20191111-00010024-goal-000-3-view[1]

スポンサード リンク




そこにあったのは未来へのサインだ。久保建英はマジョルカで、ついに煌びやかなパフォーマンスを見せつけている。PKを獲得して、決定的なボールタッチで2回目のPKの起点となって、そして最後には驚異的なゴールを決めて、ビセンテ・モレノの特異なシステムの中で潰れかけていた姿をシャキッとさせた。このビジャレアル戦で披露したプレーは、久保がマジョルカのレギュラーとして出場するための道を指し示している。

文=ハビ・シジェス

今回はサルバ・セビージャの出場停止が、久保のスタメンの扉を開いた。同じくスタメンで出場した、バジャドリー戦での失望的なパフォーマンス(それはチーム全体にも言えたが)からすれば、起用は予期できなかったことである。久保は再び4-3-3、または4-1-4-1のシステムの中盤右サイドに配されたが、いつものポジションにもかかわらず、結末は異なるものだった。

久保はこの試合でも、そこまで頻繁にボールを持ってプレーしたわけではなく(アクションの回数は45回)、パス精度も高かったわけではない(成功率53%)。では、なぜ私たちは彼のプレーに魅了されてしまったのだろうか?

彼が出色の出来に見えた理由はいくつもある。第一に、久保建英は特別な才能の持ち主であり、プレーの意思決定が迅速かつ、ずば抜けて器用なプレーを見せる。そして、その類い稀なる鋭敏さは、ペナルティーエリアの近くであればあるほど、普通では起こり得ないことを起こせるのだ。久保は自ら蹴ったCKからPKを獲得するまでに至ったが、あれは狭いスペースにおける1対1の強さを改めて証明した場面と言える。アスレティック戦でもPKを奪取していた彼だが、それ以外の試合ではああした局面を迎えることは、このビジャレアル戦までほぼなかった。

◆改善され続ける守備

マジョルカのプレーアイデアは、自陣でボールを奪って、素早いトランジションで攻撃を仕掛けることを基本としている。が、この試合ではリードを得たことによって、攻撃に出るビジャレアルの陣形が間延びして、久保は彼らのDFとMFのライン間でより容易にプレーすることが可能だった。日本人MFは4-3-3を使用するビジャレアルのパウ・トーレス(左センターバック)、ルベン・ペーニャ(左サイドバック)、ビセンテ・イボーラ(アンカー)の間にポジションを取っていたが、中央ではダニ・ロドリゲスと連係して、また左サイドバックのジョアン・サストレが駆け上がるスペースをしっかり確保していた。

久保がレギュラーとなるためにはやはり、自分の能力を生かせるポジションと、周囲のチームメートとの適切な距離感が必要だ。実際、2-0とするPKが生まれた場面で、久保の絶妙な横パスがダニ・ロドリゲスの突破を促したのは偶然の産物ではない。ビセンテ・モレノは二人の係わり合いを起点として攻撃を押し進めることに執着していた。

久保はまた、アタッキングサード中央でのプレーの絡み方も確立しつつあるようだ。彼とは逆側のサイドでプレーが展開された場合には、中央に寄ってより自由な形でボールを受ける準備をして、その卓越したプレービジョンと個人技を発揮しなければならない。そして、この試合でようやく生まれた彼の記念すべきリーガ初ゴールは、誰もがゴラッソと認める素晴らしいシュートだけではなく、そうしたエリアで抜け目なくボールを待っていたことで生まれたものだった。

そして守備面について、久保はときにバックミラーを見ずに対面する左サイドバックをフリーにしてしまうことがある。今回も、ルベン・ペーニャ(ちなみに彼は右利きで多少不利となる)相手に何度かミラーを見やることを止めてしまったが、それでもチームがボールを保持していないときには守備意識を高めようとする姿が垣間見えた。堅守速攻を信奉するビセンテ・モレノから完全なる信頼を得るには、そうした姿勢はとても重要となる。それはおそらく、ゴール以上に。

文=ハビ・シジェス(Javi Silles)/スペイン紙『as』試合分析担当
翻訳=江間慎一郎
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010024-goal-socc



1 2019/11/11(月)
流石にあの活躍を見せつけられるとアンチも湧かないなw活躍するのは時間の問題だった訳でここから更に加速していくのが楽しみでしかない。

2 2019/11/11(月)
たいして巧くもないサルバセビージャあたりからは全てをもぎ取るくらいでないと。セットキッカーだって久保君が蹴っていけるくらいにならないと。それには結果、特にゴールを重ねるのが一番。こんなレベルの低い選手の中で、ゴールするのはトップ下じゃないと厳しいと思っていたけど、意外と早く初ゴールがきた。なかなか厳しいチームレベルだけど、トップ下とサルバセビージャの地位を奪う気持ちで頑張って欲しいな。

3 2019/11/11(月)
今節でマン・オブ・ザ・マッチのダニロドリゲスの前線からの守備が効果的だったのが印象的です。出場停止のサルバセビージャのおかげで中盤からのボール供給もシンプルで久保の右サイドを起点にするシーンは今までとは違い多かったのも印象的でした。ボール供給も速いので必然的にいつもより余裕がある状態でボールを受けれたのも久保にとって良かったです。中心選手であるダニロドリゲスとの連携も良くなってきているので今後もこの2人を起点にするシーンは増えるのではと思います。攻撃だけでなく、守備でもダニロドリゲスが前線へプレッシャーをかけた時、久保も連動してプレスをかけるシーンがあり、この2人で高い位置からボールを奪える所までいくとかなり面白いと思います。ただ、左サイドのラゴジュニオルが起点になる方が多いのは変わらないので得点シーンの様な中央のポジョニングがもっと良くなっていかないと得点を伸ばすのは難しいと思います。

4 2019/11/11(月)
確かに前線からの守備は良かった。
ラインを越えて出てしまったけど、出てなければインターセプトしてそのままゴールに進めるシーンもあったけど、まぁそれは仕方ない。
ゲームを見て思ったのが
ラゴジュニオール
ボール持ちすぎだし、PKも危なっかしい。周りも生かせないし
正直、下手。

5 2019/11/11(月)

ダニロドリゲスとフェバスとは、ポジションを争うより共存すべきだね。ハードワーカーのダニと、テクニシャンのフェバスの二人と良い距離で久保が絡むと、スピードある攻撃が出来て、チャンス生まれてる。
判断の遅いセビージャは、常に後ろから組み立てようとしてバックパスばかり。カウンターのタイミングだろうと、競り合いのセカンドボール取ったチャンス時だろうと、何故か速攻でバックパス。意味不明。又は、コネくってラゴジュニに渡すかの二択。DF陣は回すの上手くないから、キーパーまで戻してロングキック。セビージャが居ない昨日の試合は、キーパーまで無駄に戻すシーンが激減。結局、色々と彼が原因に思えるよ。
あと、プディミル。ハイボール強いのは良いけど、飛び出しとか、ラインの駆け引きがダメだね。足伸ばせばゴールみたいなのに反応出来ないか、オフサイドか。PK外した男だけど、アブドン・プラッツ先発を見てみたいかな。

6 2019/11/11(月)
かなりいい試合をした。ゴールには繋がらなかったがワンツーでお膳立てしたプレー、ドリブル、全て持ち味を出せた。ゴールはフリが小さく見事でした。セビージャがいなかったのもやりやすかったのかな。ジダンの声掛けでスタメンが確保したとしても、この試合のプレーを魅せればチームの為にもなり納得いく実力で加速するでしょう。ボールもいつもより集まったし味方を活かすプレーも上手いから信頼を掴んでほしいね。やはりゴール。素晴らしいパフォーマンスでした。久保を下げたのは疑問だが。

7 2019/11/11(月)
類稀なる得点機会の創出能力をいかにチームで機能させていくか。
マジョルカが上位に食い込むためには久保選手をフルに活用していくことが鍵になるだろう。
来期には必ずチームから去って行ってしまう選手とあって使い道にあぐねているのかも知れないが、チームの上位進出および監督の采配能力の向上の為には久保選手中心のチームでリーグの残りを戦っていくことがベストと考える。
久保選手。素晴らしいゴールおめでとう。さあ、これが始まりだ。

8 2019/11/11(月)
継続しなきゃいけないんだけど累積明けの役に立たない先輩が戻ってきたらポジション変えられるからな
マジョルカは勝ち点3が欲しいなら多少守備やミスの粗が見えてもセビージャよりゴールに直結する動きをする久保を使うしかないと監督が判断できるか

9 2019/11/11(月)
素晴らしいゴール&ドリブルの巧みさだけでなく、パスも素晴らしいスルーを通していた反面、成功率の低さはチームスタイル(堅守速攻)と合わない一面もあるかな。
体幹部分を今以上鍛えて、マジョルカを勝たせるプレイ、相手を牛耳るプレイを積み重ねた先にマドリードでの活躍がある。
早くあの白のユニフォームで活躍する姿を期待しています

10 2019/11/11(月)
1点目の強かさ
相対的に格上で支配された試合の中で、
ワンチャンスの得点をもぎ取るためには、
際どいプレーも必要。
あそこでファウルを貰える技術は
今までの日本人には明らかに無かったもの。
2点目の局面対応とその応用力
バイタル手前の密集では珍しくない
パスワークだと思うけど、
そのパターンを完璧に習得したうえで、
20m手前で瞬時に応用した。
サッカーが上手い、というより勝つためへの選択肢、
というのを醸し出していて震える。

11 2019/11/11(月)
今からちょうど1年前
彼は、レンタル先の横浜FMでも試合に出れていなかった
そして、今年のFC東京で
開幕スタメン抜擢の時には、「久保はレギュラー候補?」と驚かれた
それから3ヶ月後。5月末に日本代表に選ばれたときには
「まだ早い!」 というのが、本人と周囲の見方だった
マジョルカに移籍して、約2ヶ月半……
そろそろ、リーガの守備と、監督の要求にも適応し始めてきた頃。
長谷川健太監督時代の「耐え→活躍」の経験が、今生きていることだろう。

12 2019/11/11(月)
題名の気持ちは解る。日本人なら誰しもあたたかく見守るプレイヤーなのは間違いない。ただこのプロフェッショナルな世界で、スペインという場所でしかも日本人は成果と結果を出し続けねば一流という扱いはしてくれないでしょ。
現在最も才能ある日本を代表する海外でも一流と認められるプレイヤーとして活躍できる様に応援あるのみ。頑張れ久保。

13 2019/11/11(月)
この試合、立ち上がりから軽いタッチのプレーで何度かボールを相手に渡してしまったり、パスの精度も欠いていた。PKの場面でもVARでよく取り消されなかったという他ない。上手いけど。
けどあのゴラッソはそういう否定的な印象を全部ひっくり返してしまう程スーペルだった。ボールをもらう判断をした瞬間からネットにボールが吸い込まれるまで全てのプレーが久保のイメージ通りであろうゴール。最高です。が、同時に監督が久保をスタメンで固定しきれない理由もこのゲームからはしっかり分かった。結果を出し続けてこのチームではアンタッチャブルな存在だと証明しまくってほしい!
そしてボールタッチの美しさは本当に超一流のそれ。足に吸い付く様なボールタッチは見ていて最高に楽しい。

14 2019/11/11(月)
久保は右より左の方がドリブルがし易そうだ
シュートも左側から打ってる時の方が入ってる
ラストパスを出しやすいために右に居るが
相手に脅威を与えるには左に居た方が良いのかもしれない
いやむしろ両方出来る真ん中に居た方がいい

15 2019/11/11(月)
右サイド起用が多いけど これまでの映像では左ゴールライン沿いを器用にDFを抜いていくシーンは結構見ますね
あれは相手が片側しかいないからやり易いのかな 狭いから大変そうだけど 右足で相手を抑えて左足でボールをコントロールするんだね 面白いね左も出来るやん

16 2019/11/11(月)
白髪の8番とは一緒にしない方が良いと
監督も分かった試合だった。次に交互に使った時が楽しみ。サポーターは良く見てる。

17 2019/11/11(月)
年功序列と左サイド攻撃の3部リーグ時からメンバーを固めている特異なチームで今年補充した選手たちは良く頑張った。次節に期待したいがまた年功序列でFK、PKも横取りされパスが回らない事のないように祈る。

18 2019/11/11(月)
継続することが大事だ。おそらく次も使ってもらえる。次も結果を出せば、スタメン奪取できるでしょう。

19 2019/11/11(月)
やはり、彼は前線の中央辺りが一番生きるんだろうな、その場所を得るのは信頼感だったり、もう少し時間がかかるのかな。

20 2019/11/11(月)
もちろん昨日の活躍はすばらしいけど、昨日も含め、ミスが目立った。代表にほとんど出られなかった後の試合は、ミスが目立っているような気がする。もちろん連携がうまくいっていない部分もあるのかなと思うけど。精度をもっともっと上げられる選手なのだと思うので期待して今後も見ていきたい。

21 2019/11/11(月)
あくまで示し始めたところ。
これからこの活躍を続けることが大事。
レアルに戻ることを考えたら尚更ね。

22 2019/11/11(月)
問題はセビージャが戻ってくること。そうするとなぜかパスはこない。なんでだろうねぇセビージャくん。

23 2019/11/11(月)
チームメイトもサルバセビージャに預けるより久保に預けて加速した方が効率いいと気づいただろう。
ただ、現実にサルバセビージャがピッチに帰ってきたら、この選手達ができるかな?
監督の英断が必要ダロウ

24 2019/11/11(月)
メッシの如く絶対的王様は別として。そのチーム、チームメイト、監督、戦術、等々によって自身の結果や評価は大きく左右されると思う。
根本的な疑問としてマジョルカでいいのか?セビージャが戻って来る事やチームメイトのスキルを見る限り不安しかないのだけれど。

25 2019/11/11(月)
いつも夜更かしして見てたのに、20時スタートだから、生中継余裕で見れたのに!
家人を外食に連れて行ってる間に初ゴール。。。持ってない。
VTRで見ましたが、やはりサルバセビージャが居ないほうがメリハリつきますね。

26 2019/11/11(月)
ヨハンクライフ曰く
「その選手が力を発揮できない理由は二つ、
その選手に力がないか、ポジション(戦術)がその選手に合わないか
のどちらかだ」

27 2019/11/11(月)
自分だけでなく周りを活かす素晴らしいゲームメーカーですね。

28 2019/11/11(月)
この試合が答えでしょ。
セビージャってよくボールに絡んで試合作って上手い選手に見えるけど、実はよく見てると相手からすれば怖くない選択ばかり選んでる。
そんな選手がオレサマ気質で試合作ってるってのが厄介。

29 2019/11/11(月)
>今回はサルバ・セビージャの負傷が、久保のスタメンの扉を開いた。
翻訳ミス?
セビージャは累積警告で出場停止中でしょ。

30 2019/11/11(月)

サルバ・セビージャは負傷でなくて累積警告だったけど?
本当に現地からの発信なのかね?












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ