのは簡単。
でも踏ん張ってほしい。その差が自分の選択肢を増やすことに繋がると信じて。

26 2020/04/14(火)
大人が不甲斐ないばかりに、子供達には辛い思いをさせている。 
私もその中の一人だと思うと、あまりに情けなくて涙も出ない。
本当に今の状況が避けられなかったのか?そうであるならば、子供達が納得できる理由を説明できるのか?
突き詰めて考えないといけないと思います。日々の報道を見て、納得している子供はいないでしょう。
大人のあり方を見直すタイミングだと思います。

27 2020/04/14(火)
ピークが高校ってわけじゃないけど、高校時代は部活とかいろんなことがすごく充実してて、大好きだったから、かけがえのない時間がなくなってしまうのは悲しいなあ。

28 2020/04/14(火)
小6、中3、高3生は可哀想だと思う。
修学旅行なんかも中止かもしれないし、部活もイベントも通常通りではないと思う。
ましてインターハイだとか甲子園だとか全国やプロ目指してる子にとっては人生が大きく変わる可能性もあるから。
それでもめげずに遠回りしても夢を叶えてほしい。

29 2020/04/14(火)
私も高校3年生の親です。
2年間あと一歩での敗退。悔しい思いしか残っていない息子たち。新チームになり活気に溢れ、強豪校との遠征で確実に実力も上がり、本人たちも自信に満ち溢れてきた矢先…。
しかし、世界中のU18年代、国内の高校3年生はみんな同じ条件。今、自分たちに何が必要で、何をやらなければいけないかを自らが判断できる事が大切ですし、やれるはずです。
あとは、親も含めた大人たちがこんな境遇の選手たちに何をしてあげられるのか?を終息してからではなく今のうちにイメージし、実行しなくてはあっという間の1年が終わってしまうだろう。
学校生活も集大成の1年。様々な授業や行事が少しでも多くできることを切に願います。

30 2020/04/14(火)
何よりも生きること、命が大事。
それを教えるのが何よりの教育になる。

それが分かっていても尚、
部活動に勤しむ高3、中3、
全ての子どもたちにとって、過酷な年になってしまった。
年度後半に開催したとして、
学校そのものに通う事が出来ない前半の、
その皺寄せは何処に来るのか。
大会の開催や部活動の再開も大事だが、
最悪の事態を想定して、
無念や未練を抱えた子どもたちの精神的なケアこそ優先して欲しい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ