1: Egg ★ 2019/12/16(月) 22:59:18.25 ID:Lf59w2389
スポーツにおいては「ファン」「サポーター」という言葉の方が馴染みがあるかもしれないが、近年では自分の趣味が何なのかを表す言葉として「オタク」という言葉を使うことが定着しているほど1億総オタク時代と呼ばれる現代社会において、誰もが何らかのオタクであるといえるだろう。

一方、オタクと呼ばれる人もいれば「にわか」と呼ばれる人もいる。どのような人がオタクで、どのような人がにわかと呼ばれるのか、オタクや若者の消費や実態のないものに対するマーケティングをテーマとした現代消費文化論、マーケティング専門に研究している廣瀬涼氏に解説いただいた。

オタクには2種類のオタクが存在する

一概にオタクといっても2種類のオタクに分類できる。まず「消費性オタク」である。彼らは趣味に対して時間やお金を過度に消費している。次に「オタクというレッテルを貼られた人」である。本人が実際にオタクであるかは関係なく、他人からオタクとして見られることでそこにオタクが存在することになる。例えば映画『電車男』で山田孝之が演じたようなケミカルウォッシュのジーパンにネルシャツ、メガネに、バンダナをつけた人がいたら、あなたはその人をオタクであると認識するでしょう。これはステレオタイプのオタクの存在が社会における共通のイメージになっていると言えるだろう。

これを逆手に取ると、自身をオタクとして見てもらうことも可能になった。例えばアキバ系に限らず、カープ女子と揶揄されるような広島東洋カープについてそこまで詳しくない人でも、“推し”のユニフォームを着て、タオルと応援バットを首から掛けて球場に向かえば他のファンから「カープファン」であることを認識してもらうことができる(全てのカープ女子がそうであるとは思っていないので悪しからず)。彼女たちのような存在は熱心なファンから「にわか」と呼ばれがちである。

熱心なファン、サポーターから呼ばれる「にわか」とはどんな人物なのか

では、「にわか」とは誰のことなのか。「にわか」自体も3種類に分類できる。
まず「1.興味領域が広くて浅いにわか」である。彼らはスポーツに限らず複数の趣味があるため、趣味一つひとつの関心は熱心なファンと比較してライトだ。そのため、彼ら自身は最大限にチームを応援して楽しんでいるつもりでも、熱心なファンやサポーターから見るとまだまだと思われてしまっている存在である。

次に「2.実社会でスポーツファンであると思われたいにわか」である。学生時代や勤め先を想像してほしい。人の輪の中に入るために何らかのキャラを演じた経験はないだろうか。いじられキャラや毒舌キャラなど、人はコミュニティの中で他人のキャラと被らないように棲み分けをしている。その中でやたらとスポーツ好きをアピールする人はいなかっただろうか。彼らは実社会における人間関係構築やコミュニケーション手段の一つとしてスポーツファンを名乗っている。彼らの目的意識はスポーツ観戦から得られる楽しさよりも、スポーツ好きというキャラを維持することにある。

最後に「3.スポーツファンというアイデンティティを形成したいにわか」である。彼らは他のファンから仲間であると認識されることで帰属欲求を満たし、スポーツファンというアイデンティティを形成することを目的としている。誰もが初めて球場やスタジアムに向かう時、他のサポーターやファンがどのような服装をしているか気になるのではないだろうか。もしくは実際に試合を見に行って、他のファンの服装や持っているグッズを参考に次回の観戦の準備をするのではないだろうか。これは服装や応援歌などを真似ることで、その空間に生まれる一体感や共通意識を楽しむことができるからである。この一体感を通して自身の帰属欲求を満たし、スポーツファンであるというアイデンティティを形成しようとしている。このタイプのにわかは新参者に多い。

このように一概に“にわか”といってもその性質や目的は異なるが、どちらにせよ熱心なファンから軽視される存在である事は間違いない。

つづく

12/16(月) 19:10配信REALSPORTS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00010000-realspo-spo

写真
no title


スポンサード リンク

2: Egg ★ 2019/12/16(月) 22:59:29.67 ID:Lf59w2389
オタクの消費は自身の生活そのものをチームにささげている活動

さて、オタクがオタクであるがゆえん、それは「消費」することにある。『2019年スポーツマーケティング基礎調査』によると、過去1年間でスタジアム観戦の経験がある人の年間平均支出は46,509円だった。しかしこれはあくまでも平均であり、ファンになればなるほど支出は増加する。例えばサッカー日本代表戦でも海外遠征に合わせて応援に行くサポーターは多く、彼らがテレビに映ると熱心だな、と感心する。彼らは試合のチケット代はもちろんのこと、渡航費や滞在費は自身で捻出する必要がある。彼らは、なぜわざわざ海外まで日本代表を応援しに行くのだろうか。スポーツオタクの消費心理を「消費性」と「コミュニティ」の2つの視点から考えてみる。

まず消費性であるが、前述した通り、オタクは自身のお金や時間を過度に消費する傾向がある。理由は、消費することが自身の満足に繋がるからである。スポーツ観戦で言えばスポーツ観戦をすることそのものが自身の生きがいであり、彼らが生活を送る理由そのものになる。その中でも天王山や優勝決定戦、国際試合など、その試合の意味合いがファンの中で大きいものを観戦するほどチームに対するロイヤリティは高まり、自身の満足度を高めることができる。グッズにおいてもレアなものほどオタクの中では価値があり、自身がファン活動を続けていくためのモチベーションや自信に繋がる。自身の生活そのもの(人生)をチームにささげている一方で、その存在に依存しているところもある。だからこそチームの成長を見守りチームと共に歩んでいくことができる。

次にコミュニティの視点から見てみよう。ブランド・コミュニティという言葉を聞いたことはあるだろうか。好きなブランドが同じ消費者同士によって構成されるコミュニティのことであり、スポーツに当てはめるとブランドはチームのことを指す。ブランド・コミュニティには、コミュニティメンバーの消費が促されるなどの機能がある。サポーター同士の関係が強固な「浦和レッズ」を例にブランド・コミュニティの機能を考えてみよう。

1.浦和レッズサポーターは共にチームを見守り、時には叱咤するサポーターコミュニティを自分たちの聖域と受け止め、それが原動力となって浦和レッズに対する消費を行っている。
2.コミュニティで同じ価値観を持つサポーターと触れ合うことで、チームに対する思いが高まり、チームを応援する確信に繋がる。その結果、熱狂的、宗教的に支持し消費に繋がっている。
3.サポーター一丸となりチームを見守ることで選手への共感、親近感の高まりが消費に影響する。

ここでいう消費とは、グッズそのものの購買や試合の観戦、遠征するモチベーションと捉えることができる。サポーター同士が影響を与え合うことで相乗効果を生み、消費が促されていると言える。

68: 名無しさん@恐縮です 2019/12/17(火) 00:17:17.74 ID:K6z+hHh90
>>1
なげぇーよ

99: 名無しさん@恐縮です 2019/12/17(火) 07:47:16.58 ID:a/af1D5+0
>>1
熱いじゃなくて愚民化洗脳の賜物だよw
低脳DQN系を一つの嗜好に過剰に求めさせるように反社のパヨ在が誘導させて
反社側の人間に取り込もうと工作した結果がこれなのだよ。
70年代のイングランドにおけるIRAテロ組織の工作と同じだよ。

23: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:13:44.79 ID:EKQmT0Bz0
>>2
ゴール裏を弾圧して段幕すら禁止して御覧の有様だよ

3: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:01:57.23 ID:cHlI2Fe90
この膠が

4: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:03:09.99 ID:GVnLcgeS0
× 浦和
〇 さいたま

11: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:05:50.12 ID:GVnLcgeS0
>>5
横浜Fマリノスと横浜FCがあるぞ?

29: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:19:21.57 ID:7fc6fT320
>>11
浦和レッズと大宮アルディージャがあるね。
ちゃんと分けてるw

22: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:13:02.21 ID:Rk+Z0xdk0
>>5
他のクラブももっと細かく区レベルで細分化していかんとね
ガンバ大阪はせめてガンバ吹田 セレッソ大阪はセレッソ住吉に変えるべき

56: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:57:16.75 ID:OcWmQxqQ0
>>22
緑レッズになるがいいか

106: 名無しさん@恐縮です 2019/12/17(火) 07:58:03.91 ID:yo7F9pQS0
>>22
サガン鳥栖とか最初鳥取のクラブチームだと思った

6: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:04:09.69
ニワカの何がいけないんだ?(´・ω・`)

7: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:04:10.46 ID:T23fXB8U0
熱いというより暑苦しい

9: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:05:27.72 ID:Rk+Z0xdk0
サポーター=超絶マニア 他氏排斥 にわかファンを受け入れない

全国的に同じ傾向

118: 名無しさん@恐縮です 2019/12/17(火) 08:36:42.55 ID:8v4dD/5y0
>>9
阪神ファンと広島(カーブ)ファンが良い見本例だなw

10: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:05:38.26 ID:X80LjdKE0
その熱いサポは徐々に減少してんだよね

12: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:06:30.56 ID:qVlvJf0R0
めんどくせぇ

13: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:06:41.03
選手は自分の人生や生活を賭けてプレーしてるのに、なんでブーイングするんだろ。

14: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:08:16.92 ID:G+s9jMZR0
>>13
金と時間を払ってるのに気持ちよくしてくれないからだろ

15: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:08:19.47 ID:Wh8M4wKi0
ニワカとか言ってるから客が激減してるんだろ
コアサポーターのほうを見て商売してると没落していくだけだぞ

24: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:14:47.88 ID:RQHLxOVc0
>>15
ほんとそれ
野球の動員が復活したのはライト層、エンジョイ勢をウェルカムしたこと
サッカーの熱心なファンはクラブに金を落としてくれるであろうそういう層を排除する傾向にある

31: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:21:43.28 ID:7fc6fT320
>>15
何十年前にSFファンが通った道なので、
古参のSFファンが色々と資料残してるんじゃないかな…。

○○はSFじゃない! とかジャンル論争して排除したり、
にわかを見下したりして劣化・消滅していった。
まぁ完全消滅する前に広いジャンルへの拡散に成功したから発展解体だが、
スポーツのファンに発展的解体ってありえないしなw

16: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:09:19.80 ID:0ZRncNey0
浦和レッズはレディースにアイドル顔負けの可愛い選手が多いよ

17: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:09:54.36 ID:VwofYrTe0
浦和はわかりやすいだろ福田の涙のゴールを覚えているか
J2時代にスタジアムに通ったかどうか
ACL優勝を知っているかあたり

18: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:10:06.83 ID:47YjY3qf0
てっきり土田のことかと

19: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:12:30.43 ID:EKQmT0Bz0
犬飼時代の犬飼社長の煽りが上手かった
ホームで負けたら必ず試合後にスタジアムの外でサポーターと話をすると公約し実行とか
サポーター一人一人が戦力と煽り思い込ませるとか

20: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:12:30.15 ID:VuqE/3F2O
コアサポって一番安いゴール裏行くんだよな。普通一番安い席はニワカがお試し用で観に行くべきなのに。
コアなら一番高い席行けよって

21: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:12:57.97 ID:hwGWOPts0
だったら一番高い席で応援しろよ

やってることは一番安い席占領して新規サポーターになるのを妨害
浦和だけじゃなくほとんどのクラブがこれに悩まされてる
浦和は新規サポの為に今年から新しい安い指定席を作った

25: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:14:55.28 ID:6mfUMNVz0
埼玉ダサい
埼玉県民ダサい
田舎コンプレックスのかたまり

26: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:15:05.64 ID:VuqE/3F2O
no title

27: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:17:21.75 ID:gI4AdHbG0
神戸の那須みたいなやつがいっぱいいる

28: 名無しさん@恐縮です 2019/12/16(月) 23:18:21.74 ID:VuqE/3F2O
浦和はユニ率高過ぎじゃないかね。本場プレミアなんて私服だらけじゃないか。

100: 名無しさん@恐縮です 2019/12/17(火) 07:51:38.04 ID:5puG5v1t0
>>28
ドルトムントの動員は昔から安定してこのレベルだぞ

引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576504758/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ