20200308-00010021-goal-000-2-view

スポンサード リンク




■今季3ゴール目を記録
 
久保建英の進化が止まらない。

7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節、エイバル対マジョルカ。3試合連続先発を飾った18歳は、試合を通じて輝きを放ち続けると、極めつけは78分。ゴール手前でパスを受け、利き足とは逆の右足で運び、ボックス外から対角線にシュートを流し込んだ。これで今季得点数は「3」に。残留争うビッグマッチで2-1の勝利を呼び込んだ。


そんな久保建英を、スペイン大手紙『as』で試合分析を担当するハビ・ジジェス氏は、「スペシャル」な存在と断言する。では、久保はなぜ特別な存在なのだろうか? 今回は大国スペイン屈指の分析官が、日本が誇る若き至宝を紐解いていく。

文=ハビ・シジェス(Javi Silles)/スペイン紙『as』試合分析担当
翻訳=江間慎一郎

■世界の頂へ
 
世界中の誰もが、久保建英がどんな選手であるかを確認すべき段階にある。類い稀な才能とまだまだ底知れぬ学びの器、しかしながら、すでにあふれんばかりとなっている賢明さと力強さ……。彼はフットボール界の最も高い場所に立つ要素を、これでもかというほど有している。

マジョルカへのレンタル移籍は、ともすればリスクを伴う決断であったのかも知れないが、コパ・アメリカでの活躍とレアル・マドリー移籍の際に生じた期待に、現在の久保はしっかりと応えている。

堅守速攻に重きを置き、攻撃における自発性が足りないビセンテ・モレノ率いるマジョルカの中で、日本人は逞しく壁を乗り越え、この世界の頂に続く道を切り開いているのだ。

■スペシャル

8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節エイバル戦は、久保がレギュラーとして起用され続けている理由が存分に示されていた。モレノが何よりも優先しているのは守備面の規律だが、久保が守備に傾ける意識と労力は、彼の要求にかなうものとなっている。

マジョルカはこの試合で1-5-2-3のシステムを採用。久保はエイバルの左サイドバックで、攻撃面の貢献も大きいホセ・アンヘルに注意を払い続け、自チームの右サイドバック、ポソのカバーを怠らなかった。エイバルはサイドにおける優位性を確保するためにボールを端から端へ動かしていたが、スライドする守備でも気を抜くことはなし。アンヘルを自陣サイド深くまで追い、ポソとの交換でオレジャーナを守備の対象とすることもあった。

ときに突破される場面もあったものの、彼は確かに、マジョルカの堅守の一部だった。この試合のボール奪取数は「5回」。2節前のレアル・ベティス戦ではまだ覚束なさを露呈していたが、今回の守備意識の高さに疑義を挟む余地はなかった。それは試合後、モレノが発した言葉からも読み取ることができる。

「守備的に彼の最高の試合とは言えないかもしれないが、それでも継続的に守備をしていたし、チームのために働いてくれた。彼のクオリティーの高さが発揮されるのは素晴らしいが、もし1ゴールを決めて、3ゴールを奪われたら意味がない。まあ今日は私たちにとって好ましいゴールを決めてくれた。それも美しい形のゴールをね」

モレノにとっては、たとえどんな選手であったとしても、ボールを持っていないときに袖をまくっていなければならない。そして、そうすることができる久保がいるならば、そこでようやく攻撃面でスペシャルな選手を擁せるという恩恵を享受できる。

ただ久保目線から考えれば、マジョルカで自分の持ち味を見せることは決して簡単ではない。チームの特徴的にボールを持つ回数は限られ、ボールを受けてもプレーするスペースは狭く、連係するチームメートも少ないのだから。彼がエイバル戦でボールとともにプレーした回数は、「42回」しかなかった。

しかし、そうした好まざる状況でも日本人のプレーは高い効果性を発揮する。その理由は、彼がスペシャルだからだ。

■果てしない可能性
 
ボールを受ける久保はいつもほかの選手とは違うこと、ほかの選手ではできないことを試みているが、モレノは彼の行うことに理解を示す。その厳格な戦術の中で、久保が鋭い洞察力と動きでもって様々な場所に顔を出すことを許容している。

久保の攻撃における主戦場は右サイド(後にダイアゴナル・ランで中央へ)か、相手のDFとMFのライン間で、いずれにしてもゴールに直結するプレーの実現が目的だ。エイバル戦における久保の個人スタッツはパス成功「9回」、ドリブル突破「3回」、ボールを失ったのが「17回」と、一見すれば目を見張る数字ではないものの、しかしマジョルカというチームで試みているプレーと考えれば致し方ない。それに何よりも、彼の決めたゴールの難易度の高さが、そのプレーのクオリティーを存分に表している。

久保はポソからのパスをエイバルのDFラインの前で待ち受け、ボールを受けると左が切られることを予測。利き足とは逆の右足でボールを蹴り出し、そのまま右足で対角線上にゴールを決め切った。彼には切れ味凄まじい左足のプレーを軸にしながら、ゴールを決める確率を高めるために違うプレーを選択する慧眼、胆力、技術がある。トップと呼ばれる若手、ベテランの選手たちを一緒くたにしても、そうしたことができる存在は数少ない。

私たちが目の前にしている日本人は今季、大きな歩幅で成長を続けており、まだまだ果てしない可能性を感じさせている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00010021-goal-socc&p=1 

 

1 2020/03/08(日)
お、贔屓目なしでこれはよく見てるやんけ。
日本人は概ねこういう評価をしてるよ。日本人で初めて真のワールドクラスに到達する選手として期待して応援してるんだよ。
目標は本人はCLのファイナルでプレーすることらしいが、俺はバロンドールにノミネートされることだと思ってる。代表も弱いから受賞は難しいかもしれんが、3位までに入ってレッドカーペットを歩いての表彰はマジで夢見てる。

2020/03/08(日)
久保ってエリートのようで実は雑草だよね。
バルサで順調かと思いきやまさかの不祥事で帰国。
東京では構想外になりレンタル。
そこから戻って大活躍。
リーガに行ったわいいが、チームと合わず一時ベンチ生活。
しかしここに来てまた大活躍。
壁にぶつかって這い上がって成長してを繰り返している。
この雑草魂を持っているのは久保の強み。
例えば宇佐美にはそれがなかった。

2020/03/08(日)
監督の話を聞くと守備を重視するマジョルカに適応するのを待っていたとも取れるね。マジョルカは久保くんが最適な場所では無いという事前提であえて守備も出来る選手として育て様としたのなら大した監督だとは思う。守備にたいした労力を払う必要のないチームにいきなりより守備を身に付けた事は今後久保くんが更に大きく伸びる為の助けになるかも知れない。

2020/03/08(日)
日本のメッシではなくて、彼以降の選手がブラジルのタケとか、フランスのタケとか言われるくらいの存在に成長して欲しいね。

2020/03/08(日)
前半の走行距離はチーム1番、全体でも2位(差は100m以内)。
ボールもほとんどが久保サイド。
後はエリア内で囲まれて抜け切れない場面があったけど、あそこをゴール出来るか出来ないかでは。
さらに上のチームレベルで見たいってひいき目なしで思えるパフォーマンスでしたよねー!

2020/03/08(日)
久保がスペシャルな天賦の才能の天才なんかでなく、
考えて努力した上でスペシャルな今がある事をプロ数年の挫折と成長力で示し続けている

彼の未来は本当に楽しみ。どうか大きな怪我のないキャリアを

2020/03/08(日)
彼のゲームをこれまで観戦している人であれば、レアルで獲る点の数倍の価値が有ると感じていると思いますね。
その上での“現実”と言う判断だと感じました。
しかも18歳と言う伸び代の大きさが後押ししていく流れも感じます。
一日も早く本家に戻る事が望ましいのでは?

10 2020/03/08(日)
マジョルカの7番とかも素晴らしくて、他もすこぶる良いからもちろん上手いんだけど、動きまくる久保のスタミナが生きる。久保がスタメン定着して相互的にアシスト関係が出来上がれば、更に更にキャリアアップ出来る。久保は日本に来たらダメだね。

12 2020/03/08(日)
日に日にプレーが逞しくなっていて嬉しくなります。息子みたいで!ボール扱いはさすがだけど、しっかりと走り、守備も勇敢になっている。バルサ戦でもタフなプレーを期待します。

13 2020/03/08(日)
>マジョルカで自分の持ち味を見せることは決して簡単ではない。
 チームの特徴的にボールを持つ回数は限られ、
 ボールを受けてもプレーするスペースは狭く、
 連係するチームメートも少ないのだから。

今後レアルでどうなるかアレだが
アジアから世界に出た時の日本代表がアレな感じだし
マジョルカでの経験はとても大きいと思われ…

14 2020/03/08(日)
このチームじゃメッシやクリロナでも15ゴールは厳しいと思う、久保は18歳ながら数字には表せないくらいの働きをしていると思う。

16 2020/03/08(日)
プロとして初めてのスペイン挑戦。18歳で自分の特徴を出してるし本当に凄いね。
チームのスタイルがあれだから試合によって久保にも当たり外れはあるけど、ボールを持った時のプレイは素晴らしいよね。

17 2020/03/08(日)
久保くんの方が自分より歳下ですが、

自分自身でよく考え常に前に進むための努力を惜しまない彼の姿勢にはすごく刺激を受けます。 

気が引き締まる思いです。

19 2020/03/08(日)
これで18歳か。見てるとほんと南米の選手のよう。スラムで育ってサッカーに全てをかけた南米育ちのような闘争心を感じる。スペイン一部のスタメンで、あそこまでゴールに向かう勢いとか迫力。控えめに見ても圧倒的な技術。日本でも思ったけど、一試合ごとの成長速度。これで18歳か。このまま身体も出来上がっていったらと思うと恐ろしいね。

20 2020/03/08(日)
ポソの加入がでかいと思う。
ポソもやりやすそうだし久保もやりやすそう。
マジョルカの選手足元上手くないけど ポソはセビージャから来ただけあって上手いね。

21 2020/03/08(日)
日本人の中で類まれなサッカーセンスやテクニックがあって、かつゴールを奪う能力もある
それを10代でリーガ1年目にして早くも示し始めている事自体とてつもない

22 2020/03/08(日)
マジョルカのスタイルは本当に残念だけどもし残留してポソとクチョが来シーズンもマジョルカでやるなら久保も残ってもいいのかもって最近思う

24 2020/03/08(日)
久保の印象って東京の頃からあまり変わらないんだよな。
元々久保の実力をもってすればあのタイミングでパスを貰えた、それが今回の得点の理由のように思えた

25 2020/03/08(日)
日本人として誇りに思うよ。良い指揮官の元でプレー出来ればなぁ。

28 2020/03/08(日)
久保を観たくて、毎週末が楽しみです。贔屓なしで、日本のメッシくらいじゃ収まらない選手になると思います。

30 2020/03/08(日)
バルサとレアルが奪いあった、初めての日本人
選手。
世界トップに君臨するところを見てみたい

31 2020/03/08(日)
オランダ人止まりの堂安とスペインはリーガ、レアルの久保タケフサ、いずれが東京オリンピック日本代表のエースかは言わずもがな

32 2020/03/08(日)
本当に頑張ってほしい。 
期待しかない

34 2020/03/08(日)
得点に絡んだからいいもののって感じの試合でしたよ。実際の所。
勿論久保のせいではないのだけれどもね、、

35 2020/03/08(日)
マジョルカに行って、失敗なんて言われた時期
もあるけど、結局成功する選手はどこ行っても
成功するんだろうな。

37 2020/03/08(日)
これまでは全く結果を残せず厳しい状況だったが、最近の2ゴールで少し挽回できた。
ここからこれまでの分を取り戻してくれ、クボケンエー。

38 2020/03/08(日)
久保が成長すればするほど、森保と関わらせたくないと思うのは自分だけ?

39 2020/03/08(日)
はやくレアルでの活躍が見たい!

41 2020/03/08(日)
こういう雑音にとらわれることなく
我が道を行ってくれ

42 2020/03/08(日)
何が凄いってオフなく2年近くサッカーやってる事











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ