20191121-00230491-soccermzw-000-10-view[2]

スポンサード リンク




◆「攻守における共通理解の欠如」を露呈と指摘 総じて及第点以下の採点に…

 日本代表は19日に国際親善試合ベネズエラ戦に臨み、前半に4ゴールを叩き込まれる失態で1-4と大敗した。序盤からミスの目立った日本は、前半8分にFWサロモン・ロンドンに先制点を奪われると、30分、33分、38分と立て続けに失点し、まさかの0-4でハーフタイムへ。後半に途中出場のMF山口蛍(ヴィッセル神戸)がミドルシュートを決めて一矢を報いたものの、反撃はこの1点のみに終わった。

 5日前のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス戦(2-0)から先発メンバーを8人入れ替え、欧州組の主力を多く欠くなかでの完敗を識者はどのように見たのか。1970年代から80年代にかけて活躍した「天才ドリブラー」で、解説者として長年にわたって日本代表を追い続ける金田喜稔氏が、この試合に出場した全16選手を5段階で評価してもらった(5つ星が最高、1つ星が最低)。

 大前提として「どのようにボールを回し、守るのか。攻守におけるチームの共通理解が見えず戦い方が整理されていなかった」と指摘した金田氏は、「アジア2次予選のレベルでは“ごまかし”が利くが、最終予選や世界を相手にしたらそうはいかない」と、森保一監督のチーム作りに敗因があると語った。そのうえで、この試合のスタメン11人には軒並み及第点以下を与えた一方、後半から出場した選手には一定の評価を与えた。

   ◇   ◇   ◇

<FW>
■鈴木武蔵(札幌/→ハーフタイムOUT)=★★
 チームとして攻撃の形がなかったとしても、前線でもう少しボールを収められなければ厳しい。苦しい時間帯にルーズボールを足もとで収めるだけのフィジカルや走力、高さを示せずアピールに失敗。前半25分には浮き球のパスを胸トラップからシュートしたが枠を捉えられず。せっかく先発出場のチャンスをもらったのに生かせず、相手に先手を打って仕掛けるようなシーンも作り出せなかった。

<MF>
■浅野拓磨(パルチザン/→後半20分OUT)=★★★
 浅野の適性ポジションが、やはりサイドではないことを再認識させられた一戦。中央に位置しながら鈴木とコンビを組み、前半14分など後方からのロングパスに抜け出し、相手最終ラインの背後を突くシーンを作った。巧みに駆け引きをしながら裏に抜ける動き出しは、サイドで起用された際にはできないもの。相手ゴール前の局面でプレー精度を欠いたことは課題として残るが、持ち味は発揮できた印象だ。

◆前半は“引きすぎた”中島 「“ごちゃごちゃしていた”エリアをさらに混乱に陥れた」

<MF>
■中島翔哉(ポルト)=★★★
 率直に言って前半は“引きすぎ”。いくらボールが出てこないからといって、左サイドハーフからボランチの位置に下がってしまうと、ビルドアップの共通理解がなく、ただでさえ“ごちゃごちゃしていた”エリアをさらに混乱に陥れた。中島があれだけ引くと、左サイドバックの佐々木も怖くて上がれない。もちろん簡単には取られないキープ力は見せたが、効果的とは言い難かった。もっとも、そこを修正するのは監督の仕事。後半はポジションを上げ、日本の攻撃をリードしただけに、チームとして前半のうちに的確な修正を施したかった。

■原口元気(ハノーファー/→後半37分OUT)=★★★
 右サイドハーフとして久しぶりのスタメン起用。左サイドでプレーする際には、ドリブルから中へ切り込む形を得意とするが、ロシアW杯の時もそうだったように右では内側へ持ち込むことはほとんどない。攻撃時には右サイドバックとの縦関係が一つのポイントになるが、室屋と連動するシーンはほとんどなく、ボランチの橋本を含めてサポートをあまり得られなかった。

■柴崎 岳(デポルティボ)=★★★
 試合後には攻守両面で修正できなかった自身を責める発言を残したようだが、自身の統率力云々というよりチームの連動性のなさが引き起こした問題。守備面では取りどころが定まっていないため、後手を踏むシーンが多く、ビルドアップでも後方のセンターバックとの距離感が良くないシーンが多かった。後半に入り徐々に縦パスを供給するシーンは増えたものの、決定的な仕事はできなかった。

■橋本拳人(FC東京/→後半20分OUT)=★★★
 柴崎とともにビルドアップ面で苦労し、パスを引っかけるシーンもあった。持ち味である守備面では、前半の立ち上がりは相手に激しく寄せて突破を防ぐシーンも見られたが、チーム全体が連動できなかったこともあり、時間の経過とともにポジショニングに戸惑いも感じられた。個人のパフォーマンスだけの問題でないのは明らかだが、9月、10月の代表戦では着実に評価を高めただけに、少し物足りない印象だった。

◆CBコンビのビルドアップに課題 「スムーズさを欠いた配球でチームを苦しくした」

<DF>
■佐々木翔(広島)=★★
 左サイドバックとして先発のチャンスをもらったものの、攻守に迷いが見られた。1失点目の場面では左サイドからのクロスに対してロンドンにつききれず簡単に競り負けた。3失点目のシーンでも左サイドからのクロスに対して後手を踏み、相手にヘディングでの折り返しを許し、4失点目では左サイドを攻略された。ビルドアップの場面でも、前半は同サイドにいた中島が下がりすぎたため位置取りに苦労している印象が窺えた。

■畠中槙之輔(横浜FM)=★★
 久しぶりの代表戦出場でアピールにつなげたかったが、4失点と不本意な結果に。所属する横浜FMではビルドアップ能力に定評があるが、共通理解が見えないこの日のメンバーの中では苦労していた。後手を踏み続けた守備面ではパートナーの植田とともに相手FWロンドンを捕まえきれない場面が目立ち、3失点目のシーンでも左右に振られて離してしまった。三浦とのコンビになった後半はやや持ち直したものの、前半の内容が悪すぎた。

■植田直通(セルクル・ブルージュ/→ハーフタイムOUT)=★★
 海外組の1人であり、最も実績を積んでいる選手として統率力に期待したが、急造の最終ラインを上手くコントロールできなかった。自身も特にビルドアップの場面では課題を露呈。あれだけベネズエラに高い位置から、ボランチの柴崎と橋本に対してプレッシャーがかけられているのなら、もう少し自らがドリブルで前に持ち出してマークのズレを誘ったり、ボランチを飛び越えたミドルパスを前線に送りたいところ。ボールに向かって真っすぐ下りてきたボランチに短いパスを当てたところで、相手の圧力をかわすことはできず、最終ラインからのスムーズさを欠いた配球がチーム全体を苦しくさせた。もちろん、そうした出し手と受け手のイメージを共有させるのも監督の仕事。選手がピッチ上で迷いながらプレーしているようでは、サッカーを熟知する南米勢には敵わない。

■室屋 成(FC東京)=★★
 先制点を許した場面の右サイドでの対応は、ペナルティーエリア内で少し考えられないほど対峙したジェフェルソン・ソテルドに長い時間キープされ、圧力をかけきれないままアシストを許した。攻撃時は自らのポジショニングが低すぎたことが、右サイドでのパス回しが停滞する一因に。右のセンターバックである植田がビルドアップ時に開いた際には、もう少し前にポジションを取れれば、その先の展開が楽になったように見えた。

<GK>
■川島永嗣(ストラスブール)=★★
 あれだけサイドから完璧に崩され、中央でフリーで相手に合わせられてはGKとしてなす術がないだろう。コーチングによってその守備を修正するのも最後尾にいる守護神の役目ではあるが、約束事が見えないなかでは的確な指示も出せなかったのではないだろうか。もちろん、経験豊富な川島だからこそ最後の部分でのセービングに期待したが、前半だけで4失点を喫してしまった。

◆永井、古橋らの迫力あるプレーを評価 「チーム全体のプレーのギアを上げた」

<途中出場>
■古橋亨梧(神戸/MF/←ハーフタイムIN)=★★★★
 後半開始から右サイドに入ってフレッシュな力を発揮。後半4分にドリブルで持ち上がるなど、チームの攻撃を活性化した。ゴールという結果にはつながらなかったが、ドリブルもできてアシスト能力も高い選手。今後への可能性を感じさせるデビュー戦となった。

■三浦弦太(G大阪/DF/←ハーフタイムIN)=★★★★
 ベネズエラが前半より攻撃のペースを落としたこともあるが、後半45分間のプレーで失点をゼロに抑えた。植田よりもビルドアップ時に高いポジションを取ることができ、ボールを前に運びながら常に縦パスを意識していた。三浦がセンターバックに入ったことで最終ラインが高い位置をキープでき、日本のリズムを作ることができた。

■永井謙佑(FC東京/FW/←後半20分IN)=★★★★
 やはり永井はジョーカーとしても魅力的な選手だ。心と体の準備をし、自分がやれることをしっかり整理してピッチに入ったことで、短い出場時間のなかで持ち味を表現できていた。出場直後に左サイドからのグラウンダークロスでゴールを演出してリズムに乗ると、絶対的な武器であるスピードを生かし、攻守において迫力のある動きでチーム全体のプレーのギアを上げた。

■山口 蛍(神戸/MF/←後半20分IN)=★★★
 出場4分後に同時投入された永井からのパスを受けて、一矢を報いるミドルシュートをねじ込んだ。相手に当たった一撃とは、その積極性が1点につながった。ベネズエラの足が止まった時間帯であり、守備面でも破綻がなかった。

■井手口陽介(G大阪/MF/←後半37分IN)=評価なし
 プレー時間が短く評価の対象外だが、疑問なのはなぜ井手口が左サイドハーフに投入されるのか。ライン際で何回かボールを受けたが、本来はそこから縦に仕掛けて勝負する選手ではない。久しぶりの代表戦出場が不慣れなポジション、しかも限られた時間というのは、アピールしたい選手には酷だろう。不可解な采配だった。

[PROFILE]
金田喜稔(かねだ・のぶとし)
1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表にデビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00230491-soccermzw-socc&p=1



1 2019/11/21(木)
毎試合毎試合勝ったからといって良いこととは言えない。勝ったことで露見しなかったこと、誤魔化してきたことが置き去りにされるかもしれない。
今のうちに悪い点、改善すべき点がわかったなら、それこそ良いこと。

2 2019/11/21(木)
あくまでW杯予選を勝ち抜く事が至上命題な訳だから
実験していく必要はあるだろうけど
わざわざお金を払って観に行ったファンに対しては失礼のない結果にしなければならないよね
そういう意味では
一人一人に採点を求めた編集者は
金田さんにその意図を込めて採点してもらう様にしないとね
一番採点しなければならないのは監督だけどね
意味ある敗戦なら許せるが、観に行ったファンは許さないだろう

3 2019/11/21(木)
柴崎、中島あたりいいパフォーマンス時を考えれば次はスタメンありませんよでいいぐらい悪かったと思うけど。
佐々木あたりは左サイドバックなら次はいりません。
森保もどちらかに専念したほうがいいと思うけど

4 2019/11/21(木)
当然と言えば当然となるが交代選手の評価が高いね
植田は昔から期待していた選手だけに現状に不満。

5 2019/11/21(木)
ここで星3つにしてるのを星2つにするベースで、もっと厳しく評価するべきでは?

6 2019/11/21(木)
チーム作りに問題があるのならそこをなんとかしないとね。個人的には森保監督では荷が重い、変えた方がいいと思うよ。

7 2019/11/21(木)
コーチング、つまり、監督の力がいかに重要かは、日本代表のラグビーのみならず、本場のサッカーを見てもあきらかだ。
しかし、なぜ国際経験のない日本人監督なのか?
代表に日本人監督を、という協会の期待は分かるが、それは外国のチームで(代表)監督を経験した日本人が存在し、「世界が認める日本人監督」を日本代表監督に据えるというのが筋だろう。
サッカーで日本代表はすでに弱者ではなくなった。ワールドカップ出場は当然視され、グループリーグ突破も経験している。
その先、を狙うのに、なぜ「広島を強くした=国内で評価された」森安なのか。
世界で評価される監督が何をもたらすかを考えてみてくれ。
ラグビーのエディージョーンズはイングランド代表監督となりジェイミーは王者オールブラックスからの招聘を受けるほどだ。代表合宿のあり方などは別として、なぜ監督人事がこうお粗末なのだろう?
予算のかけどころを間違えるな。

8 2019/11/21(木)
今回の試合でつくづく思ったよ。W杯のアジア枠を減らして南米とか欧州の枠を増やして欲しい。ベネズエラも強いが、W杯の出場無し。過去の大会では、オランダや、イタリアがの強豪国が本大会出れずに日本が出れたりとか。今回の日本代表見て、枠を譲ってあげてってホント思った。
もっと強い日本代表を見せてくれ。W杯出場が決まった時には、出場に値すると誰もが認める様な日本代表を見せてくれ。

9 2019/11/21(木)
選手の問題ではない。
森保就任から1年4ヶ月。
当初、三銃士を入れたときがチームのピークだったことが異常。
今が交代のベストタイミング!

11 2019/11/21(木)
まあ、ベネズエラ戦に出場した選手達は力不足を痛感しただろうね
サッカー選手なら誰だってW杯に出たいと思ってるはず
しかしその可能性が想定以上に低いことをまざまざと示された格好
アジア諸国内で日本はW杯に出て当たり前と思われてるチーム
みんな日本をお手本にするし、戦うとなったら具に研究する
相手や監督の想定を越える働きをしないと、W杯メンバーなんて夢のまた夢ですよ

12 2019/11/21(木)
ん~ちゃんと最初から新戦力を起用してゴールキーパーも中村こうすけを起用した布陣で試合した結果の採点ならいいんだがね
そういう目的の試合だった筈だから

13 2019/11/21(木)
今の中島翔哉なら2次予選まででお役御免で、最終予選は危なくて使えないよ。
こんな自分勝手な選手、レベルの低い相手なら自分のペースでやれるけど、レベルが上がると穴にしかならないからね。
クラブチームで揉まれて、経験を積んだ方が本人のためだと思う。

14 2019/11/21(木)
相手の圧力に負けたわけだが、理由は第一に身体能力。これは向上が困難なので言っても仕方がないが、第2に慣れ。普段と違う強度でプレーされると予測が通用しない。対戦慣れするということは予測が出来るようになってくるということだからそこがJリーガーには足りないというか、どうしようもない。前半は守りながら慣らしに使うのも手かも。

15 2019/11/21(木)
ネガトラが下手。現代サッカーではネガトラが重要と言われてて、グアルディオラは5秒ルールと言うのを設けてると言われてる。日本代表も試合の設計図が描ける監督を招聘するべき。畠中や古橋はポジショナルプレイに慣れてるから、ポジショナルプレイを取り入れて無いチームの選手とは合わない。皮肉にもそこが穴になる。ヴェルディがロティーナ監督の時の井上潮音がそうだった。Uの代表に選ばれるけど、試合に成ると一人だけ浮いてしまい、他の選手とは合わない。

16 2019/11/21(木)
南米やアフリカの選手はスピードがある。
そのためディフェンスの選手は厳しくなる。
すくなとも100mが10秒から11秒で走る力がないと振り切られる。
 ベネズエラ戦やコロンビア戦は振り切られていたね。振り切られるとファールで止めるしかないなかったので、相手にチャンスを与えてしまった。優勝を目指すなら、これからの代表選手は技術プラススピードも重んじるべきだ。

17 2019/11/21(木)
永井がスゲー走ってるな〜というのはよくわかった。
チームが苦しい時にああいうプレーができる選手がいると助かるよね。

18 2019/11/21(木)
ベネヅエラを過小評価していたのでは それで海外組を無理してまで呼び戻す事をせず 国内組で監督のお気に入り選手を試して見たかった しかし期待に大きく反し惨めな試合に終わった と言う事でしょう 此が何時もの海外組主体での負けだったらショックも大きかった。

19 2019/11/21(木)
誰がどういうプレーするのかお互いに判ってないバラバラチームに見えたけどね 中島の勝手ドリブルが象徴している チームになる時間が無さ過ぎで南米チームだから 観戦したサポーターからすればブーイングでしょ

20 2019/11/21(木)
前半ですべてが終わりほぼ戦犯の中島選手に後半は攻撃をリードしたとか相変わらずですよね。ボールを受けて中へのドリブルでつぶされるの繰り返しで逆サイドはサイドからの攻撃が機能しているのに中ですよね。空いたスペースを相変わらず利用され得点されすぎですね。いつもの格下チームならなんとかできるがむりでしたね。ベネゼエラは後半途中から動きも落ちて引き気味で日本に持たせて勝ち切る戦術ですね。

21 2019/11/21(木)
森保はこういう監督業(日本代表みたいに短期間で選手をまとめるもの)には向いていない
あと、Uー22の方も持ってるけど、森保は1年近く指揮を取ってないし、いざとったら負ける。もうU-22は横内コーチに任せたほうがいい
代表も持たなくていいから解任してほしい

22 2019/11/21(木)
川島の星2つは過大評価
急務であるGKの世代交代を差し置いて先発出場した以上結果を出すべきだったが結局はやっぱり川島では代表はムリだという結果になった
来年のA代表に万が一川島が呼ばれるような事があれば裏事情を疑う

23 2019/11/21(木)
永井はオリンピックの戦術永井を思い出したな。ロンドンがいたから思い出したか

24 2019/11/21(木)
ちゃんと日本を調べたチームと打ち合わせもない日本代表がやったら、って試合だった。それほど強くないってことを念頭に入れないといろいろずれてくる。

25 2019/11/21(木)
森保が監督である限り、この結果は当然かと。
アジア最終予選は勝てないだろうね

26 2019/11/21(木)
評論家や元代表選手らは〜総じて厳しい意見。
致命的なのはホームで惨敗しても甘いサポーター。

27 2019/11/21(木)
塩谷はもう呼ばないのか?
複数ポジションも出来るし
アジアカップでも悪くなかった。
ボランチもサイドも出来る。
まだまだ試す価値はあると
思うが?

28 2019/11/21(木)
全員星1つ多くない?

29 2019/11/21(木)
最重要評価が落ちているので書いておく。
森保一(監督)=★
勝ち負けでなく、チームのコンセプトが見えない。2022年を念頭に、この正月には解答を!ゲームを柴崎に作らせるのか?新しいゲームメーカー探すのか?柴崎はドゥアルに弱く、鬼キープの本田やヤットに比べ、ためが作れない。切り返してパスコース探していると取られるので、彼のパスセンス活かすには、ノールック、ワンタッチしかない。なら、前に並ばせる選手は柴崎の足元にボールが入り出す前に動き出さないと間に合わない。柴崎に任せながら、前線を修正しない監督はダメだ。

30 2019/11/21(木)
中島はロシアW杯に選ばれなかった理由がだんだんわかってきた 川島は良い指導者になって下さい、佐々木は所属クラブでチームの力になって下さい

31 2019/11/21(木)
今回は監督は評価しないのね。それとも、星なし?











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ