20200214-00010001-wordleafs-000-4-view[1]

スポンサード リンク




 ブラジルの古豪ボタフォゴへ加入した元日本代表MF本田圭佑(33)が1月に立ち上げ、今春から東京都社会人サッカーリーグ4部に参戦する『One Tokyo』の監督に、陸上・十種競技の元日本チャンピオンで、現在はタレントとして活躍する武井壮氏(46)が就任することが決まった。

 本田が13日夜に更新した自身のツイッター(@kskgroup2017)へ<@OneTokyoFCの初代監督は百獣の王@sosotakeiに決定!>と投稿。芸能界におけるニックネームを介して紹介された武井氏も、直後に自身のツイッターで所信をつぶやいている。

 <サッカー経験者ではありませんが、さまざまな能力を持ったメンバー達のサポートを活かしてチームにエネルギーと新たなビジョン、モチベーションを与えられる監督になりたいです!!みなさんよろしくお願いします!!>

 先月下旬に都内でトライアウトを実施するなど、すべてをゼロベースから立ち上げたOne Tokyoにおいて、監督人事は注目の的だった。誰が任されるのかと思われていたなかで、One Tokyoの公式ツイッター(@OneTokyoFC)へ12日になって、こんなつぶやきが投稿されていた。

 <オンラインサロンで、監督選挙を行っております!立候補者は以下の通りです。(中略)投票締め切りは明日15:00です!>

 続いて記された7人の立候補者のなかに、武井氏の名前があった。匿名掲示板『2ちゃんねる』の開設者・西村博之氏や本田自身も含まれていたが、ボタフォゴの現役選手との二足の草鞋を履くのは現実問題として不可能だからか、本田の名前の後には「辞退」の二文字が記されていた。

 One Tokyoの創設にあたって、本田は関わる全員が参加するオープンなクラブ経営を掲げている。時間的な問題もあって初年度の選手こそ運営側の主導で決めたが、クラブエンブレムおよびユニフォームの選定や監督人事など、クラブ運営に関する決めごとはすべて選挙が実施される。

 選挙への投票権をもつのはサロンメンバーで、現時点では月額5万円のプレミアム会員、同1万円のベーシック会員の2種類が設定されている。収益はすべてクラブ経営資金にあてられる仕組みになっていて、スポンサーによる支援に依存しすぎない経営を目指すことも謳われている。

 そうしたなかで実施された選挙で初代監督に選出された武井氏は、日本サッカー協会(JFA)が認定する指導者の資格、いわゆるライセンスを取得していない。もっとも、東京都社会人サッカー連盟が定める連盟概要の参加条件には、ライセンスの有無を含めた監督の資格は明記されていない。

 武井氏の監督就任は問題ないと思われる一方で、本田自身はJFAが定めるライセンス制度へ、以前から疑問を投げかけていた。たとえば講習会の受講資格などが厳しく設定され、取得するまでに時間もかかる最上位の公認S級ライセンスへ、2017年7月のツイッターでこうつぶやいている。

<サッカーの指導ライセンスについて。指導テストなど別に必要ない。必要最低限のルールテストで合格すればS級を渡すべきで、その方が絶対にサッカー界にとって有益なんです。そもそも指導法に正解なんてないんですから。1人では何も変えられないので皆でルールを変えましょうよ。>

 ロシアワールドカップ後にフル代表を事実上引退。メルボルン・ビクトリーFC(オーストラリア)へ移籍すると同時にカンボジア代表の実質的な監督に就任し、1年あまりがたった昨年9月には、ライセンス制度に対して再びこんなツイートを投稿している。

<何度でも言いたい。プロの監督になるためのライセンスなんていらない。どう考えてもこの制度は本質からズレてる。プロの経営者になるのにライセンスが必要ですか?>

 そして、他のサロンメンバーと対等な立場で、本田も一票を投じたなかで武井氏が選ばれた。所信を表明した前出のツイートを引用しながら、本田は武井氏がもたらす新たな価値をこうツイートした。

<サッカー経験者じゃないけど、サッカーが好きな人にとっては大きな希望ですよね。これで成功したらJ1のクラブからオファー来たりして。>

 その際には<#ライセンスのことは知ってる><#だからルールを変えよう>と2つのハッシュタグも付記されている。ツイッターのユーザー間でライセンス制度への関心や話題を共有することが図られている点で、JFAに対する本田からの強烈なアンチテーゼにも映る。

 東京都中央区を登録エリアとするするOne Tokyoの代表者には、本田のビジネスパートナーを長く担ってきた鈴木良介氏が就任。さらにはツイッターに送られたダイレクトメッセージに共感し、実際に会った大学生の奥山大氏を運営責任者にすえた理由を、本田はブラジルへ発つ前にこう説明している。

「長文だったダイレクトメッセージの最初の3、4行だけ読んで、全部読もうと思えたのがスタートです。非常に面白い子だなと思って実際にお会いさせていただいて、このチームの運営スタイルにぴったりのキャラクターの持ち主だと思いました。自分のなかではほぼ即決でしたね」

 トライアウトの合格者のなかには、フォワードとして挑戦した幻冬舎の編集者、箕輪厚介氏(34)が含まれていることを、箕輪氏自身がツイッターで明かしている。そして、奥山氏が就任後に立ち上げたオンラインサロンでの選挙で初代監督に選ばれた武井氏は、さらにこんなツイートを投稿している。

<まずなにから着手しようかひたすら考えよう。。選手には彼らの技術をさらに上積みできる身体の動かし方をまず伝えていこう。そしてチームをビッグクラブのような活動ができるようなビジョンと活動を提案していこう。さらに選手を有名にする手助けは誰よりもできるはずだ。。>

 監督の人選などを含めて、既成概念を覆す挑戦を続けるOne Tokyoへ、インターネット上では当然ながら賛否両論が湧きあがっている。

 図らずも注目を集める状況を楽しんでいるかのように、本田は日付が14日に変わった直後に、武井氏の2度目のツイートへ、地球の裏側から<No doubt.(確かに)>と短く、そして力強いメッセージを送っている。
(ツイートはすべて原文のまま)

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010001-wordleafs-socc



1 2020/02/14(金)
選手として頑張ってほしい。けど、実業家としては手腕もゼロではないと思う。まずはインパクト。武井さんはスポーツ経験もあるし、体作りも素人ではないと思う。ゴリゴリのサッカー経験者より、いろんな人が参加できるという象徴としては、知名度も合って面白い人選。すこし応援したくなるし、この先を楽しみにしてみたい。

2 2020/02/14(金)
始めるのは簡単。
金と熱意があれば。
続ける事が大事。
3年持つかどうか....

3 2020/02/14(金)
監督選びを投票制とかは好きにどうぞって感じなんだが、立候補した人は、こういったチームを作る・こういう戦術でやるとかという、プレゼンの動画とかをオンラインサロンで流したりするのかな。
それしないで、この中から選んで。
ってなったら、ただの人気投票だな。

4 2020/02/14(金)
ライセンスを取ってからライセンス制度を破壊しないと説得力ないんだよね
なぜならその制度を深く知らないまま我儘を言っているのと区別がつかないから

5 2020/02/14(金)
単なる仲良しクラブなら好きにしたら?だけど、上を目指すチームの監督はあり得ない。
監督一つでどれだけチームが変わるのかはプロならわかるだろうに。
ライセンス制度も本気で監督やるなら難しいハードルではない。要するにこいつは本気じゃないから文句を言っているだけ。

6 2020/02/14(金)
本田は実業家として話題性を求めた。
という事。
耳目を引くためには正解だと思う。
個人的には本業に専念して欲しいが

7 2020/02/14(金)
監督のライセンスは、大変でも取得してから物言いはした方がいいかなと思います
きっと説得力が違いますよ

8 2020/02/14(金)
選手で編集者の箕輪とか監督で元アスリートだけど芸能人の武井とかを選んでしまってる時点で完全にキワモノ扱いになっちゃうと思うんだけどな。

9 2020/02/14(金)
まぁ上手くいかんでしょ
毎日戦っている現場が、試合しかみてないサポに振り回されるだけ。
洗練された人だけ入れるならまだしも、世の中ズレてる人なんていっぱいいるし

11 2020/02/14(金)
『プロの経営者になるのにライセンスが必要ですか?』
監督と経営者は大局では同じかもしれないけど、役割が違う。

12 2020/02/14(金)
全く新しいクラブだから全員で作り上げようって雰囲気だからトライはできるね。
具体的なコーチングはスタッフにやらせて武井さんは何するんだろう?

13 2020/02/14(金)
決断力とモチベーションのあげ方に秀でた人間だったらいいんじゃないかと思う。
新しい試みはちょっとワクワクする。

14 2020/02/14(金)
経営者になるにはライセンスはいらないが、ライセンスや資格がないとできない仕事は世の中にゴマンとあるよ。

15 2020/02/14(金)
特に世間に迷惑かけてるわけでもないのに
新しい事、変わった事にチャレンジする人間を叩く輩は
なんか哀れだね。
何事もやってみなければ分からないんだよ。

16 2020/02/14(金)
ブラジルW杯で「批判は終わってからいくらでも受ける」と言いながら、
終わったら一人だけ会見に参加せずコソコソ逃げた本田さんがなんだって?

17 2020/02/14(金)
全てがうまくいくとは思わないけど、今後どうなっていくかが楽しみです。応援してます。

18 2020/02/14(金)
戦術担当や分析担当、スカウト担当など各分野のプロが集うなら全然良いと思う。監督はあくまでそれらのまとめ役な訳で、モチベーター的な役割が果たせるならそれで十分。
武井壮ならフィジカルコーチのような役割も担えると思うし、変に固定概念がない分、欧州のサッカーをしっかり勉強してくれそう。
どっかの代表監督と違ってね。

19 2020/02/14(金)
ライセンス要らないとか、ただのクレーマーにしか聞こえない。。。説得力ない。

20 2020/02/14(金)
J1の監督だって日本人で誰よりサッカーに詳しいはずなのに無能無能言われるし
継続的にスターを排出してるクラブや高校も無い、どちらかと言えばその子の才能任せだし、チーム単位で強くなる事はあっても
代表や、欧州で個人となればからっきしだったりする
日本人が開発した革新的な戦術なんてもんも無い
日本人が欧州と同じようにサッカーにアプローチしても仕方ない面は多い。
そもそもサッカーはコレが正しいなんて言えるのはペップ見たいな一部の超一流監督だけで、
どんな名将もクラブが、変わればボロボロになっちゃうのもザラにある。
ダメで当たり前だけど
何かが起こるかもしれない
こういうリスク度外視のバカが出来るのは大きいよ

21 2020/02/14(金)
面白い試みだとは思う。
ライセンス云々の話は最低限のスキル(ルールや戦術)が備わっていれば個人的にはOKで、あとは指導者側の上積み(個性)で良いかなと。
ちなみに今の日本サッカーはフィジカルに関する認識や意識が足りないと思う。
そもそも筋トレや体幹=フィジカルと思っている人が多いのが問題。きちんと身体を正しく使えていれば基本的に必要な部位に筋肉がつくから、そういう意味で武井壮のチョイスは発想を変えてくれる可能性を感じる。
※フィジカルの代表格であるロナウドは元々身体を正しく使える上にバランスを崩さないように激しいトレーニングで更にパフォーマンスを上げたが、使えていない選手が筋トレだけしても残念ながら意味がない!

22 2020/02/14(金)
本当、口とsnsだけはよく動く。
何一つ結果を出せてないのに、ある意味すごいわ。

23 2020/02/14(金)
野人岡野が通ってた高校のサッカー部みたいに、無茶苦茶弱いところから始まって、最終的めっちゃ強くなったら面白い。
いつかJのチームとガチでやってくれ!

24 2020/02/14(金)
わかりやすい、走り出しのメディア戦略
どんだけヤフーのトップ記事になれるかってとこ
今のところ順調ですね♪

25 2020/02/14(金)
〉プロの経営者になるのにライセンスが必要ですか?
経営者の大半が失敗するけどね。

26 2020/02/14(金)
趣味で遊びの範疇でやってるならいいんじゃない?

27 2020/02/14(金)
普通に面白いと思うよ。社会貢献ともいえる。本田さんは根っからのセレブで、社会的責任も存分に果たしてる。本田△

28 2020/02/14(金)
監督は戦術家である必要はない。
だから武井くんでも問題ない。

29 2020/02/14(金)
いいんじゃないですか。
ただの草サッカーの話です。

30 2020/02/14(金)
コーチがしっかりしてればいいんじゃない。

31 2020/02/14(金)
本田も選手としてやればいい。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ