20200402-00010001-wordleafs-000-2-view

スポンサード リンク




世界中で猛威をふるい続ける新型コロナウイルスの感染が、Jリーグでも急速に拡大しはじめた。ヴィッセル神戸の元日本代表DF酒井高徳(29)が、Jリーガーで初めての感染者となってから2日がたった1日に、新たに3人にPCR検査で陽性反応が出たことが公表された。

 ヴィッセルが午前9時すぎに、公式ホームページ上で「トップチーム関係者1人に、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことが確認された」と発表。同11時すぎにJ2ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也(33)の、午後4時すぎにはセレッソ大阪のGK永石拓海(24)の感染が相次いで発表された。

 この日はJリーグ幹部、そして全56クラブの代表取締役らで構成される実行委員会をウェブ会議形式で臨時開催。J3からJ2、そしてJ1という順序で、今月下旬から段階的に再開させていく予定のリーグ戦へ向けて、現時点における準備の進ちょく状況などが話し合われた。
 当然ながら感染者が出ている状況も議題にあがった。実行委員会終了後にオンライン形式で実施されたメディアブリーフィングで、3日間で4人の感染者が出た現状に対する心境を、Jリーグの村井満チェアマン(60)は「非常に緊張感を高くしている」とこんな言葉で表している。

「Jリーグを代表する立場として、国民のみなさまに大きなご心配をかけている状況を本当に申し訳なく思っています。一方で個々の選手の行動管理が非常に甘いとか、もしくはセルフマネジメントができていないという状況ではなく、細心のプロトコール管理をしながらそれでいても感染してしまう、今回の新型コロナウイルスの恐ろしさをあらためて実感しています」

 ヴィッセルの関係者は発熱やせき、味覚や嗅覚の障害といった症状は出ていなかった。しかし、酒井と濃厚接触があったことを重く見たチームドクターの判断で、3月31日午前8時に兵庫県内の病院でPCR検査を実施。同午後9時に陽性判定が出たものの、時間帯が考慮されて翌朝に発表された。

 ザスパによれば、舩津は先月26日夜に発熱と倦怠感を覚えて翌日からのトレーニングを欠席。4日目の同29日夕方になっても37度を超える微熱があったため、チームドクターに相談のうえ、同30日に群馬県内の病院でPCR検査を実施。31日深夜に陽性反応が出たため、1日に公表された。

 1日午後に前橋市役所内で記者会見したザスパによれば、クラブは先月22日に東京都内へ日帰りで遠征してトレーニングマッチを実施。船津はオフを利用して翌23日に自分が運転する車で再び都内へ向かい、24日に自宅のある前橋市へと戻ってきていた。

 都内に滞在した件を含めて、現時点で感染経路は明らかになっていない。守備の要として昨シーズンのJ2昇格に貢献した舩津は、クラブの公式ホームページ上で謝罪の言葉を発表している。

「コロナウイルスは、ニュースで毎日目を通してきて、一人の人間として、サッカーに関わる者として、できる限りの予防、対策をしてきました。しかし、今回このようなことになり、周りにどれだけの迷惑がかかるのか計り知れず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今は他の方々に感染が拡大していないことを心から願うしかできないです」(原文のまま)

 セレッソによれば、永石は先月28日に37.9度の発熱と食欲不振および倦怠感を覚えた。一夜明けた同29日には、オフだった同22日に食事した3人の友人の一人から、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たという連絡が入ったことで状況が一変した。

 自宅待機を続けていたなかで体温も36.2度に下がったものの、濃厚接触者となったことを受けて、大阪府内の病院で同31日にPCR検査を実施。1日になって陽性反応が出たことを受けて、クラブを通じて発表した謝罪の言葉のなかで、友人たちと食事したことを反省している。

「新型コロナウイルス感染拡大に伴い、基本的に外食、公共交通機関の利用を避け、検温・手洗い・うがい等、できる限りの予防、対策は行なっていました。(中略)新型コロナウイルス感染拡大の状況からみて、参加すべきでなかったと大いに反省しております。大変申し訳ありません」(同)

 ここで気がつくのが、ヴィッセルが「トップチームの関係者」という表現にとどめている点だ。選手はもちろんのこと、トルステン・フィンク監督以下の首脳陣やトレーナー陣、通訳、マネージャー、広報なども関係者でひと括りにされるが、ヴィッセル側としては詳細を説明する意向はないという。

「選手自身の判断で実名が公表されているケースもありますが、自分自身の行動をしっかりと管理し、濃厚接触者を記録していて、保健所の指導に従いながら感染経路を特定する作業に全面的に協力できる状態にあるならば、原則としては氏名の公表は必ずしもマストとはしていません」

 感染が判明した際のプロトコールの一部を、村井チェアマンはこう説明する。具体的には【1】37.5度以上の発熱が2日続く【2】PCR検査を受けることが決まった【3】PCR検査で陽性反応が出た【4】感染者の濃厚接触者と認定されたときや、あるいは疑いがあると見なされた――場合にクラブからリーグへの連絡が義務づけられ、氏名公表は最終的にクラブごとの判断に委ねられている。

 酒井や船津、永石が同意したことでそれぞれのクラブは氏名公表に至っているが、村井チェアマンはこんな言葉をつけ加えることを忘れなかった。

「今回の神戸のケースを実行委員会で共有したなかでは、家族や友人、知人を含めたさまざまなところへ、かなりの取材もしくは問い合わせが殺到し、私生活が脅かされる状況にあると聞いています。そうした背景も鑑みていただき、氏名を公表する場合に関しては取材などをご配慮いただければ」

 村井チェアマンが言及した神戸のケースとは、Jリーガーで初めての感染者となった酒井を指している。クラブの公式ホームページと自身のインスタグラム(sakai_go1123)の両方でコメントを発表した酒井は、前者にはなく後者だけで偽らざる思いを綴ってもいる。

「幸いにも、単身赴任で家族とは離れて暮らしておりました。家族は現在元気に過ごしております。こういう状態であるのは百も承知ですがそっとして置いて頂けると幸いです。宜しくお願い致します」(同)

 感染が確認された4人は、クラブを通じて日々記録していた行動履歴などを所管の保健所へ提出。例えば「このときはどの場所に座っていたのか」などといった点にまで、保健所側も微に入り細をうがって調査を進め、感染経路の特定や濃厚接触者の把握を急いでいる。

 先月27日から11連休に入っているヴィッセルは、先月31日から練習拠点のいぶきの森球技場への立ち入りを禁止し、クラブ事務所などの業務も休止している。ザスパは1日から活動を当面停止し、選手およびスタッフを自宅待機とすとすることを決めた。オフ明けの先月24日から永石が4日間練習に参加していたことを受けて、セレッソも永石の発症から2週間の活動停止を決めた。

「発症した選手から申し訳ないというコメントが出てきていますが、相当な緊張感や不安のなかでギリギリのコンディション作りに何度も挑戦して、なかにはかなり体脂肪を絞った選手もいると思います。その意味では、選手の免役力を下げてしまったところは選手個人の問題だけではなくて、リーグ全般がケアすべき問題だと思いながら、感染を拡大させない努力を重ねていきます」

 現時点でザスパ、セレッソともに新型コロナウイルス感染症や風邪などの症状を訴えている選手、スタッフがいないことを受けて、村井チェアマンは公式戦の延期に次ぐ延期が続く未曾有の状況が、選手たちにさまざまな影響を与えている、と思われる現状に表情を曇らせた。

 ただ、状況は予断を許さない。サッカー界でさらに感染が拡大していけば、今月25日のJ3、来月2日のJ2、同9日のJ1と段階的に再開させていく青写真も再考を余儀なくされるのは必至だ。

「まずは我々が取り得る、最大限の範囲での準備をしっかり重ねていきます。そのなかで世の中の趨勢を鑑みながら、その都度、機動的に判断していこうと考えています」

 青写真を具現化させる努力を継続させながら、同時進行で新型コロナウイルス禍の推移も注視していく。選手たちにも感染者が出はじめたことで、Jリーグはより難しい舵取りを迫られることになった。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00010001-wordleafs-socc&p=1 

 
 
1 2020/04/02(木)
ザスパはコロナに罹感染した選手になぜ謝罪させるのでしょうか。
繁華街に飲みに出掛けたなど、選手としてのプロ意識に欠ける行為が有ったのであればその事実も合わせて公表すべきではないでしょうか。
そういった事実がないのに謝罪してしまったら、自分に非がなくてもコロナに感染するのは謝罪するほど悪いことだという社会的な雰囲気を醸成することになり非常に良くないと思います。
 
2020/04/02(木)
もうこの段階まできたら明日は我が身。それぞれ不要ではない事情もあるだろうし、夜遊びしまくってたとかでもなければ、個人の行動を責めても仕方がない。
感染者が身近にいる前提で消毒など予防しないと。
 
2020/04/02(木)
不可能な程度でなく、相当な自己管理しても感染してしまうほど、都市は深刻な状態だということなのでしょう。注意したいと思います。
どんなに合理的であっても、ある一定数の人は攻撃的であり続けます。ネットの特徴とはいえそれも注意したいです。
 
2020/04/02(木)
経過のところを読んでみると、4日間37.5度以上を満たしていないのに検査してもらっている人ばかりで、それが一般国民と違うというだけ。

東京なんて1000万人以上いるのに1日平均100人も検査していないんだから。
つまり10万人に1人も検査していない東京と、Jリーガーとでは比率が根本的に違う。
 
2020/04/02(木)
本田圭介がイタリアの新型肺炎による死者数の報道に対して、ほとんど80以上の高齢者であるのにマスコミはそのことをきちっと報道しろと言うようなことを言っていたが、このコメントは多くのサッカー関係者が目にしたと思うが若者は心配ないんだというようなニュアンスで捉えた人も多かったのではないかと思う。そんなことも若干影響しているのではと感じた。
 
2020/04/02(木)
現状掛かってる選手って12日にJから発表されたコロナに対しての提言守ってないだろ。酒井はこの時期にわざわざ東京に出向いてカフェで飯食ったりしてたし他の選手も食事会で感染だろ、ただのオフじゃなくてコロナによる影響でのオフなんだから自宅待機するべきだったよねどう考えても
 
2020/04/02(木)
プロスポーツ選手が検査を受けやすい立場にあるだけで多分どの業界、どの業種にもいるでしょうね。警察官とか消防署員とかは感染しても拠点を止められないから公表できないだろうし
 
2020/04/02(木)
>>船津はオフを利用して翌23日に自分が運転する車で再び都内へ向かい

船津は東京で感染したんじゃないか?

酒井高徳のインスタ見るとチームの活動以外は家にこもりっぱなしでは無い感じがするから街に出てたときに感染したんじゃないかな。

完全に感染を防ぐのは無理ってことだね。
3選手とも症状軽いのは良かった。
開幕は既存薬で十分に治療出来るとならない限り今年は厳しそう…。
 
2020/04/02(木)
接触あるなら潜在的感染が表面化するのは自然で
悪化って書き方もおかしい気が

自粛疲れとか言ってる余裕があるのもいつまでか
明日は我が身、危機感とできる対策は心がけたいですね
 
10 2020/04/02(木)
経済を無視していいのであれば、対策は簡単なんだけどね。
まあ誰にでも感染するし、既に感染しているけど症状がないだけかもしれない。
そう考えて行動するしかないけど、実際は難しいわなあ。
 
11 2020/04/02(木)
感染経路が不明な例が多いが、プライバシーを守る為に言わない事も沢山有ると思う。国の危機にも関わらず、自分や関係者を守る為だけに他の人達を危険に晒すのは本当に止めて欲しい。一人の無責任な行動から国家存亡の危機にも成りかねないのだから。
 
12 2020/04/02(木)
ロックダウンもしないし、政府が本気で封鎖に動いてない以上、悪化する可能性が高い。
実際にJリーグ内でも感染者が出ている。
4月中再開は無理だと思う。
 
13 2020/04/02(木)
ここまで国内に広がって、かつ検査も不十分なら遅かれ早かれだと思う。
たまたま高徳や船津だったというだけで。
おそらくここからさらに増える。
今年はもうリーグ戦無理じゃないかな。
 
14 2020/04/02(木)
野球に関してもサッカーに関してもオフでの過ごし方が問題になるケースが出てきているように思えます。
チームがオフまで管理するのはなかなか難しいところではないでしょうか?
外出についての注意など説明していても、結局あとは個人次第だと…。
 
15 2020/04/02(木)
舩津選手は、オフを利用して休息取るのではなく、車で23日に東京に行き24日に前橋に帰ってきたと言う事。
一晩中何をしていたのですか?
かなり防備していたとテレビニュースで言っていたが、安全な車で移動しても一晩中遊んでいたとしたら、それは防備とは言わないかと。

電車で移動している人から、明らかに電車内で感染したという人が出てこないのは、防備している上に、3密での行動をしていないからだと思います。

車で移動して、その後、出歩き不特定多数の人の中にいたとしたら、そりゃ感染します。
 
16 2020/04/02(木)
ほとんどの選手が交通機関でなく自分の車だろうから自宅と練習場の往復だけなら感染のリスクは低い。
接待などの交際で会食や夜の街へと疑わざるをえない。
やはりプロ選手にはもっと危機感を持って行動、生活管理をして欲しい。
 
17 2020/04/02(木)
プロスポーツの選手にとってトレーニングは欠かせない。しかし人が集まれば感染は起こる。この双方の矛盾をどのようにして解決するか?選手個人に任せるのか?チームまたは機構全体で考えるのか?それをはっきりとさせないと基本的には解決されない。
シーズン再開の協議も結構だが、であれば1年間開催できなかった時のことも併せて考えるべきだ。
また一番重要なことは、一度すべてを封鎖して(チームのロックダウン)コロナを断ち切るぐらいの覚悟はないといけないのでは・・・と思う。
 
18 2020/04/02(木) 
もう思い切って今シーズン中止の方が
選手・関係者・サポーターもスッキリするんじゃない?

欧州みたいにリーグ終盤で優勝や残留争いでもめる要素もないしね。

もし仮に夏頃終息するならカップ戦や天皇杯位なら実施可能だし
秋近ければ来シーズンに向けたプレシーズンでもいいでしょう。

マスクして見ず知らずの隣の人を気にしながら応援しても正直
つまらないぞ。
 
19 2020/04/02(木)
遅かれ早かれほとんどの人が罹る。
ハメを外しての罹患でない限り謝る必要も無い。

手洗いうがいを徹底する。
上手く自粛をして経済を殺さず、罹患のスピードを遅くし医療崩壊を防ぐ。
ワクチンや治療薬の早期製品化に期待をする。

我々に出来ることはこれくらいしか無い。
 
20 2020/04/02(木)
選手は何か素行不良で
感染したんじゃなくこれば
謝罪なんてする事はないよね。

今はマスクしていたって感染するとき
誰が感染しても不思議は無い状況。
 
21 2020/04/02(木)
殆ど症状がないか、風邪気味程度でも調べてみると陽性ってパターンか。

これじゃ誰が感染してるかわかったもんじゃねーな。
年寄りや病院での院内感染で露骨に重症化した人が出てから逆算してわかるだけか。
 
23 2020/04/02(木)
十分に気をつけていても、夜遊びしていても感染確率がそれほど変わらないという事実がもうすぐ出てきそうですね。それがわかったらみんなどうするのかな?
ロックダウンした欧州諸国で感染者が増加しているのはなんでかな?ロックダウン失敗している気がしませんか?
あと可能性としては新型コロナのPCRの不出来。新型のどの塩基配列を増幅させているのかしらね。本当にそれって新型だけにしかない配列なの?
もう少しウイルス自体を研究・検討すべきかもね。
 
24 2020/04/02(木)
他人には感染させるくらい感染してても無症状の奴がそこら辺に何人もいるってことか?

それとも感染確認されたけど入院してないからといって外出しまくってる奴がいるってことか?

それとも感染者がいなくてもコロナウイルスがそこら辺にいるってことか?
 
25 2020/04/02(木)
市中感染が普通に起こっている中で、選手が無事ならサッカーの試合を普通にやろうっていう腹がわからんねえ。それなら延期しなくてもいいわけだが。
 
26 2020/04/02(木)
検査をしているから判明しているだけのこと。公表されている数字などにたいした意味はない。
 
27 2020/04/02(木)
PCRはウィルスの有無を判別する検査であって、それが何のウィルスなのはまでは分からないので、PCRで陽性と言われても意味が無い。

さっさとコロナウィルスの検査をして、それから発表してくれ。
 
28 2020/04/02(木)
でもこういったサッカー選手などは早く検査して貰えていいですね! 私も前橋で頭痛から始まり発熱も続いて5日ですがかかりつけ医に行ってと言われそれをすると院内感染おこしたり 逆にもらう事もありますけどと冷たい事を言われました! これで無症状の娘を学校には行かせられないし困ってます!!! 地方ではせめて発熱外来のドライブスルーで検査して貰いたいです! 他の人にどんどん蔓延していってるのではないかと不安になります!
 
29 2020/04/02(木)
Jリーグを代表する立場として…で、村井は人のことを謝っててしっかりしてるけど、その上の立場の田嶋は自分が一番にかかってるからなぁ。
 
30 2020/04/02(木)
スポーツ選手は節制してるからかかりやすいし仕方ないでしょう
というか、1月、2月から既にたくさんいたとみるのが正しい見方だと思う
 
31 2020/04/02(木)
もう全てを防ぐのは無理だし、緩やかに感染が増えるようにするしかない。
政府も最初から諦めてたし。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ