20191216_Japan_Korea_getty




1: 2020/03/04(水) 20:13:46.67
プレミアリーグ アジア人シーズン成績

1位:ソン・フンミン(韓国) 2016‐17 34試合14ゴール8アシスト 
2位:ソン・フンミン(韓国) 2017‐18 37試合12ゴール6アシスト 
3位:ソン・フンミン(韓国) 2018‐19 31試合12ゴール7アシスト
4位:ソン・フンミン(韓国) 2019‐20 21試合9ゴール8アシスト 
5位:キ・ソンヨン(韓国) 2014‐15 33試合8ゴール1アシスト 
6位:岡崎慎司(日本) 2017‐18 27試合6ゴール3アシスト
6位:香川真司(日本) 2012‐13 20試合6ゴール4アシスト
8位:パク・チソン(韓国) 2006‐07 14試合5ゴール3アシスト
8位:パク・チソン(韓国) 2010‐11 15試合5ゴール3アシスト 
8位:アシュカン・デジャガ(イラン) 2013‐14 22試合5ゴール2アシスト


スポンサード リンク

25: 2020/03/06(金) 08:49:47.62
>>1
韓国のほうが優れてるのはプレミアリーグだけ
リーガ、セリエは日本人の圧勝
ブンデスもチャブンクン一匹に縋ってるが、2010年以降は日本が遥かに上だからな
そもそもリーグ優勝もないブンクン一人程度なら香川と長谷部と奥寺で余裕で圧殺
残り岡崎、内田、清武、大迫、武藤、乾、原口、宏樹、豪徳、細貝、高原… これらに対抗できるプールがあるか?

結局、プレミア以外では日本が圧勝

2: 2020/03/04(水) 20:15:56.77
リーガ・エスパニョーラ アジア人シーズン成績

1位:ジャバド・ネクナム(イラン) 2008‐09 35試合8ゴール
2位:ジャバド・ネクナム(イラン) 2010‐11 26試合6ゴール1アシスト 
3位:ジャバド・ネクナム(イラン) 2011‐12 31試合5ゴール
4位:乾貴士(日本) 2017‐18 34試合5ゴール2アシスト
5位:マスード・ショジャエイ(イラン) 2008‐09 33試合3ゴール8アシスト
5位:乾貴士(日本) 2016‐17 28試合3ゴール4アシスト
5位:乾貴士(日本) 2015‐16 27試合3ゴール4アシスト
5位:パク・チュヨン(韓国) 2012‐13 20試合3ゴール1アシスト
5位:ウー・レイ(中国) 2019‐20 21試合3ゴール
5位:大久保嘉人(日本) 2004‐05 13試合3ゴール

3: 2020/03/04(水) 20:17:41.72
ブンデスリーガ アジア人シーズン成績

1位:チャ・ブングン(韓国) 1985‐86 34試合17ゴール
2位:ヴァヒド・ハシェミアン(イラン) 2003‐04 32試合16ゴール5アシスト 
3位:チャ・ブングン(韓国) 1982‐83 33試合15ゴール
3位:岡崎慎司(日本) 2013‐14 33試合15ゴール1アシスト
5位:香川真司(日本) 2011‐12 31試合13ゴール12アシスト
6位:ソン・フンミン(韓国) 2012‐13 33試合12ゴール2アシスト
6位:チャ・ブングン(韓国) 1983‐84 34試合12ゴール
6位:チャ・ブングン(韓国) 1979‐80 31試合12ゴール
6位:岡崎慎司(日本) 2014‐15 33試合12ゴール6アシスト
10位:ソン・フンミン(韓国) 2014‐15 33試合11ゴール3アシスト
10位:チャ・ブングン(韓国) 1981‐82 31試合11ゴール1アシスト
10位:高原直泰(日本) 2006‐07 30試合11ゴール1アシスト

4: 2020/03/04(水) 20:19:55.19
セリエA アジア人シーズン成績

1位:中田英寿(日本) 1998-99 33試合10ゴール(PK4)4アシスト
2位:森本貴幸(日本) 2008‐09 23試合7ゴール3アシスト 
3位:中村俊輔(日本) 2002‐03 32試合7ゴール(PK5)3アシスト
4位:本田圭佑(日本) 2013‐14 29試合6ゴール4アシスト
5位:森本貴幸(日本) 2009‐10 27試合5ゴール3アシスト 
5位:長友佑都(日本) 2013‐14 34試合5ゴール7アシスト 
6位:中田英寿(日本) 2002-03 31試合4ゴール2アシスト
6位:森本貴幸(日本) 2011-12 18試合4ゴール2アシスト
6位:アン・ジョンファン(韓国) 2000‐01 15試合4ゴール
10位:中田英寿(日本) 1999-00 15試合3ゴール2アシスト

5: 2020/03/04(水) 20:25:14.55
リーグアン アジア人シーズン成績

1位:パク・チュヨン(韓国) 2010‐11 33試合12ゴール1アシスト 
2位:クォン・チャンフン(韓国) 2017‐18 34試合11ゴール3アシスト
3位:パク・チュヨン(韓国) 2009‐10 27試合8ゴール5アシスト
4位:ファン・ウィジョ(韓国) 2019‐20 23試合6ゴール2アシスト
4位:ソク・ヒョンジュン(韓国) 2017‐18 26試合6ゴール
6位:パク・チュヨン(韓国) 2008‐09 31試合5ゴール7アシスト 
6位:松井大輔(日本) 2007‐08 34試合5ゴール6アシスト  
8位:サマン・ゴドス(イラン) 2018‐19 27試合4ゴール4アシスト
8位:ソ・ジョンウォン(韓国) 1997‐98 12試合4ゴール
8位:松井大輔(日本) 2009‐10 29試合4ゴール5アシスト

6: 2020/03/04(水) 20:27:01.63
ポルトガルリーグ アジア人シーズン成績

1位:ソク・ヒョンジュン(韓国) 2015‐16 25試合10ゴール9アシスト 
1位:中島翔哉(日本) 2017‐18 29試合10ゴール12アシスト
3位:メフディ・タレミ(イラン) 2019‐20 19試合7ゴール5アシスト
3位:メフルダド・モハマディ(イラン) 2019‐20 20試合7ゴール6アシスト 
3位:オサマ・ラシド(イラク) 2018‐19 25試合7ゴール6アシスト 
6位:ソク・ヒョンジュン(韓国) 2014‐15 30試合6ゴール
7位:中島翔哉(日本) 2018‐19 13試合5ゴール6アシスト 
8位:田中順也(日本) 2014‐15 17試合5ゴール2アシスト
9位:ソク・ヒョンジュン(韓国) 2012‐13 14試合4ゴール
10位:前田大然(日本) 2019‐20 19試合3ゴール

7: 2020/03/04(水) 22:30:08.59
チャンピオンズリーグ アジア人シーズン成績

1位:ソン・フンミン(韓国)  47試合17ゴール5アシスト
2位:マクシム・シャツキフ(ウズベキスタン) 45試合11ゴール2アシスト 
3位:香川真司(日本) 33試合4ゴール8アシスト
3位:パク・チソン(韓国) 54試合4ゴール3アシスト
3位:サルダル・アズムン(イラン) 12試合4ゴール1アシスト 
6位:ファン・ヒチャン(韓国) 6試合3ゴール5アシスト
6位:本田圭佑(日本) 11試合3ゴール3アシスト 
6位:アリ・ダエイ(イラン) 15試合3ゴール
9位:メフディ・マハダヴィキア(イラン) 11試合2ゴール4アシスト
9位:南野拓実(日本) 6試合2ゴール3アシスト
9位:中村俊輔(日本) 17試合2ゴール3アシスト
9位:ヴラディーミル・マミノフ(ウズベキスタン) 26試合2ゴール

8: 2020/03/05(木) 00:07:33.63
FCポルト

2019-20 
UEFAチャンピオンズリーグ 予備予選3回戦敗退 ← 中島翔哉加入
UEFAヨーロッパリーグ ベスト32 ← 中島翔哉加入

2018‐19
UEFAチャンピオンズリーグ ベスト8

2017‐18
UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16

2016‐17
UEFAチャンピオンズリーグ ベスト16

9: 2020/03/05(木) 00:09:28.23
フランクフルト 2019‐20シーズン

鎌田出場 1201分  4勝4分10敗 26得点 32失点
鎌田欠場 450分  4勝1敗 12得点 5失点

鎌田先発 3勝2分7敗
鎌田先発以外 5勝2分3敗

10: 2020/03/05(木) 00:11:46.39
サウザンプトン 2019‐20シーズン

吉田出場 558分 2勝2分4敗 3得点 18失点
吉田欠場 1440分 7勝2分7敗 31得点 42失点

吉田先発 1勝1分4敗
吉田先発以外 8勝3分7敗

11: 2020/03/05(木) 00:23:21.55
レアル・サラゴサ 2019‐20シーズン

香川出場 1293分 9勝7分6敗 28得点 22失点
香川欠場 1405分 5勝3分 16得点 8失点

香川先発 7勝4分5敗(交代後にチームが勝ち越した3勝含む)
香川先発以外 7勝6分1敗

12: 2020/03/05(木) 01:35:40.92
今節4大リーグ総出場時間0秒だったバカチ〇ンw

14: 2020/03/05(木) 06:00:36.47
W杯グループリーグ敗退&アジア杯惨敗の朝鮮人w

15: 2020/03/05(木) 06:04:58.14
マレーシアやオーストラリアのリーグにすら勝てないKリーグwww

17: 2020/03/05(木) 14:25:06.07
サッカーは自分の子供にさせたくない。
ヘディングで脳細胞が半端なく死ぬ。
岡崎とかとんでもないのことになってる。

18: 2020/03/05(木) 22:45:15.07
欧州4大リーグ 2019‐20シーズン

大迫勇也(ブレーメン)17試合4ゴール1アシスト シュート:29本(枠内:10) 決定率:13.8%
久保建英(マジョルカ)23試合2ゴール3アシスト シュート:27本(枠内:11) 決定率:7.40%
乾貴士(エイバル)19試合1ゴール4アシスト シュート:32本(枠内:8) 決定率:3.12%
鎌田大地(フランクフルト)18試合3アシスト シュート:29本(枠内:9) 決定率:0%
長谷部誠(フランクフルト)15試合 シュート:0本 決定率:0%
武藤嘉紀(ニューカッスル)7試合 シュート:1本(枠内:0) 決定率:0%
南野拓実(リバプール)3試合 シュート:2本(枠内:0) 決定率:0%

2部 
岡崎慎司(ウエスカ)25試合7ゴール シュート:37本(枠内:18) 決定率:18.9%
香川真司(サラゴサ)22試合2ゴール1アシスト シュート:25本(枠内:8) 決定率:8.0%
宮市亮(ザンクトパウリ)23試合1ゴール6アシスト シュート:25本(枠内:10) 決定率:4.0%
柴崎岳(デポルティーボ)17試合2アシスト シュート:9本(枠内:0) 決定率:0%

19: 2020/03/05(木) 22:55:46.22
欧州5大リーグ 降格に導いた日本人リスト

2018‐19 久保裕也(ニュルンベルク) 原口元気(ハノーファー) 浅野拓磨(ハノーファー)
2017‐18 大迫勇也(ケルン) 酒井高徳(ハンブルガーSV) 伊藤達哉(ハンブルガーSV) 川島永嗣(メス)
2015‐16 清武弘嗣(ハノーファー) 山口蛍(ハノーファー) 酒井宏樹(ハノーファー)
2013‐14 清武弘嗣(ニュルンベルク) 長谷部誠(ニュルンベルク)
2012‐13 大前元紀(デュッセルドルフ)
2011‐12 森本貴幸(ノヴァーラ) 槙野智章(ケルン) 松井大輔(ディジョン)

20: 2020/03/05(木) 23:14:28.25
>>19
元々降格圏のチームがほとんどじゃね?

23: 2020/03/06(金) 06:55:51.51
>>19
そりゃJ○P取るチームが降格すんのは当然でしょ

21: 2020/03/05(木) 23:41:53.45
4大下位にすら行けないチ〇ンがなんか言ってんなぁw

最新のリーグ出場時間(4大リーグ)
韓国人
0秒www

22: 2020/03/06(金) 02:07:07.18
犯罪者だらけの焼き豚チ〇ンw

24: 2020/03/06(金) 08:41:26.76
そもそも日本はMFから後ろのポジションも多いんだから単純なゴールアシストでは不利に決まってんじゃん
都合良くFWポジションに優れる自分らに有利なスコアポイントで比較してる時点でお察し
ボランチから後ろは海外組ゼロという哀れな事実を隠すために、執拗にスコアポイントを持ち出してるに過ぎないw もうバレてんだよ

26: 2020/03/06(金) 09:18:33.89
チャブンクン
UEFA杯優勝×2
DFBポカール優勝
キッカー ブンデス年間ベストイレブン (79-80, 85-86)
ビルト  ブンデス年間ベストイレブン (79-80, 85-86)
フランクフルト 通算156試合58ゴール
レバークーゼン 通算215試合63ゴール …通算371試合121ゴール

香川+長谷部+奥寺
ブンデスリーガ優勝×5
DFBポカール優勝×4
キッカー ブンデス年間ベストイレブン (10-11, 11-12, 18-19)
ビルト  ブンデス年間ベストイレブン (11-12, 15-16)
公式選出 ブンデス年間ベストイレブン (15-16)
公式選出 ブンデス前半季ベストイレブン (10-11)
VDV選出 ブンデス年間ベストイレブン (18-19)
キッカー ブンデス年間MVP選手間投票2位 (11-12)
キッカー 攻撃的MF部門1位 (11-12)
公式選出 攻撃的MF部門1位 (15-16)
Transfermarkt.de ブンデス前半季ベストイレブン (15-16)
ESM選 世界年間ベストイレブン (11-12)
ESM選 世界月間ベストイレブン (3回、11-12)
EL チームオブザシーズン (18-19)
ドルトムント 通算216試合60ゴール
フランクフルト 通算197試合2ゴール
ヴォルフスブルク 通算159試合5ゴール
ニュルンベルク 通算14試合0ゴール
ブレーメン 通算190試合12ゴール
FCケルン 通算94試合21ゴール …通算870試合100ゴール

27: 2020/03/06(金) 11:29:22.67
おいおいJ○P必死すぎ
チ〇ン以下の劣等種なだけだろ

28: 2020/03/06(金) 13:40:25.50
欧州4大リーグ アジア人通算成績

1位:チャ・ブングン(韓国) ブンデス:308試合98ゴール5アシスト
2位:ソン・フンミン(韓国) プレミア:151試合51ゴール26アシスト
3位:ソン・フンミン(韓国) ブンデス:135試合41ゴール10アシスト
4位:香川真司(日本) ブンデス:148試合41ゴール37アシスト
5位:ヴァヒド・ハシェミアン(イラン) ブンデス:208試合38ゴール22アシスト
6位:岡崎慎司(日本) ブンデス:128試合37ゴール8アシスト
7位:メフディ・マハダヴィキア(イラン) ブンデス:255試合29ゴール55アシスト
8位:ク・ジャチョル(韓国) ブンデス:211試合28ゴール17アシスト
9位:奥寺康彦(日本) ブンデス:234試合26ゴール3アシスト
10位:高原直泰(日本) ブンデス:135試合25ゴール7アシスト

11位:ジャバド・ネクナム(イラン) ラ・リーガ:149試合24ゴール1アシスト
12位:中田英寿(日本) セリエA:182試合24ゴール19アシスト
13位:大迫勇也(日本) ブンデス:146試合22ゴール19アシスト
14位:武藤嘉紀(日本) ブンデス:66試合20ゴール10アシスト
15位:森本貴幸(日本) セリエA:104試合19ゴール9アシスト
16位:アリ・ダエイ(イラン) ブンデス:107試合19ゴール6アシスト
17位:パク・チソン(韓国) プレミア:154試合19ゴール21アシスト
18位:アシュカン・デジャガ(イラン) ブンデス:158試合19ゴール22アシスト
19位:清武弘嗣(日本) ブンデス:117試合17ゴール30アシスト
20位:キ・ソンヨン(韓国) プレミア:187試合15ゴール9アシスト

29: 2020/03/07(土) 04:20:04.09
FWだけが有利な数字を載せられてもなw
韓国はMFから後方はカスしかいないだろうに
ソンフンミンが衰えたら韓国は本格的に終わるよねw

32: 2020/03/07(土) 16:36:30.30
『キッカー』2019‐20シーズン採点

クォン・チャンフン(フライブルク)採点:3.25
長谷部誠(フランクフルト)採点:3.73
鎌田大地(フランクフルト)採点:3.93
大迫勇也(ブレーメン)採点:4.07

イ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)採点:3.08
遠藤航(シュトゥットガルト)採点:3.18
チェ・キョンロク(カールスルーエ)採点:3.60
イ・チ〇ンヨン(ボーフム)採点:3.67
原口元気(ハノーファー)採点:3.68
ソ・ヨンジェ(ホルシュタイン・キール)採点:3.75
宮市亮(ザンクトパウリ)採点:3.76
ペク・スンホ(ダルムシュタット)採点:4.06

引用元: http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/eleven/1583320426/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ