20200408-00010000-wordleafs-000-3-view

スポンサード リンク




 東京都や大阪府をはじめとする大都市圏の7都府県に対して緊急事態宣言が発令されるなど、世界中で猛威をふるい続ける新型コロナウイルス感染が日本においても新たなフェーズに突入したなかで、J1の北海道コンサドーレ札幌の選手たちが起こした行動が大きな注目を集めている。

 新型コロナウイルス禍で大幅な収益減を余儀なくされるコンサドーレの力になりたいと、外国籍選手を含めた28人の全所属選手が4月から9月までの年俸の一部を返納することを決定。コンサドーレの野々村芳和代表取締役社長によれば、合計額は「1億円弱ぐらいになる」という。

 室蘭大谷高から2008シーズンに加入した生え抜きで、2010シーズンから「10番」を背負い、2016シーズンからはキャプテンを務めるMF宮澤裕樹を中心とする選手一同はクラブを通じてこんなコメントを発表している。

「このような状況だからこそ、いつも以上に支え合わなければならないと感じています。新型コロナウイルスによるクラブへの影響も大きくなる現在の状況を鑑み、我々北海道コンサドーレ札幌の選手一同は、クラブに対して支援することを全選手合意のもと、決めました」

 日本を上回る被害を受けているヨーロッパでは、ユベントス(イタリア)やFCバルセロナ(スペイン)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)などが選手側からの発案で報酬をカットしている。
日本のプロスポーツ界では初めてとなる申し出がサッカーのコンサドーレで具現化した背景は、2013年3月から現職を務める、47歳の野々村社長の存在を抜きには語れない。

 現役時代はミッドフィールダーとして活躍した野々村社長は、清水東高から慶應義塾大学をへて1995シーズンにジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)へ加入。岡田武史監督(当時)のラブコールを受けて2000シーズンにコンサドーレへ移籍し、J1への昇格に貢献した。

 J1へ残留を果たした翌シーズン限りで引退した後は、サッカースクールの経営を中心として北海道サッカー界の活性化に奔走してきた。そして、コンサドーレが年間勝ち点や負け数、総失点などの歴代ワースト記録を軒並み更新し、最下位でJ2へ降格した2012シーズンのオフに転機が訪れる。

 苦境を立て直してほしいと、代表取締役としてコンサドーレの発足に大きく寄与した石水勲氏(石屋製菓代表取締役会長、現コンサドーレ最高顧問)に社長への就任を要請した。一度は承諾した石水氏だったが、すぐに野々村氏のもとへ「お前がやれ」と連絡を入れてきたという。

 野々村氏にとってはまさに青天の霹靂だったが、古巣への深い愛情を抱き続けてきたこともあって、断る理由はなかった。顧問および取締役をへて、2013年3月にクラブOBとして初めて代表取締役社長に就任するとともに、今シーズンも継続しているチームスローガンを掲げている。

『北海道とともに、世界へ』

 引退後に設立した会社の代表取締役に就いていた野々村氏だが、もちろんプロサッカークラブの経営に携わった経験はない。それでも、現役の晩年から北海道に深く関わってきたなかで、約528万人を数える人口を考えれば、広大な大地に眠るポテンシャルをすべて掘り起こせているとは思えなかった。

 クラブ創立20周年を迎えた2016年には、ホームタウンを札幌市から「札幌市を中心とする北海道」へ変更し、チーム名称も頭の部分に「北海道」を加えた。同時に博報堂DYメディアパートナーズと7年間におよぶクラブビジネス戦略パートナーズ契約を結び、スローガンの具現化を進めてきた。
 Jリーグから最新の数字として開示されている、2018年度の経営情報と比較すれば、野々村社長のもとでの成長度合いが鮮明になる。例えば社長就任時で10億7100万円だった営業収益は29億8800万円へ、3億5900万円だった年俸などの合計となるチーム人件費も15億200万円へと増えている。

 数字に比例するように、サンフレッチェ広島や浦和レッズで指揮を執ったミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招聘した2018シーズンはJ1でクラブ最高位を更新する4位に躍進。延長およびPK戦の末に涙をのんだものの、昨シーズンのYBCルヴァンカップ決勝では川崎フロンターレと死闘を演じた。

「日本サッカー界に携わってきた立場から考えると、多くの方々に喜んでもらえるような試合を決勝で見せられ、そのうちの1チームがコンサドーレだったことは嬉しいこと。コンサドーレの歴史を考えたら、こんな舞台であんなに素晴らしい試合ができる、と思えなかった時期もあったので」

 クラブ創設以来の初タイトル獲得に王手をかけるも、ひっくり返された試合内容をクラブのトップとして悔しがった野々村社長は、着実な前進に手応えを感じながらこんな言葉を残している。

「僕としてはこの先もっと強くなっていくとしても、北海道出身の選手たちがレギュラーでピッチに立つようなクラブにしたいと思っている。なので、現段階では上手くチームは作れているのかな、と」

 フロンターレ戦では小学生年代のU-12から一貫してコンサドーレで心技体を磨いてきた、菅大輝と深井一希の両MFがゴールを記録。東京五輪世代の菅は高校生年代のU-18からトップチームに昇格したDF進藤亮佑、MF荒野拓馬とともに、今シーズンの開幕戦でも先発している。補強戦略と同時進行でアカデミーへも先行投資してきた種が着実に芽を出し、花を咲かせつつある。

 2015年からはJリーグの理事も務める、野々村社長のもとで歩んできた軌跡を「私たちは北海道への貢献を考えて活動しているクラブに賛同し、日ごろのトレーニングはもちろん、地域貢献なども含めて活動しています」と振り返った宮澤ら選手たちは、今回の年俸の一部返納をこう結びつける。

「クラブへの支援の先にある、北海道への支援につながると考えています」

 2月下旬から中断され、再開目標が設定されては延期されてきた公式戦は、現時点で今後が白紙に戻されている。損失額を5億円と予想していた野々村社長は「予算を組み直す必要もあるし、金額がさらに増える可能性もある」と表情を引き締めながらも、クラブの公式ホームページ上にアップされたインタビュー映像のなかで選手たちの申し出を喜び、心から感謝している。
「自分も選手だった感覚で言えば、頑張ったことで得る報酬を削る決断は簡単ではない。全員が最初から『そうしよう』とはなかなかならず、選手たちも何度も何度も話し合って一致団結できたと聞いています。金銭的にどうこうということではなくて、この大変な時期を選手とクラブが一緒になって乗り越えていきましょうという意味でクラブにも勇気をくれる、僕からすれば仲間が増えたように思える提案でした」

 野々村社長が言及した「仲間」とは『北海道とともに、世界へ』を目指す過程で、縁あって住むことになった北海道への支援・貢献を共有していくこととなる。喜びを覚えながらも、まずは組織のトップとして苦境を乗り越えるための最大限の努力を積み重ね、同時に年俸の返納が他のJクラブに対する同調圧力にならないような配慮を施しながら、新型コロナ終息後の世界をこんな言葉で表している。

「コロナの前の体制に戻すというよりもそれ以上の、コロナの前よりももっといいクラブに、もっといい北海道にしていくために、いろいろな行動を一緒にできたらと思っています」

 異色にも映ったトップが誕生して8年目。大胆かつ斬新な施策の数々を介してJリーグを代表する敏腕経営者の一人となった野々村社長と選手たちを結ぶ絆は、新型コロナウイルス禍のもとでより強く、より太くなって、難局に直面しているコンサドーレを力強く前進させていく。
 
(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00010000-wordleafs-socc&p=1

 

1 2020/04/08(水)
一部返納のニュースが流れた時すぐにコンサドーレはチームと選手たちとの信頼そして絆ができているんだなとあらためて思った
こんないいチームだからまだまだ強くなってほしいしそうならなきゃならない
我々もその意気に応えてリーグ戦が再開したら今まで以上に応援に力を入れようと思ったしグッズ購入など出来ることは小さいけど北海道コンサドーレ札幌という素晴らしいチームに貢献したいと強く思った

2020/04/08(水)
本当はこのようなことは、政治家自らがすべきことなのに。。。
ただただ、頭が下がります。ありがとうございます。
サッカーは初心者でルールが分からずあまり試合も見ることもないのですが、ファンになりました!
早くコロナが収束に向かって、試合しているみなさんの姿が楽しみです!

2020/04/08(水)
尊敬できるリーダーの下には強い結束のチームができ、メンバーの中から素晴らしい考えや文化が生まれるのですね
お互いを尊重し合うことで生まれたエピソード
とても誇らしいことで素直に感動しました
これからも応援し続けたいと思います

2020/04/08(水)
この出来事の伏線として忘れてはならないのは、昨年末のシーズン終了後、野々村社長は1人も戦力外を出さず選手全員と契約更新したという事実。野々さん曰く「現有戦力を全員残すことが、チームとしての1番の補強だ。」と話していましたね。

こんなことをした、プロスポーツチームはかつて有りましたか?※誰1人クビにしないという。

鶴の恩返しじゃないけど、社長の思いを意気に感じて「俺達を信じてくれているこの社長の為に、そしてこのクラブのために今度は俺達が役に立とう」と行動したのだと思います。

J2でくすぶって居たあの時代から、あきらめずこのクラブ、この社長を信じて応援し続けて、改めて良かったと思います。

2020/04/08(水)
社長はメディア等で直接話をしてくれるので、サポーターからの安心・信頼が大きいと思う。

2020/04/08(水)
このコロナウィルスのことについても一番動き回ってるのは実は野々村社長なんじゃないかなと思ったりする。

2月の後半まだ日本全国的にそこまでじゃなかった頃(Jリーグのクラブでも意見もまとまってなかった)に早い段階でホーム開幕戦の延期を決めてた。
村井チェアマンや原博実さん、各クラブの社長にも合間縫って電話して色々と討論や理解をしてもらえるように慎重に慎重を重ねて話してた。

自分達のクラブも大変だけど「どこのクラブも大変で規模が大きければ損失も大きくなる」「どこのクラブも潰してはいけない」って2月後半辺りからレギュラーでやってるラジオでずっと言ってた。
2月の段階からこの人は「競争」じゃなくて「共存」に頭が向いてた。

今誰よりも最前線でしんどい思いしてるのは野々村社長だからね。それをみんな良く分かってるんだよね。

2020/04/08(水)
他サポですけど、
コンサドーレは良いチームだね。
野々村社長も選手もチーム愛凄い。
いつかまたJ1で戦いたいです。
今度はアウェイでも行きます。

2020/04/08(水)
これからクラブの財政含めた運営はいばらの道だと思います。
社長、よろしくお願いいたします。
サポも協力します。

2020/04/08(水)
コンササポです。
かれこれ自分が中学生時代の
岡田前監督時代からずっーと追っかけて
J2で苦しんだ時期もずっと応援してました
そんな自分も30代と時間の経過と自分の老け具合に感慨深くなりますが笑
コンサとサポとフロントの間での変わらない絆があるのを見て結果が求められる世界ではありますがこういうピッチと関係ない部分でのやり取りを見れて凄くコンサらしさを感じました!
技術、戦術も凄く大事なサッカーではありますが
チームワークが最重要だと思うので素敵なコンサとして
今こそ一体感で乗り越えましょ(_・ω・)_バァン…

10 2020/04/08(水)
天下り社長みたいなチームも多い中、熱い人間がトップにいる事が誇りに思う。

11 2020/04/08(水)
良いお話しです。
他のチームはそれぞれの事情もあるので各チーム、個人ができることをすれば良いと思います。ただ給与が減らないから困らない国会議員さんたちには自主返納お願いしたいですね。
勉強不足ですみませんが議員さんの給与自主返納は寄付にあたるのですか?何かしら方法ないのですかね?

12 2020/04/08(水) 
他サポだがコンサがこんなに強くなったのも、年間順位1桁を当たり前にとれるようになったのも、子の社長がいたからだと思う。

13 2020/04/08(水) 
まさに地域に根差すというJリーグが掲げる理念を地でいってるね。

14 2020/04/08(水)
冬場は雪で北海道での練習は出来ず、もともと長丁場のキャンプ期間が武漢ウイルスの影響で更に延長され熊本での宿泊関連費用も想定を大きく上回り経営を圧迫していた

そして、数度にわたる延期の決定で営業収益の大幅減収は避けられず、裕福ではないクラブには大きな打撃になったが同時に選手も肌で感じていたのだろう

今回の自主返納をマスゴミメディアが単なる美談にしたがる傾向にあるがそうではない。

選手、クラブ、サポーター、スポンサーすべてが長年に渡り苦楽を共に成長し絆を育んできたからこそ起こりえた事であり、その先にある北海道民全体を考えての決断だったように感じます。

ですから他のチームは後追いで同じマネをする必要も全くないし、それぞれが自分自身で考えて、今できる事を少しだけ行動に移す姿勢こそが一番大事なのかと思います。

15 2020/04/08(水)
正直、コンサドーレファンでは、ありませんし九州人です。
でも、この話を聞いて、いいと思いました。
Jリーグの各チームがコロナ対策の映像を流したりしてるのを見ると、Jリーグ頑張れ。と思います。
早く、Jリーグが再開されて皆さんの勇姿を観れるのを楽しみにしています。
サッカー選手頑張れ。
Jリーグの各クラブ頑張れ。
札幌コンサドーレ頑張れ。
スポンサーの企業様、サポートを何卒よろしくお願いいたします。

16 2020/04/08(水)
ほんとうに、野々村が社長になってからのコンサドーレは変わった
野々村が社長になってくれてよかったよ~
北海道の生まれでもないし、
選手としては2年しかコンサドーレにはいなかったけど、北海道に帰ってきてくれてありがとう
野々村をコンサドーレに呼んでくれた岡田監督もありがとう
賢いひとなんだなーってほんと思う
先のことも考えれてる人

17 2020/04/08(水)
20年前、北海道の大学に進みました
その頃のコンサドーレはJ2で吉原宏太とかマラドーナが活躍してましたね
正直強いチームではなかったですが、今は本当に良いチームだと見ててわかります チームワークが凄く本当に
仲も良いんだとすぐわかりました

こういう提案を選手がしたのは納得!
広大な北海道全体で応援させて幸せなチームです

18 2020/04/08(水)
素晴らしいフロントがあっての選手の申し出だと感じる。
昨シーズン、全選手と契約更新だったと記憶しているけど、そうした部分含めてワンチームになっていたんだね。
よくチームを家族やファミリーと言っているけどね~

こうした姿勢を政治家も見習えば良いのに。
現段階で国会議員、県会議員、市会議員で給料返上して街の為に、なんて聞こえないもんな。

19 2020/04/08(水)
野々村さんって後世に残るほど伝説的なJクラブの社長になるよ。
こんなに頭が良くて、経営も優秀でかつ人を引き寄せる魅力的な選手出身の社長なんてなかなか出てこないと思う。

20 2020/04/08(水) 
コンサドーレの選手たちはもとより世界のサッカー選手や有名アスリート達は返納や多額の寄付をしてくれている。いまだに日本の役に立っていない国会議員達にはその気持ちのやつは1人もいない。その証拠に安倍首相が昨日発言した「公務員、国会議員は給与は減らない」に集約されている。これを聞いた国民は愕然としたに違いない。こんな奴らに政治を任せていたと思うと怒りを通り越して呆れてしまう他ない。

21 2020/04/08(水)
北海道コンサドーレ札幌はチームとして一丸となれる。
選手、スタッフ、チーム関係者。
それにスポンサーも北海道が大好きであり、コンサドーレサポーターは、チームを愛し、スポンサーを大事にする。
北海道コンサドーレ札幌は選手だけじゃなく
スポンサーやサポーター、オール北海道で今の大変な時期を戦っている。

22 2020/04/08(水)
古参犬サポです
チームが低迷していた時期でいろいろあったけど
ののさんは選手の頃からサポにも丁寧に応対してくれた
こうして記事になるたびに嬉しくなる
選手時代にののと一緒に撮った写真とサインは大切にとってあるよ
昔よりはかなりぽっちゃりされたから体は大切にしてほしい

23 2020/04/08(水)
こうした、美しい話題がある一方で、朝からドラックストアーに並び、マスク等を買いあさる寂しい話題もある。不安な気持ちは解るが、今一度自分の行動を見直す良い機会だ。不安な人達で猿のような群れを作らないで欲しい。

24 2020/04/08(水)
北海道は田舎だけど、知事も素晴らしいしスポーツ選手も素晴らしい。いろんな意味で日本で一番進んでる(先進国)なのかもね。

25 2020/04/08(水) 
正直Jリーガーは現役時代にある程度貯蓄しないと将来が厳しいと思うので、こういう時期こそ選手より経営側が頑張ってほしい。

26 2020/04/08(水)
ほんとに選手とクラブで信頼関係がしっかり出来てるのと選手のクラブに対する愛着というか忠誠心が強いんだな

そんなにチームは絶対強いよ

近い将来コンサドーレがJ1優勝しても不思議じゃないと思うよ

27 2020/04/08(水)
選手の中には満足いくほどの額を貰えていない選手もいる中これは素晴らしい。
どのクラブも強制してやる必要はないがコンサドーレのサポーターは増えると思う。

28 2020/04/08(水)
企業とはいえ
形や流れを見ると「共同体」ですね
同じ空気を吸い利害を共に分かち合い
深いつながりで結びついている社会集団

昨今、資本主義の悪い部分ばかりが先行し
金のある人間だけが巨大な力を持ちすぎてしまう
中でこういうことこそが永く共存していくためには
とても必要な行動、考えだと思う

なんかウィルスのおかげと言ったら語弊があるけど
人間に与えられた試練のような気がしてならない

今まさに7つの大罪が表れている、もちろん7つの社会的罪も

一人一人がこのウィルスに身を削り
立ち向かわないといけないとおもうけど、、

29 2020/04/08(水)
ここ数年の、
コンサドーレの躍進っぷりには
本当に嬉しい限りです。

道民として、市民として
応援しています!

30 2020/04/08(水) 
サッカー選手でなく財務官僚と国会議員が
まず真っ先にやるべきことでしょう。
サッカー選手は別に税金から報酬を
もらってないでしょう。

財務官僚と国会議員の報酬とボーナスは
最低でも3年間凍結。
ボーナスと退職金は廃止。
公務員宿舎からも退去。

仕事をやらない奴に報酬は不要。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ