20200324-00372158-usoccer-000-1-view

スポンサード リンク




4月3日のJリーグ再開に向けたJリーグとNPB(日本野球機構)、3人の専門家(ドクター)チームによる新型コロナウイルス対策連絡会議の第4回目が3月23日の午前に行われ、結論としてJリーグとNPBは4月上旬の再開・開幕は断念し、それぞれ18日と24日に再開・開幕を目指すことになった。


冒頭に専門家チームの座長である賀来満夫氏(東北医科薬科大)の見解が全てを物語っていた。

「現状をどう考えているか説明した。3月19日に専門家から提言がまとめられた。現在ヨーロッパではWHO(世界保健機関)がパンデミック(世界的大流行)を宣言。アメリカ、中東もオーバーシュート(感染者の爆発的増加)しているのが現実」

「日本はどうにか押さえ込んでいるが、海外からの帰国者から患者が出ている。クラスター(集団感染)から各地に波及するとメガクラスターになる。これは絶対に避けないといけない」と警告。その上で「大人数が一堂に集まるのは危険。大規模イベントは屋内外を問わず全国から人が集まり、戻るのはリスクが高いと説明した。現段階で早期の開催は危険なので遅らせて欲しいと要望。今後開催には十分な注意と対応を取って判断して欲しい」と延期が必要との理由を説明した。

「感染はゼロリスクにならない」ことも踏まえ、いまだ患者数の増えている現状を考えれば、責任を持って「開催しても大丈夫」と言える専門家は皆無だろう。

続けて三鴨廣重氏(愛知医科大)は「第2案を出すとするなら、海外からの帰国者、高齢者(70~75歳以上)、持病を持っている、タバコを吸う人間は感染の確率が高いと提言したい」と補足した。

こうした専門家の意見を聞きながら、JリーグとNPBでは対応の違いが鮮明になった。NPBは午前の会議を受けて、午後にも球団の代表者会議(ビデオ会議を含む)を開き、斎藤惇コミッショナーは4月24日の開幕を目指すことを12球団で決議した。

一方のJリーグは25日のビデオ会議による実行委員の臨時理事会で4月3日の延期を正式に決定し、4月18日の再開を目指すことを決議する予定だ。即断即決のNPBと2日間のタイムラグがあるJリーグではスピード感が違うものの、これはNPBが12球団に対し、Jリーグは4倍強の56クラブもあるからやむを得ないだろう。

チーム数の違いは準備でも差となって表れる。村井満チェアマンが「準備にも色々あります。物資の方は準備を進めていますが、サーモメーターは56揃えるのは難しく、調達には時間がかかります」と話したのに対し、斎藤コミッショナーは「お互いに譲り合えば間に合う」とそれほど問題視はしていなかった。

それよりもNPBの問題は「チケットの販売をやり直さないといけないので、簡単にはできない」と述べた。恐らく1チームの年間試合数がJリーグより遙かに多いため、混乱が予想されることを想定しての発言だろう。

そして一番大きな違いは「興行の中止で死活問題が起きている。それぞれ行政に期待することは」という質問に対する答えだった。

村井チェアマンは「再開のための3つの提案(密集、密室、密閉を避ける)がありました。こうしたところに知恵を働かせれば、再開できないことはないと考えています。例えばJ3なら大都市ではないため人も密集しない。一律に考えずに丁寧に考えている」と答えた。

一方の斎藤コミッショナーは「命か収益なら命の優先は当たり前。命のプロテクトが第一になる。行政よりも皆で知恵を絞り合って、自分たちでリスクを回避できるか大きなチャレンジをしている。行政ではなく自分たちで考えていきたい」と行政の支援を断る考えを示した。

両氏の言っていることに間違いはない。

ただ、村井チェアマンの発言からは、“弱者に対する配慮"が感じられてならない。恐らくJ3に所属する地方のクラブは資金繰りに苦労が絶えないだろう。加えて地元の飲食業者(スタジアムグルメとスタジアムか最寄り駅の飲食店)や、警備会社のパートタイムやアルバイトなど、多くの非正規雇用者は収入が途絶えて1ヶ月が過ぎようとしている。

Jリーグはホームタウンの住民・行政・企業が三位一体となった支援体制で、その町のコミュニティーとして発展することを理念としている。3者の共存共栄がJリーグの理念でもあるのだ。

しかし斎藤コミッショナーの発言からは、「命の優先」は当然としても、行政や住民への配慮が感じられない。1つにはJの56クラブと違ってNPBの12球団はいずれも大都市にあるため、地元住民の雇用確保という意識が希薄なのかもしれない。

そして地元自治体との関係に関しても、親会社はいずれも大企業だけに、行政からの支援を受けずに球団は存続してきた歴史が影響している可能性もある。

村井チェアマンは、4月18日の再開が難しい場合は、新型コロナウイルスの潜伏期間である2週間後を目安に、5月2日の再開を目指すことになる。専門家チームは「暖かくなればウイルスの活動も沈静化し、湿度も高くなる」と期待を寄せている。

GW(ゴールデンウィーク)には、全国各地のスタジアムで歓声が響くことを期待せずにはいられない。

超WORLDサッカー!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-00372158-usoccer-socc

 

1 2020/03/24(火)
私はJリーグのチームのサポーターだが、NPBが間違っているとか批判する事は全くない。
どちらも立場が違うのだから、開催の是非については意見が相違する部分もある。
どちらのファンも早くリーグが始まるのを楽しみに待っているはず
 
2020/03/24(火) 
記事元的にサッカー寄りになるのはまあ当然だが
基本的に一長一短なんだからどちらが良い悪いで締める問題ではないわな
記事中ではチーム数の関係で致し方ないで終わっているがスピード感があるのは絶対的にプラスだし、一方で数の多さと結びつき方から地域との連携がわかりやすくできるのもプラス
あんまり対立煽りみたいにならないことを願う。
 
2020/03/24(火)
プロ野球とJリーグじゃ試合数も1チームあたりの動員数も球団・クラブ毎の資金力=体力も違う上に
最悪ダブルヘッダーで日程を消化できる野球に対し、サッカーは詰めても週1〜2試合の消化に留まるんだし
各々で対応に差が出るのなんて当たり前だろ

無理矢理にでもJリーグを持ち上げてNPBを貶す意図しか見えない
 
2020/03/24(火)
確かに、JリーグとNPBが一緒に問題解決に向けて情報を共有するのは大切だが、試合間隔も違う、チーム数や経営形態も違うのだから違う結論が出てもおかしくはない。
共に開催(再開)したい気持ちはあるのだから知恵を出し合うのも結構。
ただ、J2J3は本当に切羽詰まっていると思います。その点はNPBと大きく違う。
まず、J3そこからJ2、そして、J1とステップアップすればいい。
野球も2軍は当面試合をするなら、一軍二軍合同でなんとか選手は調整しながら、開幕のチャンスを伺うしかないのではないか?
 
2020/03/24(火)
行政への配慮というより、Jは特にJ2やJ3は行政の協力なしには成り立たないが実情だろう。
実際は行政の力を借りずに済む方がこういう時にこの国ではスピーディに対応できるんだけどね。
後1番の違いはJクラブのほとんどのホームスタジアムは行政の所有物ということ。K1の件ではないが、行政のお墨付きがないとホームゲームができない。
 
2020/03/24(火)
他の方々もおっしゃるように、比べることに意味はない。
スポーツ以外の他の産業も個々の企業も、あるいは個人も、許されている(法に触れぬ)中で生き残るのに必死の時期がすぐ来る。
メディアも試合結果を伝える仕事がなくなり、取材や工夫が必要だが、簡単ではないことがこの記事でよくわかる。
 
2020/03/24(火)
JリーグとNPBのどちらが良くてとちらが悪いとは書いていない。
それぞれの背景が異なるので、同じ専門家委員会の意見を聞いても異なる判断、開催時期となっても、尊重すべきという文脈だと思う。
 Jリーグは実施決めたのになぜNPBは開始しないのかとか、NPBが開始しないのになぜJリーグは開始したのか、との見当違いなことが言われかねないからね。
 
2020/03/24(火)
地域のことを考えるのと地域に依存するのは違うでしょ
無視するのはダメだけど、行政に頼らなくてもいい方が健全な状態なのでは?
 
2020/03/24(火)
村井チェアマンの発言は
「弱者に対する配慮が感じられる。」
斎藤コミッショナーの発言は
「行政や住民への配慮が感じられない。」

その通りだと思う。

しかし、それは以前から分かっていた事。

なので、今回の出来事でプロ野球とJリーグが合同対策会議を開く事には違和感を感じでいました。

Jリーグの弱小クラブにとっては死活問題。

しかし、プロ野球球団にとっても大きな問題のはず。

全体の損失額はプロ野球の方が膨大なはずだ。
 
10 2020/03/24(火)
自分たちで考える=行政への配慮が足りないってどういう理解の仕方なんだ?
 
11 2020/03/24(火)
J全体とNPBを比べられないだろう。
とくに、J3まで抱えているからな。
J3とくらべるなら、独立リーグでは??
 
12 2020/03/24(火)
両者とも妥当な判断をしている
ただそれだけである
 
13 2020/03/24(火)
順風満帆なんかじゃなかった。
加入決定から怪我からのリハビリ。マイナスからのスタート。復帰後は二回にわたるレンタルを経験してる。

それでもサポーターは彼に期待していた。その非凡なるスピードを。非凡なる忍耐と努力、彼の中に眠る可能性と熱い想い。ただ信じてみんなが待っていた。

優勝を語る上で欠かせない選手となるひとりの選手。
輝くために遠回りをしてきた男。

世の中にはうまい選手はたくさんいるだろう。速い選手もたくさんいるだろう。ゴールを量産できる選手は確かにすばらしい。でもそれだけではヒーローに足りない。
ヒーローとは、心に希望をもたらす者だからだ。

サポーターの心に希望と光をもたらした。その努力と苦労の過程を知っているからこそ、ひときわ眩しく見える。
誰よりも遠回りしたからこそつかんだ栄光。MVPと得点王。
 
14 2020/03/24(火)
五輪を今年中に開催するのなら
それと全く関係のない
スポーツ大会には
泣いてもらうしかない
 
15 2020/03/24(火)
記事の最後の方は、なんか書きぶりがよくないと感じた。
 
16 2020/03/24(火)
k-1を見習って強行開催しちゃえよ
 
17 2020/03/24(火)
何をどう言った所で
何か言われる
 
18 2020/03/24(火)
GWには各イベントが再開できるような目処が立って欲しいな!
 
19 2020/03/24(火)
税金での救済は絶対止めてもらいたい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ