20200203-00360565-footballc-000-6-view[1]

スポンサード リンク




2020年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回フットボールチャンネルでは18クラブの評価を紹介する。

■全18クラブの評価は?

◆A評価

横浜F・マリノス(2019シーズン:1位)

 昨季の優勝を支えた爆発的な攻撃力は健在。今季はそこに水沼宏太やオナイウ阿道ら新たな実力者が加わっており、陣容は豪華だと言えるだろう。アンジェ・ポステコグルー体制3年目ということで、チーム戦術の浸透も申し分ないはず。J1リーグ連覇のみならず、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)などでの上位進出にも大きな期待感が抱ける。

FC東京(2019シーズン:2位)

 昨季は惜しくも2位という結果に終わったが、揃える人材はやはり豪華だ。新戦力もレアンドロ、アダイウトン、ジョアン・オマリと申し分なく、昨季の主力もおおむね残留を果たしている。渡辺剛や田川亨介といった若手の成長も楽しみなところ。今季は4-3-3という新システムを試すことが濃厚だが、このあたりの成熟度が上位進出のカギを握るかもしれない。

鹿島アントラーズ(2019シーズン:3位)

 各ポジションにレギュラークラスの選手を2人以上揃え、ベテランと若手のバランスもいい。セルジーニョが抜けたのは痛手だが、彼の場合は昨年からずっと移籍の噂がくすぶっていたうえ、代役となりうる選手も確保できている。ザーゴ監督の戦術が浸透し、新戦力の多いチームが組織として噛み合えば総合力はJ1屈指だろう。覇権奪回に向けて必要な駒が揃った感がある。

◆B評価

川崎フロンターレ(2019シーズン:4位)

 チーム全体の総合力ではややマイナスも、上位を狙える力は十分にある。新陳代謝を進めて若手が増えたことで競争が喚起されるのは間違いなく、これまでの主力選手たちもうかうかしていられない。新システムとともに競争力を高めていきたいところだ。そして何よりも待ち望まれるのは、大黒柱・中村憲剛の完全復活である。

セレッソ大阪(2019シーズン:5位)

 ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を迎えた昨季は5位と奮闘。自慢の守備力は今季も健在であり、攻撃力のアップが上位進出へのカギとなるだろう。しかし、ソウザと水沼宏太といった主力が抜けたのは大きな痛手となるはず。豊川雄太、小池裕太といった楽しみな存在が新たな戦力になったが、横浜F・マリノスや鹿島アントラーズといったクラブに比べると総合力は落ちる。トップ3入りは厳しいと言えるだろう。

ヴィッセル神戸(2019シーズン:8位)

 昨季は前半戦こそ低迷したものの、トルステン・フィンク監督就任後に見事立て直した。今季はダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキといった選手が抜けたものの、ドウグラスや菊池流帆らを獲得。陣容だけを見ればJ1でも屈指のものがある。2020シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦う中で日程との勝負も付いてくるが、3バックの成熟がさらに進めば上位進出も夢ではない。

名古屋グランパス(2019シーズン:13位)

 監督交代を行った昨季は13位と不完全燃焼に終わった。しかし、今季は阿部浩之、山﨑凌吾、稲垣祥らJ1での実績十分な選手を補強。昨季終盤より指揮を執るマッシモ・フィッカデンティ監督の求める人材を的確に確保できたと言えるだろう。ジョー、ガブリエル・シャビエルらを擁する攻撃陣はもちろん豪華だが、チーム全体の運動量を上げ、守備力の強化をどこまで伸ばしていけるかがポイントだ。

◆C評価

サンフレッチェ広島(2019シーズン:6位)

 2018シーズンは2位につけたものの、昨季は6位。森島司、東俊希、松本泰志、荒木隼人ら若手選手の台頭はあったが、安定感を欠く1年となった。今季は城福浩監督体制3年目になり、引き続き若手選手の活躍には期待できるが、昨季のパフォーマンスを継続という形になればAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏にギリギリ入れるかどうかというラインだろう。自分たちのスタイルを発揮しつつ、相手の対策を上回る力が求められる。

ガンバ大阪(2019シーズン:7位)

 昨季の主力選手はおおむね残留。宇佐美貴史とアデミウソンのコンビはJリーグでも屈指の破壊力を持っており、近年の成長が著しい小野瀬康介なども引き続き頼もしい存在となるだろう。一方で改善しなければならないのはDF。3バックをベースとするのであれば、現戦力ではやはり不安が残る。噂の出ている昌子源の獲得が成功すれば、C評価にも変化が生まれる可能性はあるが…。

北海道コンサドーレ札幌(2019シーズン:10位)

 昨季は10位で、開幕前の時点で大きな戦力アップもしていない。J1でのポジションを上げるには、ペトロヴィッチ監督が求めるサッカーを熟成させ、組織の完成度を高めるしかない。すでにベースの出来上がったチームに知将がどんな要素を注入し、新たな化学反応を促すか注目だ。

柏レイソル(2019シーズン:1位/J2)

 新たに獲得した選手たちの実力は確かだが、J1優勝を狙えるようなトップクラスのタレントが揃っているわけではない。複数の大会を並行して戦う中で、競争を促しながら手堅く戦っていくネルシーニョ監督がどんな采配を見せるか。ポジション争いが激しくなるとともに選手個々の成長が見られれば、J1昇格初年度で優勝を果たした2011年の再現とはならずとも、上位進出も狙っていける可能性はある。

◆D評価

大分トリニータ(2019シーズン:9位)

 3-4-2-1のシステムでGKも積極的にビルドアップに参加するスタイルはJ1でも存在感を放った。昨季は最終的に9位という順位も、J1昇格1年目と考えれば十分な出来だろう。今季はそこに野村直輝、町田也真人、渡大生なども加わっており、引き続き注目度は高い。しかし、特殊なスタイルへの相手の対策も進んでいるのは確か。そこを上回れなければ、昨季以上の苦戦は逃れられないだろう。

ベガルタ仙台(2019シーズン:11位)

 吉野恭平や赤﨑秀平はチームに層の厚みをもたらしてくれるだろう。一方で、ブラジルから来たパラやポルトガルから来たゲデスがどれだけ活躍するかは未知数。昨季のシマオ・マテやスウォビィクのような活躍ができれば、順位表の上半分に挑むことも可能だろう。

清水エスパルス(2019シーズン:12位)

 ネト・ヴォルピ、ティーラシン、ヴァウドといった楽しみな外国人選手は加わったものの、松原后、ドウグラスの抜けた穴はやはり大きいと言わざるを得ない。とくにドウグラスの存在は清水において別格と言っても過言ではなく、昨季の成績を考えても彼以上の力を持つ選手が出てこなければ苦戦は免れない。残留はもちろん果たしたいところだが、トップ10入りも厳しいのが現状か。

浦和レッズ(2019シーズン:14位)

 Jリーグでも屈指の実力を持つ選手を揃えたものの、昨季は組織としての脆さを露呈し14位と低迷。今季も大槻毅監督の下で戦うことになるが、2019シーズン以上の上積みは期待できない。即戦力級の補強はレオナルドとトーマス・デンのみで、攻守両面において主力の年齢も高くなっている。指揮官の采配等、問題点は山積みであり、新シーズンに向けても不安は募る。

◆E評価

サガン鳥栖(2019シーズン:15位)

 フェルナンド・トーレス、イサック・クエンカ、小野裕二と攻撃陣の主力がいなくなり、このあたりはやはり大きな痛手となるはずだ。攻守両面においてストロングポイントは少なく、今季も残留争いに巻き込まれることが予想される。粘り強さはあるものの、全体的な戦力アップに成功しているとは言えず、降格の可能性も決して低くはない。

湘南ベルマーレ(2019シーズン:16位)

 谷晃生、岩崎悠人などの若手選手を補強したものの、杉岡大暉、山根視来、山﨑凌吾といった主力を抜かれたのは大ダメージだ。昨季は終盤戦に粘り強さを見せなんとか残留を果たしたものの、全体的な戦力はそれほど高くはない。ベースとなっている3-4-2-1システムも徐々に脆さを露呈するようになってきており、今季も残留が第一目標。厳しいシーズンとなりそうだ。

横浜FC(2019シーズン:2位/J2)

 2020シーズンはJ1復帰1年目になるが、やはり目標は残留ということになるだろう。一美和成、六反勇治、手塚康平などを補強したものの、全体の戦力的にはそれほど高くはない。J1での実績も十分な下平隆宏監督の手腕は気になるところではあるが、2020シーズンは忍耐力がキーワードとなるだろう。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00360565-footballc-socc



1 2020/02/06(木)
A評価が昨年の1位~3位か…妥当というか、クソつまらない評価だな。
個人的にはJ1復帰2年目の大分とクラモフスキーを監督に据えた清水に注目だな!

2 2020/02/06(木)
戦力評価てか去年の順位で並べただけじゃん

3 2020/02/06(木)
毎年、こういう予想は終わってみれば大外れが多いんですが、それでも、シーズン前のお楽しみ。
個人的には去年上手く行ったチームがスイスイ行くとは思えないです。
ハイプレスとか4-3-3とか攻撃的なフレーズが飛び交っていて、どのチームが上手く行ったり、あるいは、上手くいかないのか楽しみです。

4 2020/02/06(木)
A評価が昨シーズンの1~3位って。。。
そんなの素人でも予想できる。
しかも、中位がだいたいBで、下位がC。
クソ過ぎる。。。
違う目線や情報、期待度など
記事にして評価してほしい。

5 2020/02/06(木)
神戸やガンバは、もうちょっと大胆にAとかで評価しないと面白くない。
鹿島は不安要素がかなりあるのに本当にAなのか?

6 2020/02/06(木)
このメディアが昨年付けたA評価は川崎、浦和、神戸。
B評価が鹿島、広島、G大阪、C評価が札幌、F東京、横浜FM、清水、C大阪、湘南、D評価が仙台、磐田、名古屋、大分、E評価が松本、鳥栖。
Jリーグの順位予想や戦力評価はホントに難しいですよね。
TOP6で3クラブ(鹿島、川崎、広島)的中は当たっている方なのかもしれませんが、メディアや評論家は順位予想しない方がいいのかも。

7 2020/02/06(木)
自分はマリノスファンですが、昨シーズン前の評価との落差に笑ってしまいました。戦力的にはそんなに大きな変化はなかったはずですが。
個人的には主観に頼った「評価」より、各クラブの総年俸だとか、今冬に強化に幾らお金を使ったかとか、そういう記事が見たいですね。

8 2020/02/06(木)
予想が難しいリーグ
始まってみないとわからないリーグ
戦力が拮抗しているリーグ
そんな評価がJリーグにはありますが
ちょっとしたことでシーズンの順位が変わるというのは、
ある意味で、まだまだJリーグは黎明期ということなのかも知れませんね
まぁ、それはそれで楽しいからいいですけど

9 2020/02/06(木)
名古屋は、毎年、事前の評価は高いんだよな。
スタートダッシュにも成功するんだけど、あとはしりすぼみ。
監督が変わってどうなるか。
今年ダメなら、今後も難しいだろうな。
お金はあるし、強くなる素養はあるんだろうが。

10 2020/02/06(木)
レイソルはDF以外はトップクラスの選手揃えてると思うけどな。
レイソルのメンツで「トップクラスが揃っていない」と言うならA評価の鹿島とかも揃ってないのでは。明確に鹿島のほうが上なのはDFラインくらいでしょ。

11 2020/02/06(木)
去年と同じような順位が2年連続となる筈がない。
毎年ガラリと順位が入れ変わるのが近年のJリーグの傾向

12 2020/02/06(木)
だいたいこの手の開幕前ひょうかなんてあてにならん。高評価のチームが残留争いに巻き込まれることもよくあることだし、逆もしかり。数年前に柏が昇格後即優勝したときの日本人戦力も優勝までいけるメンバーとはなかなか思わなかった。蓋開けてみてのお楽しみ〜

13 2020/02/06(木)
たいがいこういう評価出すとA評価もらうチームはだいたい降格争い巻き込まれるけどなw逆にE評価の鳥栖とか普通にACL圏内突っ込んできたりとかなwまったく分からないのがJリーグでもあるからそこもまた楽しみだけどね。

14 2020/02/06(木)
神戸とガンバは乗ってきたらかなり強そう。特に神戸は昨年後半からフィンク監督の采配が素晴らしかった。今までのように大崩れはしないとみています。
一方ガンバはメンタルの部分で左右されそう。開幕直後に勢いがつけばかなり強いし、選手層が厚い。鹿島はよくわからないですが、今までとは明らかに雰囲気が違うのはわかります。川崎もかつての圧倒的なうまさはないような‥‥。逆に浦和と清水は練習を頑張って巻き返すような気がします。

15 2020/02/06(木)
この程度の予想なら素人でもできるね。
昨季でいえば、浦和が低迷、神戸が苦戦したりと蓋を開けてみなければわからない部分はある。個人的には、なぜかこの記事でA評価の鹿島にはいろいろな意味で注目している。

16 2020/02/06(木)
A評価の鹿島はリーグ前半戦再構築に費やすだろ。リーグ後半戦から来季に向けてって感じじゃないか?
B評価の名古屋も、フィッカってちょっと上手く行けば優勝争いにも絡む期待持てそうみたいな監督じゃないだろ。
B評価には順調に歯車が噛み合えば優勝争いも見えるみたいなクラブが来ると思うけどな。G阪とか。

17 2020/02/06(木)

ダークホースの柏がどこまでやれるか。
主力抜かれまくった湘南や若手が多く未知数な横浜Fは悪い予想を裏切れるのか。
浦和や名古屋は資金力にあった順位になれるのか。
昨期上位クラブの、若手のオリンピック参戦やACLの影響は。
戦国Jなので、予想を裏切られること前提の無難なクソ記事かくのなら
もっと面白い事話してよ。移籍記事ばっかり妄想しやがって。

18 2020/02/06(木)
試合見ずに、選手の顔ぶれだけで評価したらこんなもの。
後は、各チームの新外国人選手の当たり外れで変わってくる。
昨年のマリノスは外国人選手が大当たりして優勝だからね。

19 2020/02/06(木)
面白い実験をしてみた
昨年と今年の予想をそれぞれA=5~E=1とし、昨年の各クラブの勝ち点と相関性を見てみたら、双方かなり無相関にに近いが、今年の予想の方が昨年勝ち点と相関性が強い、つまり昨年の順位で補正しただけって結果が出た。
そしてさらに驚くべきことに、2018年の順位で何も考えずA~Eを
この昨年予想と同じ個数でならべたら最も相関性が高かった。
つまりこの予想は、前年成績表よりあてなならないとの結果が出た。

20 2020/02/06(木)
鳥栖サポです。
正直、クエンカ、小野は痛い。。。
でもユースからの昇格組や新卒が
活きがいいのと、仙台のレジェンドが
加入してくれた事が個人的には期待してます。
今年も絶対残留❋毎年言ってる。。。

21 2020/02/06(木)
毎回外すフットボールチャンネル様の
逆予想!
うちはE評価だが、だいたい始まると
C評価くらいのチームになってる。
他の皆さんのチームも恐らく外しますよ。
低評価のチームは反発しつつ見返して
やりましょう!
高評価のチームは、穴がないか確認
してみましょう。
そこにこの予想の最大の価値がありますよ。
あるチームのサポより。

22 2020/02/06(木)
ACL日程が初めて入ってくる東京と神戸はどうやりくりしていくのか注目だろう。
去年の浦和路線になる可能性もある。
逆にACLから解放された浦和、広島、鹿島は楽になってくる。

23 2020/02/06(木)
額面どおりに選手各々が活躍すると思ってるのが大間違い。シーズン前の順位予想は野球の順位予想よりも当たらないし意味が無いと思う。

24 2020/02/06(木)
去年の成績が参考にならないのが、サッカーだろ。前年上位クラブが、残留争いする場合や前年下位クラブが上位争いするのが普通に有る。

25 2020/02/06(木)
鹿島監督変わってレギュラークラス揃えたといより選手大幅に入れ替わり補強も先を見越した若手引抜がメインだし浸透より戦術がフィットするかというところかな。

26 2020/02/06(木)
この時点で順位予想なんて、競馬のの予想と同じでまず当たらない。特に獲得した外国人がチームにフィットするかは未知数。昨季の結果で言うと、横浜FMと浦和の順位が全く逆になってしまった。今季も同様の現象があっても不思議ではない。現状で低評価なのは仕方ないが、浦和の巻き返しに期待したい。

27 2020/02/06(木)
海外の主要リーグ程戦力差が無いから調子や少し歯車が噛み合わなかったりするだけで大きく順位が変わるから順位予想は難しい。
今のJリーグに鉄板の試合なんてないしね

28 2020/02/06(木)
去年の順位を並べただけだし、湘南のところ読んだだけでも今回湘南がメンバー構成などから考えて布陣を大幅変更する可能性にも触れてない。ちなみに現監督の得意かつユース時代からの布陣は「4-4-2」等サイドバックを置くのか主流。
浅すぎてなんの参考にもならん。

29 2020/02/06(木)
非常に楽しみなんだけど、気掛かりはウイルスの件でJリーグが中断しないか、だな。
スタジアムなんて人が集まる典型だからね。

30 2020/02/06(木)
ほとんど昨シーズンの順位をもとに並べてるだけ。こんなのは予想ではない。誰でもできる。しかもJリーグはそんな昨シーズンの結果から予想できるような平穏な結果にはならない











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ