20200202-00244493-soccermzw-000-7-view[1]

スポンサード リンク




◆【識者コラム】何より楽しそうだった小野伸二 名選手はその才能ゆえに長くプレーできる

 沖縄はJリーグクラブのキャンプで賑わっていた。プロ野球のキャンプのように即席の屋台村ができるわけではないので、賑わうというより、ひっそりやっていると言うべきかもしれないが、練習試合ともなればそれなりのファンが観戦に訪れている。

 Jリーグのキャンプといえば、宮崎か沖縄が定番だ。多くのチームが来るので練習試合が組みやすいという理由もあるが、なんといっても本州よりも暖かいからである。地元の人は「寒い寒い」を連発しているのだが、それでも気温は15度あったりする。風が吹くので実際のところ体感温はかなり寒いとはいえ、それでもまあ本州よりはましなはずだ。

 FC琉球(J2)には元日本代表MF小野伸二がいる。大宮アルディージャとの練習試合ではボランチでプレーしていた。ボールタッチは相変わらず上手い。局面の読みも確か。スライディングタックルでスパッとボールを奪うこともある。さすがに運動量は落ちているが、全盛期でも動き回っていた印象はないので、そんなに変わっていないような気がした。何より楽しそうにプレーしているのがいい。

 沖縄SV(九州サッカーリーグ)には、元日本代表FW高原直泰がいる。このクラブのオーナーだ。ユニフォームは、自身がかつてプレーしたアルゼンチンのボカ・ジュニアーズと同じデザイン、クラブ名のSV(シュポルト=フェアアイン)もたぶんハンブルガーSVから名付けたのだろう。沖縄キャンプの練習試合といえばこのチームなので、1年に1回ぐらいは見ている気がする。元Jリーガーが何人か所属していたが、現在は前田俊介がいる。サンフレッチェ広島でのプロデビュー当時は“天才選手”と騒がれたものだ。「おっ、いいパスを出す選手がいるな」と思ったら前田だった。

 小野、高原、前田と天才系が沖縄に集まっているのは、何か理由があるのだろうか。やっぱり気候がいいからか。
 ミカエル・ラウドルップがヴィッセル神戸に来る時、「階段を一段降りてプレーしたかったから」と話していた。トップレベルで続けるのはやや厳しくなってきたが、まだ十分プレーはできるので引退はしたくない。大きなプレッシャーを受けながらではなく、もう少し無理のない場所でやりたいという意味だろう。結局、ラウドルップは神戸からアヤックスへ移籍しているので、また一段上ったわけだが、レアル・マドリードやバルセロナよりは気楽だったはずだ。

◆レアルの英雄ディ・ステファノはエスパニョールで元ライバルと共闘

 ヨハン・クライフもバルセロナから北米サッカーリーグへ渡ってから、母国オランダの古巣アヤックスに戻っている。40歳近かったが、素晴らしいプレーの数々を披露した。しかもフロントと対立した挙句にライバルのフェイエノールトへ移籍し、リーグ優勝させてから引退というのがクライフらしい。

 レアルの「専制君主」として長年プレーしたアルフレッド・ディ・ステファノは、フロント入りを勧める会長との交渉が決裂して、エスパニョールに移籍した。レアルの名誉会長になった人なので、レアルの印象が強いのだが、最後の2シーズンはエスパニョールだったのだ。

 エスパニョールでは、かつてのライバルでバルセロナのエースだったラディスラオ・クバラとコンビを組んだ。ハンガリーから亡命したクバラは、当初レアルと契約するはずだったが、列車が着いたらなぜかバルセロナだったという逸話が残っている。逆にディ・ステファノは契約するつもりでバルセロナまで来ていたのだが、レアルが割り込んできて収拾がつかなくなり、最終的にレアルの選手となった。もしかしたらプレーするクラブが逆だったかもしれない1950年代のスーパースター2人が、キャリアの最後に同じチームというのも不思議なものだ。リーグ戦の最初の対戦で、レアルをやっつけてリベンジを果たしている。

 ピークのまま引退する名選手はわずかで、むしろその才能ゆえに長くプレーする。神戸で昨季限りで引退したダビド・ビジャは「フットボールに追い抜かれる前に」というようなことを言ったが、なかなかフットボールに追い抜かれない選手たちの晩年も、なかなか趣深いものがある。

西部謙司 / Kenji Nishibe
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200202-00244493-soccermzw-socc



1 2020/02/02(日)
小野が代表戦でクソみたいな対戦国にサッカー人生を奪われたのは紛れもない事実。
あれはサッカーという競技じゃなかった。
あの時、あんな弱い国との戦いに出場してなければ世界でもトップレベルの選手になってた。
くやしいです

2 2020/02/02(日)
世界がロナウジーニョを称賛するように、日本では小野伸二選手でしょう。ため息が出るようなトラップ、アイデア、キックの精度、キャプテンシー。しばらく日本では生まれないタイプの選手だと思います。

3 2020/02/02(日)
個人的な意見ですが、天才と言えば小野伸二ですね
高原は天才と言うよりNo. 1ストライカーって感じ。
体力やスピードは落ちても技術はそう簡単に落ちませんね

4 2020/02/02(日)
小野伸二のあの柔らかなボールタッチは練習しても真似出来るものではない。またあんなに楽しそうにプレイする選手もいない。まさに天才。

5 2020/02/02(日)
全盛期でも動き回っていた印象はない。

一世代前のファンタジスタはこれよね。

6 2020/02/02(日)
King…カズ
怪物…ヒデ
ファンタジスタ…俊輔
天才…伸二
彼らの全盛期は素晴らしかった。
我々世代の人間は、
彼らにサッカーの全てを教わった気がする。

7 2020/02/02(日)
5年前、Brøndby IF(デンマーク)で元スウェーデン代表のヨハン・エルマンダーにサインと写真をお願いした時、自分が日本人と分かると「伸二はどうしてる?今どこでプレーしている?オランダでは奥さん共々仲良くしてもらった。引退したら日本に観光に行きたい。」と歓迎してくれて、生涯忘れられないようなファンサービスまでしてくれました。人を通じて一介のサッカーファンを幸せにするなんて、プレーだけでなく人柄まで小野選手は一流だと思いました。本当に感謝しかありません。

8 2020/02/02(日)
確かに小野は天才と言われても良い選手の一人だと思う。
ただ、天才って言われる選手は努力しなくても感覚でできてしまうと言うか先が見えてる感じだからチームに同じような感覚の選手がいないと難しい所がある。海外では活躍できても日本では独りよがりに見えがちなプレーも多かったのかな?
全日本でもなかなかついていける選手がいなかった。今の時代にピーク迎えてたら面白かったんだろうな。

9 2020/02/02(日)
イイ意味で無理しないからケガも少ないんじゃないかな
小野伸二はケガがなければもっと輝いたハズ

10 2020/02/02(日)
確かにプレーする舞台は一つ降りたのかもしれないが、魅せるプレーは一流そのもの。琉球のサポーターは小野伸二の変わらぬアイデアと遊びを生で観れて幸せです。でも琉球はこの幸せをJ2リーグ全体に拡散する義務もありますよね。

11 2020/02/02(日)
「一つ階段を降りて、プレーしたかった」、ラウドルップの言葉は深いよな。でも、それはしあに出ていればこそで、中山雅史や伊藤テルとかは、試合に出てなくても契約延長に、サインしちゃってるからな。そう考えると小野、高原、稲本は頑張っていると思うし、彼等と一緒にしては行けないと思う。

12 2020/02/02(日)
天才と言えば小野伸二としか思い浮かばない。
何より楽しそうにプレーするのが好き。
小野伸二本人が語っていたが、「あの五輪予選の怪我以降、自分のイメージ通りのプレーが出来なかった。何よりプレーイメージがあまりわいてこなかった」
それでも数々のプレーで魅せてくれる。まさに天才。
あの怪我がなかったら、どんなプレーを魅せてくれたかと思うと本当に悔やまれる。

13 2020/02/02(日)
職人さんとかと同じで、歳を重ねても技術が衰えることはあまりないんだよなぁ。
筋力やスピード、体力に衰えは来ても磨いてきた技術はサッカーを辞めるまで死なない、衰えない。

14 2020/02/02(日)
小野伸二や中村俊輔など、ここ数年ベンチに入っていれば、試合前のウォーミングアップでのさりげないテクニックが垣間見れるだけで、チケットの半分は元取れた気分になったなぁ。積み重ねた努力と技は衰え知らずだなとワクワクしました。今年の活躍楽しみです。

15 2020/02/02(日)
本当に上手い人はいつまでも上手いよね。
技術が詰まってるっていうか。
残念なのは全盛期に代表がそこまで強くなかったところかな。
今の代表に全盛期の頃の小野がいたら中盤から上多彩な動きがあったろうにね。

16 2020/02/02(日)
野球ではトップと2軍、メジャーとマイナーだし、受け皿となるプロチームが世界中にないから、こういう晩年はなかなか難しい。
でも、サッカーは、トップカテゴリーの下があるし、門戸は世界中にあるから、こういう晩年の選手人生ができる。
イニエスタもある意味そうだろう。

17 2020/02/02(日)
あの小野伸二が浦和に来るという話が本当になり、トップチームでデビューして、正に天才的なプレーを見せてくれた。ただただあの大怪我が残念。
敵として埼スタに来ても、愛のあるブーイングと暖かい拍手をもらって、とても嬉しそうだったな。

18 2020/02/02(日)
日本のサッカー史にはかかせない
忘れられない天才の1人ですね
次はどんな小野伸二を見せてくれるのか

19 2020/02/02(日)
キリンカップを観戦した時の代表で印象に残ったのは小野伸二のトップスピードまでの速さが他の選手と段違いに速かったです。
試合前の練習から小野伸二が走るだけでウォーって歓声が出てました。

20 2020/02/02(日)
スピード、持久力系以外で生きてきたら、長持ちするよ。
テクは勿論、パワー、身体、メンタルが売りは、スピード、持久力ほど早くは落ちない。
ホンダ辺りは、元々のスピードが低いので、早いかもしれないけど。

21 2020/02/02(日)
メッシクリロナにしたって動いてないよね。
でも一瞬で局面打開する能力は小野伸二も等しい。

22 2020/02/02(日)
小野選手のようなボール捌きができる日本人選手はなかなか出てこないだろうね。
そういう意味では、もう少し彼のプレーを見ていたい。

23 2020/02/02(日)
小野伸二は上手かったなー ケガの話はタラレバになっちゃうけど もしあんなことがなかったら南アフリカ大会あたりまではスタメンだったんじゃなかろうか まあここらへんのタイミングで本田長友川島らへんの世代交代がはじまったから微妙だったかもしれんが

24 2020/02/02(日)
日本の誇るファンタジスタ!
怪我がほんとに悔やまれる、逆に怪我しないことが大きな才能でもあることを教えてくれた人!

25 2020/02/02(日)
やさぐれ鯉じじい | 5時間前

天才と言えば小野伸二。
ベルベットパス凄かったな。

26 2020/02/02(日)
敵、味方関係なくサッカーに関わりある人は「天才は小野伸二選手」と言いますね。
うん!天才だもんね。いくつになってもサッカー小僧だ。

27 2020/02/02(日)
俺も小野選手の世代の人間だけどマジで天才だと思います。
他人のプレーを見て、ため息をついて愕然としたのは後にも先にも小野選手だけだった。

28 2020/02/02(日)
清商の小野と清水東の高原の対戦は今思えば夢のようなカードでした。

29 2020/02/02(日)
昔は野球はおっさんのスポーツ、サッカーは若者のスポーツと思っていたが、最近はサッカーのおっさん選手がすごいな

30 2020/02/02(日)
個人的な意見だけど
小野や稲本、中村俊輔などゴールデンエイジがもっと早くライセンス取得して監督目指してたらもっと日本のレベルは上がるんだろうな。まあ本人たちのプレーを続けたい気持ちは尊重するけど。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ