20200305-00371190-usoccer-000-2-view[1]

スポンサード リンク

ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が、今季限りで同クラブからの退団を検討しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。

契約満了となる昨年末のタイミングでロサンゼルス・ギャラクシーを去ったイブラヒモビッチは今年1月、約7年半ぶりにミラン復帰。それ以降、チームが消化したセリエA8試合で4勝3分け1敗の戦績が物語るとおり、ここまで公式戦9試合3得点1アシストを記録する年齢を感じさせないプレーと別格の存在感で多大なる影響力を発揮している。しかし、そのイブラヒモビッチとミランの契約期間は1年間の延長オプションが付随した今季終了までしかなく、今後の動向に注目が集まっている。

そうしたなか、ミランでは現在、来シーズンからの新指揮官を巡ってイバン・ガジディスCEO(最高経営責任者)と、チーフ・フットボール・オフィサーを務めるズボニミール・ボバン氏の関係が悪化。修復不可能な状態となっておりボバン氏は今シーズンをもってクラブを去ることが決定的な状況となっている。また、テクニカルディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏も来季以降の権限の弱体化が見込まれており、ボバン氏と共にクラブを去る可能性が高いという。

これを受け、『トゥットスポルト』はミラン復帰の際に尽力したボバン氏、マルディーニ氏と共にイブラヒモビッチも今夏にクラブを離れる可能性があると伝えている。また、同紙によれば、イブラヒモビッチの代理人を務めるミノ・ライオラ氏も2018年夏に前オーナーであるヨンホン・リー氏からミランの所有権を引き継いだアメリカの投資家グループの『エリオット・マネジメント』に不信感を抱いており、イブラヒモビッチの移籍に向けて新たな選択肢の模索を始めているという。

なお、“イブラ復帰効果”もあり、復調を見せているミランだが、フロントのお家騒動で“キング”を失うこととなれば、来シーズンも厳しい戦いとなりそうだ。

超WORLDサッカー!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-00371190-usoccer-socc



1 2020/03/05(木)
過去の成功の燃えかすをとっかえひっかえして何度また火を付けようとしたところで、フロント含めたクラブが一枚岩にならない限りは一時の火種で終わるよ

2 2020/03/05(木)

せっかく帰ってきてくれたのに、イブラほんとごめん…て感じだわ…

3 2020/03/05(木)

Jリーグでお待ちしています

4 2020/03/05(木)

元同僚って?
今も同僚だろ?

5 2020/03/05(木)

フロントの老害を総入れ替えする事が最大の補強だな…いい加減強いミラン帰って来てくれ

6 2020/03/05(木)

まずはガジディスが消えろ







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ