20200407-00010000-wordleafs-000-2-view

スポンサード リンク




 東京都など大都市圏を中心とした新型コロナウイルスの感染者急増を受けて、7日にも緊急事態宣言が発出される。対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県で期間は来月6日まで。新型コロナウイルス禍をめぐる状況は新たな段階に突入した。

 6日夜に首相官邸で判断へ至った経緯を説明した安倍晋三首相は、先月14日に施行された改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を初めて発出する理由を「感染につながる人と人との接触を極力減らし、医療提供体制をしっかり整えていくため」と説明した。

 安倍首相は同時に欧米で見られる、外出禁止など人の移動を罰則とともに厳しく制限するロックダウン(都市封鎖)ではないと強調。感染を拡大させる密閉・密集・密接の「三密」を防ぐ行動がさらに強化・徹底されていくなかで、サッカー界はどのような影響を受けるのだろうか。

 緊急事態宣言を受けて、強制力はないものの、法的根拠を伴う外出自粛要請が出される。ただ、大都市圏をホームタウンとするJクラブの多くは、すでに数週間単位で活動停止状態に入っている。Jリーグの村井満チェアマンが3日の段階で、今後の公式戦再開を白紙とする判断を下したためだ。

 例えば4日には浦和レッズが18日まで、湘南ベルマーレが19日まで、柏レイソルは30日までの活動休止を表明。川崎フロンターレも8日までの活動停止を、さらに15日まで延長することを決めた。緊急事態宣言に関わるニュースが午前中から日本中を駆けめぐった6日には、鹿島アントラーズが19日まで、FC東京も当分の間の活動休止を決めている。

 2月下旬にすべての公式戦の開催を中断したJリーグは、これまで3月18日、4月3日、そして今月下旬からのカテゴリー別の段階的開催と再開時期を設定しては延期してきた。選手たちは本来の開幕を含めて、その都度心身のコンディションを作り直す作業に追われてきた。

「相当な緊張感や不安のなかでギリギリのコンディション作りに何度も挑戦して、なかにはかなり体脂肪を絞った選手もいると思います。その意味では、選手の免役力を下げてしまったところは選手個人の問題だけではなくて、リーグ全般がケアすべき問題だと思っています」

 村井チェアマンはヴィッセル神戸のDF酒井高徳、セレッソ大阪のGK永石拓海、J2ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也と選手にも感染者が確認された状況をリーグ全体の問題と受け止めた。
 酒井以外にもトップチーム関係者が2人感染したヴィッセルは、7日に予定していた練習再開をさらに延期。セレッソも10日まで、41人の濃厚接触者が確認されたザスパも9日までの活動停止を決めている。

 今後に関して一度リセットされた状態にあるからこそ、緊急事態宣言の発出がJクラブにもたらす影響は最小限にとどめられるのではないだろうか。活動停止中は身体だけでなくメンタル面でも低下を招く事態は避けられそうにないが、サッカー界は北海道において新型コロナウイルスの感染をある程度封じ込めたという事例を共有している。

 日本野球機構(NPB)と共同で設立した新型コロナウイルス対策連絡会議で招いた専門家チームの一人、愛知医科大学の三鴨廣繁教授(臨床感染症学)は、2月28日から3月19日にわたって、政府に先駆けて緊急事態宣言を発出した北海道の成果をこう評価している。

「薬剤もワクチンもない状態で、いわゆる『三密』を避けることを中心に国民へ行動範囲の自粛、行動変容を求めるしかないのが現実です。ただ、政府も提言しているこの日本モデルを信じて実践し、感染がある程度収まった北海道という先例があると思っています」

 実際、北海道をホームタウンとする北海道コンサドーレ札幌のスケジュールを見ると、発表されている11日まではトレーニングを実施し、しかもファン・サポーターの見学を可能としている。来場者への検温やアルコール消毒液による手指の消毒を徹底しての措置だが、サッカーがある日常を送れていることと、北海道での緊急事態宣言の発出とは密接に関わっていると言っていい。

 ならば、7都府県でも5月6日を超えた先には同じ状況が待っているのか。残念ながら北海道より1カ月以上も遅い発出で、現状では不安要素が増えたと言わざるをえない。

 不安とはアメリカ・ニューヨークやイタリア、スペインで見られる医療崩壊であり、在日アメリカ大使館は日本国内に滞在中のアメリカ人に対して、3日に更新したホームページでこんな警戒情報とともに緊急帰国を呼びかけている。

「日本政府が新型コロナウイルスの検査を広範に行わないと決めたことにより、新型コロナウイルスの感染率を正確に把握することが難しくなっている。数週間後に日本の医療システムが、いままでのように機能しているのかを予測するのは非常に難しい」

 新型コロナウイルスに感染し、2日に退院した日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長も、医療現場の最前線を見聞きしてきた経験から「医療従事者を感染させない、疲弊させない状況を作り出さなければいけない」と医療崩壊を防ぐうえで、待ったなしの状況にあると訴えている。

 医療崩壊が起きれば緊急事態宣言の解除も必然的に先送りにされ、スポーツ界を含めて、先行きがまったく見通せない、いま現在の欧米と同じ状況に直面する。地域に緊急事態宣言が発出された場合の対応として、当初は無観客試合での開催をあげていた村井チェアマンは、再開日程を白紙に戻すことを決めた3日の臨時合同実行委員会後のメディアブリーフィングでトーンを大きく変えている。

「無観客試合でも(スタジアムへ)移動する選手やスタッフの感染リスクが存在するということを考えれば、無観客試合だからいいというレベルでもなくなりました」

 大都市圏における緊急事態宣言の期間が延びるごとに、シーズン全日程を消化するハードルが上がっていく。公式戦の再開を迎えるにあたって、ゼロベースに戻った選手たちが再びコンディションを作りあげていくのに時間を要するためだ。

 そして、リーグ戦の開催が10年総額2100億円の大型契約を結んでいる動画配信サービス『DAZN(ダ・ゾーン)』との契約に直結する、と言われているなかで、1日には中断・中止となった試合の放映権料を支払わない意向をDAZNが各スポーツ団体へ通告したとロイター通信が報じた。

「契約の修正などに関する申し入れはありません。頻繁に協業していて、さまざまな協力体制の申し合わせをしている最中です。トップ間でもリレーションが強く、ご心配いただいていることは日本においてはありません」

 こう語った村井チェアマンは守秘義務を理由に、DAZNとの契約内容に関する質問には明言を避けるスタンスを貫いている。ただ、2016年にサービスを開始し、日本の他にアメリカ、カナダなど9カ国で事業を展開しているDAZNにとっても、全世界のスポーツが中断する事態は想定外だったはずだ。

 経営基盤が脆弱なJ2の中位以下やJ3のクラブを含めた全クラブへ、Jリーグは競争モードを今シーズンに限っては共存に変えることを宣言している。資金繰りを悪化させて経営危機に陥らないように、均等配分金の前倒し支給や新たな融資制度の設立で救済する青写真を描いてきた。

 しかし、総額で100億円にのぼる均等配分金を含めて、原資の大半をDAZNからの放映権料が占めている。JリーグとDAZNとの契約内容がわからないので推測の域を出ないが、政府による緊急事態宣言の発出とともに、新たな不安が頭をもたげてきたことだけは確かだ。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00010000-wordleafs-socc&p=1

 

1 2020/04/07(火)
これに関してはどうにもならんでしょ。DAZNが完全撤退するって話は今のところ出てないし、普通に開催できるようになれば普通に放送権料は支払われるようになる。ここは我慢するしかない。

2020/04/07(火)
税金収めて働いてる人達は支給も貰えず、
節約の日々。田舎は特に大変だよ。
明日は我が身なのに。
なのにマスクは必要なのに売っていない。
でもマスクが仕事で必要だから使い回し……
で、税金収めてない人達が30万日本は普通じゃないな。

2020/04/07(火)
緊急事態宣言が早く終わっても一度休止してしまったら体づくりをやり直さなければならないので再開は6月以降になる。そうなると通常の欧州リーグのスタートとあまり変わらなくなってしまう。短いスケジュールでリーグの全日程を消化すると中2日の試合が多くなってケガ人が続出するし、今シーズンは臨時の秋春制を取るのも仕方ないんじゃないだろうか。雪国のクラブに対してはロシアリーグ方式の12月から2月までのウインターブレイクをとって対応するという方法がある。リーグの全日程を消化しないとDAZNも放送権料を払わないだろうし。

2020/04/07(火)
DAZNのおかげで、個人的には悪しき制度だった2ステージ制がなくなったことを始め、リーグが劇的に活性化していったのも事実。
DAZN頼みになってしまったことはリスクはあれど間違ってはなかったと思う。
そもそも今はサッカーに限らず、世界中で想定外の未曾有の事態が起きていて、逆に言うと、平時からこういった事態に備えて経済活動していたらそれこそ立ち行かない。
いつ再開出来るかでいろんな選択肢を考えているはずだけど、とにかく今は待つしかない。

2020/04/07(火)
もう通常の試合消化は無理。
とにかく無観客試合で放送すれば、ダゾーンの契約は確保できるだろう。
リーグ戦すら消化できなければ、今年はクラブが複数経営破綻しかねないし、それらを全て救済する体力などJリーグにはない。
ここまでの村井チェアマンの評価は高いようだが、如何せん無観客試合に対する検討や根回しが遅すぎて、コロナウイルスの特殊性を鑑みても、ただ先延ばして止めているだけでは何も見えてこない。
シーズン不成立中止なら、サッカーと無縁な人からは英断と称えられようが、Jのトップとして責任問題は間違いない。

2020/04/07(火)
プロスポーツは
客あってのビジネスだと深く
再認識してもらいたい。

国民が健やかに暮らせる地盤が
整っている条件の上で。

2020/04/07(火)
人の移動が制限されて選手が移動できない。
移動ができない状態で試合するのは無理だね。
仕方ない、健康優先だね

2020/04/07(火)
ダゾーン 他 スポンサー 減額も あるかもしれない

この状況では仕方がない 

しっかり 想定して 対策してもらいたい

2020/04/07(火)
放映権返せと言うなら契約者からも視聴料金返せと言われることになるね

10 2020/04/07(火)
遅れて一度も世界大会で優勝もしたことがないのに逸って欧州の真似なんかして企業名を外したことがまず問題で、更に岡田を刺客にヴェルディー潰しと有名どころクラブの標準落としが二番目の問題、合わせれば二流興行になり果てたのに徒競走の順位をつけない方式ばかりを所望して面白味もないリーグにしたファンが最後の問題。メディアなんか金稼ぎに歯の浮くような記事を書かないわけにはいかないのでこれは仕方がないことだね。

11 2020/04/07(火)
売上の半分が広告料、予算の半分が人件費、はどちらも高すぎる。企業スポーツと変わらない。

12 2020/04/07(火)
この機会を利用して、開幕を欧州に合わせてみたら。それまでは、ショートの大会にするとか。

13 2020/04/07(火)
経営基盤がぜい弱な・・・・・

もともと自力・入場料収入等で経営できるクラブは少ないのだから、無理なチームは淘汰されるかもしれないね。地域経済と行政におんぶに抱っこのクラブはこの際ありようを見直せばいい。
サッカー命の人には暴言に聞こえるかもしれないが、全県に1ツのプロを。なんてスローガンには無理がある。
プロスポーツはサッカーだけじゃない。野球はチーム数抑えているが、BCリーグがあるし、バスケもある、バレーもある。そのほかアマチュアでも全国リーグやってるところは多々ある。
それらの大半というよりホボ全部が地域経済、支援企業、行政支援を求めている。
スポーツの在り方にもプロで頂点目指す者、アマチュアで日常のうるおいを求める者、多岐にわたる。
ある意味プロ化の限界を迎えているなら、無理してプロを維持する必要はない。

14 2020/04/07(火) 
Jリーグは心配だ。資本が脆弱なチームが多いから存続に関わってくるね。

15 2020/04/07(火)
これを利用して秋春制に移行してしまえば良い
北海道は11月-2月は札幌ドームで

16 2020/04/07(火) 
今年は諦めろよ
外国に比べ感染拡大を遅らせた日本のピーク時期はこれから始まる
5月に山を超えたらしばらくは横ばいで収束は早くても夏だろ
秋に再開してもリーグ戦は無理だからやれてもトーナメントのナビスコカップと天皇杯で精一杯でしょ

17 2020/04/07(火) 
そもそもダゾーン一社に協会の運命全てを預けてきた企業体質が問題。
どんな小企業でも一社の得意先だけでやりくりしていく、なんて今や有り得ない経営スタイル。

それにクラブ数を増やし過ぎた。
これを機に合併、再編させて半数位に縮小し生き残りに掛けた方が良い。
まず赤字を出しても直ぐ助けるような事を止めなければ。

18 2020/04/07(火)
Jリーグないのにも関わらず、DAZNには毎月視聴料を支払っているのにな…。

19 2020/04/07(火)
確かに彼らも職業としてやってるんだろうが、日常生活がままならないのに、サッカーだ野球だ、じゃないでしょーに

20 2020/04/07(火) 
命がなければサッカーをするとこも観戦することもできません

21 2020/04/07(火)
DAZNを契約し続ける事が、Jリーグを守る事になる!?

22 2020/04/07(火)
正直、全国民がそれどころではないからね。

23 2020/04/07(火)
来年2021年もまともに開催できる保障なし。

24 2020/04/07(火)
今年は野球もサッカーも無理。

25 2020/04/07(火)
ボリス・ジョンソンが危篤だ!
Jリーグとか言っている場合ではない!

26 2020/04/07(火)
何が言いたいのかよくわからん。この記事。

27 2020/04/07(火)
いいよなー自宅待機
一般社会人なら有り得ないね

28 2020/04/07(火)
Jリーグ、プロ野球、Bリーグ、ラグビートップリーグは、選手から感染者がでました。
しばらくは、終息は、しないとみられますので、今年はスポーツを楽しむことを、あきらめました。

来年は、各プロスポーツ、甲子園など中学高校大学の各部活動の大会等が、通常通り開催されることを切望しています。

29 2020/04/07(火)
ボールは友達です。

30 2020/04/07(火)
スポーツなんぞ、二の次











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ