20200106-00010001-wordleafs-000-6-view[1]

スポンサード リンク




プレミアリーグの名門、リバプールに移籍したFW南野拓実(24)が5日(日本時間6日)、本拠地で行われたFAカップ3回戦のエバートン戦でスタメンデビュー。背番号「18」で3トップの真ん中のポジションで出場した南野は後半途中で交代したが70分プレーし、前半33分にはクロスにヘッドを合わせるなどした。得点に絡むことはできなかったがチームは、1-0で勝利、現地メディアは速報で南野のプレーを絶賛した。

 メトロ紙は、「ユルゲン・クロップ監督が、エバートンを下した後、南野拓実のデビューを『傑出していた』と認める」との見出しを取って称賛した。 

 記事は、「日本代表選手(の南野)はアレックス・オックスレイド・チェンバレンと、試合の後半残り20分で交代するまで、リバプールのマージ―サイド州のライバルチーム(エバートン)に対して彼の潜在能力の一端を披露した」と絶賛。

 試合後、南野のデビューについて問われたクロップ監督のコメントを紹介。クロップ監督は、「彼はスーパーで、傑出していた。まさに我々が望んだ選手だった。練習を2度行っただけで、まだ分からないチームで迎えた最初の試合で傑出したサッカー技術と姿勢を見せてくれた。実に優れていた」と南野を高く評価した。

 インディペンデント紙は、「南野のリバプールデビューは記憶に長く残らないかもしれないが、そこには将来性が詰まっていた」との見出しを取り絶賛した。

 同紙は、「この試合が彼のデビュー戦だと感じなかったことが、もしかしたら南野に払われる最大の賛辞かもしれない。南野のリバプールデビュー戦ではゴールも、特別印象に残るプレーもなかったが、クロップ監督と、アンフィールドの他の決断者たち(チーム幹部)が、なぜこの(南野との)契約が道理にかなったものだと感じたかを容易に理解できた」と南野のデビュー戦に合格点を与えた。
 
「疲れを知らないスタミナ、ひるむことのない運動量、飽くことのない走力がイングランドサッカーを支配するクロップのチームの特徴だ。それらがレッドブル・ザルツブルグから725万ポンド(約10億2500万円)での(南野)獲得で具現化されたと我々は理解している。アンフィールドの観客は、10月にザルツブルグに4-3で勝利した試合で、南野が挙げたゴールを見ている。だから、このFAカップ3回戦のデビューを見る前から彼の才能を十分に知っていた。南野は疑いなくあの試合で最も目を引いた選手だった」と紹介。

「71分の交代で彼のデビュー戦が短く終わったすぐ後に、(地元の)トックステス出身で10代のカーティス・ジョーンズが、多くの若いリバプール市民が何年も心に描くようなゴールでエバートンを破ったのは不運な結果だった。それでも南野のプレーには才能の一端や将来性のある瞬間が詰まっていた。最も重要なこととして、クロップ監督が選手に求めるチームのスピードを彼は向上させ、その中でプレーを実践できていたこと」と評価した。
 
 一方で「南野は今後、自らのプレーを向上させていく必要があるだろう。南野が(エバートンの)ジョーダン・ピックフォードが守るゴールに放ったシュートは、ヘッドを正確に合わせることができずディボック・オリジからの危険なパスを不意にした1度だけだった。後半には、ペナルティエリア外で最初のボールタッチが強く、また1度チャンスを作り出すのに失敗した場面があり、彼の影響力は、そこから消えていった」という厳しい見方も。

 その上で「(後半の)アレックス・オックスレイド・チェンバレンとの交代は理解できる判断だった。だが南野がタッチラインへ向かう際には、アンフィールドのファンは、彼の仕事ぶりに暖かい拍手を送った。1分間でのハイタッチ回数の世界記録を樹立したこともある南野は、こういう拍手には慣れている。これは彼がレッズ(リバプールの愛称)で受ける最後の喝采となることはなさそうだ」と、スタジアムの様子を描写した。
 
 地元のリバプール・エコー紙は、「クロップ監督はエバートンを1-0で下したFAカップでデビューを果たした南野について大満足だった」と伝えた。

 クロップ監督の「彼は、まさに我々が望んだ選手だった」という試合後の談話を紹介。「南野は、FAカップの3回戦で70分間プレーした後、レッズ(リバプールの愛称)から、お辞儀を受けた」と続けた。

 また別記事で、「リバプール独自評価―レッズは新たなヒーローを得る。エバートンの勝利で(南野の)契約延長が必要となる」との見出しを入れて、この試合を分析。

 南野のプレーについて、「日本のフォワード(の南野)の働きぶりと、そのプレス能力は試合を通して通用していた。彼はこれから何週間、何カ月、何年にもわたり(チームの)力強い財産となるだろう」と絶賛した。

 リバプールは11日(日本時間12日)にプレミアリーグのトッテナム戦(アウェー)を控えているが、カップ戦でのデビュー戦で高い評価を受けた南野は、どんな形でリーグ戦でのデビューを飾るのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00010001-wordleafs-socc



1 2020/01/06
メディアは持ち上げて落とすということを平気でやるから、今後も試合に出続けパフォーマンスを示す必要がある。
もう数試合確実にこなさないとほんとの評価は得られないと思う。
頑張ってほしい。

2 2020/01/06
ボールタッチも少なかったし
運動量の豊富さは感じさせたけど
賞賛されるほどのインパクトは残せていない
可能性は感じさせた
これからの活躍を期待したい

3 2020/01/06
パスは全然来なかったですね。。若手主体でみんなギラギラしていた。件のララーナにしても打てるなら打つ姿勢だった。ゴールで周りに認めさせることがなにより大切か。

4 2020/01/06
レギュラーメンバーがほぼお休みで、若手中心のメンバーで最終的に勝ちきれたから良かったのではないでしょうか。レギュラーが休めてチームも結果を残せるのが、今は一番の貢献になるのだろうし。

5 2020/01/06

そんな良かったかなあ?
まずパスがそこまで来なかったし、決定的なヘディングもミートしてなかったし。
守備は悪くなかったけど。
フィルミーノの控えができそう、という観点からすれば及第点ではあると思うけど。

6 2020/01/06
うーん、リバプールのデビュー戦という事を全く抜きにすれば決して良くもなく悪くもなくという印象だった。
記事にもある通りそれをデビュー戦でできた、ということで評価されるのかも知れないけれど。
問題はリーグが始まったときに本当に試合に出られるかどうかだと思う。

7 2020/01/06
今のリパプールの課題として言われていたのが
フィルミーノに替わる選手がいなくて安心して彼を休ませられないという点
そのポジションに南野が入って
ゴールという目に見える結果こそ得られなかったけど
役割をこなせたというのはチームの課題の解消に繋がるとても大きな要素
フィルミーノが一時期ゴールから遠ざかった時期に
ゴールだけが彼の仕事じゃないと擁護していたように
戦術面で重要な役割を担うポジションなのでひとまずは及第点だし
状況からして及第点が得られる時点でスーパーという評価を与えるのは妥当かと
とはいえフィルミーノが遠ざかっていたゴールを決めた時に
やっと重荷が取れたというような話もあったように
ゴールという目に見える結果は重要だし
南野の立ち位置をより安定させるためにはゴールが必要
なるべく早くその時が来るのを期待しています

8 2020/01/06
観てたけど正直そんなに良かったとは思わなかったな。
パスもあまりこなかったし、そもそも位置が被ったりしてた。
あのようなパフォーマンスが続けば干されると思う。
アシストなりゴールなり結果を出さないと。

9 2020/01/06
もうデビュー戦というのは凄い。期待を裏切らないように今後もレギュラーで活躍し続けるのはたいへんだが、頑張って欲しいです。

10 2020/01/06
練習2回でこの内容。周囲は勝つことを求めつつも自分をアピールしたい2番手選手が多い中ですから、十分な働きではないでしょうか。
レギュラー陣に入った時には、良い流れが来る可能性を感じました。

11 2020/01/06
言ってもまだ全体練習3回でしょ?
まだリバプールとしての連携にはなりきれてないってことだと思う。
ただフリーランを積極的にしかけたり、プレスを早めにしかけたり、南野本来のプレーは見せられたんじゃないかと思う。
連携もそうだけど、みんな若手だったしターンオーバーだから、それぞれがとにかく結果を求めて自分で持ち上がったりって場面が多く見られた。南野もドリブルのシーンとかあったしね。その点ではボールがなかなか入らなかったのは仕方ないこと。それはもっと練習で連携を深めてリバプールの戦術にフィットしていけばいずれは遜色ないプレーが見られると思う。
期待してます!!

12 2020/01/06

イングランドのメディアは、サッカーに紙面を割くが、ゴールを決められなかった選手を早々、絶賛するわけがない。
地元ファンに信頼されるよう、ゴールをコンスタントに決めて、試合に出続けてほしい。がんばれ、南野!

13 2020/01/06
念願のビッグクラブ。
毎試合、少しでも良いから爪痕を残して、評価され、レギュラーを獲得しましょう。
日本人は出来る事を目の肥えたイギリス人に見せて欲しいな。

14 2020/01/06
とにかく得点。3試合以内に結果を出さないと試合で使われなくなる。そして心技体ともに常に準備して好不調の波をなくしていれば自然とスタメンを奪うチャンスがくる。本人が一番分かっていると思うけど、期待しています。

15 2020/01/06
ほぼ全員二軍の若いリバプール対ウォルコット先発を含むベストメンバーのエバートン、前半に失点していたら全く違う流れになっていたはず。しかしことごとく見せたGKのスーパーセーブは意味がわからないくらい超人的な反応だったし、彼がこの試合の影のMVPで間違いないと思う。
18才のタレント、ジョーンズはスーパーゴールの他にも強靭なアジリティで相手DFを混乱させていた。南野がやりたいことをやってた選手だなと思ったし、リバプールの次世代エースのようにも感じた。
加入当初は守備もたどたどしかったオリギが若手の模範となるプレーを随所に見せていたのも感慨深い。南野は鋭い切り返しやクロス、デュエルでも合流数日と思えないパフォーマンスだったけど、出場選手はアピールしないと職を失うような人ばかりだったので、ザルツブルクならポンポン預けられてた場面でほとんどパスが来なかった。これからだね。

16 2020/01/06
海外ビッグクラブへ移籍する事で、避けては通れない現地メディアの好評価とその後の批判。
どんな選手でも毎回100%のパフォーマンスを発揮出来るとは限らない!
新天地へ移籍した南野にはそんなメディアに潰されないで欲しいと思います。

17 2020/01/06
決定的なチャンスはエバートンの方が多かったけど、それでも勝ち切るのが今のリバプールなんでしょうね。南野はあれを決めていればリーグ戦やCLでの起用もあったかもだけど、しばらくはカップ戦で慣れていくようにするんでしょうね。一度レギュラー陣の中で見てみたいですけどね。
公式チャネルで練習でのボール回しの様子も見ましたが、サラーやマネはボール奪取のスピードが半端ないですね。南野はこういう中で揉まれて、超一流の仲間入りをしてほしい。

18 2020/01/06
昨日見ていて、特段凄い活躍をしていた訳ではなかったけど。クロップのサッカーが特殊で、普通に直ぐ出てフィット出来るものではないのかもしれない。まだまだ周りとの連携の部分では南野の特徴を分かってもらえていないと感じた。今回はカップ戦ということもあり、若手主体でそれぞれが自己アピールしようとしていたので、デビュー戦の南野には余計に大変だったと思う。リーグ戦のフルメンバーの中、スタメンもしくは後半からフィルミーノ等と交代出場したときにどうなるか見てみたい。

19 2020/01/06
まだチームに合流したばかり、戦術も個々の特徴も何もわからない状態、増してやほとんど若手の選手ばかり。
評価のつけようがない。ただハーフスペースで良くもらおうとしていたし、トップチームでやった時にはみんな良く見えてるから、ズバズバ出してくれるはず。
あのオフザボールの動きは、やはり期待が膨らみますね。

20 2020/01/06
若いメンバーで構成された分、自己アピールが多いし、南野にパスが来なかったね。
ただのその中で、ブラッシングだったり、他の選手にはない、落ち着きをみせたり、周りが見えていたことは良かった
この試合のメンバーでは、南野の潜在能力は測ることができなかったかな
次の試合からはチャンスが少ないと思うが、ぜひものにして欲しい!!

21 2020/01/06
若手中心でみんな自分が自分が状態で ボールが殆ど回ってこなかったのはあったけど、見せ場はせいぜい合わせ損なったヘディングシュートくらいだったけどな。あれを見て絶賛というなら感覚が変だよね。おまけに交代直後に点が入っているし、正直この試合は南野はもっていないと思った。
当面はフィルミーノの控えだろうが、他の若手も勢いがあってベンチ争いもかなりタイトだと思う。

22 2020/01/06
新天地、リバプールでのデビュー戦という前提では良かったと思う。
ただ、メディア絶賛と書いてあっても海外サイトの採点ではチーム内最低点だし、監督も本当にどこまで評価してくれているかはわからないけど、将来性という部分を買ってくれているところは良い感じだと思う。
チームに溶け込んで結果を出して信頼を勝ち得ていくしかないと思う。
これからに期待して、応援してます。

23 2020/01/06
今日の試合は全く参考にならない
リバプールといえど無名の2軍の若手選手を主体のチームで戦ってたし、今日微妙だったからって気にすることはない
今後レギュラーとプレーするときに連携できるか、アピールできるかが大事

24 2020/01/06
自分の見た限りでは、惜しいヘッドもあったが、お試し期間中でなんとも言えないという感じだった。順応が難しいといわれるプレミアで、連係等、時が解決してくれるのだろうか?ともかくも、過密スケジュールのリバプールで、南野に少なからずチャンスは来ると思うので、絶対にものにしてほしい!

25 2020/01/06
南野にボールが来なかったなんて文句も多々あるみたいだけど、二軍選手主体のチームなんてみんながアピールしたいに決まってる。新人に譲ってる余裕なんかないだろう。
結局は一番プレイに絡んでいたジョーンズが結果を出した。受け方を考えるだけじゃなくて取りに行く気概を見せて欲しい。

26 2020/01/06
ザルツブルグで身に沁みついたプレッシングはクロップの戦術と相性が良いのはあるだろう。
でもクロップは選手を評する時は5割増しくらいで発言するので、そこは差し引いて考える必要はあるかな。
さすがに初戦なので大活躍というわけにいかなかったが、ハードワークで基本戦術にフィットすることは証明できた。
ターンオーバーや点差に余裕のある時はチャンスがもらえる可能性が高まったのではないかな。

27 2020/01/06
緊張で少し固くなってたのかな?
若干気負いが感じられてトラップやパスにも精度を欠いていた。
まぁ、リヴァプール若手がギラギラしっぱなしで連携もイマイチなところが多いから、ザルツブルクブルクにいたときのような連携はすぐにはできないだろう。
納得させてパスを出させるのはこれからかな。
動きだしとか充分可能性は感じた。
それに日本代表でもそうだけど代表に呼ばれる欧州組はズレを感じたら10分くらいで修正してしまうように思える。(パスの角度とか走り出すスピードとか。だから日本代表から欧州に戻るとまた再修正が必要だから調子落とす選手もいる)
なのでまずはリヴァプールのトップ選手と練習でスピードやタイミングに慣れながら足元のスキルも磨いていけば良いと思う。

28 2020/01/06
監督との相性も大事だね。クロップはドイツ人なのでラテン系の監督よりも采配に情実を挟まない気がするので後は試合で結果を残して行くのみでしょう。世界屈指の3トップに割って入るのは厳しいと思うが厳しいからこそ技能向上にプラスになり、南野が成長していく糧になると思う。頑張って欲しい。

29 2020/01/06
試合は観てないけど、まあいいプレーがそれなりにできたのなら良かった。
多分彼には献身的なプレーだとかいろいろ求められるんだろうけど、周りから信頼される一番の近道はやっぱり早くゴールを決めることだろうなあ

30 2020/01/06
皆さんが言っているとおり大きな活躍はありませんでしたが前線からの守備、スペースを埋める、空ける、相手を釣り出すなどの動きは出来ていたと思います。
昨日は普段出番をもらえない他の選手がアピールに必死な中でチームプレイに徹していたのか。ただセットプレイ時の動きなど他と合っていないところもあったのでまだ改善も必要かと。今後に期待。











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ