20200203-00244523-soccermzw-000-10-view[2]

スポンサード リンク




シュツットガルト下部組織でGKコーチを務める松岡氏 J1に出場した守護神33人のプレーを分析
 ドイツの名門シュツットガルトのU-14、15チームでGKコーチを務める松岡裕三郎氏が、2019シーズンのJ1リーグで生まれた全失点を分析した。

 前回はその結果を、2018-19シーズンのブンデスリーガと比較したが、今回は選手個別のパフォーマンスにスポットを当ててもらい、GKコーチの視点からポジティブに映った選手、課題が多く見られた選手などについて語ってもらった。

◆“Jリーグ王者”横浜FM守護神のパフォーマンスは?

 2019シーズンのJ1リーグでは、全34節(306試合)で797ゴールが生まれました。これらの失点について分析すると、以下のように分類することができます。

【2019年のJ1全失点を“GK視点”で分類】

[1]GKが失点に関与しない、防げない失点:326ゴール(40.9%)
[2]GKが防ぐことができる、改善できる失点:365ゴール(45.8%)
[3]GKのミスによる失点:106ゴール(13.3%)

 前回の記事ではブンデスリーガとの比較を行いましたが、この結果からJ1ではGKの技術的なミス、防ぐべきだった失点が非常に多い事実が分かりました。その分析結果を踏まえて、選手別に何人かを見ていこうと思います。2019シーズンのJ1でプレーしたGKは、全18クラブで合計33選手に及びました。

 15年ぶりにJ1リーグで優勝した横浜F・マリノスは、攻撃的スタイルでリーグ最多の総得点「68」と圧倒した一方、総失点も「38」ありました。これは現行の18チーム制となった2005年以降のJ1優勝チームとしては、05年のガンバ大阪(58失点)、11年の柏レイソル(42失点)に次ぐ多さでした。

 そのチームにおいて第5節以降に正GKとなった朴一圭選手は、25試合で24失点。そのうち前述した分類[1]の「GKが失点に関与しない、防げない失点」は8ゴール(33.33%)、同[2]の「GKが防ぐことができる、改善できる失点」が10ゴール(41.67%)、同[3]の「GKのミスによる失点」が6ゴール(25%)でした。優勝に貢献した1人であることは間違いないのですが、「防ぐことができる、改善できる失点」と「ミスによる失点」の計16ゴールは、十分に減らすことができるものでした。

 この16失点の原因(1失点に一つ以上の原因がある)で最も多かったものは「GKテクニック(※注1)」で11失点、次に「戦術的ポジショニング(※注2)」が10失点、「判断(※注3)」が6失点、「ぶれない、先に倒れない(※注4)」が5失点でした。GKテクニックの強化、ゴールディフェンスから1対1への判断の切り替えを改善すれば、より失点を減らすことができたはずです。

 横浜FMは非常に攻撃的なスタイルのチームで、最終ラインの背後をケアする守備範囲の広さが求められるなか、朴選手はそうしたタスクを実行できていました。実際、朴選手のスペースディフェンスでの失点は1点のみ。改善点を強化できれば、さらにチームの勝ち点獲得に貢献することができるでしょう。

◆リーグ11位の仙台だが、GKのパフォーマンスはポジティブなものに…

 チーム成績はリーグ11位とまずまずだったものの、ベガルタ仙台のGKには好印象が残っています。前半戦は日本代表GKのシュミット・ダニエル選手(現シント=トロイデン)、シュミット選手の移籍後はヤクブ・スウォビィク選手がレギュラーとしてプレーしました。

 総失点は「45」と、この順位のチームとしては少なかったと言えます。シュミット選手の総失点「30」で、そのうち「防げない失点」が13ゴール(43.33%)、「防げる、改善できる失点」が15ゴール(50%)、「ミスによる失点」が2ゴール(6.67%)でした。「防げる、改善できる失点」、「ミスによる失点」のうち、スペースディフェンスに関するミスで4失点あることが気になりましたが、それ以上にチームを救うビッグセーブが多かった点も印象的でした。

 ヤクブ・スウォビィク選手は総失点「15」。そのうち「防げない失点」が7ゴール(46.67%)、「防ぐことができる、改善できる失点」も7ゴール(46.67%)、「ミスによる失点」はわずか1ゴール(6.67%)でした。「防ぐことができる、改善できる失点」がリーグ全体の平均よりもわずかに多かったとはいえ、ビッグセーブも多く、間違いなくJトップクラスのGKと言えるでしょう。

◆辛くもJ1残留を果たすも…湘南には多くの課題が見えた

 GKの課題が顕著に見えたのは、入れ替え戦の末に残留を決めた湘南ベルマーレでした。総失点「63」はリーグワースト2位。30試合に出場した秋元陽太選手は60失点を喫しています。

 そのうち「防げない失点」が24ゴール(40%)、「防げる、改善できる失点」が28ゴール(46.67%)、「ミスによる失点」が8ゴール(13.33%)。また、「防げる、改善できる失点」と「ミスによる失点」の原因で最も多かったのが、「GKテクニック」で29失点に該当。次に多い原因は「戦術的ポジショニング」で25失点、そして「ぶれない、先に倒れない」が11失点で、これらは他のGKと比較してもかなり多い結果となりました。

 これらのことから、秋元選手がさらなるレベルアップを果たすためには「GKテクニック」の向上はもちろん、最後まで相手を見て先に倒れないことや、戦術的ポジショニングを改善することが必要だと感じました。

◆“個”として安定した活躍を見せた名古屋GKランゲラック

 そしてチームの成績は芳しくなかったものの、GKとして印象的なプレーを見せた選手がリーグ13位に終わった名古屋グランパスのミチェル・ランゲラック選手と、リーグ14位に低迷した浦和レッズの西川周作選手です。この2選手はともに「GKが失点に関与しない、防げない失点」、「防ぐことができる、改善できる失点」、「ミスによる失点」のすべてで全体の平均値を上回るポジティブな結果を残し、個として安定した活躍をしていたと言えるでしょう。

 ランゲラック選手はリーグ戦33試合に出場し、総失点は50失点。そのうち「防げない失点」が27ゴール(54%)、「防げる、改善できる失点」が19ゴール(38%)、「ミスによる失点」が4ゴール(8%)でした。このことからランゲラック選手は防ぐことができるシュートを、しっかりと防いでいたことが分かります。

「防げる、改善できる失点」と「ミスによる失点」の原因で多かったものが、「GKテクニック」で15失点。そして「戦術的ポジショニング」で14失点、「判断」が5失点。ランゲラック選手のプレーを見て感じたのは、相手がシュートを打つ時にできるだけ前に寄せて間合いを詰めて止めていましたが(ゴールディフェンスから1対1への切り替え)、ギリギリ間に合わなかった時にテクニックがぶれてしまい失点することが多いと感じました。

 彼の良さはその寄せやダイナミックさなので、その長所を生かしながらさらにギリギリのところでのテクニックを強化すれば、より相手にとって脅威的なGKになると思います。シュツットガルト在籍時(2015~17年)にはビルドアップや飛び出しの判断が不安定だったので、そこがどう改善されているか今後も注目していきたいです。

 そして失点の種類を見ると、PKでの失点が8失点ありました。PKでの8失点はリーグ最多。名古屋はセットプレーからも多く失点していて、クロスからの失点も9失点と多く、GKとしては防ぐのは難しかったと思います。

◆浦和GK西川は日本人選手トップクラスの成績を残す

 そしてもう1人、全体の平均を上回るポジティブな結果を残したのが浦和の西川選手です。西川選手はリーグ戦33試合に出場し、総失点は49失点。そのうち「防げない失点」が25ゴール(51.02%)、「防げる、改善できる失点」が20ゴール(40.82%)、「ミスによる失点」が4ゴール(8.16%)でした。

「防げる、改善できる失点」と「ミスによる失点」の原因で多かったものが、「GKテクニック」で21失点。そして「戦術的ポジショニング」で13失点、「ぶれない、先に倒れない」が5失点でした。ランゲラック選手と同様に防げるシュートはしっかりと防いでいるが、改善できる失点としてのほぼすべてがGKテクニックという結果になりました。そのテクニックの改善点としては彼の良さである反射神経や機動力に、ダイナミックさが加わればビッグセーブの数もさらに増えるでしょう。リーグ戦のほぼ全試合に出場し、全体の平均を上回るポジティブな結果を残した日本人GKは西川選手のみでした。

 チームによって戦術が異なれば、そのチームが必要とするGKも変わってきます。変わらないのはGKの一番大事な仕事が「点を取らせないこと」である点です。それを追求するために、失点の原因を分析し、日々のトレーニングで改善、強化していかなければなりません。

 そして、シュツットガルトの育成でも取り入れているように、失点だけでなくビッグセーブの分析もしていけば、選手の長所が明確に分かり、個性を伸ばすことにもつながります。今回の分析はかなり厳しめに行いましたが、ミスによる失点をなくし、防げる失点の部分を改善することは、ジョゼ・モウリーニョ監督が以前「キーパーの出来によって、1年間の勝ち点が10も違う」と言っていた通り、チーム成績に直結するのは間違いないでしょう。

※注1:「GKテクニック」→キャッチやボールに対してダイビング、コラプシング、ディフレクティング、フットブロック、1対1でのブロックなどゴールを守るうえで必要なテクニック。
※注2:「戦術的ポジショニング」→主に相手がシュートを打つ時のGKの立ち位置や、1対1で対峙した相手との距離感などのポジショニング。
※注3:「判断」→ゴールディフェンスからスペースディフェンスへ、ゴールディフェンスから1対1への切り替えや飛び出しの判断。
※注4:「ぶれない、先に倒れない」→相手のプレーを予測してその予測が当たらずに失点することや、至近距離からのシュートや1対1でGKの重心がぶれて反応できない、または後ろに倒れてしまうケース。

<PROFILE>
松岡裕三郎(まつおか・ゆうさぶろう)
1984年10月8日生まれ。鹿児島の名門・鹿児島実業高で全国高校サッカー選手権大会に2度出場。夏のインターハイでは大会優秀GKにも選ばれた。同志社大に進学し、卒業後に単身ドイツへ。独7部フェルバッハで選手としてプレーした後、指導者に転身。2017年6月にUEFA B級GKライセンスを取得。シュツットガルト・キッカーズのU-15、16のGKコーチを経て、現在はドイツ2部VfBシュツットガルトのU-14、15でGKコーチを務めている。

石川 遼 / Ryo Ishikawa
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00244523-soccermzw-socc&p=1



1 2020/02/03(月)
こういう記事は読んでて参考になる。「キーパーの出来によって年間勝ち点10違う」というのは、まさに昨年の仙台の場合、キーパーの出来による助けも残留に大きな影響を与えたということになる。当たり前と言えば当たり前な話ではあるけど、こうして数字で見せられると納得する。

2 2020/02/03(月)

『元代表選手の印象論』よりよっぽど説得力があるし、正直西川選手を舐めてました。反省です。
サポーターの目も肥えていくと思いますし、とても興味深いので、各ポジション毎にこういった記事が増えてほしいと思います!

3 2020/02/03(月)
朝から別の記事で、今シーズンのJ1クラブの5段階評価ってやってたけど、そっちはデータも何も無しの昨シーズンの順位並べ替えだったけど、こっちはちゃんとした記事だね。
J1クラブにしてみたら、下位クラブも含めてキーパーはそれぞれ守護神として問題無いレベルのキーパーが多いと思う。昨シーズンのクラブでも降格した磐田、松本もキーパーは悪くなかった。
反対に湘南、清水、鳥栖辺りはキーパー事情も苦しかったかなぁ。清水は今シーズンの新外国人がどこまでフィットするかは鍵だね。エースは抜かれたけど、キーパーが決定的な場面を止められるかどうかは点取屋なみに必要なこと。

4 2020/02/03(月)
昨シーズンの西川は本当に復活してた
西川が復活してなかったら間違いなく降格してたし
チームとしての失点が多かったからあまり気付いてない人もいたと思うけどね
昨シーズンに関しては日本代表に復帰できるレベルだったと思う
今年はキャプテンにもなったしますます活躍に期待してます

5 2020/02/03(月)
パギ選手は去年の今頃はJ3からやってきたばかりの未知数の存在で、ベンチに入れるかすら分からないような選手だったのに1年後にはこういう場で名前が上がる選手になった。本人にとって良いクラブに移籍できたのが大きいと思いますが、夢がありますよね。

6 2020/02/03(月)
ガンバサポだけど、2年前から西川選手は、良い所で、スーパーセーブ見せててACLも彼の力があったからだと思う。昨シーズンも同様で、彼が居なければ、降格していたと思う。だから、クラブの成績に関係なく、この評価は、素直に頷けます。

7 2020/02/03(月)
きっと名古屋がJ1で優勝した時の楢崎正剛を分析したら、どの数値も群を抜いて素晴らしかったのだろうなぁ。適切なポジショニング、技術的なミスの少なさ、ヤマをかけない。
こうした分析がGKの能力を引き上げるだけでなく、防ぎきれなかった失点=チーム全体の改善点として、更なる戦術の向上を図っていく。最後方からのチーム作りですね。

8 2020/02/03(月)
こういうきっちりしたデータはいいね。
なぜ、長年どの監督に変わっても西川や川島が呼ばれ続けるのか。GKテクニックの部分も解析して解説してもらえると有り難い。GKは専門的過ぎてわからない部分がまだまだ多い。
また全GKのデータを公開してもらえるとW杯の時のような謂れなき川島叩きのようなこともなくなるだろう。

9 2020/02/03(月)
チーム戦術によってはGKのミスもしょうがないパターンは多いけどね
マリノスはGKがミスを無くそうと安全なプレーをしてたら成り立たない戦術だし、それによって明らかに得点力が上がってる

10 2020/02/03(月)
ミッチは素晴らしいGK!
DF陣と組織的に守れれば失点は減る!
今年は、後ろ向きに追いかけてPK献上シーンは見たくない…

11 2020/02/03(月)
各選手の数値を一覧でまとめてほしいなぁ
コーチングだったり、GKのビッグセーブによって防いだ点もあるから、こういう評価は難しいね

12 2020/02/03(月)
キーパーは本当に判断基準が難しいよね。チームメイト、特に味方DFなら分かるんだろうけど。
今回はシュートに対してだけど、そもそもシュートまで行かせない、シュートコースを限定させる上手さもあるし。でも一つのデータとして凄く分かりやすかった。
アンチ川島じゃないけど、反対にW杯でみせたプレイもただ初速と反応が遅くなっただけで、あたかもスーパープレイの様に脚光を浴びる事もあるしね。

13 2020/02/03(月)
浦和や仙台はGKがしっかりしてなければ危うい試合多数あったからよくわかる。西川は良く頑張ってたよ。しかしポーランドのGKは良いGK多いな。

14 2020/02/03(月)
リパプール見れば一目でわかるよね。
アリソンとカリウスでどれだけ安定感違うか。
CLの決勝のミスがデカかったけどカリウスもカリウスで、頑張ってた

15 2020/02/03(月)
日本人選手との差が一番大きいのはGKと昔から言われてきたが、未だに言われているという事は解決は無理なんだろう

16 2020/02/03(月)
こういう内容の記事は素晴らしい。
参考になります。
全試合全GK全ゴールを検証したんでしょうね!

17 2020/02/03(月)
面白い記事だとは思うが、例えば優勝チーム(横浜M)の全失点を見返した場合、どの失点が防げる・防げないのか、その判断基準がよく分からない。明らかにGKのミスで相手FWにプレゼントボールして失点したとか、そういう失点なら分かるのだが…。その辺をより明確に説明してくれると尚、良い記事なのだけどな。

18 2020/02/03(月)
八田が調子良いが、
カミンスキー復活して欲しいな
あのザル守備陣の中で
カミンスキーはよく頑張ってたよ
これからも応援してるぞ

19 2020/02/03(月)
改善できる失点数、ミスによる失点と
原因の数の合計があってないんだが
原因が複数あるということでOK?

20 2020/02/03(月)
すごく興味深く勉強になる記事でした。とても良いコーチであると想像します。是非、日本でも指導してほしいです。

21 2020/02/03(月)
失点だけに焦点を当てるよりも、枠に飛んだ球の数を分母にしないと本当の数字はあらわれないと思うんだが

22 2020/02/03(月)
正直仙台のサポーターはシュミット失点多いと感じていたよ・・・。ヤクブの方が物凄く安心して見てられるし、実際スーパーセーブや、動きも凄く良く見える。正直、シュミットだったら、降格争いに巻き込まれた可能性もあったと思うよ。

23 2020/02/03(月)
こういう分析が出来る人がいて、世に公表する事で、強いゴールキーパーが生まれてくるし、代表にも生かされてくると本気で思う。いいね!

24 2020/02/03(月)
面白いですね。やっぱりデータ分析は必須ですね。見る側にもどんどん公開して解説して欲しいです。

25 2020/02/03(月)
読んでいて面白い記者でした。
個人的には昔コロンビア代表のGKだった
イギータ同様の分析したらどんな数値に
なるか見てみたい。

26 2020/02/03(月)
ランゲラックは確かに大きな体格を上手く活かしたセービングをしていたし、個としての能力は高いと思う。ただ、PKになると止めたのを見た事がないのがちょっと残念。まぁPKを与えるのはDFを含めた守備がザルだからというのもあるけどね。

27 2020/02/03(月)
あのキックは浦和の武器
そして日本の武器にもなる
もう一度代表で輝けるチャンスを
森保監督頼みます

28 2020/02/03(月)
GKですがこれは素晴らしい記事です。
試合後の記事でもこのような分析での評価をしてほしいです。

29 2020/02/03(月)
磐田では最終的にレギュラー落ちしたけど、カミンスキーは高水準だったはず。

30 2020/02/03(月)
J2バージョンやってくんないかな~
多分J2なら上福元は凄い良いキーパーだし山形の櫛引政敏やら南雄大ならどんな感じなのか知りたい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ