20200206-02060102-nksports-000-8-view[1]

スポンサード リンク




ピッチ内でボールを追うはずだった埼玉スタジアムの夢舞台で見たのは、応援スタンド最前列からの光景だった。青森山田高サッカー部の海老原陵汰(3年)は、両手に太鼓のばちを力強く握りしめていた。

■登録メンバーから落選

3年生最後の大会。選手と一緒に戦う気持ちで戦う決意で、応援団長に志願した。こんなはずじゃなかった-。

そんな気持ちは胸の中に封じ込め、悔しさを晴らすのは大学進学後と決めた。そう思わせてくれたのも、1から30までの背番号をつけ、登録メンバーとなった仲間だった。

19年12月16日、全国高校サッカー選手権に向けた登録メンバー30人の発表。黒田剛監督の見守る中、正木昌宣コーチから自分の名前が最後まで呼ばれることはなかった。

頭の中は真っ白になった。前日15日の高円宮杯U-18プレミアリーグチャンピオンシップ(埼玉)で名古屋U-18を3-2と破り、チームは日本一となっていた。天国から一転、地獄に突き落とされたかのような思いだった。

4人部屋の寮の自室に戻ったことすら、ほとんど覚えていない。同じ部屋で背番号11のMF後藤健太(3年)からギュッと抱きしめられ、正気に戻った。主将で背番号10のMF武田英寿(3年)からも「お前の魂はオレたちの心の中にいるから」。その言葉に、ようやく前を向くことができた。

「落ち込んでいる場合じゃないと気づきました。過去には戻ることはできない。去年のスタンドで応援団長の隣にいたので、自分の役目はこれしかないと思って立候補しました」

■Jユースから高校サッカー

神奈川県座間市出身。J2のFC町田ゼルビアのジュニアユースから「選手権に出たくて青森山田に来た」。身長175センチとセンターバックとしては小柄ながら、ガッツあふれるプレーと的確で大きな声が売り。青森山田セカンドとしてプリンスリーグ東北や、青森県1部リーグに出場してきた。選手権の青森県予選でもメンバー入りしていた。

「Jユース(町田)にいて慢心もあった。良い環境が当たり前になっていた部分もあった。プロ(Jリーガー)になるためには自分を変えないといけないと思った。(スペイン2部デポルティボ)柴崎岳選手や黒田監督に憧れていたので、雪や寮など厳しい環境はあるが、人間としても成長できると思った」

今では自身がチームに貢献できることが何かを、自然と考えられるように成長した。メンバー外となって以降は、遠征にも同行できない。練習も本格的には参加できない。その中で試合や練習の映像を確認して、仲間に出来る限り詳細な試合リポートを作成し、良かった点、改善点を分析した。今大会中も初戦の2回戦から試合後にLINEなども使って、自身の分析をチームや個人に伝えた。「31番目の選手」として、準優勝に貢献した1人だった。

「そりゃあ、選手権で試合に出られないと決まった時は悔しかったですよ。ピッチに立って全国優勝することが自分の夢でしたから。でも3年間でサッカーも、人間的にも成長できたと思っている。青森山田に来て、後悔は当然ないですし、この3年間で学んだことは絶対に次に生きると思っている」

同じ釜の飯を食ったMF武田が浦和レッズへ、MF古宿理久(3年)は横浜FCに入団した。プロサッカー選手という夢も、絶対にあきらめるつもりはない。サッカーは江戸川大(千葉県大学リーグ1部)で続ける。見返す気持ちを、原動力にも変える。

「次の目標は1年生からスタメンで出場すること。スタートが肝心だと思っている。選手権でメンバー落ちした悔しさを一生忘れずに、(青森山田のスタッフを)ギャフンと言わせたい。それは黒田監督も正木コーチも喜んでくれるはずです。大学にいって、あいつらに負けないくらい成長して、4年後にJリーガーになります」

■過酷な雪上ランニング

海老原も入学した最初の1年は、退部することさえ考えた時期があった。初めて過ごす厳しい上下関係に、洗濯、掃除、食事の準備。日々真剣勝負で心も体も疲労困憊(こんぱい)となる練習量。冬になれば味わったことのない寒さ。有名な雪上サッカーだけでなく、雪上ランニングは、さらに過酷だった。腰ほどまで積もった雪の中を何時間も走った。サッカー場の雪が踏み固められれば、次は野球場へ。想像をはるかに超えるものだった。

「サッカーではメンバー争いもあるので、仲間であり、時にはライバルですけれど、サッカー以外では兄弟のように助け合って励まし合えるみんなでした。ずっと一緒に過ごすから分かり合えるし、支えられる。それが寮生活をしながら学校と部活動と両立できた要因。つらかったけれど、3年間続けて良かった」

今回のメンバー落ちを含め、つらい気持ちを支えてくれた1曲がある。Mr.Childrenの「終わりなき旅」。その中の『高ければ高い壁のほうが 登った時気持ちいいもんな まだ限界なんて認めちゃいないさ』の歌詞に励まされ、何度も涙を拭いては前を向いた。

「苦しいことをやればやるほど、苦しい経験をすればするほど、美しい景色を見てやろうと思えました」

■黒田監督の指導理念

青森山田高には全国から選手権優勝を夢見る生徒が集まってくる。だが黒田監督が就任した当初は、入学の勧誘をしても「サッカーやるのに雪国なんて行きません」と断られることのほうが多かった。

約20年かけて全国大会連続出場を続け、16年度にプレミアリーグと選手権を初制覇して2冠を達成。青森山田中からの入学希望者も多くなり、選手権優勝や将来のJリーガーを志す野心多き集団となっている。これまで40人ほどのプロ選手が生まれた。感情の起伏が大きい多感な時期の高校生を支え、成長させてきたのは、黒田監督の指導理念があってこそだ。

黒田監督は「教育者ということは忘れてはいけない。一緒にいられる時間が長いからこそ、学校や寮生活を含めて、生活面、人間性、調和、サッカーだけでなく、いろいろな面で成長させてあげたい」と自身の考えを徹底。失敗を恐れない挑戦には拍手を送る。

「生活でもサッカーでも、自分で1回ミスをして、負けて、その材料を1つずつポケットにしまって、拾いながら成長していく。人生と同じ縮図です」

失敗や挫折に負けず、それを糧に強くなる。厳しい社会をはい上がっていけるたくましさを養い、巣立たせる。

青森山田高はAチームだけでなく、BチームやCチームであっても、寮から各遠征への出発の際は部員全員で送り出し、帰ってくる時も同様に迎え入れる。仲間を代表して戦い、支え合う意識が構築されている。

1月の全国選手権で、海老原の目は試合に出ている誰よりも輝いていた。スタンドからチームを勝たせるんだという気迫に満ちあふれていた。

そしてまた、海老原を部屋で抱きしめた後藤も、海老原の姿から多くのことを学んでいた。

「つらいはずなのに『応援団長になって支えるから』と誓ってくれた。自分たちは、こういう選手の気持ちも背負って、倒れるまで戦って結果を出さなくてはいけないことを、あらためて教えてもらいました」

100人を超える大規模での部活動。最終学年最後の試合に出られない部員が大多数いる。そんな現実を直視するレギュラー選手にもまた、新たな感情が芽生え、チームは1つとなる。

海老原は次の舞台へと羽ばたくための3年間を終えた。高校サッカーのトップに位置する青森山田で磨いた心技体。それを武器に、埼スタの応援団長は「終わりなき旅」へと向かう。

【鎌田直秀】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「サッカー現場発」)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-02060102-nksports-socc



1 2020/02/06(木)
青森山田ではメンバーに入れなくても他校ではスタメンクラス。
東北プリンスをBチームが制しているのだから

3 2020/02/06(木)
こういう記事をもっと増やしてほしい。メンバーは日の光を浴びるだろうが、それまでにはこういう選ばれなくても歯を食いしばって頑張っている人たちが数え切れないほどいるのだから。

4 2020/02/06(木)
こういう選手は次のステージで活躍しそう。
1年で人生や流れは変わる。
良い方向に向かうことを願ってる。

7 2020/02/06(木)
素晴らしいと思いました。人生は長いです。彼が4年後Jリーガーになって活躍してほしいけど、もしJリーガーになれなくても、アマでサッカーを続ける道もあるし、就職して社会人になる道もあります。この経験は、どんな道に進んでも絶対に活きると思います。頑張ってください。

10 2020/02/06(木)
大学の4年間もあれば、今回の選手権でメンバーに入った同級生を追い抜ける可能性は十分にある。
高校でメンバー外やプロからのオファーがなかったなど悔しい思いをして、大学で伸びてプロに進んだ選手なんて毎年、多くいる。頑張ってほしい。

12 2020/02/06(木)
たとえメンバーとして出れなくてもずっと頑張ってきたことはこれから社会に出たら必ず役に立つし自信にもなる。
これからも頑張って︎

14 2020/02/06(木)
スタメンの子らが良い選手なのは間違いないですがこのメンバーボーダーの選手クラスまで来ると監督の好みによっても選ぶ選ばないは変わってくるので実際にはスタメンクラスの実力ある選手もいますからね。
長友や塩谷みたいにいつチャンスが来るか分からないですしね。

15 2020/02/06(木)
うーん、上手くても出れないのはねー。
他のチームならスタメンクラス?
うーん、出れないと意味ないでしょ?
スポーツなんだから。
本人が脳内でよしと変換してるから。大丈夫なように聞こえるけどね。
海外では有り得ない。
スポーツは楽しむもの。
出れない経験が生きることもあるけど、有り余った選手達が可哀想かな?

16 2020/02/06(木)
青森山田だからメンバー外になったけど、セカンドチームもプリンス東北で優勝してるからね。他の強豪校のレギュラーと実力は変わらないよ。

19 2020/02/06(木)
一緒にプレーしたやつがこんなかたちで自分が見てるなんてすごいことだなって思う。本当に少しだけでも一緒にプレーできてよかった。

21 2020/02/06(木)
海老原君のご両親へ
他人の私が言うのも可笑しな話ですが、素晴らしい息子さんですね。涙が出ました。
子を持つ親より。

22 2020/02/06(木)
スタンドで太鼓のバチを握っていた男が数年後、日本代表に・・・長友かよ

24 2020/02/06(木)
これからどう活かして生きていくかが大事で、それは本人の心がけ次第。

27 2020/02/06(木)
挫折を知っている人間は強いよ。

30 2020/02/06(木)
青春だねぇ 一生の宝を手に入れたんだね

31 2020/02/06(木)
江戸川大じゃステップアップは厳しくないかい?

32 2020/02/06(木)
武田英寿。
親の意図丸分かりでおもしろい。

35 2020/02/06(木)
江戸川大なんて始めて聞いたけど大丈夫か?

36 2020/02/06(木)
そんな黒田監督が裏オーナーの
焼肉屋がオープンしました。が
ガラガラてす

37 2020/02/06(木)
江戸川大学か。、、、

38 2020/02/06(木)
勝負はこっからだぞ!
長友だって明大で太鼓叩いてたんだから、サッカー続ける限りチャンスあるだろ!あきらめんなよ!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ